うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

記事の難しさ


これは昨年門司港で撮った写真。フィルムスキャンし、レタッチして色も整えたが、結局ボツにしてしまった・・。



Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F5.6 1/250 PN400N

なぜボツにしたか・・。それは、この写真を元にした記事を思いつかなかったからである。結構色合いとか構図とか気に入っていたのだが、他の写真と組み合わせるのもままならず、この一枚で何か記事を、と思ってもさっぱり思いつかなかった。これって、やはり撮る時にテーマを持って撮っていない証拠であり、「感性の趣くままに」といえば聞こえはいいが、何も考えず、ただちょっと綺麗とか、ちょっと感じがいいとか、ちょっとカッコいいとか、そんな動機でシャッターを切っていると、いざ記事を書く段になって痛い目にあうというワケである。ただ、このように、ブログをやっていることで、撮る時にもっとちゃんと目的意識を持たなきゃ、なんて殊勝な反省をするようになっただけマシではある・・と思いながらいつまでたっても撮影態度が改まっていないのだが・・(汗)。

しかも、いくらネタがないからって、記事が書けなかったというネタで記事を書くというあつかましさ・・(爆)。



Tag : Color-Skopar35/2.5PII

  1. 2009/02/04(水) 20:00:00|
  2. やまぐち・きゅうしゅう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

門司三井倶楽部


旧・門司三井倶楽部。元々、門司区谷町にあった建物を門司港に移設したものである。




Leica M2 Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/250 PN400N
1921年(大正10年)竣工の建物で国指定の重要文化財になっている。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F2.5 1/30 PN400N
ここは1922年に来日したアインシュタインが投宿したことでも有名。2階には、その時の部屋が再現されている。マルセイユから日本に向けて出航し、船旅の途中でノーベル物理学賞受賞の知らせを受けている。したがって、日本に到着した時はノーベル賞内定者として大変な歓待を受けた。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F2.5 1/30 PN400N
さすが財閥系の迎賓館。家具や調度類も立派である。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 1/60 PN400N
落ち着いた色調が眼に優しい・・。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F2.5 1/30 PN400N




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F2.5 1/30 PN400N
当時の様子を伝える写真など・・。第二次大戦前にこういう国際交流があった、というのが何となく信じられないのだが、大正11年であるから、まだ平和な時代だったのだろう。



Tag : Color-Skopar21/4P Color-Skopar35/2.5PII Elmarit-M28/2.8ASPH.

  1. 2009/01/15(木) 20:00:00|
  2. やまぐち・きゅうしゅう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

門司港駅


過去にも何度か訪れたことのある門司港駅。昨年11月に訪れた時の在庫写真から・・。



Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F8 1/125 PN400N
1914年(大正3年)に建築された九州最古の木造駅舎で、駅舎としては全国で初めて国の重要文化財に指定されているという。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F4 1/60 PN400N
色々な施設が昔のまま残っている。この“帰り水”もそのひとつ。1914年開業当時からある水飲み場だが、戦後の引き揚げ者が上陸後この水を口にして安堵したことから帰り水と呼ばれるようになったのだとか。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 1/30 PN400N
駅舎の中は、表示をレトロな字体にして雰囲気を出している・・。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 1/30 PN400N
駅長室もご覧の通りのレトロな表示・・(笑)。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F4 1/60 PN400N
ホームの端には、九州の鉄道起点を示す0哩(マイル)標がある。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 1/125 PN400N
関門トンネルが出来て以降、鉄道交通の要所ではなくなってしまったので閑散としているが、風格のある駅である。



Tag : Color-Skopar35/2.5PII Elmarit-M28/2.8ASPH.

  1. 2009/01/14(水) 20:00:00|
  2. やまぐち・きゅうしゅう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小倉モノレール


昨年九州へ出張した時のヒトコマ。ステーションホテルの一室から眺めた光景である。




Leica M2 Summicron-M 50mm F2 F8 1/250 PN400N
1985年開通。正式名称は北九州高速鉄道(株)というそうだが、“どこが高速?”(笑)というぐらいゆっくり走る。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F2.5 1/8 PN400N
最初はJRの駅と繋がっておらず利用客が少なかったが、1998年、JR小倉駅まで延び、単年度黒字になるまで利用客が増えたという。めでたし、めでたし・・。



Tag : Summicron-M50/2(3rd) Color-Skopar35/2.5PII

  1. 2009/01/13(火) 20:00:00|
  2. やまぐち・きゅうしゅう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

阪堺電車


昨年関西へ出張した時のショット。大阪市内と堺市内を結ぶ阪堺(はんかい)電車である。



Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F8 1/250 PN400N
南は堺市の浜寺駅前、北は恵美須町なのだが、住吉で天王寺駅前へ行く上町線にも枝分かれしている。南海線と南海高野線の間に位置し、微妙に存在価値を見出している路面電車である。



Tag : Color-Skopar35/2.5PII

  1. 2009/01/12(月) 20:00:00|
  2. かんさい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2008年11月京都(10)寂光院


大原の道路を挟んで三千院と反対側にある寂光院。



Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F4 1/60 PN400N
こちらも紅葉の早い大原だけあって、今が見ごろ、という感じだった。
('08.12.6リスキャンして画像を差し替えました)



Leica M2 Color-Skopar 21mm F4 P F4 1/60 PN400N
聖徳太子によって建立された尼寺で、平家物語の建礼門院ゆかりの地でもある。平成12年、放火により本堂が焼失したが、平成17年、現在の本堂が再建されている。




Leica M2 Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 1/30 PN400N
本堂北側にある四方正面の池。




Leica M2 Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 1/30 PN400N
実際はもう少し鮮やかな紅葉だったように思うが、スキャンしてみると淡い色だったので、そのまま活かしてみた。




Leica M2 Color-Skopar 21mm F4 P F4 1/30 PN400N
本堂西側にある汀の池。鐘楼は平家物語にちなんで諸行無常の鐘というのだそうな。




Leica M2 Summicron-M 50mm F2 F2.8 1/125 PN400N
こちらは鮮やかな紅葉・・。




Leica M2 Summicron-M 50mm F2 F2.8 1/125 PN400N
どこで撮ったの?と言われるのを覚悟で・・(笑)。やはり、たまにはこういうアップも撮ってみたいのよねぇ・・。



(つづく)



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Color-Skopar21/4P Color-Skopar35/2.5PII Summicron-M50/2(3rd)

  1. 2008/12/04(木) 20:00:00|
  2. 2007-8きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2008年11月京都(7)三千院その2


無事、Nozomiさんと合流を果たし、御殿門をくぐって中へ。



Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F5.6 1/60 PN400N
こちらがその御殿門。観光客が皆通りがかりに記念撮影をするので、人が入らないこのショットを撮るのに10分ぐらい粘ってしまった(笑)。そもそも三千院は、「きょぉとぉ~、おおはら、さんぜんいん♪」ってデュークエイセスの歌が流行って以来、すっかり観光名所になったそうだが、今年はJRのポスターに使われているので特に訪問者が多いのだそうだ。9時を過ぎて、どんどん観光客が押し寄せてきていた。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F4 1/60 PN400N
大原は京都の中でも高雄に次いで紅葉の早いところなのだそうで、前日のNozomiさんとの会話で、「明日どこへ行きます?見ごろの紅葉なら大原三千院かな?」ってことで決めた次第。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F5.6 1/60 PN400N
中に入ってすぐの客殿の庭園、聚碧園。周りにはカメラを持った人多し・・(汗)。その中でコンタックス使いの方を発見。それも2台を駆使していて、1台はRXにディスタゴン21mmF2.8、もう1台はなんとRTSIIにプラナー55mmF1.2!思わず声をかけようかと思ったが、中古カメラ屋の店先ならともかく、美しい紅葉の庭園を前にカメヲタ談義もなんなので思いとどまった。それにしても高嶺の花のプラナー55mmF1.2、コレクションとして死蔵せず、ちゃんと使っているのはすばらしいことだ・・。




Leica M2 Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/60 PN400N
宸殿で撮影するNozomiさん(笑)。これの仕返し・・(爆)。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 1/60 PN400N
さすがに見ごろ(嬉)。見事な紅葉である。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 1/60 PN400N
もうかなり散っている。落ち葉は雨に濡れて光っていて気持ち悪いぐらい・・(笑)。




Leica M2 M-Rokkor 90mm F4 F4 1/60 PN400N
落ち葉のアップ。これだとどこで撮ったかわからない・・(汗)。しかもピント甘いし・・(爆)。



(つづく)



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Color-Skopar21/4P Color-Skopar35/2.5PII Elmarit-M28/2.8ASPH. M-Rokkor90/4

  1. 2008/11/30(日) 20:00:00|
  2. 2007-8きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2008年11月京都(6)三千院その1


翌朝は雨・・(汗)。雨具といえば傘ぐらいしか持っていないので、さすがにバイクの後ろに乗せてもらって、というのは無理。Nozomiさんとは大原三千院の入口で待ち合わせることにし、京都駅から地下鉄とバスを乗り継いで向かう。



Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F4 1/60 PN400N
恐れていた大原へ行く一本道の渋滞はまだ始まっておらず、一足お先に着いたので待ち合わせ時間まで参道をスナップ。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F4 1/60 PN400N
黙々と掃除をするおじさんをカシャ!




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F4 1/60 PN400N
茶店はもちろん、名産品を売るお店が並ぶ。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F4 1/60 PN400N
なんとも京都らしい風景・・(嬉)。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F2.8 1/60 PN400N
う~ん、ワンパターンかも・・(汗)。


それにしても、このカラスコ35mm、ライカMマウントレンズとしては最安価な部類なのだが、あらためて高性能ぶりを再認識した。コントラスト、発色、解像度、ボケ味ともケチのつけようがない。もっと明るい状況だと硬い描写になることもあるのだが、これぐらいの明るさ(ISO400でF4&1/60だから結構暗い)だと、実に素直ないい描写をすることがわかった。ライカブランドやツァイスブランドに拘らないなら、お勧めである。



(つづく)



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Color-Skopar35/2.5PII

  1. 2008/11/29(土) 20:00:00|
  2. 2007-8きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2008年11月京都(5)洛翠ライトアップ


天授庵でたっぷり紅葉を堪能した後、洛翠に戻ってきた。コーヒーを飲みながら音楽談義に花を咲かせているうちに、とっぷり暮れてお庭はライトアップ・・。



Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 1s PN400N
Nozomiさんから三脚を借りてライトアップの撮影。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F5.6 1s PN400N
どうせなら空がまだ青いうちに撮るんだった・・(汗)。


というわけで、この日の撮影はこれでおしまい。



(つづく)



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH. Color-Skopar35/2.5PII

  1. 2008/11/27(木) 20:00:00|
  2. 2007-8きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2008年11月京都(3)永観堂


洛翠ですっかりまったりとした後、Nozomiさんのバイクに乗せてもらって永観堂へ行った。
(そうでした。歩いて行きましたね)



Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F4 1/30 REALA ACE 100
秋の寺宝展開催中、とかで割高な拝観券を買って中へ。




Leica M2 M-Rokkor 90mm F4 F5.6 1/125 REALA ACE 100
せっかくMロッコール90mmを持ってきたので一枚・・。多宝塔である。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F4 1/30 REALA ACE 100
「うっちーさん、この建物、いい感じですよ」
「なるほど・・」カシャ!
ガイド付き紅葉撮影なのであった・・(笑)。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F5.6 1/125 REALA ACE 100
放正池の廻りは結構紅葉していた。




Leica M2 Color-Skopar 35mm F2.5 PII F4 1/60 REALA ACE 100
放正池に面した茶店は大繁盛・・。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 1/125 PN400N
それにしてもすごい人出・・(汗)。
「夜のライトアップはもっと人が多いんと違います?」
う~む、ライトアップの頃また来ようかと思っていたが、や~めた(爆)。



(つづく)



テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Color-Skopar35/2.5PII Elmarit-M28/2.8ASPH. M-Rokkor90/4

  1. 2008/11/25(火) 20:00:00|
  2. 2007-8きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター