うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2015年12月大分(4)湯けむり展望台


久しぶりに別府の湯けむり展望台へ来てみた。



CONTAX RX Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE RDP III
ちょっと写真を撮っている間にも、観光タクシーやカップルが来ていた。観光名所として定着しているようである。



(つづく)



Tag : Planar85/1.4

  1. 2016/05/28(土) 20:00:00|
  2. 2015-16ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月大分(3)朝焼けその3


前日の見事な朝焼けに味をしめ、翌朝もう一度別府へ・・。



CONTAX RX Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE RDP III
う~ん、この日は霞んでいてわずかに雲が赤く染まっただけ・・。前日の朝焼けを知らなければこれでも十分美しいと感じただろうが、人間とは贅沢なものである。前日の朝焼けを知った身にとっては物足りなかった。



(つづく)



Tag : Planar85/1.4

  1. 2016/05/26(木) 20:00:00|
  2. 2015-16ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年12月大分(2)朝焼けその2


見事な朝焼けに感動し、フィルムをプロビア100F(RDP III)に替えてもう少し粘ってみた。



CONTAX RX Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE RDP III
湯けむりがぱったり止まる瞬間もある。




CONTAX RX Sonnar T* 135mm F2.8 F5.6 AE RDP III
だんだん空が明るくなり、そのせいか建物の灯りが目立たなくなってきた。




CONTAX RX Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE RDP III
湯けむりが綺麗に上がった瞬間をカシャ!そろそろ朝焼けショーもおしまいである。



(つづく)



Tag : Planar85/1.4 Sonnar135/2.8

  1. 2016/05/24(火) 20:00:00|
  2. 2015-16ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

RDP IIIの増感現像


REALA ACE 100なきあと、常用フィルムをどうするかあれこれ検討してきたが、追い打ちをかけるようにPRO400 (略号:PN400N)も今秋で販売終了ということになり、ISO100とISO400両方のフィルムについて新たな常用フィルムの選定を迫られることになった。
今までEktar 100やPORTRAシリーズを試してみたが、もうひとつしっくりこないので、いっそネガフィルムから卒業してポジフィルムを常用にするか、という気になってきている。
そうなるとISO100はPROVIA 100F (略号:RDP III)で決まりだとしても、ISO400をどうするか、順当に考えればPROVIA 400X (略号:RXP)だが、RDP IIIの増感現像という手もある。増感現像とはフィルム現像時に露出不足を補う現像法のことで、RDP IIIであれば+2EV、すなわちISO400相当まで増感してくれる。追加料金が必要なので通常の現像より高くつくが、割高なRXPを使うのと比較すれば似たようなものである。もしRDP IIIの増感現像でそこそこの画質が得られるなら、カラーバランスの類似性や携行するフィルムの種類を1種類にできるなど、RDP IIIに統一するメリットがある。
そこで今回、RDP IIIの+2増感で試し撮りしてみた。ISO400が活躍する代表例は撮り鉄なので(笑)、身近なところで久留里線の新型車両を撮りに行った。



CONTAX RX Planar T* 85mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
何ともポジフィルムらしいコントラストの強さと発色の鮮やかさであるが、+2増感しても結構粒状性は確保されているようだ。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
増感現像は意外に使える、というのが第一印象である。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
普通の風景も撮ってみる。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III
今度はもう一台のカメラでISO100の設定で撮ってみる。ボディの違いによって露出が微妙に異なるようで、そこをレタッチで補正したので厳密な比較ではないが、増感した方がコントラストがきつく、色合いもちょっと派手でベルビアのようである。ISO100の方が色あせて見えるのは意外だった。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
しかしながら、こうなると増感した方はコントラストも色合いもちょっと濃すぎる感じである。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III
隣駅で離合した上り列車がすぐに来たので、もう一台のカメラでISO100の設定で撮ってみる。さすがにこちらの方がナチュラルな感じだ。




CONTAX RX Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE RDP III (+2増感)
こういう遠景であれば増感した方でもそれほど違和感がない。




CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE RDP III
むしろこのISO100の描写より先ほどの増感の方がメリハリがあっていいぐらいである。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
暗部の描写をチェック。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III
やはりこちらのISO100の方がなめらかであり、粒状性の違いはこういう場面では目立ってくる。


以上、RDP IIIの+2増感は意外にも色あせたりすることなくむしろ派手目な色合いになり、粒状性も実用十分で少なくとも緊急用としてはOKであった。しかしながら、ISO100と比較してしまうと、緻密な感じが薄れてやや大味な感も免れない。RDP IIIをISO400のフィルムとしても常用するならISO400のRXPとも比較した上で結論付けたい、というのが正直な印象であった。



Tag : Planar50/1.4 Planar85/1.4 Sonnar180/2.8

  1. 2013/07/06(土) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

147万アクセス御礼


累計147万アクセスを頂戴しました。いつもご覧いただきありがとうございます。
関東地方に舞い戻って早一ヶ月。地震の多さに閉口しつつも何とか生活のリズムを掴みつつあります。
新しい仕事の関係で4月からさっそく海外出張へ。帰国後のGWは休みをいただき、実家へ帰るのに加え、
豊後の国へコンタックス645を担いでプチ撮影旅行へ行ってまいりました。天気がず~と悪く(涙)、
日頃の行いを改めて反省した次第・・(汗)。いずれブログにアップしたいと思いますが、在庫写真も
さばいておかないと忘れてしまいますので(笑)、3月までの写真がしばらく続きますことご了承ください。



【南青山にて】

CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F4 AE PN400N







Tag : Planar85/1.4

  1. 2012/05/11(金) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二十年前の臼杵石仏


正月休みに自宅で古い写真を眺めていたら、二十年前の臼杵石仏の写真を発見。平成3年夏の撮影である。



CONTAX RTS たぶんPlanar T* 50mm F1.4 Super HG 400
そう、大日如来像の仏頭がまだ仏体下の台座に安置されていた時代である。仏頭が元の位置に戻されたのは平成6年のことである。




CONTAX RTS たぶんPlanar T* 85mm F1.4 Super HG 400
こちらの方が好み、という人も多い。なんせ臼杵石仏といえばこの仏頭のことを指すぐらい臼杵石仏のシンボルとして有名だったからである。何とも力強く慈悲深い気品のある顔である。



Tag : Planar50/1.4 Planar85/1.4

  1. 2012/01/13(金) 20:00:00|
  2. やまぐち・きゅうしゅう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011.1ケイコリサイタル


いささか旧聞で恐縮だが、今年の1月、村上けい子のリサイタルがあり、カメラマンを仰せつかった。



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 TLA280 F5.6 1/125 PN400N
場所は豊後の国きっての音響に優れたホール、iichiko音の泉ホールである。




CONTAX Aria Sonnar T* 180mm F2.8 F2.8 AE PN400N
共演は、はるばるオーストラリアより来日した!?ピアニストのカルロ・アントニオッリ。ケイコとは12年来の共演者だそうである。




CONTAX Aria Sonnar T* 180mm F2.8 F2.8 AE PN400N
第一部ではクラシックの本格的なパフォーマンスを披露した。




CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F2.8 AE PN400N




CONTAX Aria Sonnar T* 180mm F2.8 F2.8 AE PN400N
第二部はイタリア人らしいカルロのラテン的ユーモア溢れるパフォーマンスをフューチャー。カルロの弾き語りやケイコとの息の合ったデュエットなど、バラエティーに富んだグローバルな楽しいステージであった。




CONTAX Aria Sonnar T* 180mm F2.8 F2.8 AE PN400N




CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F2.8 AE PN400N




CONTAX Aria Sonnar T* 180mm F2.8 F2.8 AE PN400N
総じてクラシックとポピュラーのいいとこ取りの気楽なコンサートであったが、このあたりが彼女の持ち味である。さて、そんな村上けい子がまた近々にリサイタルを行うそうなので告知を。


7/10(日)ケイコ&ダリオ東京リサイタル
(すみだトリフォニーホール13:30~全自由席4,000円)
出演:村上けい子(ソプラノ)、ダリオ・マカルーソ(ギター)
以前サントリーホールで共演したこともある来日イタリア人ギタリストとのデュオだそうである。ご興味のある方はぜひどうぞ。


Tag : Planar50/1.4 Planar85/1.4 Sonnar180/2.8

  1. 2011/07/02(土) 20:00:00|
  2. おんがく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

108万アクセス御礼


拙ブログが累計108万アクセスを頂戴いたしました。いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
昨年は7月から豊後の国へ単身赴任し、引越しのごたごたでブログの方も一時お休みをいただいたりしましたが、
何とか再開することができました。こちらは風光明媚、食べ物もおいしい、ということで、一人暮らしの寂しさを
風景写真とうまいもので紛らわしております。まあ人生色々ですが、これもいい経験かな、と思い始めております。



CONTAX 139 Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
護国神社より



Tag : Planar85/1.4

  1. 2011/01/02(日) 08:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

102万アクセス御礼


累計102万アクセスを頂戴しました。いつもご覧いただき、ありがとうございます。
豊後の国からの写真便り、になるはずが、撮り溜めた写真を吐き出しているだけでは
どうもその通りになりません・・(汗)。まあ、元々かな~りいい加減に運営している
ブログですので、そのあたりも大目に見ていただきながら、末長いお付き合いのほど、
よろしくお願いいたします。



CONTAX 139 Planar T* 85mm F1.4 F11 AE REALA ACE 100



Tag : Planar85/1.4

  1. 2010/10/20(水) 23:43:10|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

臼杵石仏


阿蘇山の噴火によって流れ出た溶岩は柔らかくて加工しやすかったため、豊後の国の各地には岩を彫った仏像がある。これらは磨崖仏(まがいぶつ)といい、中でも一番有名なのは唯一国宝指定されている臼杵石仏である。真夏の暑い中、豊後の国観光第一弾として訪問・・(笑)。



CONTAX 139 Planar T* 50mm F1.4 F4 AE REALA ACE 100
国宝指定されている59体の石仏は四つの群に分かれていて、徒歩でぐるりと4か所を回る(と言ってもすぐ近く)ことになる。




CONTAX 139 Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
長年かけた保存修理工事が平成6年に完成し、立派な屋根に覆われて風雨をしのいでいる。ただしその分建屋の中は薄暗く、撮影は高感度フィルムを使うか三脚を使うなど、ひと工夫必要である。




CONTAX 139 Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100
まず最初の群、ホキ石仏第二群から九品の弥陀像。中央の一尊以外はかなり傷んでいるが、平安末期の作と言われており、800年以上の時を経ていることを考えるとある程度は仕方あるまい。




CONTAX 139 Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100
ホキ石仏第二群からもうひとつ、阿弥陀三尊像。見事な彫刻技術で彫られ、臼杵石仏の中で最も優れた石仏と言われている。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F2.8 F4 AE PN400N
次にホキ石仏第一群から地蔵十王像。彩色が残っているところがすばらしい。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F2.8 F2.8 AE PN400N
ホキ石仏第一群からもうひとつ、如来三尊像。ホキ石仏第二群の阿弥陀三尊像と並び称される彫技に優れた仏像である。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F2.8 F4 AE PN400N
三番目の群、山王山石仏。3体の石仏から構成されるが、これは中尊の如来座像である。昼間でも結構暗くてコントラストがないので撮るのに苦労する(汗)。





CONTAX 139 Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE REALA ACE 100
最後は、臼杵石仏でもっとも有名な古園石仏。その中尊である大日如来像が臼杵石仏を代表する存在である。以前は落ちた仏頭が仏体下の台座の上に安置されていて、それがまた臼杵石仏の有名な姿だったのだが、平成6年の改修で仏体の本来の位置に戻された。賛否両論があったそうである。




CONTAX 139 Planar T* 85mm F1.4 F11 AE REALA ACE 100
今回真っ先に臼杵石仏を訪れたのは、この仏頭が上に戻った大日如来像がどんな感じなのか観てみたかったからである。まあ想像していたより自然な感じだったので安心した。

それにしても真夏のやたら暑い日、ほとんど観光客がおらず、ゆっくり三脚を広げて撮影できたのはハッピーだったが、有名観光地がこんなにお客さん少なくて大丈夫?と心配にもなったのであった。



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/2.8 Planar85/1.4

  1. 2010/10/07(木) 20:00:00|
  2. 2010ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター