うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2017年2月パタゴニア(23)ラパタイア湾


バスで辿りついたところは国道3号線の終点。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
国道3号線、アラスカまで繋がる総延長17,848kmのパン・アメリカーナの最南端である。同じアルゼンチンのブエノスアイレスからでさえ3,089kmもある。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
じゃーん!こちらがラパタイア湾の絶景!!28mmレンズの写真を2枚合成してパノラマにしてみた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE
お天気がよくて、絶景を堪能することが出来た。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon28/2.8

  1. 2017/04/23(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(22)ロカ湖


ティエラ・デル・フエゴ国立公園の中を散策。国立公園駅からツアーバスに乗ってロカ湖へ。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
最果ての地に広がる静かな湖という感じ。鱒釣りの名所なのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
地図で見ると巾1.5km、長さ8kmぐらいの細長い湖である。これはアルゼンチン側からみた風景だが、70%ぐらいはチリ領である。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
湿原地帯をロカ川沿いに散策する。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
かなり湿度が高いのだそうだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
立派なレストハウスに立ち寄る。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
レストハウスからの眺め。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE
またバスに乗って次のポイントへ移動する。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
黒首スワンのご一家を見つけたのでバスが徐行・・(笑)。ちょっとブレブレなのはご勘弁。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Planar50/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/04/21(金) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(21)世界の果て号その3


世界の果て号、のんびりと山の中を走り、ラ・マカレナ駅に到着。



Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
ここで15分停車。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
マカレナの滝を見物するために皆さん降車する。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F22 1/4秒
手すりでカメラを固定してスローシャッターに挑戦・・。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
滝を見物して駅に戻ってきたら、ディーゼル機関車と蒸気機関車の重連に引かれた後続の列車がやってきた。赤と黒を基調にした素敵なカラーリングである。ディーゼル機関車はフエゴ島号といって1999年に南アフリカで製造されたもの。蒸気機関車はスビエタ号といって、観光ブームに応えるために新規に2006年に製造されたものなのだとか。こちらも南アフリカ製だそうである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
さて、スビエタ号の乗客に滝見物をバトンタッチして我々は終点を目指す。この辺りから国立公園に入って行く。泥炭地帯である。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
切り株が高いのは、積雪時に伐採したからだという。囚人たちの過酷な労働がしのばれる。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
終点の国立公園駅へ到着。カミラ号は、1995年製とはいえ基本設計は19世紀末のイギリスの様式に従っているという。わざわざ古いメーターやバルブを使って組み上げられた感がある。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
正面から見ると、ボイラーの端面が顔になっている機関車トーマスを思い出す風貌。さすがイギリス製である(笑)。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Distagon35/1.4

  1. 2017/04/19(水) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2017年2月パタゴニア(20)世界の果て号その2


駅のホームにはすでに列車がスタンバイしていた。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
1994年に観光鉄道として再開する際に建造されたポルタ号。アルゼンチン製だそうだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
何編成か待機している。15分おきに出発して行くようだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
なかなかオシャレな車両だが、軌間が狭い(500mm)こともあって客車はかなり小さいようだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
ポルタ号は動輪が前後に2軸づつあるベイヤーギャラット型という特殊な軸配置の蒸気機関車である。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
よく手入れされているようでピカピカである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
隣のホームにももう一編成止まっている。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
隣の編成は緑を基調にしている。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
牽引するのはカミラ号。1995年にイギリスで製造されたものだそうである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F2 AE
我々が乗ったのは、このカミラ号の編成だった。先に出発したポルタ号を追いかける形で出発した。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4

  1. 2017/04/17(月) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(19)世界の果て号その1


さてウシュアイア最終日。ティエラ・デル・フエゴ国立公園観光ツアーに参加する。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
往路は、南フエゴ鉄道、通称「世界の果て号」に乗る。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
蒸気機関車の旅である。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
この鉄道は100年前に囚人たちが木を伐採して運び出すために作られた鉄道で、当時は総延長25km。今は一部の7km区間が保存鉄道として運営されている。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
蒸気機関車の煙突もゴミ箱に・・(笑)。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F1.8 AE
駅舎の中で民族舞踊が始まった。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F1.8 AE
昔ブエノスアイレスでタンゴショーの合間に観たのと同じような感じ。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F1.8 AE
いやはやカッコいい・・。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 RX100V

  1. 2017/04/15(土) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2017年2月パタゴニア(11)ハーバートン牧場


ビーグル水道のクルーズ終着地、ハーバートン牧場に到着。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
こうして見ると随分と立派なクルーズ船に乗っていたことがわかる。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
ここはウシュアイアなどのあるフエゴ島において1887年にイギリス人一家が移り住んで始めた最初の牧場なのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
我々のツアーは最初にペンギンツアーへ行く組と最初にランチをとるグループに分かれた。私はランチ組。丘の上にあるレストランを目指す。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
何やら最果てっぽい雰囲気・・(嬉)。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
いわばビーグル水道の入江なのだが、なかなか美しいところだった。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
レストランに到着。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
眺めのいいところだった。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
食事を終えて船着き場に戻る。いよいよペンギンツアーだ。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Distagon35/1.4

  1. 2017/03/30(木) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(8)エクレルール灯台


ビーグル水道のシンボル、エクレルール灯台が見えてきた。



Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
シルエットが逆光に映えて美しい。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
天気が良ければ内海なので穏やかな水面だが、荒天時は風が強いため荒れ狂うらしい。加えて岩礁などが多いため座礁が絶えなかったとか。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ビーグル水道の東、いわば大西洋側を望む。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ぐるりと回ってビーグル水道の西、太平洋側(ちょっと大げさだが)を望む。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
近くの岩礁にはウミウが生息していたのでカシャ!まったくペンギンとウリ二つの色である。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
灯台は1930年に作られ、今ではソーラーバッテリーで稼働しているのだとか。よく見るとタカが写っていた。羽根に白い所があるのでアンデス・チュウヒというやつだろうか?




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
北側のアルゼンチンをバックに。実に絵になる灯台だった。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/03/24(金) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(4)街中散策


軽飛行機用の空港からウシュアイアの街中へ歩いて戻る。



Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
ウシュアイアの街の背後には氷河が迫っている。標高1500mにも満たない山々だそうだが、高緯度であることから途中には森林限界があり、標高3000m級の山々のように見える。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
観光地だけあってカジノもある。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
メインストリート、サン・マルティン通りに戻ってきた。朝と比べてお天気がよくなってきたこともあって人通りが随分増えていた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
朝ホテルのレストランから見えたカラフルな教会もこの通り沿いだった。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
何とハードロックカフェまである。ハードロックカフェのご当地Tシャツをコレクションする話を聞いたことがあるが、さしずめこの最果ての地ウシュアイア版などはコレクター垂涎であろう。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
シーフードレストランでランチ。カニのスープが絶品だった。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
海岸沿いにある観光案内所。最果ての地来訪証明書を発行してくれたり、スタンプを押したりできるそうだが、パスポートにそういうスタンプを押すと厳密には旅券法違反になると言われたことがあるのでやめておいた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
市内観光バスツアーの乗り場。かつてウシュアイアには大規模な刑務所があり、今は博物館となって観光コースに入っているため、囚人服を着た人形が市内観光の看板になっている次第。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ポップコーン屋さん。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ウシュアイアの市内は壁画のアートでも有名なのだそうだ。なるほど確かにいくつか目に付いた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
空き地の塀もこの通り。スプレーの落書きとは雲泥の差である。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
土産物屋の集まる一角。右側のウルトラマンのような格好は、先住民族が施していたボディペインティングをなぞらえたものだとか。


ブラブラ歩きながら、この日の午後は、ゆっくりと長旅の疲れをとることが出来た。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon28/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/03/14(火) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(3)遊覧飛行


11時に遊覧飛行を予約しておいたので軽飛行機専用の空港へ向かう。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
パイロット養成学校がメインの業務のようで、その合間に教官が観光客を乗せて遊覧飛行をしているようである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
軽飛行機というとすぐセスナと言いたくなるが、これはパイパー社のアーチャーIIという4人乗りの機種だった。かなり雲が出てきたが、何とか飛んでくれそうである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
フィルウッズのようなかっこいい教官の操縦でいざ出発。30分間のビーグル水道遊覧飛行である。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 1/500 ISO AUTO
離陸してまず向かったのがウシュアイアから東へ行ったところにあるエクレール灯台。真上を飛んでくれちゃうのでなかなかうまく撮れなかったが何とかカシャ!灯台の真上でUターン。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 1/500 ISO AUTO
ビーグル水道をウシュアイアの方に戻って来て、さらに西側へと進む。朝到着した旅客機用の空港が見えた。このあたりからやたら飛行機が揺れ出す。風が強くなってきているようだ。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
ビーグル水道はチリとの国境なので、アルゼンチン側からはみ出さないように飛んでいく。チリ側の方が少しお天気はいいようだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 1/500 ISO AUTO
チリ側の山間は氷河で削られたU字谷がいくつも見られた。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
チリ側の山々を望む。この辺りでUターンしてウシュアイアへ戻り始める。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
アルゼンチン側を望む。ティエラ・デル・フエゴ国立公園の方角である。とにかくものすごく揺れる。揺れの弱まる瞬間にシャッターを切る感じで、とても構図をどうこうする余裕がなかった。こうなるとむしろ画角を変えられない単焦点レンズの方が割り切ってシャッターを切ることが出来る気がする。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
局所的に雨も降っているようで、フィルウッズ氏は巧みに雨を避けながら飛んでいた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
果敢にカメラを縦位置にして撮る・・。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
ううっ、これ以上飛んでいるともう限界・・と感じ始めたころ揺れが収まってきた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
ウシュアイアの街が見えてきてホッとする。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
ウシュアイア港の上を旋回して着陸態勢に入る。地上に降り立つと搭乗証明書が手渡された。山の方まで行く1時間コースもあるそうで、天気が良ければトライしたいところである。最果ての地での遊覧飛行、ちょっと揺れるのが辛かったが上空から眺める景色は格別であった。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Planar50/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/03/12(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(2)最果ての都市


ウシュアイアは東西に走るビーグル水道の北側に位置し、人口約7万人。南側のチリにも人口2000人程度の小さな町があるが、ウシュアイアはこのあたりの物流の拠点にもなっており、最果ての都市と呼ぶにふさわしい。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ホテルで朝食をとった後、荷物を預けて町に出てみる。港には難破船が泊っていた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ヨットクラブのようなものもあるようだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
最果ての地らしいどんよりとした天気だった。遠くにはチリの山並みが見える。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
観光で成り立っている町と聞いていたが、ビーグル水道ツアーや南極ツアーなど以外にも、こうしたヨットなどの“ごく当たり前の”レジャーも楽しめるようだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
チリの山々をアップで。手前はウシュアイア側だが、不動産屋が開発した分譲住宅が立ち並んでいる。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/03/10(金) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター