FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2018年5月Monterrey


メキシコのモンテレー(Monterrey)へ出張した。
ちなみに他の国にも似たような地名があるが、つづりや発音が微妙に異なる。
メキシコ モンテレー(Monterrey)
アメリカ モントレー(Monterey)
スイス  モントルー(Montreux)
カナダ モントリオール(Montreal)



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
アメリカのヒューストン経由でモンテレーに到着。さて、このメキシコのモンテレーだが、元々は風光明媚なリゾートとして発展、後に、企業を積極的に誘致して工業地帯として更なる発展を遂げていた。ところが、いつの頃からかメキシコからアメリカへの麻薬輸送ルートの拠点となってしまい、麻薬密輸組織同士の抗争の舞台となってすっかり治安が悪くなってしまった。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
今は大分回復しているのだがそれでもごらんの通り助手席にセキュリティ会社のガードマンを便乗してもらって移動している。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
中心部にはショッピングモールやホテル、高層マンションが立ち並び、周りは岩山が取り囲み、非常に美しい街である。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
美しいマンション群。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
地震がないのだろうか、奇抜なデザインの高層ビルをよく見かけた。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
観光名所の一つ、オビスパドの丘(Cerro del Obispado)へ。モンテレーはヌエボ・レオン(Nuevo Leon)州の州都であり人口約110万人。周りの都市を含めた大都市圏の人口は470万人で、メキシコでも3番目に大きいと言われている。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
丘の上には歴代のメキシコ国旗が並び、遠くには、鞍の丘、セロ・デ・ラ・スィージャ(Cerro de la Silla)が見える。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
居並ぶ国旗の中央にひときわ立派な国旗がある。現行のメキシコ国旗であり、1999年から始まったメキシコ各地に巨大な国旗を掲げるプロジェクトで2005年に設置されたもの。支柱は高さ100.6mで重さ120t、旗は大きさ28.6×50m、重さが230kgで、メキシコでNO.1の大きさを誇るのだとか。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
丘から降りて遠くからその巨大な旗を望む。いやはやメキシコ人も面白いことをするものである。



Tag : RX100V

  1. 2020/03/29(日) 20:00:00|
  2. アメリカ・カナダ・メキシコ
  3. | コメント:0

2018年5月India


インドへ出張した。公私ともにインドは初めてである。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F7.1 AE
空港はセキュリティ上の理由で撮影禁止。これはデリーの空港を出てホテルへ向かう車中からのショット。デリーのような大都会はすっかり車社会であり、中央の青や黒の車がシェア50%を誇るマルチ・スズキの車である。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F6.3 AE
とは言え、伝統的な三輪タクシー、リキシャもよく見かけた。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F6.3 AE
翌日車でインド国内を移動したときのショット。かつてテレビで見ていたインドの風景、という感じである。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F6.3 AE
装飾を施したトラック。この手の装飾、すっかり気に入ってしまった。


この時のインド出張は、ただただ車窓から物珍しい光景を他人事のように眺めていただけだったが、まさかこの後、2年間で7回もインド出張するとは思わなかった。



Tag : RX100V

  1. 2020/03/27(金) 20:00:00|
  2. 東南アジア・インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年5月武漢


上海から飛行機で武漢へ。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
今や世界的に有名になってしまった武漢だが、2018年当時は急速に経済発展している伸び行く大都市として、別の意味で脚光を浴びていた。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F4.5 AE
上海と同様、道路が整備され、高層マンションが立ち並ぶ。地下鉄は毎年のように新しい路線が開通しているのだとか。





Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
仕事を終え武漢を発つときに空港でカシャ!




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
立派な国際空港であった。



Tag : RX100V

  1. 2020/03/25(水) 20:00:00|
  2. 中国・韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年5月上海


上海へ出張した。11年ぶりである。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
まったくもって様変わり。高速道路が張り巡らされ、自転車やバイクに代わり高級車が溢れかえっていた。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
例によって観光する暇はまったくなく、ホテルの自室から夕暮れ時をカシャ!高層ビルが立ち並び、ニューヨークのマンハッタンのようである。ちなみに中国では相続税や贈与税はないのだそうで、上海生まれの両親を持つご夫婦の場合、両方の親から上海の高価な不動産をもらい受けるため大変なお金持ちになるのだとか。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
夜景を一枚。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
ホテルのラウンジで上海にちなんだオリジナルカクテルを一杯。



Tag : RX100V

  1. 2020/03/23(月) 20:00:00|
  2. 中国・韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年4月インドネシア


仕事で初めてインドネシアのジャカルタへ行った。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
ジャカルタは赤道直下で一年中温暖なのだが、タイのバンコックなどと違って極端に暑くはならず、一日の最高気温32℃、最低気温27℃が一年中続くという感じなのだそうである。
温暖でのんびりした風土はブラジルにちょっと似ていて親近感を覚えた。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
ジャカルタ市内は公共交通機関があまり発達していないので、時間帯や選択したルートによってはひどい渋滞に合う。この出張の時もオフィスから空港まで2台に分乗したところ、我々の乗った車は早々に空港近くのレストランに着いてゆっくりインドネシア料理を堪能できたのに対し、もう一台は渋滞に巻き込まれレストランに立ち寄る暇なく空港へ直接向かう羽目になっていた。



Tag : RX100V

  1. 2020/03/17(火) 20:00:00|
  2. 東南アジア・インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年3月ニューヨーク


ブラジルから日本へ帰任するときに立ち寄ったニューヨーク。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
すでにトランプ大統領が就任して1年が過ぎ、トランプ旋風が吹き荒れて世界中が右往左往していたころである。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
それでも今の新型コロナウイルスに比べればまだ平穏だったかも。早い終息を願うばかりである。



Tag : RX100V

  1. 2020/03/15(日) 20:00:00|
  2. 2015-18アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年2月パタゴニア(12)プンタ・アレーナスの夜


パタゴニア旅行もついに最後の晩となった。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
レストランを求めて港の方へ。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
食事を終えレストランから出てきたが、まだ薄ら明るい。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
さすが夏の高緯度地域である。これで21:30ごろなのだから恐れ入る。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
宿までは歩いて帰る。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
これにてパタゴニア旅行おしまい。お天気に恵まれて大変印象深い旅行となった。日本から行くとなるとかなり遠いので大変だが、12月~2月に9日間とか2週間とか連続して休みが取れるなら絶対お勧めの行き先である。



(おしまい)



Tag : RX100V

  1. 2020/03/07(土) 20:00:00|
  2. 2018南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年2月パタゴニア(11)プンタ・アレーナスへ


3日間にわたって楽しんだパイネ国立公園を後に、バスでプエルト・ナタレスからプンタ・アレーナスへ。一見サンティアゴに近づいているようだが実は逆。南へ向かうのである。プンタ・アレーナスはチリの中でも最北端に位置する街である。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
バスで約3時間、プンタ・アレーナスに到着。街中の大通り沿いにあるひときわ目立つ教会。美しいクリーム色だった。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
南米を探検したマゼランの像。下にいるのは原住民。その原住民の足に触ると旅の安全が得られるとのことで、旅行者の皆さんはタッチ!




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
原住民のグッズを売る土産物屋。原住民は部族ごとに独特の奇妙なボディーペインティングをしていた記録が残っている。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
こちらはペンギン像が客引きしている(笑)土産物屋。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
短い夏を思いっきり楽しむかのように花が咲き乱れていた。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
丘に登る。ここからの眺めがガイドブックに載っているプンタ・アレーナスの街並みのショットである。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
丘の上にはカフェが・・。う~ん、通りすがりに喫茶店に入るような場所ではない気もするのだが・・。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
丘を下り、街中へ。マリア・アウシリアドーラ教会の前を汽車を模した観光用の車が走る。



(つづく)



Tag : RX100V

  1. 2020/03/05(木) 20:00:00|
  2. 2018南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年2月パタゴニア(10)氷河クルーズ


前日に予約しておいた氷河クルーズに乗る。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
チケット売り場のあるロッジからは小型ボートで出発。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
クルーズ船に乗り換える。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F6.3 AE
一路、グレイ湖の北端を目指す。途中で漂流する氷塊を発見・・。波長の短い青色のみ反射して出来る見事なグレイシャーブルーである。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
グレイ湖の北側に到着。これがグレイ氷河である。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
右側の氷河に近寄る。あいにくのお天気ではあるが、寒さの厳しい雰囲気はよく出ている。さらにクルーズ船はこの右側の島を回り込んでグレイ湖東側にあるもうひとつの氷河を目指す。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
もうひとつの氷河が見えてきた。右手前におそらく氷河から切り離されたと思われる大きな氷塊があった。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
氷塊の後ろに回り込んで氷河の近くを目指す。




Sony α7 II FE 70-200mm F4 G F8 AE
氷河の東端に到着。奇麗なグレイシャーブルーだった。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
岸壁に船を寄せる要領でさらに氷河に近づく。近すぎてカメラに収まり切れなくなった。




Sony α7 II FE 70-200mm F4 G F8 AE
船が氷河から少し離れたところでカシャ!いやはやすごい迫力!




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
帰路はグレイ湖の東側を一路南下。遠くにクエルノス・デル・パイネが見えた。



(つづく)



Tag : RX100V FE24-70/2.8GM FE70-200/4G

  1. 2020/03/03(火) 20:00:00|
  2. 2018南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年2月パタゴニア(9)グレイ湖へ


翌朝、また車でパイネ国立公園を目指す。国立公園内に一泊だけしてプエルト・ナタレスまで戻ってきていた理由は、公園内の宿泊施設がバカ高くて予約も困難だったのが一番の理由ではあるが、それ以外にも給油のために戻る必要があったのである。公園内にはガソリンスタンドがなく、二泊も三泊も公園内に留まって車で移動しまくっていてはガス欠になるからであった。



Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
ただし昨日とは異なって公園西側にあるグレイ湖を目指す。妙な奇岩の横を通り過ぎる。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
途中でパイネの山々を望む。左側のパイネ・グランデは残念ながら雲に隠れていたが、まずまずのお天気である。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
グレイ湖に到着。実は前日にここからの氷河クルーズを予約していたのであった。




Sony α7 II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
クルーズ船の出発までの間、湖畔を散策した。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM RX100V

  1. 2020/03/01(日) 20:00:00|
  2. 2018南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

03  02  01  12  07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター