うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2007年7月 京都(6)ポジにトライ


今回の京都では、スペアボディを持って行き、ポジでも撮ってみた。新入りのRTS IIの信頼性に自信がなかったので、苦手なポジの練習を兼ねて持参したわけである。結局RTS IIは何事もなかったので取り越し苦労だったが、せっかくポジでも撮ったのでネガとの比較のご紹介・・(笑)。
持って行ったボディはコンタックス139、使ったポジフィルムはフジのプロビア100F(RDP III)。風景写真だからベルビア50の方がよかったのかもしれないが、まずは一番標準的なポジフィルムで感触を掴んでみた次第。

比較のために似たような構図で撮ったネガの方もアップする。残念ながら両者のスキャン条件を揃えることはできないので、あくまでもそれぞれのフィルムに合わせて軽くレタッチした結果をご覧いただきたい。


【金閣寺】


CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE RDP III
軽く彩度とコントラストを強調しているが、ポジの第一印象は、まあ派手なこと、だった。水面の青さや金色の輝きなど、ネガをレタッチしてもここまで濃厚な発色にするのは難しいと思う。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
ネガは精一杯レタッチして派手めにしてもこの程度。ただ、空が白く飛んでいない点は好感が持てる。



【竜安寺】


CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE RDP III
露出補正せずに撮ったのだが、砂利が少し白く飛んでしまっている。こういう時、ポジではアンダーぎみに露出補正しないといけないのだろう。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
ネガの方がそつなく撮れている。



【等持院】


CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE RDP III
-1EVの露出補正をしてみた。ポジはアンダー気味に補正した方が色に深みが出るようだ。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
ただ、ネガでもちょっとレタッチしてやればポジ並みの色合いにはできる。



【仁和寺】


CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE RDP III




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
ネガの方もかなりコントラストがきつくポジのような写りではあるが、やはり屋根の白飛び具合が違う。こういう光線条件ではネガの方が撮りやすい。ただ粒状性は空の滑らかさから見てポジの方がよさそうである。



【妙心寺】


CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE RDP III




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
ネガをレタッチしていくとポジ並みの感じにはなる。ネガと比較するとポジのハイライトはちょっと白飛びしている。露出をもっとちゃんと考えればいいのかもしれないが、ネガの方が気楽に撮ることができそうである。


なるほど、ポジはニュートラルな発色といわれるRDP IIIでさえ、ネガに比べると高彩度&高コントラストだった。粒状性もネガよりいいと思う。ただ、ラチチュードが狭いので露出がシビアなのはもちろん、白飛びを警戒してアンダーぎみに撮る必要があり、黒が引き締まって効果的な場合はいいが、暗部の描写も欲しいときは辛い。
発色のよさをとるか、ラチチュードの広さをとるかでポジとネガを使い分けるのがベストなのかもしれない。自分の場合はすべてのカットをプリントしてアルバムに入れて楽しみたいので、プリントコストを考えるとやはりネガで撮りたい。今やフィルム代やフィルム現像代だけならポジもネガも大差ないが、プリントするとなると大違いで、ポジからのダイレクトプリントはかなり割高である。もっともスキャンしてデジタルドメインでプリントすれば大差ないが、全部のカットをスキャンするのもこれまた大変である。
せっかく銀塩で撮るならポジで撮ったら、とか、ポジで撮らなきゃ駄目だよ、ってなアドバイスをよく頂戴するのだが、今回両者を比較してみて、さすがポジと言える発色のよさは感じたものの、レタッチでネガでもかなり肉薄できたことも事実であり、プリントのコスト問題からやはり自分はこれからもネガ中心で行きたいと思った。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8

  1. 2007/08/24(金) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

極彩色


ベルビアというフィルムがある。フジフィルム製の極彩色ポジフィルムで、ISO50のベルビア(RVP)とISO100のベルビア100(RVP 100)、ベルビア100F(RVP F)の3種類がある。RVPは一旦製造中止され、ベルビア50(RVP 50)としてブローニーやシートサイズから再発されたが、35mmはまだRVPが販売継続しているようである。いずれ35mmもRVP50になるのかもしれない。
さて、風景写真といえばISO50のベルビアを使うのが定番、他のフィルムで撮ろうものなら、「ああ、シロートはねぇ・・」と言われかねないぐらいの定番である。その描写は一言で言って極彩色。風景写真のガイドブックを見ると、必ずといっていいほど作例はベルビア+PLフィルターである。あまりに極彩色の風景写真ばかりがお手本になっている気がして、自分の好みとはちょっと違う、と思っていた。

四半期に一回配布されるコンタックスクラブの機関紙「DO」にプロカメラマン三輪薫氏ののフィルム選択の話が載っていた。「自分が求める色が何かを自覚するのは大切。特に、よく晴れた日に鮮やかなフィルムでPLフィルターをつけて撮った写真は肉眼で見た色合いとは程遠く、嘘っぽい色で表現されることが多い。だからといって間違いではなく、撮影者が好めばそれでいいと思う。ただツアイスレンズの再現性のよさを引き出すには中庸なフィルムを選び、ハイコントラストではないライティングの方がいいと思う」とあった。まさに自分もそういう感じを持っていた。ツアイスレンズの魅力はコントラストのよさではあるが、同時に階調もきちんと再現され、シャープさだけでない柔らかさを兼ね備えているところにあると思う。それを極彩色のフィルムとPLフィルターで極端な色合いだけ強調すると、ツアイスのよさが半分も活きないのではないかと思う。


ベルビアの作例ではないが、レタッチでちょっと再現・・。



CONTAX RTS II ML 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100 美瑛にて
結構彩度を上げてレタッチした方だが、自分としてはこれぐらいが好みの限界。





ベルビア&PLフィルター風にレタッチ。よく雑誌に載っているアレである。たしかにこっちを見た後、元の画像を見ると一見冴えない・・。ただ、だんだんこの毒々しい原色に嫌気がさしてくる・・。


もちろんブローニーカメラを使い、F16とかF22まで絞り込んで画面の隅々までシャープな感じにし、ベルビアとPLフィルターを使ってコントラストの強い極彩色のカラフルな色合いを強調したものが風景写真の典型なのであろう。しかし、自分の好みには正直合わない。自分は、あまりコントラストがつき過ぎず、グラデーション豊富な微妙な色合いが再現されている絵の方を好むのである。

皆さんはいかが?



Tag : ML35/2.8

  1. 2007/10/14(日) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

PORTRA400VC vs PN400N


日ごろフジのネガカラーフィルムを常用していて、ISO100はREALA ACE 100、ISO400はPRO400(略号PN400N)なのだが、たまには違うフィルムにもトライしてみようと思い、かねてより気になっていたコダックのPORTRA400VCを使ってみた。
コダックのポートラシリーズは5種類あり、ISO100とISO400それぞれにNCとVC、それとISO800である。NCとはNatural Colorの略でポートレートなどの自然な色再現が好まれる用途に、VCはVivid Colorの略で風景などの高彩度な色再現が好まれる用途に向いているのだそうだ。

で、今回は400VCとフジのPN400Nと撮り比べた例をいくつかご紹介・・。スキャン時の設定は同一にしている。


【作例1】

CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE PORTRA 400 VC




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE PN400N
いきなりあまり発色の差が出なかった例・・(汗)。PN400Nの方がちょっとコントラストがいいか・・。



【作例2】

CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE PORTRA 400 VC




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE PN400N
スキャン時やプリント時にどうにでも補正できるとはいえ、同一条件でスキャンすると、400VCの方が赤&青に偏っているのに対し、PN400Nは緑&黄に偏っている。



【作例3】

CONTAX RTS II Planar T* 135mm F2 F5.6 AE PORTRA 400 VC




CONTAX RTS II Planar T* 135mm F2 F5.6 AE PN400N
手前の船や海面の色を見る限り、PN400Nはやや黄色がかって見える。



【作例4】

CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PORTRA 400 VC




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
400VCの方が空の青が鮮やかである。


フジのPN400Nはコントラストのよさと階調の豊富さが両立していて気に入っていたのだが、今回のPORTRA400VCは青色のよさが目に付いた。いわゆるコダックブルーというやつなのだろうか・・。こうした発色特性は、単にカラーバランスが偏っているだけであれば、プリント時に修正できるのであまり気にする必要はないが、作例3、4のように青色の鮮やかさが違うと感じられる場合は、レタッチしてもフィルムの違いが最後まで残るかもしれない。

一方で、作例1を見比べてみると、PN400Nの方が少しコントラストがいいかな、という気もする。カラーフィルムなので発色特性が一番興味の対象ではあるが、コントラストの違いもよく吟味する必要がありそうだ。

今回の比較では、PN400Nはややコントラストにすぐれ、400VCはブルーの鮮やかさにすぐれる、という感じがした。ただ、こうしたフィルム同士の重箱の隅をつっつくような比較ではなく、一種類のフィルムだけで撮って、心地よい描写になるかどうかというのが重要である。もう少しPORTRAで色々と撮ってみて確認していきたいと思う。



Tag : Planar135/2 Planar50/1.4 Distagon35/1.4

  1. 2008/03/06(木) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

Ektar 100


コダックから新発売されたネガカラーフィルム、エクター100。ISO100で超微粒子をうたい文句にしている。エクター100の発売に伴い、高彩度がウリだったウルトラカラー100UC製造中止になったところを見ると、彩度もかなり高そうだ。



お試しパックを買ってみた。


で、さっそく試写。



CONTAX RTS II S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE Ektar 100
超微粒子となると、解像度も高い感じの描写になる。




CONTAX RTS II S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE Ektar 100
さすがにカラフルなようだ。




CONTAX RTS II S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE Ektar 100
とはいえ、中間色もちゃんと出ている。




CONTAX RTS II S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE Ektar 100




CONTAX RTS II Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE Ektar 100
コダックブルーは健在!(笑) ピンク色の鮮やかさも印象的。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE Ektar 100




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE Ektar 100




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE Ektar 100




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE Ektar 100
なるほど、コダックブルーの寒色系をベースに赤も鮮やか、というのが特長のようだ。


超微粒子で高彩度な、なかなか魅力的なフィルムだ。感度が低めで実際はISO64ぐらいではないか、という説もあるが、それならいっそのことISO64を名乗った方が、エクタクロームやコダクロームの伝統を引き継いだようでよかったかも(笑)。いずれにしても、いいフィルムが登場したものだ。



Tag : Distagon28/2.8 Distagon35/2.8 S-Planar60/2.8

  1. 2009/03/20(金) 21:10:12|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

PRO400H


正式には国内未販売だが、時々見かけるフィルム、フジPRO400H。通常のPRO400Nに比べ、低彩度、低コントラストで、その分階調が豊かとのこと。Nがつく前のPRO400と同じ、とも言われているがよくわからない。軟調のフィルムという点ではコダックのポートラ400NCのようなものかもしれない。






ちょっと試写してみた。



CONTAX RTS II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F4 AE PRO400H
なるほどたしかに柔らかな色合いになる。




CONTAX RTS II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F4 AE PRO400H
秋だというのに、春爛漫、といった雰囲気である(笑)。




CONTAX RTS II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F4 AE PRO400H
もちろん写真屋さんの同時プリントでは、彩度やコントラストは自動補正されてしまうので、こんなにトロンとした感じにはなるまい。




CONTAX RTS II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F4 1/60 PRO400H
彩度が低いので風景写真には向いていないが、階調の豊富さからポートレートなどにはいいと思われる。




CONTAX RTS II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F4 1/60 PRO400H
高彩度を好む傾向が強い中、こうしたバランスの写真もたまにはいいものだ。何でもトイカメラ用のフィルムとして需要があるのだとか。なるほどレトロな感じを強調するにはいいのかもしれない。


というわけで、余った里見駅のカットでフィルム特性ご紹介の巻、おしまい(爆)。



Tag : Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2009/11/16(月) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

撮りテツ with RXP(1)


どうも撮りテツ病が治らない・・(汗)。週末になると、近場の久留里線や小湊鉄道、いすみ鉄道などをウロウロしている。

そこで、たまにはポジで撮ってみようと思い立ち、撮りテツ銀塩派御用達のフィルム、フジクロームPROVIA 400X(略号:RXP)を試してみることにした。RXPはISO400と高感度ながら、良好な粒状性と発色の良さで人気なのだとか。





というわけで、さっそく久留里線で試写。略号RXPにちなんでCONTAX RXで・・(笑)。



CONTAX RX Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE RXP
さすがポジ。鮮やかな発色である。粒状性もISO400であることを考えるとかなりいい。




CONTAX RX Sonnar T* 135mm F2.8 F8 AE RXP
一般にISO400のフィルムを使う理由は、高速シャッターが切れるからである。たとえば、こういうシーンでは、手持ちで望遠レンズを使う手前、手ブレに気を使うところ。ISO400だと安心して撮れる。




CONTAX RX Sonnar T* 135mm F2.8 F8 AE RXP
さらに撮りテツとなると、手ブレだけでなく、被写体である鉄道車両の動きを止めるために高速シャッターが欲しくなるケースもある。したがって晴天でもISO400を使いたくなるわけである。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.7 F8 AE RXP
ただ、やはりポジフィルムなのでコントラストは強く、シャドーは潰れがち。この写真は、スキャン後に暗部を少し明るくするレタッチを施した。




CONTAX RX Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE RXP
それと、光線状態があまりよくなかったり露出がピッタリと決まっていなかったりすると粒子の粗さが目についたりすることもある。




CONTAX RX Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE RXP
ただ、これだけ日が陰ってしまったときに180mmなどの超望遠が使えるのは、やはりISO400の威力である。



(つづく)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.7 Planar85/1.4 Sonnar135/2.8 Sonnar180/2.8

  1. 2010/06/25(金) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

撮りテツ with RXP(2)


久留里線の結果に気を良くして、いすみ鉄道に遠征。



CONTAX RX Planar T* 50mm F1.7 F8 AE RXP
ライカM3と同じ時のショット。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.7 F8 AE RXP
PhotoshopElementsの自動カラー補正をしてしまうと、過補正ぎみとなり彩度の低い濁った色になってしまう。そこでスキャンままを出来るだけ生かして軽いレタッチに止めた。




CONTAX RX Distagon T* 35mm F2.8 F5.6 AE RXP
淡い色合いのネガカラーを見慣れた目には、ちょっと色合いがどぎつ過ぎるかな、と思う時もある。そういう時は彩度を落とすレタッチをしたが、ネガカラーでは考えられないことだ。




CONTAX RX Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE RXP
山間を抜け、夷隅川を渡る下り列車。逆光だったが、そこそこ発色してくれた。



(つづく)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.7 Planar85/1.4 Distagon35/2.8

  1. 2010/06/27(日) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

撮りテツ with RXP(3)


久留里線、いすみ鉄道とくれば、小湊鉄道も・・。



CONTAX RX Planar T* 50mm F1.7 F8 AE RXP
ライカM3でも似たようなショットがあるので一枚だけ・・。


やはり、ポジは発色に深みがあっていい色だ。ただコントラストがきついので快晴下では結構難しい。このPROVIA400Xは、ISO400という高感度を生かして曇天で使うというのがいいかもしれない、と思った。



(おしまい)



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.7

  1. 2010/06/29(火) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Velvia 100


やはりポジで風景を撮るなら、フジのベルビアを使ってみないと。という訳で今回ベルビア100にトライ。カメラはコンタックス645である。



現在、ベルビアシリーズは、いわゆるオリジナルのベルビアをモデルチェンジしたベルビア50(RVP 50)、極彩色はそのままに感度をISO100に上げたベルビア100(RVP 100)、プロビア並に彩度をおとなしくしたベルビア100F(RVP F)の3種類ある。ベルビア50のISO50じゃ撮りにくいし、ベルビア100Fじゃプロビア100Fとあまり変わらないかも、ということでベルビア100を選んだ次第。


で、さっそく試写。



CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F5.6 AE RVP 100
いきなりビックリしたのが一枚目のこの写真。目で見た限り、こんなにカラフルではなかった。というか、日ごろのネガカラーフィルムでの写りに慣れているせいか、こんなカラフルな描写になるとは夢にも思わなかった。いやはや、ベルビア恐るべしである。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RVP 100
RVP 100は赤と緑を強調したイメージカラーでネイチャーフォトに最適、とのことなので、こうした紅葉などはRVP 100に適したモチーフかもしれない。イメージカラーというのは“記憶色”ということなのだが、記憶は実際よりも彩度が高いらしく、実際の見たままの色より彩度高く再現されるのがイメージカラーなのだそうである。




CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F5.6 AE RVP 100
こういうモチーフでは彩度も何もあったものではないが、ベルビアのもうひとつの特徴であるコントラストのよさというかシャープネスの高さは感じることができる。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RVP 100
スキャンままだと結構色が転ぶ・・。というか、全体が赤く被ることがあり、このショットも赤を減らして緑を増やすレタッチをした。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F8 AE RVP 100
以上、食わず嫌いだった高彩度のベルビア100を使ってみた。赤被りの補正が必要なケースもあるが、赤と緑を強調したい紅葉にはうってつけのフィルム、という印象だった。



Tag : Planar80/2M Sonnar140/2.8M Distagon45/2.8M

  1. 2011/12/07(水) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

REALA ACE 100製造終了


お恥ずかしながらリアラエースの製造終了を最近まで知らなかった。時すでに遅し、35mmはすでに店頭在庫も払底していて買いだめすることも叶わなかった。長年使い慣れてきたフィルムがなくなってしまうのは心情的に辛いだけでなく、今後は代わりにどのフィルムを使うのか、という現実的な問題にもぶち当たる。





そもそもリアラエースをメインに使ってきたのは、35mmで、①微粒子、②高彩度、③階調豊富な描写が、④手軽にプリントできるネガカラーで、手に入るからであった。それ以外にもリアラエースには、⑤肌色がきれい、⑥感度が高すぎないので絞り開放を多用可能、などの利点もある。

一方、もうひとつの常用フィルムであるフジカラーPRO400(PN400N)は、上記①~④のうち③④は同等で、①②が少し控え目という程度であり、実は⑤もかなりのレベルである。さすがに⑥はISO400なのでちょっと辛いが・・。こうなるともうPN400Nに統一してしまってもそれほど実害はないのかもしれない。①②が本気で欲しい時は645のポジで撮ればいいのだから。

しかしながら、645なしで出来るだけ高画質を狙う時のチョイスはもう少し考えておきたい。645を持ち出さずに35mmだけですべてを済ませたい場合は結構あるし、両者を併用するのは近場ならともかく旅行のお伴となるとかなり辛い。特に海外旅行ともなれば、645を持ち出すのは現実的でない一方、めったに来れないのだからできるだけ高画質で残したいと思うものである。

そうなると上記①②を補うフィルムとして、
a)あくまでもネガカラーにこだわるならコダックのエクター100
b)いっそポジフィルムを使うということでフジプロビア100F(RDP III)
といったチョイスが思い浮かぶ。
a)は①②に関してむしろリアラエースよりも上という印象であり、実力としては全く問題ない。ただPN400Nと併用した場合、ちょっと色の傾向が違うためにリアラエース&PN400Nの時よりも統一感が損なわれる心配がある。また高彩度すぎてちょっと色が派手、中間トーンに欠けると感じることがあるのは、日ごろ冴えない色のプリントを見慣れているせいだけだろうか・・。

一方b)は当然のことながら①②の実力はリアラエースよりも上、問題は④のプリントコストが高いということだが、かつてポジから直接プリントするしか手がなかった時代に比べ、今では自分でフィルムスキャンしたデータでプリントしてもらえばデジカメで撮ったものと同じコストですむ。画質はやや落ちるがL判なら全く問題なく、高画質が欲しい時のみポジからダイレクトプリントすればいい。ただPN400Nとかなりコントラストや彩度が違うので、スキャンの時ひと工夫しないと統一感は得られないと思われる。それと本当にフィルムスキャンをそれだけやる覚悟なら、いっそのこと全部RDP IIIで撮ればよく、高感度もISO400までなら増感現像すればいい。ん?PN400Nの相棒探しのはずがPN400N抜きの構成になってしまう、という変な話・・(汗)。

こう考えてくると、あくまでもPN400Nを常用してプリントすることを前提にし、高画質が欲しい時にエクター100を併用するのが現実的かもしれない。いままでエクター100単独でテスト撮影したことはあるが、PN400Nとがっつり併用したことはなかったので、いずれどこか旅先で試さねばなりますまい。

それにしても、常用していたフィルムが製造終了というのは辛い出来事である。



  1. 2012/05/29(火) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター