うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

日本帰国のご挨拶


4月に日本へ戻ることになりました。ブラジルへ来て約4年、貴重な経験をさせていただきました。
引越しやら残務整理やら業務引き継ぎやらでバタバタしますので、本ブログはしばらくお休みさせていただきます。


【プレダにて】

Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE




Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2018/03/13(火) 20:00:00|
  2. ごあいさつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2017年11月Serra do Cipóその3


さて、滝からの帰り道。



Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
まわりの草花を愛でながら歩く。実はそれを口実に休憩するのである(笑)。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F2.8 AE
う~ん、Gマスターレンズはボケ味にも拘っているというが、ちょっと煩雑・・。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F2.8 AE
これはよく見かけた。面白い形をした花である。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
最後にクルマでジュキーニャの像(Ao Juquinha)に立ち寄った。実在の人物でこのセーハ・ド・シッポの花を摘んで街に売りに行っていたのだという。


それにしてもすっかりお天気がよくなってしまい、炎天下のハイキングは疲れた・・(汗)。



(おしまい)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2018/03/11(日) 20:00:00|
  2. 2017-ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年11月Serra do Cipóその2


本日の目的地、コンゴーニャス滝(Cachoeira de Congonhas)に到着。



Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F22 AE
なるほど綺麗な滝である。さっそく三脚を取り出してスローシャッターでカシャ!




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F22 AE
メインの滝をアップで。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F22 AE
いやぁ、歩いてきた甲斐があった。ここで持参したおにぎりを食べながら、オアシスのような滝の佇まいを堪能した。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2018/03/09(金) 20:00:00|
  2. 2017-ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年9月スイス撮り鉄の旅(17)帰路


フリェーレン駅から各駅停車に乗り、リギ山観光や動物園で有名なアースゴルダウ(Arth-Goldau)でICEに乗り換え。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
来た来た、ICE。手前に停車しているのはスイス南東鉄道(SOB)の車両。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
ここからチューリッヒまでICEだとわずか40分である。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
で、チューリッヒ到着。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
やはり我慢できずにちょっと撮り鉄・・(笑)。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F8 AE
チューリッヒの方が青空が広がっていた。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F8 AE
近郊型Re450。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F8 AE
流し撮りのつもりだったがシャッタースピードが1/250のままだったのでほとんど流れず・・(汗)。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F8 AE
スイス名物ダブル・スリップ・・(笑)。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F8 AE
2006年に登場した新型の近郊型RABe514同士のすれ違い。キリがないのでそろそろ撤収。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
チューリッヒ空港へ向かい、帰路へ。


以上でスイス撮り鉄の旅、おしまい。

さて読めなくなったSDカードだが、その後フリーウェアのリカバリーソフトで見事復活!(でなければこの連載は成り立たなかったわけで・・)。ただし30GB以上あった約1500枚を復元するのに一晩中かかってしまった。



(おしまい)



Tag : FE24-70/2.8GM FE70-200/4G

  1. 2018/03/03(土) 20:00:00|
  2. 2015-17スイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年9月スイス撮り鉄の旅(16)Flühlenその3


教会のある丘に登ってみた。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
丘の上の教会には中庭があり、色々な花が咲いていて綺麗だった。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
さてレンズをFE70-200/4Gに替えて撮り鉄開始・・(笑)。ここからはフリェーレン駅を俯瞰できる。左手前に教会も入ってなかなかいい感じ(嬉)。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
駅と反対側は湖畔沿いにカーブしており、こちらもなかなかいい光景である。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
これからアルプス越えをする貨物列車と特急列車の離合。この特急列車はイタリア国鉄のETR610をSBBカラーにしたRADe503である。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
こちらはイタリア国鉄カラーのETR610。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
各駅停車をアップで。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F8 AE
駅と反対側の撮影ポイントは手前の木が目ざわりだったので、林の中をかき分けて線路に近づく。木が邪魔にならなくなったのはいいが、足元が泥だらけになるのでこの一枚を撮っただけで撤収・・(笑)。





Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F8 AE
またしてもコンテナ貨物。牽引しているのはドイツの電気機関車。隣国の機関車がガンガン乗り入れているヨーロッパらしい光景である。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F8 AE
Re460+客車7両。実に美しい。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F8 AE
飽きるほど撮ったのでそろそろ撤収。フリェーレン駅からチューリッヒへ向かった。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM FE70-200/4G

  1. 2018/03/01(木) 20:00:00|
  2. 2015-17スイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年9月スイス撮り鉄の旅(15)Flühlenその2


フリェーレンはゴッタルド・パノラマ・エクスプレスでも採用されているように、ルツェルン湖の遊覧拠点としても有名である。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
遊覧船の乗り場。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
大型の遊覧船がルツェルンからやって来た。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
先ほどとは別の桟橋に到着。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
10分ほどで折り返し。なかなか気持ちよさそうなクルーズ。いつか乗ってみたいものだ。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
オシャレな遊覧船も見かけた。色々あるようである。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM FE70-200/4G

  1. 2018/02/27(火) 20:00:00|
  2. 2015-17スイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年9月スイス撮り鉄の旅(14)Flühlenその1


朝起きてα7RIIで試し撮りしてみると、裏面の液晶では見えないがファインダー内で確認すると一応写っているようだ。最終日はもう一度ヴァッセンへ行こうと思っていたが、ヴァッセンの天気予報は雪で気温2℃!カメラの不調で意気消沈したこともあって、遠出せずにフリェーレンで撮影することにした。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
フリェーレン駅の近くには洒落た教会が二つもあり、なかなか絵になりそうだと思ったからでもある。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
この駅はゴッタルド基底トンネル開通後も幹線ルートに入っており、ヴァッセンなどの旧ルートと違って通過列車が多いのも魅力である。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
イタリア国鉄の振り子電車ETR610。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
お馴染み各駅停車。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
イタリア方面行きの列車。この区間のイタリア方面行きは機関車が後ろから押して制御機能付き客車が先頭になるようである。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F11 AE
SBBの定番、Re460とIC車両。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
赤、白、黒の単純な色の組み合わせなのだが実にカッコいい。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
貨物列車が通過。ここは幹線なだけに重連で長大なコンテナ貨物を牽引していた。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
これも振り子電車だがSBBのRABDe500形電車。ICEと呼ばれている。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
そろそろ駅構内での撮影も飽きてきたので別のポイントへ移動するとしよう。



(つづく)



Tag : RX100V FE24-70/2.8GM FE70-200/4G

  1. 2018/02/25(日) 20:00:00|
  2. 2015-17スイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年9月スイス撮り鉄の旅(13)Wassen後篇


さてヴァッセンで最も有名な撮影スポット、3段ループ初段のカーブへ向かう。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
ゴッタルドトンネルは渋滞の名所らしく、トンネル入口を目指すクルマが渋滞していた。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
さてここが有名な撮影ポイント。天気がよければ遠景に雪をかぶった山々が見えるのだが、今日は残念ながら雨。左の丘の上の教会も名物なのだが、それがかろうじて見える程度。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
イタリアからスイス方面へ向かう列車が来た。

ここで異変発生!カメラの日付がリセットされてしまった。どうも雨に濡れてトラブったらしい。再セットして撮影再開。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
各駅停車がやってきた。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
後打ちなのだが、列車を実に美しく撮れる撮影ポイントである。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
おっと、時刻表にない列車が通過・・。回送列車のようだが、インターシティ(IC)の車両、いわゆる特急列車の編成だったので大変満足・・(嬉)。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
いよいよ本命のゴッタルド・パノラマ。エクスプレスの登場。スイス発イタリア行きである。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
最後尾に3両のパノラマカー。

ここでまたしてもトラブル発生!カメラ後面の液晶が映らなくなってしまった。傘を差しながらの撮影でそれほど激しい雨でもなかったのだが、電池室やSDカード室に水が溜まっていた。いったんSDカードを抜いてもう一度挿したところ今度はSDカードも認識しなくなってしまった・・(汗)。管理ファイルの修復が必要との表示が出たので、YESを選択・・。それでもSDカードは読めるようにならず、RX100Vだけで撮るのもアレなので撮影中止。雨がやまないこともあって早々にフリェーレンのホテルまで帰ることにした。

夕食から帰って来てドライヤーでカメラを乾燥させると、液晶は相変わらずダメだったがSDカードは読めるようになった。ただし読めたのは使っていなかったスペアのSDカードで、撮影データの入ったSDカードは「管理ファイルの修復」を実行したためか読めなくなっていた・・(汗)。このSDカードにはこの日のチューリッヒ&ヴァッセン分約200枚だけでなく、前日のRhBアルブラ線の約1300枚も入っている・・(慌)。
色々ネットで調べて管理ファイルを壊しただけなら生データを直接読み込むことで修復できそうなことはわかったが、パソコンがないと修復ソフトを実行することが出来ない。1500枚の写真がパーになったのかどうか不安を抱えたまま最終日を迎えることになってしまった。



(つづく)



Tag : RX100V FE24-70/2.8GM

  1. 2018/02/23(金) 20:00:00|
  2. 2015-17スイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年9月スイス撮り鉄の旅(12)Wassen前篇


さてチューリッヒを後にしヴァッセン(Wassen)を目指す。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
スイス連邦鉄道(SBB)に乗ってエルストフェルト(Erstfeld)まで行き、そこからバスでヴァッセンへ向かった。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
ヴァッセンに到着。さてヴァッセンがどういうところなのか、御存じない方のために一講釈・・。
ここはヨーロッパアルプスの南北をつなぐルートのうち最重要なゴッタルド峠越えの名所で、ゴッタルド鉄道トンネルのスイス側の入口にあって三段ループを登る姿が撮り鉄のメッカとして知られていた。2016年のゴッタルド基底トンネルの開通によりこの区間はトンネル化され大多数の列車はそちらを通るようになったが、基底トンネルトラブル時の非常用として1時間に1本程度の各駅停車を走らすことで山越えの旧路線を維持している。ヴァッセン駅は今は客扱いはしていないが、スイス撮り鉄の旅としては一度来てみたかったところなのである。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
生憎の雨模様だったが、三段ループの二段目にある石橋を目指す。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
小屋の軒下で雨をしのぎながら待つことしばし、各駅停車がやってきた。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
SBBは左側通行なので、実はこれは後打ちである。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
こちらが正面から撮った写真。

この1時間に1本の各駅停車以外に、夏の間はパノラマカーを連結したゴッタルド・パノラマ・エクスプレスという観光列車が1日1往復走っており、実はそれがお目当てなのであった。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
じゃーん!これがそのゴッタルド・パノラマ・エクスプレス。雨脚が少し強まっていたが何とか撮ることが出来た。1等パノラマカーを3両連結した観光列車である。イタリアのルガーノを朝出てゴッタルド峠を越え、ルツェルン湖畔のフリェーレン(Flühlen)までこのパノラマ列車で向かう。その後遊覧船に乗り換え、ルツェルン湖を遊覧して終点ルツェルンまでの5時間半の旅である。



(つづく)



Tag : RX100V FE24-70/2.8GM

  1. 2018/02/21(水) 20:00:00|
  2. 2015-17スイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年9月スイス撮り鉄の旅(11)Zurichにて


チューリッヒで乗り換え。その間にちょっとパチパチ。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F2.8 AE
2015年に乗った寝台列車、EN466ウィンナーワルツ号が到着していた。オーストリア連邦鉄道の新しい寝台列車コンセプト“Night Jet”の車両を初めて見た。単に従来の車両を紺色+赤帯に塗り替えただけだが、2016年12月にドイツ連邦鉄道(DB)の寝台列車ネットワークCity Night Line(CNL)が全廃になった際に出来たコンセプトなだけに、このNight Jetが西欧圏の寝台列車を一手に引き受けている感がある。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F2.8 AE
2015年に乗った個室寝台の車両。こちらもNight Jetのカラーリングになっていた。ただ、正直言って従来のグレー+オレンジ色の方が個人的には好みである。新しいカラーリングを見慣れていないだけかもしれないが・・。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F2.8 AE
隣のホームに停まっていたオーストリア連邦鉄道の車両。自転車を連れた旅、ヨーロッパならではである。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
こちらは近郊型の列車。機関車+二階建て客車3両を1ユニットとして、この編成では3ユニットを連結した12両編成となっていた(行き先電光掲示の編成表示参照。-が機関車、1が一等車、2が二等車である)




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
望遠ズームに切り替えて入線してくる列車を狙う。さすが200mmの圧縮感である。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
近郊型RBDe560形電車である。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
いつも見慣れた光景も望遠で切り取ると新鮮味がある。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G F5.6 AE
Night Jetの列車、EN464が到着。こちらもNight Jetカラーの客車が何両も連結されていた。急ピッチで新カラーリングへの塗り替えが進んでいるようである。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM FE70-200/4G

  1. 2018/02/19(月) 20:00:00|
  2. 2015-17スイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター