うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

GW旅行


昨日の記事でも触れたように、今年もGWに海外へ・・。というわけで今日から5月5日まで、ブログはお休みさせていただきます。

昨年も機材選びの与太話を書いたが、今年もまた・・(笑)。

まずボディ。ISO100とISO400のフィルムを使い分けるので、もうこれは昨年同様RTS IIとAriaの2台で決まり。Ariaは機能十分、データーバックで露出データも記録、小型軽量で持ち運び便利、と、およそ旅行用として欠点がない。Aria2台が理想かも・・(おい)。RTS IIの代わりに139というチョイスもあるが、やはりRTS IIの剛性感は撮っていて安心。RXはちょっと重いし大きい。

フィルムはISO100がいつものREALA ACE 100、ISO400は常用のSUPERIA Venus 400ではなくPRO400(PN400N)を奢ってみた。ちょっと抜けがいいかな、と感じているのと、フィルム全体が値上がりしてVenus 400とPN400Nの値差があまりなくなってしまったことも理由のひとつ。今回もポジは選ばなかった。発色のよさは認めるものの、プリントしてアルバムに入れて楽しむのがベースなのでネガの方が安上がりだし、何よりラチチュードが狭く露出にシビアなポジに慣れていないのが一番の理由である。

さて毎度悩むレンズのラインナップ。まずは冷静に昨年のポルトガルでどのレンズをどれくらい使ったのか統計を取ってみた。本来なら全撮影カットを調べるべきだが、ブログに掲載した写真が「まあよく撮れたよね」という写真だと仮定し、記事に使った写真の使用レンズ&撮影時の絞りを調べてみた。



思いのほかD35/1.4のカットが多く、絞り開放F1.4で撮ったものも結構ある。やはりD35/1.4は踏襲せざるを得まい。D25/2.8はちょっと使い辛いと思いながら撮っていた記憶があり、今回は代わりにD28/2を持っていくことにした。28mmの方が画角をイメージしやすいし、絞り開放F2を生かした夜間戦闘機の役割も期待したい。となると超広角はどうするか。しょせんほとんど使わないのだが(汗)、今回は新規参入したML21/3.5を持っていくことにした。35mm-28mm-21mmと、画角のスムーズな変化を重視した結果である。というわけで、昨年のD35/1.4-D25/2.8- D18/4の600g+350g+360g=1,310gに対し、D35/1.4-D28/2- ML21/3.5で600g+530g+370g=1,500gと、広角系は190gの増ということになった。
標準レンズはプラナー50mmF1.4で決まり。プラナー50mmF1.7という手もあるが、あまり大きさや重さが変わらないのと、やはり撮りなれている標準レンズはいざというときに安心して使える。
さて望遠。昨年の大口径三連発の愚を反省し(笑)、ゾナー85mmF2.8とテレテッサー200mmF4の小型軽量レンズ2本のみとした。昨年のポルトガルにおける望遠系の使用頻度は3本合計でわずか16%と低く、135mmクラスをなしにして85mmと200mmの2本だけに割り切った。85mmは昨年F2.8よりも絞りを開けて撮った例は皆無だったのでS85/2.8で十分だろうし、P135/2の描写や絞り開放F2は魅力ではあるものの、使用頻度や重さと天秤にかければあきらめもつくというものだ。S135/2.8を入手する手もあったが、まあ今回は見送った。S180/2.8も結局F5.6で撮った写真ばかりであり、それならTT200/4で代替しても問題なかろう。昨年のP85/1.4-P135/2-S180/2.8の595g+830g+815g=2,240gに対し、S85/2.8-TT200/4で255g+550g=805gと、望遠系は1,435gの軽量化達成である。

というわけで、RTS IIとAriaのボディ、それにML21/3.5、D28/2、D35/1.4、P50/1.4、S85/2.8、TT200/4の6本のレンズを持っていくことにした。





それでは、行ってきま~す!



  1. 2007/04/28(土) 08:00:00|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ただいま帰りました


無事、GW旅行から帰ってまいりました。一昨年がイタリア、昨年がポルトガル、ということで、今年はスペインへ行ってまいりました。6泊8日の旅でしたが、現地に夜着いて、最終日は早朝帰って来ましたので実質5日間の観光でした。スペインといっても全部を見て廻ったわけではなく、首都マドリッドを起点に新幹線で南へ行き、そこでレンタカーを借りてアンダルシア地方を廻り、飛行機でマドリッドへ戻る、というパターンで行ってきました。




途中丸一日雨に降られた以外はまあまあのお天気で、フィルム29本、1,000枚ほど撮ってきました。昨年の教訓を生かし(笑)、フィルムは40本持っていきましたので、さすがにフィルム不足に悩まずに済みました。




これから現像に出すのでいつからアップできるかわかりませんが、しばらくスペインの写真にお付き合い願いたいと思います。




  1. 2007/05/05(土) 09:43:44|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

スペイン旅行(1)マドリッドへ


私事で恐縮だが、スペインは新婚旅行で行った思い出の地である。そのときはマドリッド市内観光とアンダルシア地方のバスツアーがセットになったパック旅行に参加したのだが、今回、似たようなコースを鉄道・車・飛行機を使って廻ってみた。

昨年のポルトガル写真は観光編とテーマ編に分けたが、あまり意味がなかったので(汗)、今回は撮った順を基本に、テキトーに羅列していきたいと思う(笑)。



まずはマドリッドへ。直行便はないのでパリ経由でマドリッドの空港に着いたのが夜9時過ぎ。タクシーで市内のホテルへ。たしかマドリッド市内の夜景って綺麗だったと記憶しているが・・。


CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
おおっ! これこれ!! 思わずタクシーの中からカシャ!



最近スペインは治安が悪くなっているというが、夜景を撮らない手はあるまい。ホテルにチェックインしたあと、長旅の疲れも忘れて(笑)、ジャンパーの下にカメラを隠して夜の街中へ・・。


CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
幸いこの大通り、グラン・ビアは人通りも多く、浮浪者もほとんどいなかった。


ならば、っと・・。



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE PN400N
レンズ交換して、もう一枚・・(嬉)。もう十時半を廻っているのだが、随分と人通りの多いこと。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2.8 AE PN400N
地下鉄の入口です・・、って、見りゃわかるか・・(爆)。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
おおっ、何じゃこりゃ? イベリコ豚の燻製、つまり、生ハムを食べさせるお店のようだ。ぶら下がっているのはすべて豚の燻製だぁ!!




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
だんだん人通りも減ってきたのでホテルへ戻るとしよう。初日から夜間戦闘機D28/2が活躍してくれた・・(嬉)。



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2 Distagon35/1.4

  1. 2007/05/06(日) 20:00:00|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

スペイン旅行(2)マドリッド市内観光


最近のヨーロッパ旅行のパターンは、大都市に着いたらまず午前中に半日市内観光のバスに乗って、あたりをつけたところで午後から好みのところへ、というのが多い。今回も午前中に市内観光のバスに乗ったが、最初にスペイン広場で記念撮影タイムがあった以外は、なんじゃら広場のたぐいの観光名所をバスの中からいくつか拝んで、あとはプラド美術館を見ておしまい、というコースだった。マドリッドには立派な公園が多く、それらに立ち寄りだすとキリがないので、まあこの程度で十分である。

【王宮】
マドリッドで最も美しい建物のひとつといわれている。9世紀からこの地に城塞があったそうだが1734年に火災で焼け落ちてしまい、現在の建物は1764年に再建されたもの。1931年まで歴代の王が住んでいた。大小合わせて2,800もの部屋があるそうな。泊まったホテルから市内観光バスの集合場所まで散歩がてらに立ち寄ったときに撮影。


CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F8 AE PN400N




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE PN400N



【スペイン広場】
世界中で聖書の次によく読まれている(ほんとか?)という物語、「ドン・キホーテ」の作者であるセルバンテスを記念して1930年に造られた広場。黒いドン・キホーテとサンチョ・パンサの像を見下ろすようにセルバンテスの像がある。


CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F4 AE REALA ACE 100



【王立劇場】
いわばマドリッドのオペラ座である。建設を推進したイサベルII世の銅像が建っている。


CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE PN400N



【サン・フランシスコ・エル・グランデ教会】
ま、どうというわけでもありません。ただバスの中から撮っただけで・・(汗)。


CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE PN400N



【中央郵便局】
観光バスはマヨール広場とかプエルタ・デル・ソルなどの有名な広場を通って、ここ中央郵便局前へ・・。来年からは郵便屋さんを追い出し、ここは市庁舎になるのだとか・・。


CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N



【プラド美術館】
で、市内観光のハイライト、プラド美術館。正面入口にあたるゴヤ門はものすごい行列・・(汗)。でもって裏口にあたるムリージョ門に並ぶ。


CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



ゴヤの名作「着衣のマハ」と「裸のマハ」、ベラスケスの名作「ラス・メニーナス」、エル・グレコの宗教画などを堪能。以前はフラッシュ禁止なだけで撮影はOKだったのだが、今は撮影も駄目・・。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
ゴヤ門側の銅像前に集合。バックは超高級ホテル、リッツである。

これにて市内観光はおしまい。



Tag : Distagon28/2 Sonnar85/2.8 Distagon35/1.4

  1. 2007/05/07(月) 20:00:00|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

スペイン旅行(3)マドリッド散策


市内観光を終え、午後の観光までの間、一旦ホテルへ戻って休憩。昼食がてら市内を散策。



CONTAX RTS II ML 21mm F3.5 F8 AE REALA ACE 100
せっかくML21mmを持ってきたので、ホテルの部屋からグラン・ビアの風景をカシャ! 




CONTAX Aria ML 21mm F3.5 F5.6 AE PN400N
グラン・ビアにあるマクドナルドで昼食。ここは元宝石店だったそうで、店内の床は大理石!外装も補修中ではあるが立派なたたずまい・・。何でも世界一高級な店舗のマクドナルドなのだとか・・(笑)。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
こういう何気ない雰囲気が、実は好きなのです・・。




CONTAX Aria Tele-Tessar T* 200mm F4 F5.6 AE PN400N
せっかくTT200mmを持ってきたのだから、と、意味もなくバスをカシャ!




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F16 AE PN400N
おっと、これは京都で見かけた動く招き猫と同じではないか・・(驚)。う~む、マドリッドで再会とは・・(爆)。


しかし、初日というのはどうも使用頻度の少なそうなレンズを色々使ってみたくなるものだ。ML21/3.5やTT200/4で撮っているのにP50/1.4を全然使っていない・・(汗)。



Tag : ML21/3.5 Tele-Tessar200/4 Distagon35/1.4

  1. 2007/05/08(火) 20:00:00|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

スペイン旅行(4)工事ラッシュ


いまマドリッドは工事ラッシュだそうである。なんでも若くてやり手の市長が、2012年のオリンピック開催に名乗りを上げ、ロンドンに敗れた後も手綱を緩めることなくインフラ整備に投資をし、2016年に再エントリーしようとしているらしい。まあ政治色を感じないわけではないし、スペインということなら1992年にバルセロナで開催されたばかりだし(まあ、20年以上間は空くが・・)、ロンドンに続いてまたヨーロッパ大陸で、という意味でも二重苦のエントリーではあるが、夢を追い求めるというのはいいことである。


CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
古いビルの外装補修工事も多い。総足場を組んで、巨大なシートで覆って養生している。そのシートは格好の広告媒体になっているようである。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
いやぁ、おしゃれですなぁ・・。




CONTAX Aria Tele-Tessar T* 200mm F4 F5.6 AE PN400N
世界同時好景気、などといわれているが、このマドリッドの好景気、専門家の間でも単なるバブルなのか、着実な経済成長なのか、意見が分かれるらしい。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
そんな経済評論とは関係なく、黙々と(いや、ラテンなのでぺちゃくちゃやりながら・・笑)仕事に打ち込む作業者の皆さん・・。彼らはこうやって働いて立派に家族を養っているわけで、その意味では着実な経済効果を生んでいるのではないだろうか。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
改装中のカフェを見上げる紳士。胸中に去来するものは、どんな思いなのだろうか・・。経済発展への期待? それとも、古きよきものが失われる危惧?


なぁんて、珍しくちょっと真面目なことを考えながらシャッターを切ったとさ・・(爆)。



Tag : Tele-Tessar200/4 Distagon35/1.4

  1. 2007/05/09(水) 20:00:00|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

スペイン旅行(5)トレドへ


いつもなら初日の午後は午前中の市内観光で見つけた好みのところへ行くところだが、今回はそれをやめて、マドリッド郊外のトレド半日観光バスに乗った。
560年に西ゴート王国の首都になったトレドは、1561年に首都がマドリッドへ移るまで、政治・経済の中心地として栄えた町である。逆にそれ以降何も発展していないので、「16世紀で歩みを止めた町」とも言われている。中世の町のたたずまいを味わう格好の場所として、マドリッドからの半日観光の人気スポットである。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
まずは、町の全景。お約束のショットである(笑)。


町中に入ってバスを降り、散策開始・・。


CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
おっと、いきなりマンホールかよ・・(汗)。観光目線になっていないのを喜ぶべきか、ゲテモノ狙いにならないよう戒めるべきか・・(爆)。




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
いけねぇ、絞るの忘れた・・(汗)。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
町並みの向こうには塔が・・。あれ?違った・・ただの木だった・・(爆)。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
ピザ屋さんなのだろうが、本日のスペシャルは自家製パエリア・・。さすがスペイン・・(笑)。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE PN400N
土産物屋に鎮座していたドン・キホーテ等身大の人形。これをお土産に買って帰る人っているのだろうか・・(謎)。




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
サント・トメ教会へ到着。ここではエル・グレコの傑作、「オルガス伯爵の埋葬」という名画を鑑賞した。残念ながら撮影禁止。



Tag : Distagon28/2 Sonnar85/2.8 Distagon35/1.4

  1. 2007/05/10(木) 20:00:00|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

スペイン旅行(6)トレドのカテドラル


スペイン・カトリックの総本山、トレドのカテドラルである。


CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
まずは絵葉書写真を一枚・・カシャ!

このフランス・ゴシック様式の立派な教会は、フェルナンド3世の命を受けて1226年から建設が始められ、1493年に完成、その後も時代に応じて増改築を繰り返して現在に至る。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
中に入って、まずはキリストはんを一枚・・カシャ!

中は撮影OKだった。フラッシュもOKだったかどうか忘れたが、たとえOKだとしても教会の中ではフラッシュを使わないようにしている。理由は、

1) 礼拝に来られている方へのせめてもの礼儀
2) 旅行で持ち歩くような小型ストロボでは遠くまでオートストロボで撮ることはできず、ガイドナンバーと距離で絞りを計算することになりメンドー。
3) 自然光の方が雰囲気のある絵になることが多い

などであるが、その分、カメラブレとの戦いにはなる・・(汗)。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
本堂の真ん中あたりにある聖歌隊席。ほぅ、アロンソ・ベルゲーテという人がグラナダ戦争の場面を彫っているのね・・(興味なし・・爆)。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
こっちの方がおもしろいや・・カシャ! ん? ずいぶんシャッタースピードが遅いと思ったら1/10秒か・・。F1.4大口径とはいえ、こりゃもうちょっと明るい被写体を探さなきゃ・・(汗)。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
よしよし、これならいいだろう・・カシャ! 1/30秒なら大丈夫。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F2 AE REALA ACE 100
16世紀初頭にエンリケ・アルファ殿がお造りになった高さ3m、重さ200kgの聖体顕示台なわけね・・(興味なし・・爆)。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F2 AE REALA ACE 100
こっちの方がおもしろいや・・カシャ!




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F4 AE PN400N
う~ん、絢爛豪華・・。ゴシック装飾のマヨール礼拝堂だそうである。


いやぁ、さすが、スペイン・カトリックの総本山、立派でありました・・。



Tag : Distagon28/2 Distagon35/1.4

  1. 2007/05/11(金) 20:00:00|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

スペイン旅行(7)トレドのカップル


トレドの公園でくつろぐカップル・・を撮ろうと思ったが、女性はキョロキョロしているし、背景には工事の作業服を着たおっさんが入ってきてしまった・・(汗)。まあ、バスツアーのわずかな自由時間にまともな写真を撮ろうというのが土台無理な話。しょうがないので、カシャ!


CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100


ところが、その直後・・
<<続きを読む>>

Tag : Distagon28/2

  1. 2007/05/12(土) 20:00:00|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

スペイン旅行(8)マドリッドの夜


マドリッドの夜といえば、フラメンコである。アンダルシア風の内装が美しいタブラオの老舗、トーレス・ベルメハスをホテルで予約してもらい、夕食を兼ねてフラメンコ鑑賞。

20:30開店、ショーは21:30から。おいしいスペインのワインを飲みながらパエリアに舌鼓を打ったところでフラメンコショーのはじまり、はじまり・・(嬉)。


CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
撮影はOK、フラッシュもOKである。ただ、フラッシュでステージの雰囲気を壊したくなかったのでノーフラッシュで撮影。カメラブレに加え、激しい踊りなので被写体ブレとも戦うことになるが・・(苦笑)。カメラも電動巻上げの音がしない手巻きのRTS IIを持参したが、まあ演奏が結構な音量だったのでそこまで気を使う必要はなかったかも。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
超絶技巧のギターを伴奏に搾り出すような男性の歌声、時に激しく、時に妖艶に踊るダンサー・・。いやぁ、たまりまへん・・。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
プロのダンサーがいかにうまいか、この写真を見ただけでもわかる。腕も体も動いてブレているが、顔はぴたっと止まっている。だからスローシャッターでもなんとか撮ることができるのだ。

だんだんワインに酔ってきてピントが合わなくなってきたので(笑)、途中から撮影はやめて、ショーを堪能した。いやぁ、満足、満足・・(嬉)。


早い時間帯のショーだったのと、お店がホテルから近かったこともあり、ホテルに戻った後、やはりあの中央郵便局の夜景を撮りたいと思って再度出陣・・(笑)。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
ちょこちょこスナップしながら大通りを歩いていく。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
う~む、パリとはまたちょっと違ったおしゃれな夜である。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
マドリッドの町並みは、ほんとは日没直後の、この季節なら21:00過ぎぐらいだと、空が紺色に深みを増していく中に街灯に照らされた建物が黄色く光ってそれはそれは美しいのだが、その時間帯は夕食の時間だったのでやむを得まい。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
う~ん、やはりこの中央郵便局は美しい建物だ・・。

こうして長かった観光初日(前日の晩にちょっとフライングしてるが・・笑)が終わった。



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4

  1. 2007/05/13(日) 20:00:00|
  2. 2007スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター