うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

初心忘るべからず(1)


正月に実家で古い写真をごそごそ見ていたらとても古いネガを発見。
持って帰ってスキャンしてみた。色々レタッチしてみたもののネボケた写真にしかなっていないが、正月ということでご容赦願いたい。

実はこれらの写真は、1971年初夏、北海道長万部付近で撮ったもの。3年間住んだ北海道を離れることになり、日ごろ白黒しか撮っていなかったのに、カラー、それも奮発してコダカラーを使った時の写真なのでよく覚えている。まだ一眼レフを手にする前のキャノネットでの撮影。40mmのレンズだと蒸気機関車の迫力を出すのが難しく、一眼レフとか望遠レンズが欲しくてたまらなかった時期である。



NEW CANONET QL 17 40mm F1.7 KODACOLOR X ISO 80



NEW CANONET QL 17 40mm F1.7 KODACOLOR X ISO 80



NEW CANONET QL 17 40mm F1.7 KODACOLOR X ISO 80


とはいえ、今あらためてこれらの写真を見ると、40mmの画角に合わせて撮影ポイントを選び、一生懸命撮っていたことが思い出される。それが今では被写体に合わせて広角から望遠までレンズを選んで撮るようになった。何ともゼイタクなことであるが、果たしてそれらのレンズをこの当時のように使いこなしているだろうか?
カメラ小僧だったころのこれら写真を眺めながら、今年はもう少し1本1本のレンズのよさを引き出すよう丁寧に撮りたいと心に誓ったのであった(正月だけか・・汗)。


--(追記 '06.1.7)-----------------------
下記GG-1さんの貴重なアドバイスにしたがって、レタッチをしてみた。




う~む、コロコロと蒸気機関車の色が変わる・・・。
自然な黒を出す、ってすごく難しいことを実感。
これはネガが古いせいだけではないですねぇ。
まだまだ修行が足りません・・(汗)



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : CanonetQL17

  1. 2006/01/05(木) 00:13:27|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

流し撮り習作


ファンキー旅人さんの記事に触発されて、新幹線ホームで流し撮りにトライ。


CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F8 AE(約1/20秒) SUPERIA Venus 400
これは駅を出ていくところなのだが、だんだん被写体は速くなっていくので、絞りを一段ずつ明るくしていき(=その分シャッタースピードが一段ずつ速くなっていく)3~4枚撮った。結局、列車の速度が一番遅く、その分シャッタースピードを一番遅くした時が一番よく写っていた。これは流し撮りのために被写体の動きに合わせてカメラを正確に動かすよりも、スローシャッターでのカメラブレ防止の方が慣れている、ってことかしらん?



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2

  1. 2007/01/17(水) 21:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

門司港(2)九州鉄道記念館その1


とりあえず雨でも写真が撮れるところ、というわけで、九州鉄道記念館へ行ってみた。



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
おおっ、入口に蒸気機関車が見える!
いかんなぁ・・。鉄分がどっと出てきてテッチャンになってしまった(汗)。
というわけで、まずは蒸気機関車をパチパチ。


【9600】
このキューロクというのは実は最も好きなタイプ。大正時代に作られた名機である。のちの昭和に入って作られたD51やC62といった有名どころよりもなぜか心引かれるのである。薀蓄をたれ出すとキリがないので解説はやめとく(笑)。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2.8 AE SUPERIA Venus 400



【C59】
特急用に作られた名機。


CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
この角度から85mmぐらいで撮る蒸気機関車というのは、たまらなく美しい・・。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F4 AE SUPERIA Venus 400


昨年の夏、木曽森林鉄道のボールドウィンを撮ったときも感じたのだが、中学生時代、蒸気機関車を追っかけていた時は、とてもこういう解像感&質感で撮ることはできなかった。特にフィルムの性能が限定的で、ブローニーフィルムを使うペンタックス6x7などの中判カメラに憧れたものである。今や、コンタックスを使えば35mmネガカラー(それもISO400の高感度フィルム)でもこれだけ写るのだ。まさに隔世の感がある。ただし、レンズは20年以上前のもの。フィルムの進化が一番大きいのだろう。走っている姿はともかく、こういう静止画であれば今でもこうした場所で撮ることができるのだ。ああ、京都へ行っても神社仏閣を諦めて、梅小路機関区へ行くべきかなぁ・・。



(つづく)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Sonnar85/2.8 Planar50/1.7

  1. 2007/02/01(木) 21:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

門司港(3)九州鉄道記念館その2


今回は蒸気機関車以外の展示車両特集・・。蒸気機関車ほどの思い入れはなし・・(爆)。

【キハ07】
気動車。つまりディーゼルカー。これはごく初期の型である。


CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F4 AE SUPERIA Venus 400



【EF10】
次に電気機関車。関門トンネル専用の直流電気機関車。前回のC59と同世代の昭和16年製というから恐れ入る。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F4 AE SUPERIA Venus 400



【クハ481】
次に特急電車。JNR(国鉄の意)のマークが懐かしい。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F4 AE SUPERIA Venus 400



【クハネ581】
世界初の寝台特急電車。モーターの静音化などによって実現したそうな。あこがれたよなぁ、このスタイリング&カラーリング。今のJR(特にJR九州)の特急は何やら奇妙な形&色の車両が多すぎると思いません?えっ?知らない?そうですよね。失礼しました(汗)。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F4 AE SUPERIA Venus 400

う~む、もうキリがないのでやめます・・(笑)。



(つづく)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Sonnar85/2.8 Planar50/1.7

  1. 2007/02/02(金) 21:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

房総発見伝


JR東日本と千葉県がタイアップした「ちばデスティネーションキャンペーン房総発見伝」が始まった。2月1日~4月30日までの間、千葉県の各地でイベントが行われる。JR東日本のデスティネーションキャンペーン106回目にして千葉県初登場なのだそうである。
「房総発見伝」とは堂本知事の命名だそうだが、南総里見八犬伝の8つの霊玉、「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」を模して、「花・海・健・歴・祭・味・夢・美」の8テーマで房総半島の魅力を再発見、ということらしい。

さて、色々なイベントの中に、最近、鉄分が増えているワタシには格好のSL南房総号というのを見つけた。18年ぶりに房総半島を蒸気機関車が走るイベントだそうである。2月1日に千葉から木更津へ。そして、木更津~館山間を2月3、4、10、11、12日の計5回運転する。さっそく館山へ向かう初日の今日、スタート地点の木更津駅を発車するところを撮ってきた。

30分ほど前に着くと、もう随分と沿線に人が集まっている。木更津駅は入場券が発売停止になっていてホームに人が溢れかえっているらしい。たいした人気である。


CONTAX RX Planar T* 135mm F2 F8 AE REALA ACE 100
レンズは本来なら85mmあたりを使いたいところだが、手前の架線柱が邪魔になってしまう。というわけで、135mmをチョイスして、特急さざなみで練習・・(笑)。




CONTAX RX Planar T* 135mm F2 F8 AE REALA ACE 100
長~い汽笛が聞こえ、木更津駅をスタートしたD51が見えた。みなさんデジカメ片手にそわそわ・・。ワタシはこの一枚を撮った後も首からカメラを提げて両手をコートのポケットに突っ込み余裕をかます・・(笑)。




CONTAX RX Planar T* 135mm F2 F8 AE REALA ACE 100
というわけで撮った写真。架線柱を機関車が抜けたあたりから左手前の柵が機関車にかかるまで数枚撮影。3コマ/秒の連写がいとも簡単にできるのだから、便利になったものだ(古い!)。




CONTAX RX Planar T* 135mm F2 F8 AE REALA ACE 100
ついでに真横をアップで。もう一台カメラを持ってきて違うレンズをつければもっとちゃんと撮れるだろうが、まあ、手抜きである・・。ん?ブレてるだけでなくピンボケか?(汗)。




CONTAX RX Planar T* 135mm F2 F8 AE REALA ACE 100
懐かしい煙の匂いを振りまきながら走り去っていった。


う~む、走る蒸気機関車も懐かしかったが、その写真を撮る自分も懐かしかった・・(爆)。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar135/2

  1. 2007/02/03(土) 19:56:06|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

門司港(4)九州鉄道記念館その3


外の車両ばかり撮っていてはフィルムも時間もなくなってしまうので(汗)、記念館の中へ。

色々と展示してあるのだが、まず1時間おきに運転しているレイアウトを見学。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
ストラクチャーなどはよく見るとチャチなのだが、それでも走っている鉄道模型を見ると血が騒ぐのはなぜ?(汗)




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
明治時代の客車と弁当売りの人形。1/24ぐらいの模型に見えるが、実は吹き抜けになっている建物の二階から撮ったので実物大である(笑)。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
ここは昔の駅事務室の展示。色々と古いレトロな小物が並んでいる。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2.8 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F4 AE SUPERIA Venus 400
ここはヘッドマークのコーナー。かつて特急列車の先頭と末尾には、こういうヘッドマークが飾られていた。懐かしいですねぇ・・。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F4 AE SUPERIA Venus 400



というわけで九州鉄道記念館はおしまい。外を見ると雨は小降りになっている。まだ時間はあるので、がんばって街角の風景も撮ってみるか・・。



(つづく)


Tag : Planar50/1.7

  1. 2007/02/14(水) 00:38:32|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

梅小路蒸気機関車館(1)


ついに行ってしまった(爆)。まだわずかに現役の蒸気機関車が走っていた昭和47年、国鉄が鉄道開業100周年を記念して開設した蒸気機関車マニアの聖地、梅小路蒸気機関車館である。梅小路機関区の扇形車庫(重要文化財)に代表的な蒸気機関車16形式18両を保存した機関車展示館と、旧二条駅舎を移設した資料展示館からなる。


CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400
機関車展示館



CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F4 AE SUPERIA Venus 400
資料展示館

機関車展示館に保存されているのは、
8630
9633
B2010
C1164
C51239
C5345
C551
C56160
C571
C581
C59164
C612
C621
C622
D50140
D511
D51200
D52468
以上、マニア垂涎の18両である。これらは、単にバラエティに富んだ形式であるだけでなく、何がしかゆかりのある号機(一号機とかラストナンバーとかSLブーム時代の人気号機など)であって、究極の国鉄蒸気機関車コレクションである。この内、数両が動態保存され、今でも各地のイベント列車で活躍している。



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
扇形車庫に並ぶ名機たち。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
扇形車庫の中からターンテーブルを望む。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
D50の140号機は、晩年、筑豊で活躍した罐である。




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
日本を代表するタンク機(機関車本体に水と石炭を積載するタイプ)のC11は、昭和7年から22年までの長きにわたって381両も造られたため一次型から四次型まであるが、64号機は晩年まで活躍した中ではやや珍しい二次型で、会津線の人気者であった。




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
C61は昭和22年から24年にかけて余剰のD51のボイラーを利用して33両造られた初の2C2(前輪2軸+動輪3軸+従輪2軸、ハドソンという)型旅客用大型機である。後のC62の方が有名なためやや地味な存在ではあるが、九州や東北で活躍したマニア好みの形式である。

う~ん、いちいちこんな解説をしていたのではきりがないなぁ・・(爆)。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
保存している機関車以外にも、数多くのナンバープレートコレクションが展示されている。



(つづく)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2 Sonnar85/2.8

  1. 2007/03/23(金) 00:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅小路蒸気機関車館(2)お召し機


お召し機とは、天皇皇后両陛下が乗られるお召し列車を牽引した機関車のことで、ピカピカに磨き上げられた機関車の正面に菊の紋章をつけて日章旗をクロスに掲げ、選りすぐりの運転士によって運転されたという。



CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400
このC58の1号機は、お召し機の装飾が施された状態で保存されており、デフ(防煙板)には鳳凰の絵柄が施されている。




CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400
しかし何といってもお召し機として有名な蒸気機関車は、このC51の239号機である。品川機関区時代に記録したお召し列車牽引104回を誇る。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
ワタシが物心ついたときにはすでに引退していたが、C51239といえばお召し機、お召し機といえばC51239としてすでに語り継がれていた。今回、初のご対面で、その気品ある風貌にちょっと感激してしまった。



(つづく)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2 Sonnar85/2.8

  1. 2007/03/24(土) 00:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

梅小路蒸気機関車館(3)C5345


前回のC51と同様、このC53も自分は現役時代を知らない形式である。それもそのはず、昭和3年から2年間だけ造られ、戦後はC59に置き換わり、昭和25年までに全両廃車になっている。次々と解体・廃車される中でこの45号機だけは解体を免れて鷹取工場に放置され、昭和36年に動態復元されて二日間だけ走行した後、大阪の交通科学館に展示されていたそうだ。
このC53、安全性の観点で木製客車から鋼製客車に進展する中で、重量アップした客車を牽引する旅客用蒸気機関車として十分なパワーを得るために3シリンダー式を採用している点が特徴なのだが、センターシリンダーの整備性に劣り、複雑な機構ゆえ信頼性にも欠いたため、お召し列車には引き続きC51が使われたという。当時、世界的に3シリンダー化によるパワーアップが流行ったが、結局、このC53と同様の理由で廃れてしまい、2シリンダーによるオーソドックスな設計に戻ってしまう。いわば奇をてらった失敗作(失礼)なのだが、それゆえ独特のフォルムが魅力的である。



CONTAX Aria Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
デフのない特徴的なフロントビュー。本当は画面もう少し下の方のフロントデッキが3シリンダー式特有の形状なのだが、すっかり忘れていた(汗)。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
C51から採用され、旅客用最終形のC62まで続いた直径1750mmの動輪。C51よりもリムが細い分、スポークの美しさが光る。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F4 AE SUPERIA Venus 400
リベットが美しいテンダー(石炭と水を積んだ炭水車)のリアビュー。「12-17」というのは石炭12トン、水17トンの意である。どーでもいいか・・(爆)。

個人的には窓の大きいキャブ(運転室)が好みなのだが、それも撮るのを忘れた(汗)。まあしかし、雑誌でしか見たことのなかったC53、実物に接すると、昭和初期の雰囲気を漂わせ、強烈な個性で迫ってきて、なかなか見ごたえがあった。

えっ?どれも同じに見える?そうですよねぇ・・(苦笑)。


でも違うんですよ・・(爆)。



(つづく)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2 Sonnar85/2.8

  1. 2007/03/26(月) 21:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

梅小路蒸気機関車館(4)D52468


D52は国産最大最強の貨物用蒸気機関車で、昭和18年から21年まで、戦時中の物資の乏しい時期に製造された。当初、400両以上製造される予定だったが、285両しか製造されなかったため欠番が多い。この468号機はラストナンバー機である。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
これは現役時代をよく知っている。晩年、函館の五稜郭機関区に配属され、函館本線、室蘭本線で活躍していたので、北海道に住んでいた小学生の時分よく見かけたのだ。三十数年ぶりの再会に、ちょっとウルウルしてしまった(ウソ)。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
国産最大の1,660馬力を誇る。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
運転室に入ってみた。計器類や操作レバー類を見ると、古い時代の機械だなぁ、と思わざるをえないが、外観は時代を超えた美しさがあると思う。



(つづく)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2

  1. 2007/03/27(火) 21:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター