うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2017年2月パタゴニア(31)ペリトモレノ氷河その2


氷河観光クルーズの後、マイクロバスでレストハウスへ移動し、フリータイム。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
与えられた時間は約3時間。昼食をレストランでのんびり取っていると観光の時間がなくなってしまうので、レストハウスでサンドイッチを調達して散策開始。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
いわゆる氷河の右半分の観光なのだが、こちら側にも観光クルーズはあるようである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
氷河の全貌が見えてきた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
こちらのクルーズ船もなかなかよさそうだ。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
せっかくなのでパノラマ像に編集。元は28mmのショットである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
この辺りが左右に分かれて観光している氷河の中央部分である。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
展望台でのんびり眺めていると轟音と共に氷河の崩落が始まった。これが毎日2m流れていながら後退も前進もしない氷河であるゆえんである。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
崩落の瞬間を見ることが出来たので安心してサンドイッチをほうばっているとまた凄い音で崩落開始・・。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
さらにその右隣りも崩れ始める。いやはや大変なことになってきた。大規模な氷河崩落の瞬間である。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
水面も水けむりが立ち、凄い音がした。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
いやぁ、崩落の瞬間をこれだけ堪能できて満足、満足。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
空模様も怪しくなってきたのでレストハウスへ戻っていたら背後でまた轟音が・・。振り返ってみると先ほどの崩落部の左側がさらに崩れ落ちていた。やはり、このペリトモレノ氷河は生きている氷河だった。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Planar50/1.4 Distagon28/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/05/11(木) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(30)ペリトモレノ氷河その1


エル・カラファテ観光のハイライト、ペリトモレノ氷河ツアーに参加する。朝ホテルにマイクロバスがピックアップしにきて、各ホテルを廻った後、氷河を目指す。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
エル・カラファテの街を出てから約1時間でペリトモレノ氷河の展望台に到着。見事な景色だ。ペリトモレノ氷河はアンデス山脈南端の氷河群のひとつで、アルヘンティーノ湖へ流れ込んでいる。巾5km、長さ30kmということでことさら巨大な氷河ではないが、一日当たり2mの割合で湖へ流れ込んでおり、昨今の温暖化の影響から後退する氷河が多い中にあって後退しない氷河として珍しい存在なのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
マイクロバスは船着き場へ向かい、氷河観光クルーズ船に乗る。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
だんだん氷河が迫ってきた。曇り空から時々晴れ間が覗く展開。雲の切れ目から太陽の光が氷河に当たる瞬間を狙ってシャッターを切る。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
ちょっと距離感が分かりかねるショットだが、これで水面上約60mの高さなのだとか。水面下は100m以上の深さにわたって氷で、厚さ約170mの氷河が2m/日の速さで流れているということなのだそうな。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
氷河に光が当たっていると背景との輝度差が大きいので背景がかなり暗くなって、なんだかおどろおどろしい感じになる。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
グレーシャーブルー!長い年月をかけて圧縮された氷河の氷は気泡が少なく透明度が高い。なので波長の短い青い光だけを反射し青く輝くのだそうな。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
氷河の上をトレッキングするツアーの人たちが見えた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
氷河がアルヘンティーノ湖に流れ込む際、ちぎれて漂流する場合もある。これはその一例。「氷河は毎日ドラマがあるので何回来ても新鮮なのだ」とはガイドさんの弁。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
背景の山にも光がさして来てちょっと風景が穏やかになってきた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
実はこの観光船がウロウロしているのは氷河の左半分。右端はこのように氷河がせり出していて氷河の右半分と水面を分断することもあるのだとか。そうなると水面高さが左右で30mも異なることもあるのだという。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
そろそろ氷河のアップともお別れ。氷河の前に30分以上停泊していたので思う存分シャッターを切ることが出来た。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
後ろを振り返って氷河の全景をカシャ!



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon28/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/05/09(火) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2017年2月パタゴニア(23)ラパタイア湾


バスで辿りついたところは国道3号線の終点。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
国道3号線、アラスカまで繋がる総延長17,848kmのパン・アメリカーナの最南端である。同じアルゼンチンのブエノスアイレスからでさえ3,079kmもある。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
じゃーん!こちらがラパタイア湾の絶景!!28mmレンズの写真を2枚合成してパノラマにしてみた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE
お天気がよくて、絶景を堪能することが出来た。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon28/2.8

  1. 2017/04/23(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(22)ロカ湖


ティエラ・デル・フエゴ国立公園の中を散策。国立公園駅からツアーバスに乗ってロカ湖へ。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
最果ての地に広がる静かな湖という感じ。鱒釣りの名所なのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
地図で見ると巾1.5km、長さ8kmぐらいの細長い湖である。これはアルゼンチン側からみた風景だが、70%ぐらいはチリ領である。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
湿原地帯をロカ川沿いに散策する。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
かなり湿度が高いのだそうだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
立派なレストハウスに立ち寄る。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
レストハウスからの眺め。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE
またバスに乗って次のポイントへ移動する。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
黒首スワンのご一家を見つけたのでバスが徐行・・(笑)。ちょっとブレブレなのはご勘弁。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Planar50/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/04/21(金) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(16)アルボール・バンデラ


ウシュアイアまでの道のりの途中で寄り道。



Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
アルボール・バンデラと言って、強風で木が曲がって成長したところなのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
この地方の風の強さ、気候の厳しさを端的に示している。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE
この後、山の中をバスで走り爆睡・・(汗)。目が覚めたら美しい光景が車窓に広がっていた。ウシュアイアの街に出る手前の山の中である。


この後ほどなくウシュアイアの街に到着。朝9:00に出発したビーグル水道ツアーは船、バスを乗り継いで17:00過ぎに戻ってきた。いやぁ堪能した。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Planar50/1.4

  1. 2017/04/09(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(4)街中散策


軽飛行機用の空港からウシュアイアの街中へ歩いて戻る。



Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
ウシュアイアの街の背後には氷河が迫っている。標高1500mにも満たない山々だそうだが、高緯度であることから途中には森林限界があり、標高3000m級の山々のように見える。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
観光地だけあってカジノもある。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
メインストリート、サン・マルティン通りに戻ってきた。朝と比べてお天気がよくなってきたこともあって人通りが随分増えていた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
朝ホテルのレストランから見えたカラフルな教会もこの通り沿いだった。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
何とハードロックカフェまである。ハードロックカフェのご当地Tシャツをコレクションする話を聞いたことがあるが、さしずめこの最果ての地ウシュアイア版などはコレクター垂涎であろう。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
シーフードレストランでランチ。カニのスープが絶品だった。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
海岸沿いにある観光案内所。最果ての地来訪証明書を発行してくれたり、スタンプを押したりできるそうだが、パスポートにそういうスタンプを押すと厳密には旅券法違反になると言われたことがあるのでやめておいた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
市内観光バスツアーの乗り場。かつてウシュアイアには大規模な刑務所があり、今は博物館となって観光コースに入っているため、囚人服を着た人形が市内観光の看板になっている次第。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ポップコーン屋さん。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ウシュアイアの市内は壁画のアートでも有名なのだそうだ。なるほど確かにいくつか目に付いた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
空き地の塀もこの通り。スプレーの落書きとは雲泥の差である。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
土産物屋の集まる一角。右側のウルトラマンのような格好は、先住民族が施していたボディペインティングをなぞらえたものだとか。


ブラブラ歩きながら、この日の午後は、ゆっくりと長旅の疲れをとることが出来た。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon28/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/03/14(火) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(3)遊覧飛行


11時に遊覧飛行を予約しておいたので軽飛行機専用の空港へ向かう。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
パイロット養成学校がメインの業務のようで、その合間に教官が観光客を乗せて遊覧飛行をしているようである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
軽飛行機というとすぐセスナと言いたくなるが、これはパイパー社のアーチャーIIという4人乗りの機種だった。かなり雲が出てきたが、何とか飛んでくれそうである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
フィルウッズのようなかっこいい教官の操縦でいざ出発。30分間のビーグル水道遊覧飛行である。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 1/500 ISO AUTO
離陸してまず向かったのがウシュアイアから東へ行ったところにあるエクレール灯台。真上を飛んでくれちゃうのでなかなかうまく撮れなかったが何とかカシャ!灯台の真上でUターン。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 1/500 ISO AUTO
ビーグル水道をウシュアイアの方に戻って来て、さらに西側へと進む。朝到着した旅客機用の空港が見えた。このあたりからやたら飛行機が揺れ出す。風が強くなってきているようだ。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
ビーグル水道はチリとの国境なので、アルゼンチン側からはみ出さないように飛んでいく。チリ側の方が少しお天気はいいようだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 1/500 ISO AUTO
チリ側の山間は氷河で削られたU字谷がいくつも見られた。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
チリ側の山々を望む。この辺りでUターンしてウシュアイアへ戻り始める。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
アルゼンチン側を望む。ティエラ・デル・フエゴ国立公園の方角である。とにかくものすごく揺れる。揺れの弱まる瞬間にシャッターを切る感じで、とても構図をどうこうする余裕がなかった。こうなるとむしろ画角を変えられない単焦点レンズの方が割り切ってシャッターを切ることが出来る気がする。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
局所的に雨も降っているようで、フィルウッズ氏は巧みに雨を避けながら飛んでいた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
果敢にカメラを縦位置にして撮る・・。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
ううっ、これ以上飛んでいるともう限界・・と感じ始めたころ揺れが収まってきた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
ウシュアイアの街が見えてきてホッとする。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 1/500 ISO AUTO
ウシュアイア港の上を旋回して着陸態勢に入る。地上に降り立つと搭乗証明書が手渡された。山の方まで行く1時間コースもあるそうで、天気が良ければトライしたいところである。最果ての地での遊覧飛行、ちょっと揺れるのが辛かったが上空から眺める景色は格別であった。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Planar50/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/03/12(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年8月山口(3)角島大橋アンコール


もう一度角島大橋へ行ってみた。



CONTAX ST Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE RDP III
遠くからも大橋はよく見える。




CONTAX ST Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE RDP III
すっかり渋滞が解消していてすっきりしていた。




CONTAX ST Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE RDP III
空には雲が立ち込めてきていたが、海は相変わらずエメラルドグリーンに輝いていた。




CONTAX ST Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE RDP III
これにて美しい海も見納め。お天気に恵まれたことに感謝しながら角島大橋を後にした。



(おしまい)



Tag : Planar50/1.4

  1. 2017/03/06(月) 20:00:00|
  2. やまぐち・きゅうしゅう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年8月山口(2)元乃隅稲成神社


角島大橋から40kmほど走ったところに元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社がある。



CONTAX ST Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE RDP III
参道には日本一入れにくい賽銭箱がある。鳥居の上にあるのだから無理もない。皆さん挑戦していたが、なかなかどうして簡単ではない・・(笑)。





CONTAX ST Distagon T* 28mm F2 F8 AE RDP III
1955年に建てられた比較的新しい神社で、鳥居は最初ひとつだったが1987年から10年かけて奉納され123基まで増えた。




CONTAX ST Distagon T* 28mm F2 F8 AE RDP III
現在の鳥居は2014年から建て替えられたばかりのものである。アメリカのCNNが2015年に日本の最も美しい場所31選のひとつにここを選んだという。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2

  1. 2017/03/04(土) 20:00:00|
  2. やまぐち・きゅうしゅう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年8月山口(1)角島大橋


昨年の夏休み、山口県まで足を延ばした。目指すは角島(つのしま)大橋である。



CONTAX ST Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE RDP III
平成12年に完成した比較的新しい(とは言っても15年以上前だが)観光名所である。




CONTAX ST Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE RDP III
橋脚の高さを低くしたり途中の島(鳩島と言うそうである)を迂回するなど、景観に配慮した点が評価され、土木学会デザイン賞2003を受賞しているのだとか。




CONTAX ST Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE RDP III
天気がいいと水面がエメラルドグリーンになり、まるで沖縄かどこかのような美しさである。




CONTAX ST Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE RXP
ご覧の通り料金所はなく、無料だそうである。




CONTAX ST Planar T* 135mm F2 F8 AE RXP
この日は観光客が多く、橋の上は渋滞していた。




CONTAX ST Planar T* 135mm F2 F8 AE RXP
ジェットスキーを楽しむ人も見られた。ジャンプ!



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Planar135/2

  1. 2017/03/02(木) 20:00:00|
  2. やまぐち・きゅうしゅう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター