うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2005韓国出張(1)ケチのつき始め


3泊4日で韓国へ出張してきた。日曜日に全国4箇所から総勢11人が飛行機で釜山(プサン)に集合し、現地の人の案内で工場を2、3訪問して水曜日に帰ってくる、という気楽な出張のはずだった。日程的に観光するヒマはなさそうだったが(仕事だから当たり前です、はい)、「早めに来てもらって有名なお寺に寄りましょう」と言われ、今回の出張で唯一観光できそうな初日だけのためにミノルタCLE一式を持って行くことにした。ちょっと観光旅行気分でウキウキしていた。恥ずかしながら仕事でもプライベートでも韓国へ行くのは初めてだったのである。

ところが、日曜日の朝、眠い目をこすりながら成田空港へ行って見ると、我々の乗る釜山行きJALだけが2時間40分遅れになっている! 他の便はみんな定刻なのに何で釜山行きだけ遅れるわけ?(怒)。


Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F2.8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F11 AE SUPERIA Venus 400
早よ飛ばんかい!(怒)



結局、他の空港から行った連中はゆっくり観光し、我々成田組3人は釜山からタクシーで工場のある町へ直行・・(涙)。到着後すぐに歓迎の宴会・・。



Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
高速道路でも車間距離を詰めて走るのでちょっと怖い・・。70kmぐらい走って約1万円だった。



翌朝、出発までのわずかな時間にホテルの内外をパチパチやった。せっかくカメラを持ってきたのだから・・・(涙)。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
こんなホテルの部屋の中、どこでも撮れるわい・・(涙)。ん?これだけ広い部屋に泊まることもめったにないか・・(爆)。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
部屋の外はもうすっかり晩秋のたたずまい。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
駐車場に結婚式で使われた飾りが置いてあった。異国情緒にちょっと満足。


しかしハプニングはこれだけではなかった・・・。


(つづく)


Tag : M-Rokkor28/2.8 M-Rokkor40/2

  1. 2005/12/05(月) 00:12:38|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2005韓国出張(2)慶州(キョンジュ)その1


2日目は午前中に工場見学した後、午後から次の目的地目指してマイクロバスで移動。200km以上走る長旅である。前日観光できなかった我々に気を使ってくれて、「途中に有名な歴史博物館があるのでそこに寄りましょう」ということになった。博物館じゃあまり写真は期待できないが、ま、どこにも行かないよりマシである。


Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F11 AE SUPERIA Venus 400
ところが行ってみたら月曜は閉館日!まったくツイていない!!
ん?ここは入口じゃないか・・(爆)。でも要するに休みでした。しょうがないから外から建物を撮っただけです・・(涙)。


ガックリきている私を見て、「それじゃ、有名な王様のお墓があるからそこへ行きましょう」ということになった。お墓ねぇ、どうせ撮影禁止だったりするんじゃないの・・。ま、どこにも行かないよりマシか・・・。


Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F11 AE SUPERIA Venus 400
ふ~ん、ここか・・・。立派な門じゃのう。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
おお!えらいきれいな紅葉やないの!



Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
思わず撮りまくり・・。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F11 AE SUPERIA Venus 400
よし、よし・・・って何が?(爆)



Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
う~む、これはどこで撮っても同じか・・(汗)。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
お~い、待ってくれ・・(汗)。紅葉には目もくれずお墓目指して突き進む連中・・。全く無粋なやつらだ(怒)。


(つづく)



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor28/2.8 M-Rokkor40/2 M-Rokkor90/4

  1. 2005/12/06(火) 00:30:45|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2005韓国出張(3)慶州(キョンジュ)その2


慶州「大陵苑」のつづき・・。


Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F11 AE SUPERIA Venus 400
おお!紅葉の中から不自然な小山が見える・・。あれがお墓か?




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
王様のお墓というのはもっこり小山状になったこいつのことだった。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
枯れ草色になっているが春から夏にかけては芝生同様きれいな緑色になるらしい。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F11 AE SUPERIA Venus 400
お墓は全部で23もある。高さが権力の大きさを表しているそうな。これがどうも一番高いらしい。右手前の壷は灰皿兼ゴミ箱でした(笑)。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F11 AE SUPERIA Venus 400
ひとつだけ中に入れるやつがある。さすがに内部は撮影禁止だった。

いやぁ満足、満足!


慶州は日本で言えば京都か奈良みたいなところで、「屋根のない博物館」といわれるほど世界遺産に指定された名所旧跡の宝庫なのだそうである。


Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F11 AE SUPERIA Venus 400
高速道路の料金所もお寺のような造り(笑)。これは世界遺産ではないだろうが・・(爆)。



Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
韓国は地方に行くと鉄道はあっても本数が極端に少ないらしく、なかなかの車社会である。高速道路の通行料金も非常に安い、というか日本がバカ高いだけなのだが(怒)。ただしガソリンは高い。170円/Lぐらい。

思いのほか観光気分を味わうことができ、バスは一路次の目的地へ向かう・・・。


(つづく)



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor28/2.8 M-Rokkor40/2 M-Rokkor90/4

  1. 2005/12/07(水) 00:35:09|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2005韓国出張(4)晋州(チンジュ)


2泊目と3泊目は晋州市に泊まった。昔、豊臣秀吉が攻めてきたときの激戦地として有名なところで日本人にはちょっとバツの悪い歴史を持つ町なのだが、大きな川が流れているとてもきれいな町だった。昼間は工場見学や会議で外をウロウロするヒマがぜんぜんなかったが、最初の晩は早めに夕食をすませて川沿いを晋州城址まで歩いていったりして、夜景だけは堪能することができた。CLEはレンジファインダー式なので三脚なしでもスローシャッターに強く、まあまあの歩留で撮ることができた。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
川にかかる橋はライトアップしていてとてもきれいである。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F4 AE SUPERIA Venus 400
歩道の手摺にカメラを置いて少し絞り込んでみた。やはりこの方が解像度は上がる。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
おっ!あれがお城らしい。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
晋州城址の入口にある立派な門。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
中に入って振り返ると遠くにライトアップされた橋も見えて、なかなかGood!




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
神殿のようなものが見えてきた。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
極彩色の装飾がライトアップで浮かび上がり美しい。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
う~む、もう手持ちではちょっと限界か・・。そろそろ帰るか・・(笑)。

意外にも見ごたえのあるライトアップを楽しむことができた。満足、満足!

慶州の大陵苑と晋州の夜景を堪能でき、ツイてなかったあとには、こういうツキもあるものだ・・・と、この時は思ったのだが、世の中そんなに甘くなかった・・・。


(つづく)



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor28/2.8 M-Rokkor40/2

  1. 2005/12/08(木) 00:17:31|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2005韓国出張(5)最後の晩餐


思いのほか観光もできてルンルン気分だったが(仕事もちゃんとしたんですよ・・汗)、最後の晩にとんでもないハプニングが起きてしまった。そもそも乾杯の嵐に見舞われることが容易に想像できたので液体の胃薬を何本も持っていった。宴会の前後に1本づつ飲むと二日酔いにならなくてすむ、と教わっていたのである。

これは効果抜群で初日の宴会は気分よくクリアー。ところが、最後の晩はまた乾杯、乾杯となり、実に初めての経験だが酔いが足に来てしまった(らしい)。立ち上がったときにバランスを崩し、テーブルの縁かなにかにおでこを強打してしまった。手で触って見ると、「あれコチジャンがついてる・・・」と思ったら血だった・・(驚)。

というわけでそのまま病院へ。何針も縫う大怪我をしてしまった。胃薬のおかげで宴会中に気分が悪くならない分いつもより飲みすぎた、ということかもしれない。トホホ・・。気分はド~ンと奈落の底へ・・(涙)。


最終日、バスで釜山の空港まで送ってもらったが、飛行機の出発までまだ3時間ある。ということで、釜山市内の国際市場までタクシーで行ってみた。


Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
空港から30分あまり、膨大な数のお店が狭い路地にぎっしり詰まったところである。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
石焼ビビンバを注文しておいて、料理ができるまでの間、土産物屋をひやかしてまわった。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
何も買わなかったが、ま、ちょっと観光気分を味わって前の晩の悪夢から少し開放・・(涙)。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
「地球で一番安い店」だそうです・・(汗)。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
世界中の有名ブランド(の○○・・以下検閲によりカット)の時計やカバンなどが売られている。もちろん隠し撮り・・(汗)。


帰国して地元の病院で医者に診てもらったら、
「おお!」
と驚きの声。何かと思ったら、
「ものすごく丁寧に縫ってある。3mmピッチで13針なんて日本じゃ考えられない」
(え、13針も縫ってあるの?・・汗)
「怪我したのが日本じゃなくて韓国でよかったね」
(怪我しない方がよっぽどいいのだが・・爆)
「抜糸が大変そうだからオレが当番じゃないときに来てくれ」
(まったくふざけた医者だ・・怒)

とはいえ、まあ一安心。韓国は整形手術の本場ですもんね・・(笑)。

というわけで、ちょっとツイていたのか、ものすごくツイてなかったのか、よくわからない出張とあいなりました。

やっぱり、ものすごくツイてなかったという気がするが・・(爆)。


(おしまい)



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor28/2.8

  1. 2005/12/09(金) 00:35:07|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2007年6月韓国出張(1)


6月24日~27日、3泊4日で韓国へ出張してきた。行く前のスケジュール設定ではとても観光するヒマなどなかったのだが、念のため(笑)CLEの出張セットを持参。

初日の夕方、ちょっと時間ができたのでお散歩スナップ。



Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F5.6 AE PN400N
ショッピングモールにあった郵便ポスト。ちなみに壷は灰皿です・・。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F5.6 AE PN400N
ん?何じゃこりゃ?? 公衆電話付きコーヒー&缶ジュース自動販売機・・(汗)。



(つづく)



Tag : Nokton40/1.4MC

  1. 2007/08/05(日) 20:00:00|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2007年6月韓国出張(2)参鶏湯


夏の韓国人気メニュー、参鶏湯(サンゲタン)。鶏肉丸一匹に、高麗人参、ナツメ、松の実、栗などの栄養価が高い食べ物ともち米を詰めてじっくり煮込んだ料理。味はとてもさっぱりしていて、味気ないぐらいだが、よく味わってみると、高麗人参のピリっとした味がなんとも効果的。冬に食べても十分体が温まりそうな気がするが、これを夏に食べるのが韓国流夏バテ防止術なのだそうである。



Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC Auto Electro Flash CLE F8 1/60 PN400N



(つづく)



Tag : Nokton40/1.4MC

  1. 2007/08/06(月) 20:00:00|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2007年6月韓国出張(3)仏国寺(前編)


無理を言って、慶州の仏国寺へ寄った(なんだ、観光してるじゃないか、というツッコミはなし・・笑)。

元々528年に建てられた寺を751年に大幅に拡張して設計・創建され、一応の完成の姿を見たのが774年。新羅の仏教の中心地として栄えた。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N
入口の門の横には、世界遺産の表示とともに、四ヶ国語(韓国語、中国語、英語、日本語)で解説した看板があった。それによると、
「その後、1593年に文禄の役で幾つかの石造物だけを残して沢山の収蔵宝物とともに一遍に消尽した」
とある。ところが、英語の表記をよく読んでみたら、
「The entire temple was burnt down by Japanese invaders in 1593, because the temple was used as a base of volunteer militia.」
とあった(汗)。つまり民兵の巣窟であるという理由で豊臣秀吉がこの寺を焼き払ったのである。日本語の表記も間違ってはいないが、何とも韓国の方の日本に対する気配りを感じざるを得ない。その後、1659年に一部を再建し、1969年から1973年の復元事業によって今の姿になったのだそうである。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N
門をくぐって中に入ると、天王門が現れる。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F2.8 AE PN400N
天王門の両側には四天王がいた。



Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F2.8 AE PN400N




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N
しばらく進むと紫霞門が見えてくる。この門に上る階段が国宝第23号に指定されている青雲橋と白雲橋。2段に別れた上の16段が白雲橋、下の17段が青雲橋である。階段なのに橋と呼ばれているのは、紫霞門を越えて釈迦如来の彼岸世界に渡るという意味を表したものだからだそうな。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F2.8 AE PN400N



(つづく)



Tag : M-Rokkor28/2.8

  1. 2007/08/07(火) 20:00:00|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2007年6月韓国出張(4)仏国寺(後編)


紫霞門は保護のため通行禁止なので、迂回して境内に入る。



Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N
左の建物が大雄殿、二つある塔の内、左が国宝20号に指定されている多宝塔、右が国宝21号の釈迦塔。これらの石塔は消失を免れ、8世紀に創建されたままの姿である。この大雄殿区域は現世仏である釈迦牟尼仏の「法華経」の彼岸世界なのだそうである。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N
多宝塔は新羅時代に作られた他の石塔に比べ、非常に斬新な姿をしており、3層からなる多宝塔の1層目は四角、2層目は八角、3層目は円と、上にいくに従って丸みを帯び、力強さから柔らかさへの変化を演出しているという。1層目には四方に獅子像が置かれていたが、3匹は盗まれてしまい現在は1匹しか残っていない。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N
釈迦塔は多宝塔とは対照的に統一新羅時代の典型的な形。同型の屋根が上に連なっていくというシンプルな姿で、近づいていくと屋根のふちが上に跳ね上がった形に見えてくる。1966年の補修工事の際、中から世界最古の木版印刷物である無垢浄光大陀羅尼経が発見されたという。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N
こちらの極楽殿の区域は極楽浄土を主宰する阿彌陀仏の「無量寿経」の世界。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F2.8 AE PN400N
こちらは梵鐘閣。鐘の響きをよくするために床に穴を開けているのだそうだ。



以上、曇天ではあったが、出張の合間に観光することができた。韓国随一の古刹だけあって、見ごたえのあるお寺だった。



(おしまい)



Tag : M-Rokkor28/2.8

  1. 2007/08/08(水) 20:00:00|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2008年1月韓国出張(1)ソウルの夜 その1


1月22日から25日まで韓国へ出張した。今回は珍しく羽田からソウル金甫空港へ。空港近くのホテルにチェックインし、関西空港からソウル仁川空港に来る仲間を待つ。その間にホテルの中庭をスナップ。



Minolta CLE Nokton Classic 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N
雪が残っている(さぶ~)。




Minolta CLE Nokton Classic 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N
結婚式用のチャペルでもあるのだろうか。




Minolta CLE Nokton Classic 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N
明るいレンズ、ノクトンクラシック40mmF1.4を持ってきて正解だったが、それでも暗い・・(汗)。それと、やはりF1.4開放ではやや甘い像になるので、シャープネス補正で整えてみた。

それにしても遅い・・。仲間への伝言をフロントに残し、タクシーで街中へ。




Minolta CLE Nokton Classic 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N
このあたりのはずなのだが・・。ラスベガスマッサージ?? なんのこっちゃ?(爆)




Minolta CLE Nokton Classic 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N
う~ん、この先あたりかな・・。




Minolta CLE Nokton Classic 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N
ん?この路地じゃないか・・。




Minolta CLE Nokton Classic 40mm F1.4 MC Auto Electro Flash CLE F5.6 1/60 PN400N
というわけで、仲間を見捨ててメデタクありついたのが焼肉(笑)。う~む、まいう~(爆)。



(つづく)



Tag : Nokton40/1.4MC

  1. 2008/01/31(木) 20:00:00|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター