うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2004年11月 しらさぎ


2004年の暮れ、近所に何羽かいるのを見つけ、撮りに行きました。大きな鳥ですし動きが速いわけではないので、鳥撮影初心者向きの被写体だと思ったのですが、警戒心が強く、カメラを構えるとすぐに飛び立ってしまうので、もたもたピント合わせしているとシャッターチャンスを逃してしまいます。かなり遠くから狙わないとじっとしていてくれないので、レンズの焦点距離も180mmではつらく、ムターを購入しました。360mmあればまあまあですが、暗くなるので今度はピント合わせに苦労します。


shirasagi1.jpg

CONTAX RX Sonnar T* 180mm F2.8 + Mutar T* II F2.8 AE SUPERIA Venus 400


shirasagi2.jpg

CONTAX RX Sonnar T* 180mm F2.8 + Mutar T* II F2.8 AE SUPERIA Venus 400


というわけでなかなか苦労しました。この2枚の写真は、暗がりにいたのを狙っていたら急に飛び立ったのであわてて撮ったもの。本当は真っ白できれいな鳥なのですが、夕方なので(早起きしろ!)「シラサギってこんな色だったっけ?これじゃまるでクロサギ?じゃない」って感じ。いつか優雅に飛ぶ真っ白な姿をカメラにおさめたいものです。
また、写真屋のオヤジさんから「年賀状用かい?」と言われて、「あっそうか、2005年は酉年だったっけ?」と初めて気がつく始末。結局2枚目の写真を年賀状に使いました。色合いがちょっとお正月っぽいかな、っと!?


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Sonnar180/2.8 MutarII

  1. 2005/08/27(土) 14:41:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2005年8月 しらさぎ


ジモティーから「しらさぎがうじゃうじゃいるところがあるよ」と教えられ、新兵器の300mmを携えて行って来ました。



CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 + Mutar T* II F5.6 AE SUPERIA Venus 400
いやいやほんとにたくさんいます。そもそも「しらさぎ」という種類はなく、「だいさぎ」「ちゅうさぎ」「こさぎ」「あまさぎ」というのが正式名称なのだとか。
これはどうも「ちゅうさぎ」さんたちのようです。



CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 + Mutar T* II F4 AE SUPERIA Venus 400
大きく羽ばたいているのは飛び立つ瞬間ではなく、風が吹いて木から落ちそうになってバタバタやっているところです。300mmにムターをつけるとえらくピント合わせがしにくくなり、それはF8相当の暗さになるからだと思ったのですが、この絞り開放で撮った写真を見ると、絞り開放ではハロが出て白い鳥の輪郭がぼやけてしまうからのようです。この300mmは開放からコントラスト・解像度とも良好とのことですが、ムターをつけると少し絞る必要があるようです。



CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 + Mutar T* II F5.6 AE SUPERIA Venus 400
300mm+ムターでも一段絞っておけば十分なようです。



CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 + Mutar T* II F5.6 AE SUPERIA Venus 400
こちらは川でえさをさがしている「こさぎ」さんたちです。



CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 + Mutar T* II F5.6 AE SUPERIA Venus 400
大きさだけでなく、黒いくちばしが特徴のようです。



CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 + Mutar T* II F5.6 AE SUPERIA Venus 400
下ばっかり向いているので「顔上げてちょーだい」と念じたら上げてくれました。



というわけで・・・
う~む、MFで鳥を撮る、特に飛んでいる鳥を撮るのはなかなか大変だということをあらためて思い知らされました。ん?飛んでいるところの写真がないじゃないかって? だから大変だということを思い知らされたわけで・・・ごにょごにょ・・・。デジタル一眼であれば、焦点距離が35mm換算で1.5倍とか2倍とかになるし、AFだし、ということで好条件が揃いますが、コンタックスMFシステムでは苦手な対象ですね。
もちろん300mmF2.8なんてオバケレンズを入手できる財力があれば別ですが・・・(無理)。とかいいながらコンタックスAXのAFに180mm+ムターなら結構いいかも(AXまで手を広げるの?)、いや待てよ、300mm+ムターIII(x1.4)はどうだろう、などと妄想を始めてしまうのでした。


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Tele-Tessar300/4 MutarII

  1. 2005/08/27(土) 15:27:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2005年11月 しらさぎ


稲刈りが終わると苅田にしらさぎが登場する。



CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
いたいた! まずはピントを合わせて1枚、カシャ!




CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
あれれ・・もう飛んでっちゃうの?? カシャ!




CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
え~い、何だかわからんがファインダーの中にまだ白い物体がいるみたいなので、カシャ!
羽が上になっているときにシャッター切れよ、って言わないでね。そんな余裕、まったくなかったんだから・・(苦笑)。


見つけて近づいていって、撮ったのが全部でこの3枚・・。
デジタル一眼レフが一番欲しくなる瞬間でありまする・・(笑)。

でもこの鳥、やっぱきれいだなぁ・・。また挑戦しよう、っと。


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Tele-Tessar300/4

  1. 2005/11/13(日) 20:28:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

2005年12月 しらさぎ リベンジ(1)


マグニファイアーの意外な使い道とは、そう、しらさぎを撮るときに使ってみようということだった。ピント合わせにもたついている間に逃げられてしまうことが多かったのでピント合わせをこれによって素早くできないか、と考えたわけである。どうせ画面の中央に鳥が入っているときしか撮らないから画面全体を見た構図はどうでもよく、視野が画面中央だけに限定されても十分使い物になると思ったのである。

レンズはテレテッサー300mm F4。ムターIIを併用すれば600mmになるが絞り開放がF8相当となり、暗くてピント合わせはかなりしんどい。ピントの合わせ易さを優先してムターを使わずにトライしてみた。


0512RX+300+MF.jpg



いざ使ってみて・・・、全く「ブー!」であった。たしかにマグニファイアーのおかげでピント合わせは少しやりやすくなったが、アイポイントに余裕がなくなってしまいメガネをかけていてはかなり苦しい。視度調整機能を利用して裸眼で撮影してみたが、メガネをかけて被写体を探して見つけたらメガネを外してカメラを覗いて・・・、の繰り返しでいかにも不便。



そして極めつけは・・・



CONTAX RX Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400

こういうはるか遠くの写真ばかりになってしまった・・(汗)。ファインダー越しには身近に見えたのに・・(爆)。

う~む、ちょっと近づくとすぐ逃げてしまうし、アップで撮るにはファインダー以前に600mmクラスを必要とするのかもしれない。やはりY/Cマウントでは難しい。デジタル一眼が頭をよぎる・・・。いっそデジスコなどというテレスコープにコンパクトデジカメをつける最近流行の道具でも調達するか・・・。いや、まて、そんなデカいものは防湿庫に入らない・・・。

というわけで、マグニファイアー作戦はみごと失敗に終わってしまったが(苦笑)、くそっ、いつか必ず真っ白いしらさぎが空を舞うところをアップで撮ってやる!!


(つづく)




テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Tele-Tessar300/4

  1. 2005/12/28(水) 02:14:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

2005年12月 しらさぎ リベンジ(2)


苅田からしらさぎがいなくなり今年のしらさぎ撮りはもうおしまい、と思った矢先だった。近くの公園の大きな池に鴨がいるというので撮りに行って見ると、その中にしらさぎが一羽いた。マグニファイアーはもちろん、ムターIIも持参していなかったが、300mmの手持ちで狙ってみた。



CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400

池が柵に囲まれているせいか、柵の外からカメラを構えている限り近くに行っても逃げない。300mmでこれだけ寄れれば言うことない。ちなみにこれはくちばしが黒いのでコサギである。




CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400

と、そこへ突然どでかい白いものが飛来した。ダイサギである。300mmで画面を縦にしないと入りきらないなんて信じられない距離である。




CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400

コサギとダイサギを両方いっぺんに撮るために後ろにさがった。しらさぎを撮るために遠ざかるなんて、今まで経験な~い!

う~む、今まで苅田でばかり追いかけていたので300mmでも不満だったが、ここなら300mmでも十分すぎるほど。構図によっては180mmでもOKである。

新しい機材をご期待くださった方には申し訳ありませんが、要は機材に凝るよりいい撮影ポイントを見つける方が有効、という当たり前のお話でございました。


(つづく)・・・なぜかまだ続くのです

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Tele-Tessar300/4

  1. 2005/12/29(木) 00:14:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

2005年12月 しらさぎ リベンジ(3)


今までしらさぎ撮りを何度か試みたが(「捕り」ではありません・・爆)、飛んでいる姿でまあまあ気に入った写真が撮れたのは2004年11月の1回だけ。それ以外は、近づくとすぐ逃げられてしまったり、いいアングルなのにピント合わせが間に合わなくて撮れなかったり、と苦汁をなめ続けてきた。

今までの失敗の原因は、飛んでいるしらさぎにピントを合わせようとしていたからである。もちろん熟練すればピントリングをどれくらい回転させたら何mぐらい合焦距離が変わるかを体で覚えることによってMFでも自由に追従させられるのだろうが、とてもそんな技量は持ち合わせていない。ならばAFカメラで、ということになるが、Y/CマウントでAFになるのは唯一コンタックスAXというフィルム面を前後に移動させるウルトラC技術でAF化したごつい機種のみ。機構が機構なだけに最新のニコンやキャノンのAF性能と比べればかなりプリミティブなレベルのようだし、しらさぎ撮り以外にはAFの必要性を感じていないこともあり、時々見かける高価な中古AXを店頭で眺めるだけでふんぎりがつかなかった。

えっ、で、結局今回AXを買ったのかって? 残念でした。違います。

今回偶然にも至近距離から水面にたたずむしらさぎを何枚かアップで撮ることができたが、撮っているうちに「置きピン」で飛んでいる姿が撮れないだろうかと思い立った。鳥の動きを予測して「置きピン」しておいてシャッターチャンスだけに集中して撮る方法が使えないかというわけである。

どうせしらさぎは飛び立つとすぐに首を折り畳んでしまうので、飛んでいる最中よりも飛び立った瞬間とか降り立つ瞬間の首が伸びているときの方が美しい姿になる。そこで飛び立つ瞬間を狙うことにし、水面をウロウロしているしらさぎの飛び立つ方向に置きピンをして待つことしばし・・・。

おっ、飛んだ! それ、カシャ!

う~む、あわてて撮ったのでどんな写真になったのかさっぱり見当がつかない・・。しかも連射モードじゃなかったので(汗)、たった1枚だけ。

何度かこの撮り方を試してみたかったが、水面をウロウロするばかりでなかなか飛び立ってくれないし(石でも投げたろか、と思った・・爆)、風が冷たくて底冷えしてきたので(実はこのあと風邪を引いてしまった)、1枚撮っただけで退散した。


そしてフィルムを現像に出してみたところ・・・


ついにやりました!



CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400

ダイサギが飛び立つ瞬間を捉えました!! まあ平凡な構図ですが・・(汗)。それもたった1枚・・。

私にとっては真っ白なこの大きな鳥が飛んでいる姿をアップで撮りたかったので大満足! なんたって、これで300mmノートリムなのです!! アリアのシャッターは結構タイムラグがあって、ここまでピッタリの構図になっているとは思ってもみなかったので、いわゆる偶然の産物ではありますが(汗)、とりあえず、初期の目的は達することができました(笑)。

結局、十分近寄れる場所を探し、そこで置きピンをして飛び立つ瞬間を狙う・・・という撮り方がMFのコンタックスに合った撮り方だということを悟りました。


う~む、しかし、マグニファイアーはいらなくなっちゃったなぁ・・(爆)。


(おしまい)

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Tele-Tessar300/4

  1. 2005/12/30(金) 00:17:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

キリコ


正月里帰りしたときに親戚が連れてきていたオカメインコの「キリコ」。約2歳なのだそうである。
「えっ、キリちゃんを撮ってくれるの?じゃ鳥かごから出さなきゃ」
もう大変な溺愛ぶり。こっちとら、こういうこともあろうかとMP2.8/100を持参。ストロボあり・なしの2パターンでトライ。



CONTAX Aria+TLA280 Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria+TLA280 Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Makro-Planar T* 100mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400



ピントを合わせる時間とキリちゃんがじっとしている時間がほぼ同じ。合焦と同時にシャッターを切らないと一からやり直しになってしまう。結局フィルム1本費やしてしまった・・(汗)。

その後の情報によると、キリちゃんは、どうもこのとき以来カメラ目線になっているらしい・・(爆)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Makro-Planar100/2.8

  1. 2006/01/11(水) 12:16:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

我思う・・


故に我あり・・。なんちゃって・・(爆)。

06042224.jpg
CONTAX RX Planar T* 135mm F2 + Mutar T* II F2.8 AE SINBI High Quality 100

P135/2にムターを着けたらどんな感じかな、とテスト撮影したときの一コマ。ISO100なので絞り込めなかったせいもあるが、あまり相性はよくないと判断。
メーカーも、★:特に良好、◎:良好、○:装着可能、NG:装着不可のうち、「○:装着可能」としていて、特に推奨はしていないようだ。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar135/2 MutarII

  1. 2006/06/28(水) 00:56:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

指定席


が、あるらしい・・(嘘)。


CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400

いや、嘘じゃないかも・・(爆)。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.7

  1. 2006/08/04(金) 12:58:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

シラサギ


AFをウリにしているAXを手にした以上、撮ってみたくなるのがシラサギ。かねてからちょっと近寄るとすぐ飛び去ってしまい、「ああ、こういうときAFの最新カメラだったらシャッターチャンスを逃さないだろうになぁ」と思っていたからである。本来ならAF最速のオリンパスE-3にZD50-200mmあたりで狙うのが理想なのだろうが、まあ、まずはAXでどうなのよ、と、トライしてみた次第。レンズはテレテッサー300mmF4である。
AXのAFはとにかく遅くて使い物にならない、という声もあるが、通常の撮影ならMFを自分で合わせるよりは速く合焦してくれるので、シラサギ撮りでも活躍してくれるのではないかと期待が膨らむ。



CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE PN400N
まずはアヒルで練習・・(笑)。スパッとピントが合ってくれるので気持ちがいい。




CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F5.6 AE SUPERIA Venus 800
止まっているシラサギを撮ってみた。こういう状況ならアヒル同様、AFのメリットを享受できる。




CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F5.6 AE PN400N
スタコラサッサ・・(笑)。この程度の動きなら追従してくれる。




CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F5.6 AE SUPERIA Venus 800
それじゃぁ、飛んでるヤツはどうなのよ、とやってみた。結果は惨敗・・(汗)。AFを作動させると思いっきり迷い始め、なかなか合焦してくれない。AFが合焦するころには、もうこんな後姿しか撮ることができない。




CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F5.6 AE SUPERIA Venus 800
どうかすると、こんな風に着地するころになってやっと撮れたりする・・(汗)。これなら置きピンで撮った方がはるかに成功率が高そうだ。




CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F5.6 AE SUPERIA Venus 800
まあ、それでも飛翔する姿を捉えたの図。ちょっとトリミングしている。やはり、400mmクラスが欲しくなるところだ。




CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F5.6 AE SUPERIA Venus 800
結局、こういう静かな風景を撮っていた方が銀塩コンタックスには似合う、ということか・・。



Tag : Tele-Tessar300/4

  1. 2007/11/07(水) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター