うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年11月京都(2)洛翠


まずは、Nozomiさんのホームグランド、洛翠へ。庭園を眺めながらお昼をご馳走になった。



Leica M2 Summicron-M 50mm F2 F8 1/250 PN400N
ここには、七代目小川治兵衛が作ったものを、後に十一代目が手を入れてよみがえらせた日本庭園がある。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 1/125 REALA ACE 100
琵琶湖を模した池だそうだが、実にバランスのよい、カッコいい庭園だ。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 1/125 REALA ACE 100
睡蓮の池の向こうには、画仙堂がある。現在は神前結婚式に使用されているのだとか。




Leica M2 Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 1/125 REALA ACE 100
そうそう、紅葉を撮りに来たのだった(笑)。まだ少し早かったが、手入れのいいもみじが見事な色に染まり始めていた。



(つづく)



後日談・・
<<続きを読む>>
スポンサーサイト

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Summicron-M50/2(3rd) Elmarit-M28/2.8ASPH. T2

  1. 2008/11/24(月) 20:00:00|
  2. 2007-8きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ショットバー


ショットバーというのは何となくあこがれる場所である。
ちょっと気取ってみたい、二次会ならカラオケスナックという凡庸なパターンはイヤだ、ってな気分を満足させるのにうってつけなわけである。



CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N

ここは九州へ出張すると必ず寄るショットバー。こちらのマスターはバーテン暦ン十年の超ベテラン。
メニューはなく、「甘め?辛め?」「アルコールは強め?弱め?」ってな好みを言うとピッタリのカクテルを作ってくれる。

「カクテルなんてのは何杯も飲むもんじゃありません。まあ、せいぜい三杯ぐらいまでですかね」
なんて言われて、
「じゃあ、今日はすでに二杯いただいたので、最後の一杯は・・」
とオーダーしかけたら、
「お客さん、もうだいぶお飲みになっているようですから、そのへんでおしまいにされては?」
「えっ?」
「何も絶対三杯飲まなきゃいけないって言っているわけじゃないんですから」
なんてたしなめられたこともある(汗)。

う~ん、ショットバーでゆったりとグラスを傾けるような大人の飲み方はなかなかできないなぁ・・。



Tag : T2

  1. 2008/04/15(火) 20:00:00|
  2. やまぐち・きゅうしゅう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

浅草(後編)


前編は観光名所ばかりだったので、後編は土地感のない写真をば・・。



CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
なんだか、まるでトイカメラで撮ったみたい・・。


以上、浅草お散歩土地感なしバージョンでした。



(おしまい)



Tag : T2

  1. 2008/02/13(水) 20:00:00|
  2. とうきょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草(前編)


昨年末に浅草を散歩してみた。持って行ったカメラはコンタックスT2。お散歩カメラで気楽にスナップ、というわけである。



CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
浅草といえば何といってもこちら(笑)。雷門である。




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
そして、仲見世。女性ばっかり・・。




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
吾妻橋。




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
言わずと知れたアサヒビール本社。ビールの泡を模した金色のオブジェ・・。




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
隅田川。T2にはチト厳しい逆光・・。




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
駒形橋。


以上で浅草の観光名所巡りおしまい・・(笑)。



(つづく)



Tag : T2

  1. 2008/02/12(火) 20:00:00|
  2. とうきょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東京タワー


表題の通り(爆)。


CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N


実はこれ、東京タワーの近くで忘年会があったときに撮ったものなのだが、その忘年会、ワタシよりも一回りぐらい年上の方が中心となった会だった。宴もたけなわとなり、ビールから焼酎へ・・。といっても今どきの芋焼酎のロックではなく、麦焼酎のお湯割りというところが歳相応である・・(笑)。

いつしか宴席での失敗談に話が及び、ワタシの右隣に座っていたSさんが、
Sさん「いやぁ、もう歳ですなぁ。先日はちょっと飲みすぎて立てなくなってしまって・・。いわゆる腰が抜けた、というやつですかなぁ(笑)。うっちーさんはまだお若いからそんな経験はないでしょ?」
ワタシ「いえいえ、実は2年前に韓国へ行ったとき、飲みすぎて立ち上がった途端、どこかに額をぶつけて13針も縫ったんですよ」
Sさん「ありゃ、ワタシのこのおでこの傷わかります? うっちーさんと違って粗雑に手当てされたので、いまだに残っているんですよ。昔、韓国で酔ってコケたときの傷・・」
ワタシ「ええっ(絶句)」
すると左隣に座っていたMさんが、
Mさん「おや、皆さんそうですか。ワタシも若いころ韓国へ行ったとき飲みすぎてコケて、顔中血だらけになりましてねぇ・・。いやぁ、酔うとコケるとき手が出てこなくて顔からいっちゃうんですよねぇ・・」
ワタシ「えっ、三人とも韓国で酔っ払って顔に傷を負った、ってことですか?」

この後、この話題で大盛り上がり・・(爆笑)。世代を超えて、韓国飲みすぎ顔面傷同志はすっかり意気投合したのだった・・。



Tag : T2

  1. 2007/12/27(木) 20:00:00|
  2. とうきょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イルミネーション(おまけ)


木更津駅東口のイルミネーション。ちょっとショボイ・・(汗)。



CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N

しかしながら、これ、ペットボトルなのである。なかなかうまい使い方だ。

というわけで、リサイクル・イルミネーション万歳!(笑)。



Tag : T2

  1. 2007/12/26(水) 20:00:00|
  2. 2007-8かずさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CONTAX T2


名機、コンタックスT2である。1990年に登場して以来、高級コンパクトの代表として、1997年まで高額な高級コンパクトとしては異例の大ベストセラーで26万台を売り上げたという。コンパクト機として必要なAE、AFの機能を持ち、沈胴式のレンズで携帯性を確保し、外装はコンタックスTで見送られたチタンボディを奢り、必要十分な機能と高級感溢れるボディに極めつけのツァイスレンズ、ゾナー38mmF2.8を装備した名機である。
特にゾナー38mmF2.8のちょっとゆるいが濃厚な発色は、コンパクトカメラにはあるまじき描写として(笑)当時絶賛を浴び、今でも熱烈なファンが多い。ちょっとゆるい、というのは、絞り開放だとややMTFが落ちるためであり、かつ、プログラムAEがF2.8、1/500の明るさに達するまで絞り開放を維持するので、ISO100のフィルムだとF2.8~F5.6ぐらいが常用範囲になるからのようである。ストロボ発光モードにすると非力なストロボを補うためか自動的に絞り開放になる点も、絞り開放の描写に多く接する理由のひとつである。また、こうした絞り開放に近い条件では周辺減光も少しあるようで、それがまた独特の雰囲気をかもし出している。





さて、今、ここにあるのは、1990年代初めにオフクロにプレゼントした個体である。今回、期間限定でT3と取り替えっこした次第・・(笑)。オフクロは十数年来このカメラを愛用している。最近になって色々な画角も楽しみたい、と言い出したのでTVSIIをプレゼントしたが、結局このT2の稼働率の方が依然高いようだ。そこで、絞り開放からシャープなのよ、と耳打ちしてT3を試用してもらうことにし、その間、T2を掠め取ってきた次第。T2のレンズ、濃厚な発色はたしかに魅力なのだが、前述のように絞り開放に近いとちょっとゆるい描写になるので、ISO400のフィルムを使って適度に絞り込まれるようにして撮ってみた。



CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode SUPERIA Venus 400
とはいえプログラムAEモードだと、やはり絞りは開きぎみ。ちょっとゆるい、T2らしい描写である。




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400
そこで、絞り優先でF8まで絞ってみたの図。かなりシャープで、日ごろ見ていたT2の描写とはちょっとイメージが違う。やればできるじゃん、という感じである。ただ、絞り優先AEだとシャッター速度は1/250までとなり、1/250を超えないよう絞りを設定する必要がある。ISO400のフィルムだと、明るいところではまるで露出計が付いていないカメラのように明るさを読まなければならず、ちょっと使いにくい。ISO400であればプログラムAEモードで1/500まで活用できるようにしておくのが妥当なようである。




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
さて、プログラムAEモードでの作例。F8、1/500ぐらいだろうと思うが、右上のハイライト部はちょっと滲んでいる。このあたりはちょっとクラシカルな感じだが、「たまり醤油」のような濃厚な感じが魅力的である。




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
同じくプログラムAEモードで、ほぼ同様の露出値だと思うが、カチッとシャープな感じである。何やらカメラが撮影意図を汲み取って描写を変えてくれているような錯覚に陥る。実際は被写体の輝度差によってハロの出方が違ったからなのだろうが、こうしたレンズの収差や色特性に加え、絞り値による解像感の違いも加わって、「気楽に撮ってもいつもいい写真になる」というT2の魅力を形成しているのではないかと思う。




CONTAX T2 Sonnar T* 38mm F2.8 AE P-mode PN400N
暗いところでの作例。銀ピカの消火栓にイルミネーションが反射していて綺麗だと思ったのだが、なんだかゴチャゴチャになってしまった(汗)。ちょっとわかりにくいが、やはりF2.8開放ではあまり解像度は期待できないし、点光源に対してハロも出るようだ。


以上、あらためて使ってみて、T2の魅力を再認識した次第。ゾナー38mmF2.8の特性をプログラムAEの設定がうまく引き出しているようだ。一方、2枚目や4枚目のようなシャープな感じは今まであまり記憶になく、撮り方を工夫すればこういう絵も得られるのだ、というのは新たな収穫だった。



Tag : T2

  1. 2007/12/25(火) 20:00:00|
  2. カメラの話&レンズの話(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。