FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2019年8月 明治神宮


Zeiss Ikon片手に明治神宮を散策。



Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F8 AE SUPERIA X-TRA 400
何年ぶりの明治神宮かなと思って過去の記事を探してみると、どうも2007年に訪れていたようである。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F4 AE SUPERIA X-TRA 400
Zeiss Ikonは手になじんできたが、やはり撮影直後に露出を確認しようとしてモタモタするのは相変わらずであった。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F8 AE SUPERIA X-TRA 400
下から見上げるように撮ったものをPhotoshopで修正・・。賛否両論あると思うが、ゆがみの補正は結構やることがある。綺麗に見えればオリジナルにはこだわらないので・・。





Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F8 AE SUPERIA X-TRA 400




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F8 AE SUPERIA X-TRA 400
絵馬が国際的・・って、12年前もコメントしたような・・汗。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F8 AE SUPERIA X-TRA 400
結婚式があったようだ。末永くお幸せに・・!



Tag : Ultron28/2

  1. 2020/01/31(金) 20:00:00|
  2. とうきょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zeiss Ikon


ツァイスイコンは、ドイツの名門カールツァイス社と日本のコシナ社のコラボにより2005年に登場したレンジファインダー式フィルムカメラで、28㎜まで見やすいファインダーや最高速1/2000のシャッター、絞り優先AEなど、ライカMシリーズに匹敵あるいは凌駕する完成度を誇った。そもそもツァイスイコンというのは1926年にカールツァイス財団のカメラ製造会社に付けられた由緒正しいブランド名であり、1971年にカメラ製造から撤退して以来30年以上たって満を持して復活したカメラ好きにはたまらないブランド名である。
しかしながら2005年という登場時期がなんともデジカメが急激に普及し始めた時期であり、気になる存在ではあったものの、どうせレンジファインダー機を買うならまずはライカMシリーズかな、と思っているうちに市場から瞬く間に消えてしまった。愛用されている方が多いのか、死蔵されたままになっているのか定かではないが(おそらく後者)、中古マーケットにもなかなか登場しないレアものとなってしまい、たまに出物があると当時の新品定価よりも高値で取り引きされているようだ。

今回、ひょんなことからシルバーボディを入手することができ、さっそく使ってみた。レンズは手持ちのMマウントレンズの中から28㎜での使い勝手を試そうということでウルトロン28㎜F2をチョイス。フィルムは以前地元の写真屋さんが店じまいするときにいただいて冷凍保存していたISO400のネガカラーを使ってみた。



操作系はフィルムカメラの文法に則って設計されており、使う上で通常と違うところはほとんどない。あえて言うなら、裏蓋の開閉が巻き戻しクランクを持ち上げるのではなく独立したレバーで行うところぐらいか。それも2、3本撮れば慣れてしまうレベルである。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F8 AE SUPERIA X-TRA 400
シャッターボタンのストロークの感じやシャッター音、巻き上げレバーの感触など非常に心地よい。こうした質感までよく考えられたカメラだと感じた。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F8 AE SUPERIA X-TRA 400
使っていていつまでも慣れなかったのは露出確認のタイミングである。巻き上げた状態でしか露出確認できないので、撮った後に露出を確認しようとするとフィルムを巻き上げないといけない。当たり前のようだが、コンタックスRTS系のようにいつでも露出確認ボタンで確認できるのと違うため、なかなか慣れなかった。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F2.8 AE SUPERIA X-TRA 400
そもそも露出は撮る直前に確認すべきなので、巻き上げた状態で確認することになって問題ないはずなのだが、どうも自分は撮った直後に念のため露出を確認する癖があったようだ。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F8 AE SUPERIA X-TRA 400
ライカMシリーズを凌駕すると言われるファインダーは、たしかに見やすい。28㎜枠も何とか実用域である。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F2.8 AE SUPERIA X-TRA 400
ただ、露出表示(シャッタースピード表示)が28㎜枠のすぐ内側に表示されるのでちょっと見にくい。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F2 AE SUPERIA X-TRA 400
金属膜のシャッターを上下2トーンに塗り分けて空の影響を受けにくくするなど工夫されているおかげなのか、露出はかなり正確なようだ。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F2 AE SUPERIA X-TRA 400
予想に違わず、レンジファインダー式フィルムカメラとしてかなり完成度の高いカメラであった。絞り優先AE機という点ではライカM7がライバルということになるが、1/2000がある点や28㎜ファインダー枠が見やすいなどM7を凌駕する点もあり、当時の新品定価はM7の1/3ぐらいだったと記憶しているので、ケチのつけようのないカメラだったと言える。




Zeiss Ikon Ultron 28mm F2 F2 AE SUPERIA X-TRA 400
これだけ完成度の高いカメラがビッグヒットにならなかったのは、欠点のないことが欠点だということではなく、やはり生まれてきたタイミングがよろしくなかったとしか言いようがない。



Tag : Ultron28/2

  1. 2020/01/29(水) 20:00:00|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2017年3月 カンポス・ド・ジョルドン(6)避寒地?


ちょっと撮り鉄を楽しんだ後、上を見上げると・・



Sony α7R II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
何やらホテルのような立派な建物が丘の上に建っていた。後で調べてみると、ホテルはこの辺りにないようなので、どうもマンションのようだ。何とも眺めのよさそうなところ・・。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
メインストリートまで戻ってきた。相変わらず賑やかである。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
このカンポス・ド・ジョルドンは標高1600mぐらいあるので標高800mのサンパウロよりさらに涼しい。なので1月や2月の暑い季節に避暑地として賑わうのかと思いきや、むしろ7月、8月の寒い時の方がハイシーズンなのだそうで、さらに寒さを感じるために賑わうのだとか。避寒地とは言わないか・・(爆)。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
まあ、お金持ちのご婦人方が毛皮などの装いを楽しむ目的もあるのだとかないのだとか・・(笑)。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
訪問したのは3月末なので日本の季節で言えば9月の終わり。晩夏か初秋といったところか。少し肌寒いのを覚悟していたが、お天気に恵まれ、暑くなく寒くなく気持ちのいい気候だった。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
とはいえ、夕方近くなり、さすがに少し冷え込んできた。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
サンパウロから帰るフライトはかなり遅い時間を予約してあったのでまだ十分時間はあったが、電車は先ほどのが最終でもう今日は走らないようだし、夕食を食べて帰るほどの時間的余裕もないので、これにて帰路につくことにした。


以上でカンポス・ド・ジョルドンおしまい。また来る機会があったらその時はニジマス料理か・・(笑)。



(おしまい)



Tag : Nokton40/1.4MC Ultron28/2 Sonnar85/2.8

  1. 2017/05/27(土) 20:00:00|
  2. 2017-ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年3月 カンポス・ド・ジョルドン(5)電車


カピバリから街の入口までは観光電車が走っているので、カピバリの駅へ行ってみた。



Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
専用軌道ではあるが、路面電車のような車両が止まっていた。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
駅の中に入ってみると、先ほど見えた赤と黄色の車両の後ろにもう一両、木造のしゃれた車両が止まっていた。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
昔懐かしマスコンとブレーキレバー。だがよく見ると日本とは左右が逆である・・(驚)。聞けば、二両とももうすぐ出発だという。左右逆の謎を解明できないまま駅を離れ、線路沿いの道を急ぐ。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
慌てて駅から少し離れたところで待ち構え、カシャ!




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
レンズ交換するヒマもなくもう一両がやってきた。同じ構図ながら違うタイミングでもう一枚、カシャ!



(つづく)



Tag : Ultron28/2 Nokton40/1.4MC

  1. 2017/05/25(木) 20:00:00|
  2. 2017-ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年3月 カンポス・ド・ジョルドン(4)カピバリ町


カンポス・ド・ジョルドンの中心街、カピバリ町(Vila Capivari)へ行く。



Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
ドイツの中世の街並み、という感じである。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
有名なビールのブランド、バーデン・バーデンの直営店。このカンポス・ド・ジョルドンに工場があり、このお店では造りたての生ビールが味わえる。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
料理のメニューはドイツ料理が主体。さっそくアイス・バインと生ビールを注文。ここでドイツ料理を食べたかったので先ほどのニジマスはパスしたのである。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
食後の散策。なるほどちょっとスイスっぽいかもしれない。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
オーロプレットなどでよく見かける窓辺の乙女像。ミナス人とはちょっと肌の色が違う・・。こちらはマッターホルンという名のレストランなので、彼女はスイス人?(笑)




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
パラナ松と教会。これはブラジルらしい風景・・。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
道行く人もブラジルらしい方々・・(笑)。



(つづく)



Tag : Ultron28/2

  1. 2017/05/23(火) 20:00:00|
  2. 2017-ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年3月 カンポス・ド・ジョルドン(2)州立公園


街の外れには、サンパウロ州最古のカンポス・ド・ジョルドン州立公園があるので行ってみた。



Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
ここは、パラナ松(Araucária)で有名なところらしい。面白い形の木である。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
公園の入口付近には水車小屋があったりして、なかなか雰囲気のいいところである。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
パラナ松と並んで有名なのがアジサイなのだとか。今何月だったっけ?と、季節感がないブラジルで季節の花を見て混乱する・・。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F22 1/2sec
小川が流れていて、ちょっとした段差があったのでスローシャッターにトライ!




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
ニジマスの養殖試験場があった。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
パラナ松が生い茂る中の遊歩道を歩いて行く。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
実に面白い形をした木だ。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
下から見上げると益々フォトジェニック!



(つづく)



Tag : Ultron28/2 Nokton40/1.4MC

  1. 2017/05/19(金) 20:00:00|
  2. 2017-ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年3月 カンポス・ド・ジョルドン(1)象の丘


今年の3月にカンポス・ド・ジョルドン(Campos do Jordão)へ行った。サンパウロから車で2~3時間ぐらい。標高1600mの避暑地で古くから別荘地として知られ、軽井沢とも姉妹都市なのだとか。



Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
街の入口。まずは街の外れにある象の丘(Morro do Elefante)を目指す。山の形が象の鼻に似ているからその名がついたという。




Sony α7R II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
象の丘からの眺め。綺麗な街並みである。ブラジルのスイスと呼ばれているそうだが、建物はスイスというよりドイツという感じ。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
昼間はリフトで登ってくることも出来る。丘の高さは標高1800mぐらいだそうだ。




Sony α7R II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
久しぶりにTilt-Shiftでお遊び・・(笑)。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
丘の上は展望台以外にも電波塔があったり土産物屋が並んでいたりした。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
象の丘なので象がいた・・(笑)。



(つづく)



Tag : Nokton40/1.4MC Ultron28/2 Sonnar85/2.8

  1. 2017/05/17(水) 20:00:00|
  2. 2017-ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ultron 28mm F2 with SONY α7R II 続報


オーロプレットでの試用が好感触だったので今回パリ撮影に持参したのだが、どうも調子がもうひとつだった。



Sony α7R II Ultron 28mm F2 F2.8 1/250 ISO640
こういう写真であれば目立たないが、それでも画面右端が何やらぼやけている。オーロプレットの時に感じなかったところを見ると、今回のような絞り開放近くで撮ると起きるようだ。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F2.8 1/60 ISO640
夜景を撮り始めて画面の両端のぼやけ具合が気になりだした。実際はボケているのではなくデジカメの撮像素子に光が斜めに入ることによるもの(いわゆるテレセントリック性の問題)と思われる。フランジバックの短いライカMマウントではなかなか避けがたい問題と思われるが、ライカMなどのライカ本家のデジタルカメラはどうなのだろうか。このウルトロンは解像度が高いだけに、画面中央がシャープな分、周辺の画質低下が目立ってしまったようだ。



Tag : Ultron28/2

  1. 2017/01/27(金) 20:00:00|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年12月シャンゼリゼ(6)ライトアップ後篇


シャンゼリゼ通りを元来た方角へ戻って行く。



Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO2000
遠くに観覧車が見える。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO1600
17時半を過ぎて、だいぶ暗くなってきた。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO1250
何気なくスーパーカーが停まっている。テールランプの形からトヨタ86のように見えるかもしれないが、これは現行フェラーリのフラグシップモデル、F12ベルリネッタなので念のため・・(笑)。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO2000
マロニエの樹に付けられたライトは上の方だけ水色になっている。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO2500
建物に近い木には雪の結晶をかたどったようなライトもあった。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO2500
派手な色をごちゃごちゃ使うのではなく統一感のあるライトアップである。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO3200
地下鉄の駅のある大きな交差点にやって来た。もうあまり時間がないが、もう少し先まで行ってみる。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F2.8 1/60 ISO1250
こちらにも出店が並ぶ。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F2.8 1/60 ISO160
夜18時を過ぎているが多くの人で賑わっていた。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO800
だいぶ観覧車に近づいてきたが、この辺りでタイムアウト。これ以上ウロウロしていては飛行機に乗り遅れてしまう・・(笑)。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO2500
振り返って凱旋門を望む。

風がなく、思っていたより寒くなかったので、4時間近くパチパチ撮影を楽しむことが出来た。



(おしまい)



Tag : Ultron28/2 Nokton40/1.4MC

  1. 2017/01/25(水) 20:00:00|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年12月シャンゼリゼ(5)ライトアップ前篇


外はすっかり暗くなっているように思ったが、撮ってみると空には明るさが残っていた。



Sony α7R II Ultron 28mm F2 F2.8 1/60 ISO400
夕暮れ時。あたり一面が青く沈んで行く・・。



Sony α7R II Ultron 28mm F2 F2.8 1/60 ISO400
17時ちょうどに、通りの両側のマロニエの樹に付けられたライトが灯された。これが有名なシャンゼリゼのクリスマス・イルミネーションという訳である。日本の各地で見られる趣向を凝らしたライトアップに比べると質素なものである。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F2.8 1/60 ISO3200
皆さんお出かけの時間なのだろうか。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F2.8 1/60 ISO800
人通りが一段と増えてきた。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO400
街灯も点灯し、いっそう美しくなってきた。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO2000
昼間通りかかった高級レストランの建物も美しくライトアップされていた。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO3200
まあしかし、そんな派手なライトアップをしていなくても十分綺麗な建物群である。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 ISO2500
凱旋門と反対側を見ると、遠くに観覧車が・・。



(つづく)



Tag : Nokton40/1.4MC Ultron28/2

  1. 2017/01/23(月) 20:00:00|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

05  03  02  01  12  07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター