うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2017年6月Cancun(9)トゥルム遺跡(前篇)


最終日は早起きをしてトゥルム遺跡ツアーへ。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
早朝一番乗りツアーとのことで、6:00ごろホテルを出発、遺跡の入口についたのが8:30。それでもすでに観光客が集まり始めていた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
遺跡は城壁に囲まれていて、城壁にいくつかある門から入ると中に神殿が並んでいるところに出る。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
まずはガイドさんのお話に耳を傾ける。それほど広い所ではないので1時間もウロウロすれば一通り見て回れる。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
これが一番目につくところにあるエル・カスティージョ神殿。神事を行う神殿だったとか。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
建物の裏側には四角い小さい窓があり、春分の日と秋分の日の朝にだけ太陽の光が差し込むのだという。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
こちらはフレスコ画の神殿。エル・カスティージョ神殿の向かい側にある。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
こちらの神殿は住まいとして使われていたと考えられている。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
他にもいくつか神殿があり、なかなか立派な佇まいだった。



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8 Distagon25/2.8

  1. 2017/09/18(月) 20:00:00|
  2. アメリカ・カナダ・メキシコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年6月Cancun(4)チチェン・イッツァその1


チチェン・イッツァとは、ユカタン半島に栄えたマヤ文明で最も有名な遺跡。北部地域に10世紀から12世紀ごろ栄えたと言われている。1988年に世界遺産に指定されている。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
午前11時ごろ到着したが、どんどん観光客が押し寄せてきていた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
暑い・・(汗)。帽子を売っているのはよくわかる。日ごろ帽子をかぶらない人でも帽子が欲しくなる日差しの強さである。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
チチェン・イッツァで最も有名な遺跡がこちら、カスティーヨと呼ばれるピラミッド。マヤの最高神、ククルカンを祀るピラミッドである。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
4面に各91段の階段があり最上段には真四角な神殿がある。4面を合計すると364段で最上段の神殿の1段を足すとちょうど365段となり、1年の365日を表している。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
また、ピラミッドの形は大きな9段の階層からなり、各階層の9段は階段で分断されているので合計18段となり、これらはマヤ暦の1年(18ヶ月5日)を表しているのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
このように暦に深くかかわったデザインとなっていることから「暦のピラミッド」とも呼ばれる。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
春分の日と秋分の日には、ピラミッドの稜線が階段の側壁に影を作り、階段の最下段にある頭に繋がるククルカンの胴体の形が現れる。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
こんな感じに手前の稜線の影が階段の側壁に写り、胴体を表すのである。ククルカンの降臨を観に、毎年何万人もの観光客が訪れるのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
ピラミッドを一周してみる。こちら半分は発掘当時の姿を尊重していて、ガタガタの石積みである。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
こう見ると随分印象が違う。実はこのチチェン・イッツァ、約30年前にも訪れたことがあり、その時はこのピラミッドに登ることもできた。十年ほど前に死亡事故があって以降、登頂禁止になっているのだそうだ。今回は前回ピラミッドを登るのに時間を費やすぎて見逃したピラミッド内部のジャガーの玉座を見たかったのだが、それも登頂禁止と同じ時期に見学禁止になっていたようだ。残念!



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8 Distagon25/2.8 Planar50/1.4

  1. 2017/09/06(水) 20:00:00|
  2. アメリカ・カナダ・メキシコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2017年6月Cancun(3)チチェン・イッツァへ


翌朝は早起き。7:00に迎えに来るマイクロバスに乗ってチチェン・イッツァ遺跡へ。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
6時前のホテル中庭。東の空が明るくなり始めていた。各ホテルを廻ってお客さんをピックアップし、カンクンを出発。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
ドライブインにて休憩。ドライブインの周りに植えられていたこの植物は、竜舌蘭(リュウゼツラン)といってテキーラの原料だそうだ。テキーラはメキシコの特産品なのでサボテンが原料と誤解しがちだが、この竜舌蘭が原料とのこと。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
途中、ヴァジャドリの町を通る。車中から見物。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
植民地時代の建物が多く残る町なのだそうだ。いわゆるコロニアル様式というやつである。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
なかなか活気のある町だった。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
ユカタン半島にはまだこうした原住民の住まいが残っている。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
カンクンを出てから3時間半あまり。もうすぐチチェン・イッツァである。



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8 RX100V

  1. 2017/09/04(月) 20:00:00|
  2. アメリカ・カナダ・メキシコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年4月イグアスの滝(8)悪魔ののど笛


カタラタス駅まで戻って悪魔ののど笛行きの列車に乗ろうとしたが、相変わらず長蛇の列・・(汗)。一人旅だったので家族連れでは乗れない最後の一席を譲っていただいて乗り込んだ。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
悪魔ののど笛駅を降りて遊歩道を歩く。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
途中で綺麗な鳥に遭遇・・。深い青い色をした実に綺麗な鳥だった。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
おおっ、見えてきた。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
悪魔ののど笛。さすがに雨季ではないので水しぶきで前が見えなくなるほどの水量ではないようだ。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
それにしてもこのコーヒー色は何なのだろうか。雨季に流されてきた土砂の影響がまだ残っているのだろうか。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
ブラジル側の滝も見えた。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
身を乗り出して川の下流を見るとブラジル側の滝がもう少しよく見えた。あの二段滝の辺りがブラジル側の展望台だろうか。前回は水しぶきがすごくてとても見えなかった。やはり雨季より水量が減って水しぶきがおとなしくなっているのであろう。



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8 Distagon25/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/07/20(木) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年4月イグアスの滝(6)アッパートレイル(前篇)


カタラタスの駅から歩いて行ける遊歩道は、アッパートレイルとロワートレイルの二つがある。まずはアッパートレイルへ行ってみた。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
どうも今はアッパーサーキットと言うらしい・・(汗)。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
ここからは連なる滝が一望に見渡せる。前回来た時に最も気に入ったところだった。虹も出ていて綺麗だ。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
イグアスの滝はこういう風に二段滝になっているところが多い。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
アッパートレイルはその名の通り滝の上のあたりを歩いて行く遊歩道である。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
下を見るとロワートレイルが見える。これはロワートレイルの終点だろう。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
悪魔ののど笛に次いで大きな滝、サン・マルティン滝。豪快な二段滝である。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
下の段の滝壺近くまで、例のボートが突っ込んでいくそうだ。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/2.8 Distagon25/2.8

  1. 2017/07/16(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年4月イグアスの滝(4)ブラジル側遊歩道(後篇)


ブラジル側遊歩道を歩いて行くとほどなく終点の展望台に到着。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
ここが有名な“水しぶき”展望台。近くではビニールの雨がっぱを売っていた。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
カメラ本体をジップロックの袋の中へ入れ、いざ出発。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
展望台の先端で撮った写真。悪魔ののど笛の方を撮っているのだが、水しぶきで全く見えない・・(汗)。虹が綺麗だった。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
戻って来てブラジル側の滝をカシャ!




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
こちらにも虹が出ていて綺麗・・。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
この滝ひとつでも凄い流量である。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
高速シャッターで遊んでみる。う~ん、どうということないか・・(汗)。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
ここからはエレベーターでバス道路のレベルまで戻ることができる。アルゼンチン側ほど長い遊歩道ではないが、対岸のアルゼンチン側の滝の全貌を見ることができ、お手軽でいいルートだと思った。これにて初日の観光はおしまい。公園内循環バスに乗って公園入口まで戻り、そこからはローカルバスでフォス・ド・イグアスの街へ行った。



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8 Distagon25/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/07/12(水) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年4月イグアスの滝(3)ブラジル側遊歩道(前篇)


ヘリコプターを堪能した後、買っておいた入場チケットでブラジル側の国立公園内へ。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
バスで公園内を進み、終点の一つ手前で下車。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
ここはブラジル側国立公園内にある唯一のホテル、オテル・ダス・カタラタス(Hotel das Cataratas)の前である。ここに泊れば開園前の早朝から遊歩道を散歩できるわけだが、大変な人気でしかも超高級なのでおいそれとは泊れない。今回もここではなくフォス・ド・イグアスの街中の宿に泊った。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
ホテル前から歩いてすぐ、アルゼンチン側の滝を一望できる展望台に出る。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
滝の水しぶきを浴びる遊覧船が見える。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
レンズを望遠ズームに替えて一枚。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
さらにアップでカシャ! 何で好きこのんで頭から水をかぶりたいのかよくわからないが、結構な人気なのだそうだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
この遊覧船はアルゼンチン側から発着している。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
展望台の周りにはこの地方の名物、ハナグマがウロウロしていた。この辺りに売店はないので、観光客の食べ残しにはありつけまい・・。




Sony α7R II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE
滝に沿って遊歩道を進む。二段滝が見えてきた。これはアルゼンチン側の遊歩道からは見えにくいところにある。立派な滝だ。



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8 Distagon25/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/07/10(月) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

217万アクセス御礼


累計217万アクセスを頂戴いたしました。いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
9月になってやっとブログを再開いたしましたが、なかなか写真を撮りに行くチャンスがなく、在庫写真に頼っております・・orz。
新兵器α7RIIを手に入れたことでもあり、いずれパチパチやると思いますので、引き続き「うっちーの時々かめらまん」を
よろしくお願いいたします。


【オーロ・プレットにて】

Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE



Tag : Distagon35/2.8

  1. 2016/10/03(月) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2016年4月ペルー旅行(13)マチュピチュ遺跡その4


マチュピチュ遺跡の周りには段々畑が広がる。



Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
全部で40段あり、3000段の階段でつながっている。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
曲線の石積みが美しい太陽の神殿。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
居住区の中を歩く。200戸あまりの石造りの家がある。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
マチュピチュの人口はせいぜい750人ぐらいで、インカの王族や貴族が避暑地としていたのではないかと考えられている。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
遠くに三つの窓の神殿を望む。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
水鏡。太陽の観察や天体観測に使われていたと考えられている。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
コンドルの神殿。地面にあるのがくちばしで、後ろの岩が大きく広げた羽を表している。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
出口近くから後ろを振り返る。あれだけよかった天気も雲がかなり出てきたようだ。この後は雨雲も出てきたので、マチュピチュ村に泊って朝から遺跡に来たのは正解だったようだ。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Distagon35/2.8

  1. 2016/08/04(木) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年4月ペルー旅行(10)マチュピチュ遺跡その1


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! マチュピチュ遺跡である。



Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
2回目であるが前回よりもはるかにいいお天気・・(嬉)。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
朝早くから多くの人が訪れていた。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
インカ道の太陽の門へのルート。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
見張り小屋まで登って写真を撮る。左手前が遺跡の入口。定番ショットである。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE
遺跡の奥のとがった山がワイナピチュである。




Sony α7R Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE
屋根がなくなっているので建物の壁だった石積みが迷路のように見える。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
ちょっと左からのショット。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
この建物が見張り小屋。ちょっと高い所にあるので撮影スポットとして有名である。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
う~ん、それにしてもいいお天気だ・・(嬉)。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Distagon35/2.8 Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2016/07/29(金) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター