うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

GW旅行


GWにオフクロを連れてカミサンと3人で海外旅行へ行くことにした。さて旅行となれば撮影機材をどうするか、となる。本日は旅行前の与太話(笑)。

<<続きを読む>>
  1. 2006/04/29(土) 01:08:03|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ただいま帰りました


ただいま、無事、GW旅行から帰ってまいりました。
で、どこに行っていたか、って? 遠路はるばるポルトガルまで行ってまいりました。直行便がないのでロンドンで乗り換え。5泊7日の旅行でしたが、ポルトガルには夜遅く着いて朝早く帰ってきたので、現地5泊、実質丸4日間の観光でした。で、撮った写真がフィルム25本、約900枚・・(汗)。結構余分にフィルムを持っていったつもりでしたが、オフクロに数本取られてしまったので結局現地でコダックを1本調達・・。
フィルムは持っていった分だけ必ず撮ってしまうもんですね・・(笑)。

0605Films.jpg




  1. 2006/05/05(金) 14:13:33|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

ポルトガル観光編 (1)リスボン


ポルトガルは初めて訪れたので、観光名所として名高いリスボンとポルトに2泊づつ。その間をレンタカーで移動し、一泊は田舎町に泊まってきた。撮った写真約900枚。全部をアップするわけではないが(当たり前!)、さてどうしたものか・・。
「どこそこへ行ってきました」という写真の羅列では芸がないが、あまり馴染みのない国でもあり、その手の観光名所めぐりの写真もこれから行かれる方(おるんか?)の参考になるかと思い、以下の2本立てで適宜織り交ぜながらアップさせていただくことにしたい。

◆観光編 :観光名所の写真
◆テーマ編:何らかのテーマでまとめた写真

それでは、まず肝硬変(ズテッ)じゃなくて観光編の第一回目、リスボンから。といいながらリスボンだけで300枚ぐらいあるんだな、これが・・(汗)。


まずは一番の観光名所ベレン地区。

【発見のモニュメント】

CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
リスボンを訪れた観光客が必ず立ち寄るのがここ。大航海時代を記念して1960年に造られたモニュメントで、帆船をモチーフにした高さ52mの塔である。


【ベレンの塔】

CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
正式には「サン・ヴィセンテの砦」といい、海賊からリスボンを守る要塞として1519年に造られた。当初はテージョ川に浮かぶ島だったが、1755年の大地震で川の流れが変わり、現在は川岸に接岸している。


【ジェロニモス修道院】

CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
1501年に着工し、100年!の歳月をかけて造られたマヌエル様式の最高傑作で、ポルトガル全盛期の産物である。


【4月25日橋】

CONTAX RTS II Planar T* 135mm F2 F8 AE REALA ACE 100
全長2278m、ヨーロッパ最大の吊り橋で、1966年に完成したときは独裁政権の名をとってサラザール橋と呼ばれたが、1974年にその政権が倒れると、民主化の記念日としてこの名がついた。


【クリスト・レイ】

CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
テージョ川の対岸にある高さ110mのキリスト像。リオ・デ・ジャネイロのキリスト像を模して1959年に造られた。


続いてバイロ・アルト地区。

【ビッカのケーブルカー】

CONTAX RTS II Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
ポルトガルの首都リスボンは坂道の多い港町。サンフランシスコにちょっと似ている。そして、もっとも有名なシーンはこれ。色々な映画の舞台にもなったリスボンを象徴する景色である。


続いてバイシャ地区。

【ロシオ広場】

CONTAX RTS II Planar T* 135mm F2 F8 AE REALA ACE 100
リスボン旧市街の中心部。初代ブラジル国王となったドン・ペドロ4世のブロンズ像が広場を見下ろしている。


【サンタ・ジェスタのエレベーター】

CONTAX Aria Distagon T* 25mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
エッフェルの弟子が1902年に造ったエレベーター。上には展望台とカフェがある。


【くちばしの家】

CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
1522年に第2代インド総督アフォンソ・アルブケルケの息子によって建てられた邸宅。鳥のくちばしのようなとがった石で覆われているのが特徴的。


続いてアルファマ地区。

【サン・ジョルジェ城】

CONTAX RTS II Planar T* 135mm F2 F8 AE REALA ACE 100
約1600年前に造られた城。リスボンは7つの丘からなる町だが、丘の上にあって一番目立つ建物がこれ。先ほどのサンタ・ジェスタのエレベーター上の展望台からのショット。


【アルファマ地区】

CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
1755年の大地震の難を免れた街並みで、狭い路地が迷路のように通っている。11世紀にイスラム教徒のムーア人が住み着いたところで、今となってはリスボンの下町といった風情。


【市電】

CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
リスボン市内を縦横無尽に走り回っている市電だが、これはアルファマ地区のカセドラルの前を走っているところ。最も有名なシーンのひとつである。

ふぅ・・。1回目のアップだけで疲れた・・(汗)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Distagon35/1.4 Distagon25/2.8 Planar135/2 Sonnar180/2.8

  1. 2006/05/08(月) 01:50:46|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

ポルトガル テーマ編 (1)大航海時代


ポルトガルの歴史を語る上で欠かすことの出来ない大航海時代。十五世紀中頃~十六世紀中頃のお話である。歴史は“超”苦手であるが(汗)、初歩的な解説を・・。


CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400


まずはエンリケ航海王子。彼は水先案内人に毎日コンパスと羅針盤を使用させ、航海日誌をつけることも義務づけた。合計15回の探検船を出し、その都度、アフリカ大陸沿いに南下の距離を伸ばしている。また、航海学校も設け、数学者、天文学者、地理学者などを集めて航海術を発展させる一方、逆風でも航海できるカラベル船を改良していった。


CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
エンリケ航海王子没後500年を記念して1960年に作られた発見のモニュメントには、カラベル船を手にしたエンリケ航海王子を先頭に、当時活躍した学者たちが連なっている。何やらおしくらまんじゅうをしているようにも見えるが・・(爆)。ちなみにエンリケ航海王子は船酔いしやすい体質で、自分で船に乗ることはなかったそうな(笑)。


次なるヒーローは、何といってもヴァスコ・ダ・ガマである。1498年にインド航路を発見し、ポルトガルに巨万の富をもたらした。いまだに色々なものにヴァスコ・ダ・ガマの名が冠されている。ヴァスコ・ダ・ガマショッピングセンター、ヴァスコ・ダ・ガマ橋など。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE KODAK ULTRA 400
ヴァスコ・ダ・ガマ橋は全長18kmにも及ぶヨーロッパ最長の橋である。う~む、飛行機の中から撮った写真はきちゃない・・(汗)。


かくしてポルトガルはわずか半世紀強の間にブラジルからインドに至る海洋王国を築き上げたのだが、当時、航海から帰ってきた船をベレンの塔でポルトガルの王族が迎えたのだという。長い命がけの船旅を終えてこの白い塔を目の当たりにしたときの感動はさぞや、という感じであるが、国家事業として推進された航路開拓、貿易事業にはこうした気配りもあったのである。


CONTAX RTS II Planar T* 135mm F2 F8 AE REALA ACE 100


結局1580年にスペインに統治されてしまい、ポルトガルの栄華は100年程度で終焉してしまったのだが、貿易とキリスト教の布教を主目的にしていただけに、あまりえげつない爪あとを残すことなく、すぐれた航海術と冒険心が語り継がれることになったのは結構なことである。


CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100


う~む、あいかわらずD35/1.4の写真ばかりだなぁ・・(汗)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Planar135/2

  1. 2006/05/09(火) 00:55:49|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ポルトガル テーマ編 (2)市電でGO!


タイトル陳腐・・(汗)。リスボン市内を縦横無尽に走り回っている市電だが、現在は全部で5路線(12番、15番、18番、25番、28番)ある。観光客にとって便利なのは、アルファマ地区を一周する12番とバイロ・アルト~バイシャ~アルファマを走り抜ける28番あたり。いずれも運賃は定額で1回1.20ユーロである。ブック・ドイシュ(Buc 2)という1.50ユーロのチケットを買えば2回乗ることができる。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
試しに28番に乗ってみたが、結構乗り心地は悪い・・(苦笑)。ただ、外から見ればポルトガル情緒満点。というわけでパチパチ撮ってみたが、どれも似たような絵・・(汗)。

それでは3地区を走り抜ける28番線の市電9連発!


<<続きを読む>>

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Planar135/2

  1. 2006/05/10(水) 00:41:01|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ポルトガル テーマ編 (3)アルファマ地区散策


リスボン旧市街のなかで東に位置するアルファマ地区。古い街並みで、のんびり散策するにはいいところ。ただし、路地が入り組んでいるところが多く、どこを歩いているのかよくわからなくなるので注意。

それでは、ぶらぶらと散策したときの写真を順不同で13連発!



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F8 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Distagon35/1.4 Planar85/1.4

  1. 2006/05/11(木) 16:29:44|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ポルトガル テーマ編 (4)かわいいケーブルカー


当初、これをテーマに取り上げるつもりはなかったのだが、なにやら女性ブロガー諸氏に好評だったので、急遽予定を変更・・(笑)。7つの丘の町リスボンには、グロリア線、ラヴラ線、そしてこのビッカ線と、合計3路線のケーブルカーがある。それぞれ車両も違うようだが、このビッカ線が一番かわいい、と、もっぱらの評判。



CONTAX RTS II Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 25mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon25/2.8 Sonnar180/2.8

  1. 2006/05/12(金) 12:13:12|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:12

ポルトガル テーマ編 (5)ファド


ポルトガルの民衆歌謡として知られるファド。19世紀初頭にリスボンの下町で生まれたといわれている。初期のころは場末の酒場やカフェで歌われ、船乗りや売春婦、浮浪者など、社会の底辺にいる人々に親しまれていた。1840年代に19世紀最高のファド歌手だったマリア・セヴェーラとヴィミオッソ伯爵が起こした恋愛スキャンダルをきっかけに次第に上流階級にも受け入れられていったという。
というわけで聴きに行ったお店は、そのマリア・セヴェーラにちなんだ「ア・セヴェーラ」。リスボンでもトップクラスのお店なのだそうな。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F2 AE SUPERIA Venus 400



<<続きを読む>>

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4

  1. 2006/05/13(土) 00:27:18|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ポルトガル観光編 (2)シントラ


さて、久しぶりに観光編第二弾。イギリスの詩人バイロンをして「エデンの園」と言わしめたシントラ。リスボンの西28kmに位置し、周辺のシントラ・カスカイス自然公園とともに世界遺産に登録されている。このシントラの街は、王宮、ムーアの城址、ペーナ宮殿が三大観光ポイント(笑)。


【王宮】
14世紀に建てられた王家の夏の離宮。16世紀のポルトガル全盛期にマヌエル1世が増築したエリアの室内装飾が絢爛豪華なことでも有名なのだが、この日はメーデーで閉館日。残念ながら中に入ることはできなかった。


CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 25mm F2.8 F11 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F4 AE REALA ACE 100



【ムーアの城址】
7~8世紀にムーア人によって築かれた城の跡。まるでミニ万里の長城のようである。


CONTAX RTS II Distagon T* 18mm F4 F11 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



【ペーナ宮殿】
ドイツのノイスバンシュタイン城を造ったことで有名なルードヴィッヒ2世のいとこのフェルディナンド2世がドイツから建築家を呼び寄せて造った城。1850年に完成した。イスラム、ゴシック、ルネッサンス、マヌエルなどの色々な様式の寄せ集めで、それがまた奇妙な魅力になっている。どの部分がどの様式なのかは言いっこなし・・(笑)。


CONTAX RTS II Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon25/2.8 Distagon18/4 Sonnar180/2.8

  1. 2006/05/14(日) 13:50:32|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ポルトガル テーマ編 (6)新緑の季節


リスボンを離れてドライブを始めると、まばゆいばかりの新緑が目に飛び込んできた。さすがに運転中は撮れないので、シントラを散策したときの写真から・・。


CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100


こうなってくると、もうどこで撮ったのかわからない写真ではあるが・・(汗)、乾燥した空気を感じていただければ幸い・・。って、感じないか・・(爆)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Planar85/1.4

  1. 2006/05/15(月) 23:19:28|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター