うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2017年2月パタゴニア(31)ペリトモレノ氷河その2


氷河観光クルーズの後、マイクロバスでレストハウスへ移動し、フリータイム。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
与えられた時間は約3時間。昼食をレストランでのんびり取っていると観光の時間がなくなってしまうので、レストハウスでサンドイッチを調達して散策開始。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
いわゆる氷河の右半分の観光なのだが、こちら側にも観光クルーズはあるようである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
氷河の全貌が見えてきた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
こちらのクルーズ船もなかなかよさそうだ。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
せっかくなのでパノラマ像に編集。元は28mmのショットである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
この辺りが左右に分かれて観光している氷河の中央部分である。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
展望台でのんびり眺めていると轟音と共に氷河の崩落が始まった。これが毎日2m流れていながら後退も前進もしない氷河であるゆえんである。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
崩落の瞬間を見ることが出来たので安心してサンドイッチをほうばっているとまた凄い音で崩落開始・・。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
さらにその右隣りも崩れ始める。いやはや大変なことになってきた。大規模な氷河崩落の瞬間である。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
水面も水けむりが立ち、凄い音がした。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
いやぁ、崩落の瞬間をこれだけ堪能できて満足、満足。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
空模様も怪しくなってきたのでレストハウスへ戻っていたら背後でまた轟音が・・。振り返ってみると先ほどの崩落部の左側がさらに崩れ落ちていた。やはり、このペリトモレノ氷河は生きている氷河だった。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Planar50/1.4 Distagon28/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/05/11(木) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(30)ペリトモレノ氷河その1


エル・カラファテ観光のハイライト、ペリトモレノ氷河ツアーに参加する。朝ホテルにマイクロバスがピックアップしにきて、各ホテルを廻った後、氷河を目指す。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
エル・カラファテの街を出てから約1時間でペリトモレノ氷河の展望台に到着。見事な景色だ。ペリトモレノ氷河はアンデス山脈南端の氷河群のひとつで、アルヘンティーノ湖へ流れ込んでいる。巾5km、長さ30kmということでことさら巨大な氷河ではないが、一日当たり2mの割合で湖へ流れ込んでおり、昨今の温暖化の影響から後退する氷河が多い中にあって後退しない氷河として珍しい存在なのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
マイクロバスは船着き場へ向かい、氷河観光クルーズ船に乗る。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
だんだん氷河が迫ってきた。曇り空から時々晴れ間が覗く展開。雲の切れ目から太陽の光が氷河に当たる瞬間を狙ってシャッターを切る。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
ちょっと距離感が分かりかねるショットだが、これで水面上約60mの高さなのだとか。水面下は100m以上の深さにわたって氷で、厚さ約170mの氷河が2m/日の速さで流れているということなのだそうな。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
氷河に光が当たっていると背景との輝度差が大きいので背景がかなり暗くなって、なんだかおどろおどろしい感じになる。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
グレーシャーブルー!長い年月をかけて圧縮された氷河の氷は気泡が少なく透明度が高い。なので波長の短い青い光だけを反射し青く輝くのだそうな。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
氷河の上をトレッキングするツアーの人たちが見えた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
氷河がアルヘンティーノ湖に流れ込む際、ちぎれて漂流する場合もある。これはその一例。「氷河は毎日ドラマがあるので何回来ても新鮮なのだ」とはガイドさんの弁。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
背景の山にも光がさして来てちょっと風景が穏やかになってきた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
実はこの観光船がウロウロしているのは氷河の左半分。右端はこのように氷河がせり出していて氷河の右半分と水面を分断することもあるのだとか。そうなると水面高さが左右で30mも異なることもあるのだという。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
そろそろ氷河のアップともお別れ。氷河の前に30分以上停泊していたので思う存分シャッターを切ることが出来た。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
後ろを振り返って氷河の全景をカシャ!



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon28/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/05/09(火) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2017年2月パタゴニア(29)アルヘンティーノ湖


すでに19時半を廻っているのだが、ウシュアイアで特大のサンドイッチを食べたお陰でなかなかお腹がすいてこない。そこでアルヘンティーノ湖(Lago Argentino)まで歩いて行ってみた。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
湖畔を散策していると黒首のスワンを見つけた。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
しきりに首を水中に突っ込んでいる。餌を探しているようだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
しばらくぼんやりと湖を眺めていた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
さすがに20時半近くなって暗くなってきた。メインストリートに戻って炭火焼にありつくことにしよう。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/05/07(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(25)ウシュアイア港


飛行機までまだ時間があるので、港沿いを散策。



Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
先ほどの国道3号線終点よりブエノスアイレスに近いはずだが、こちらの表示の方が遠いのはなぜ?(笑)




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
そうそう、ガイドブックによく載っているこの看板を探していたのであった。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
海岸沿いは遊歩道が整備されていて心地よい空間になっている。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
オリビア山もよく見えた。しかしながら、だんだん曇ってくる。やはり厳しい気候の土地である。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
午後なのでクルーズ船はすでに帰港しているのが多いようだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
港の入口にあった看板。「イギリス人の海賊どもが乗った船は係留お断り」とでも訳すのだろうか。要はフォークランド紛争があったように、イギリスに対する敵対心は根強いようだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ついつい撮ってしまう難破船・・(笑)。そろそろ空港へ向かう時間となった。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Distagon28/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/04/27(木) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(22)ロカ湖


ティエラ・デル・フエゴ国立公園の中を散策。国立公園駅からツアーバスに乗ってロカ湖へ。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
最果ての地に広がる静かな湖という感じ。鱒釣りの名所なのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
地図で見ると巾1.5km、長さ8kmぐらいの細長い湖である。これはアルゼンチン側からみた風景だが、70%ぐらいはチリ領である。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
湿原地帯をロカ川沿いに散策する。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
かなり湿度が高いのだそうだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
立派なレストハウスに立ち寄る。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
レストハウスからの眺め。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE
またバスに乗って次のポイントへ移動する。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
黒首スワンのご一家を見つけたのでバスが徐行・・(笑)。ちょっとブレブレなのはご勘弁。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Planar50/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/04/21(金) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(14)ペンギンツアーその3


海岸沿いを少し散策。



Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
よく見ると先ほどまでのマゼランペンギンと違う種類のペンギンがいることに気がついた。胸が白黒の縞模様になっておらず、くちばしは赤く、足もオレンジ色である。これはどうもジェンツーペンギンのようだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
ジェンツーペンギンは南極海域に棲んでいて、南米大陸南部の大西洋側の島々に多く見られるというから、ここパタゴニアにいても不思議ではないが、マゼランペンギン以外のペンギンが見られるとは思わなかったのでビックリ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
マゼランペンギンより少し大きくなると言われているが、ここにいたのはあまり大きくなかった。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
日本の水族館にいるジェンツーペンギンは好奇心旺盛でお茶目な性格と言われているそうだが、はてさて・・(笑)。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
たしかに愛嬌のあるしぐさだった。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
さてそろそろゴムボートに乗って引き返す時間となった。名残惜しかったがペンギンに別れを告げ、島を後にした。



(つづく)



Tag : Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/04/05(水) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(13)ペンギンツアーその2


海岸のペンギンの群れに別れを告げ、陸地の方へ歩いて行く。



Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
置物のようにペンギンがじっと立っているのが可笑しい。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
地面にはいくつも大きな穴がある。ペンギンの巣なのだそうだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
マゼランペンギンは5月から8月は大きな群れを作って遠洋を移動しながら生活しており、10月ごろになると島に戻って来て陸地に巣を掘り、卵を産む。そして11月の終わりから12月の初めにヒナがかえるのだそうだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
近寄っても逃げない。人間を怖がっていないようだ。天敵はカモメとかオタリアなのだとか。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
陸地の営巣地を見学しながら遊歩道を歩いて行くと先ほどとは別の海岸に出た。こちらのペンギンの方が勤勉で(笑)、海に潜って餌を取ったりしている。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
おっとスパイが・・(笑)。ウミウが紛れ込んでいる。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
人間の動きを気にする奴もたまにはいる。驚かさないようにゆっくりと・・。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
勤勉とは言ったが、それはあくまでも先ほどの海岸との比較。やはりこうやってぼーっと立っている奴多し・・。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
これだけ多くのペンギンを目の当たりにすると、十分な餌が得られるのか心配になってしまうが、毎年同じところへ戻って来て産卵しているのだそうだから大丈夫なのだろう。



(つづく)



Tag : Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/04/03(月) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(12)ペンギンツアーその1


ゴムボートに揺られること10分あまり。ペンギンが生息している島に到着。



Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
ペンギンのいる島に上陸するツアーはこの旅行会社だけだとか。2m以内に近寄るなとか、大きな声を出したり急な動きをするな、等々のレクチャーを受けた上で上陸。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
白黒の縞模様になっているのが特徴のマゼランペンギンである。体長70cmあまり。このパタゴニアを中心とした南米大陸の南の地域にだけ生息する。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
時々羽根をバタバタさせるやつもいるが、ほとんど海を背中にして寝ているかじっと立っているかである。鳴くわけでもなくシーンとしている。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
ガイドさんもペンギンがお好きなようで・・。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
パタゴニアの厳しい自然をバックに・・という感じのショット。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
あまり動きがないのでじっくりとアップで。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 1/500 ISO AUTO
日本のあちこちの水族館でも見ることが出来るのでお馴染みの動物ではあるが、野生のペンギンは初めて。感動的だった。



(つづく)



Tag : Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/04/01(土) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2017年2月パタゴニア(10)クジラ


皆既日食などもあって飽きることなくクルーズは進む。



Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
水面を鳥が滑るように飛んでいる。穏やかで気持ちのいいクルーズだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
周りは氷河の痕跡が残るU字谷に囲まれている。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
遠くにクジラを発見!餌になるイワシを追って岸に近い所まで来ているのだそうだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
近くまで寄れるのがウリの小型船も近くでホエールウォッチング・・。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
何とか尾ビレを水面上に上げた瞬間をチト苦しいがゲット!(笑) いやはや、思いもかけぬクジラとの遭遇だった。



(つづく)



Tag : Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/03/28(火) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(9)皆既日食


ガイドさんによると今日の午前中は部分皆既日食が見られるという。ビーグル水道を進むクルーズ船の上から、スマホにサングラスをかけて皆さん皆既日食の撮影にチャレンジ・・。太陽が少し雲に隠れて霞む時が狙い目。そうやって撮ったのがこちら・・。



Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F22 AE
望遠ズームを目いっぱい望遠にし(200mm)、絞りをいっぱいまで絞り込み(F22)、露出補正を-3EVとして撮ったもの。うまく雲で霞んでくれたせいか、思ったよりうまく撮ることが出来た。



(つづく)



Tag : Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/03/26(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター