FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

CanonL135mmF3.5




知らない間に父がどっかから中古で買ってきたレンズ。オールシルバーの古いタイプでずっしりと重い。いわゆるライカLマウントのレンズだが、ML変換リングをつけっぱなしにしてある。絞り開放ではぼんやりしているが今となっては雰囲気のある描写とも言えるかな。めったに使わないのでいずれライカの135mmを手に入れたら手放そうとも思うが、ライカの135mmなんていつになるかわからないので、結局このまま防湿庫の中で眠り続けるかも。


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2005/08/28(日) 00:07:03|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張のお供


今回の韓国出張でも活躍した(?)出張セットのご紹介。
カメラはミノルタCLE、レンズはM-ロッコールの28mm/40mm/90mm、そしてCLE用ストロボ。これらを小さなカメラバッグに入れる。仕事中はそのカメラバッグを着替えなどといっしょにボストンバッグに入れておき、写真を撮るときだけカメラバッグを取り出すという次第。

0512CLEset.jpg


28mmと40mmでほとんど撮ることになるが、90mmをわざわざ携帯するのは、40mmでは望遠っぽい撮り方ができないため。50mmがあれば広角っぽくも望遠っぽくも撮れるので90mmは必須でなくなるのだが・・・。

カメラ+レンズ3本+ストロボ合わせてカタログ値で合計960gしかない(実際はフード、フィルターなどの付属品の重さがちょっと加わる)このCLEシステム、出張のお供としては、いざとなれば本格的な写真も撮れるという点で非常に便利である。唯一の難点は、二十数年前のカメラなので故障すると修理できなくなる可能性がある点。その意味では「よい子はマネをしないように」というシステムかもしれない。ちょっと前ならコンタックスGシリーズ、今ならさしずめツアイスイコンかベッサR2Aあたりでシステムを組むのが正解だろう。いや、小型のデジタル一眼レフ+標準ズームの方がぜんぜんいいか・・(汗)。

どうせたいした写真は撮れないのでコンパクトデジカメで十分だろ、と言われそうだが、まあ趣味なので、気軽に持ち歩けて心地よい満足感が得られるこの手のレンジファインダー式フィルムカメラは捨てがたい、と勝手に思っている次第。これが同じレンジファインダーでもMライカとなるととても気軽なシステムと思えなくなってしまう。単なる貧乏性なのだが・・(爆)。

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2005/12/10(土) 01:03:34|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

Color-Skopar 35mm F2.5 PII


えへへ、カラースコパーなんぞを買ってしまった・・(笑)。




そもそも35mmは好きな焦点距離のひとつで、Mマウントはちょっと曇ったズマロンF2.8しか持っていなかったので何か欲しいと思っていた。ライカ純正となるとズミクロンF2が有名。特に第一世代の「8枚玉」と呼ばれるやつは大変高価で取引されている。個人的には第三世代が好きなのだが、これも結構なお値段。そこへコシナがカールツァイスブランドでビオゴンF2を投入してきたので大いに食指が動いたが、まだ新品しかないのでこれも値が張るし、レンジファインダー用としては結構立派な大きさなのがイマイチである。
そこでコシナのフォクトレンダーブランドを試してみようという気になった。フォクトレンダーブランドには、ノクトンF1.2、ウルトロンF1.7、カラースコパーF2.5の三種類あり、カラースコパーにはクラシックなデザインのCタイプと、パンケーキタイプのP、PIIがある。ノクトンは高価だが性能はF1.2開放から十分なコントラストと解像力を持っており超一流のようである。大きいのが難点。ウルトロンは無理やりフィルター径39mmとしてまあまあコンパクトにまとまっており、非球面の効果もあってこれまた高性能なレンズのようである。カラースコパーはこれら二つの派手なレンズの陰に隠れて地味な存在ではあるが、F2.5開放から十分シャープな像を結び、コンパクトな容姿とあいまってなかなかの名レンズだとか。
今回、カラースコパーのPIIというパンケーキでMマウントのタイプが純正フード付きで安く出ていたので、ちょっと絞り開放が暗いかな、と思いつつ、ゲットしてしまった。中古のズミクロン第三世代の1/4の価格である・・(笑)。


さっそく試写してみた。

<<続きを読む>>

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Color-Skopar35/2.5PII

  1. 2006/03/21(火) 01:27:46|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

グレーな空間 (1) 空港編


最近何度か出張して感じたのは、「どこに行ってもグレーな空間だなぁ」ということだった。それなら階調の豊富なズミクロン50mmでモノクロっぽいカラー写真を撮ってみようと思い、空港や駅などでパチパチやってみた。

0603S50F2.jpg


ブログネタも枯渇していることだし(笑)、それらの写真を撮った場所ごとに集めて連載してみることにする。場所ごとに集める意味はあまりないのだが、それぐらいしか何回かに分ける理由が見つからないだけである(汗)。

という訳で、「ああ、どこもグレーだなぁ」と共感いただければ幸い、というレベルの低い組写真・・(爆)。

まずは空港編。


Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F8 1/60 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F4 1/60 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F5.6 1/60 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F5.6 1/60 SUPERIA Venus 400



(つづく)


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Summicron-M50/2(3rd)

  1. 2006/03/25(土) 12:10:37|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

グレーな空間 (2) 駅編


続いて駅編。



Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F2.8 1/30 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F5.6 1/60 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F5.6 1/60 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F8 1/60 PE-20S SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F5.6 1/125 SUPERIA Venus 400

グレーな空間に身を置いていると心が落ち着く気がする。しかしそれは、単に刺激になる色がないだけであって、心が和むとか心温まるという感覚ではない。血圧がちょっと下がるのか・・(爆)。



(つづく)

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Summicron-M50/2(3rd)

  1. 2006/03/26(日) 13:22:02|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

グレーな空間 (3) 街角編


最後に街角編。


Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F11 1/500 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F8 1/250 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F4 1/60 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F2.8 1/30 SUPERIA Venus 400




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F2.8 1/30 SUPERIA Venus 400


このライカMマウントのズミクロン50mmF2は現行品と同じ光学系になった第三世代というやつだが、カラーバランスがいいだけでなく古きよきライカレンズの階調の豊富さを併せ持っていて、モノクロっぽい被写体のときに実に豊かなグレートーンを表現してくれる(ハズ・・汗)。ウデが悪いので「おお、こりゃいいや」という写真はなかったと思うが、出張で移動を繰り返す中で感じた「グレーな空間」を少しでも感じ取っていただければ幸いである。



(おしまい)

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Summicron-M50/2(3rd)

  1. 2006/03/27(月) 00:27:01|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

BESSA R2M, R3M


数日前に発表になっていたんですね、BESSA R2MBESSA R3M

ドイツ語なのでよくわかりませんが(汗)、要はフォクトレンダー創立250周年(すごいですねぇ!)を記念した限定バージョン、R2A、R3Aのマニュアル露出版のようです。R2Mは1300セット、R3Mは1500セット限定で2006年6月発売予定とか。
色はシルバーペイントとブラックペイントが選べ、ブラックは現行のR2A、R3Aのようなちりめん状ではなくツァイスイコンのようなツルっとした外観。細かい点では巻き戻しクランクはグレーベッサのタイプが採用されているようです。
そして何といっても目玉は、セットという名のとおり、限定レンズがセットになっています。ヘリアークラシック 50mm F2! 3群5枚構成でMマウントの沈胴式!! 色はボディに合わせてシルバーとブラックの2種類。

相変わらずおいしいところを突いて来ますねぇ、コシナさん!!


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2006/03/28(火) 02:00:00|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

Summilux 50mm F1.4


裏蓋のグッタペルカを張り替えたのを機会にM3を持ち出してみた。レンズはズミルックス50mmF1.4。光学系をマイナーチェンジする前の170万台である。



M3はともかく、このズミルックスは黄色がかった発色といいコントラストのなさといい、もう現役引退してね、ということで、かれこれ10年以上も使っていなかったのだが、昨今のフィルム高性能ぶりでどこまでよみがえるのか興味もあって持ち出してみた。レンズ内に埃はたまっているしヘリコイドにガタはきているし、という状態なのだが、ここ数年防湿庫で保管していることもあってカビはない。



Leica M3 Summilux 50mm F1.4 F8 1/125 REALA ACE 100
むむ・・? 階調は豊富かもしれない・・(汗)。白一色になるはずの壁の色が微妙にグラデーションを持っている・・。




Leica M3 Summilux 50mm F1.4 F5.6 1/125 REALA ACE 100
さすがに黄色っぽくてコントラストも乏しいので少しレタッチした。しかしながら解像度は今どきのレンズにもけっして負けていない。おそるべしズミルックス・・。




Leica M3 Summilux 50mm F1.4 F5.6 1/125 REALA ACE 100
いつもと同じJPEG圧縮率では250KBの許容容量ぎりぎりになってしまい、あわてて圧縮率を高くした。階調が豊富で解像度が高いということなのだろうか。


以上、つまらんことをしなければよかった・・(汗)。M3の方はさすがに1/1000はどまぐれていたがそれ以外は実用に足る。それにも増してこのズミルックス50mmF1.4。やっぱりOHぐらいは出してやらんといかんのかいなぁ・・。博物館入りしていたのに・・(爆)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Summilux50/1.4(1st)

  1. 2006/06/18(日) 13:29:11|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Zeiss Ikon SW


Zeiss Ikonからファインダーを取り除いたZeiss Ikon SWなるカメラが9月末に発売になるらしい。この手のカメラでは初のAE搭載、ということだが、Zeiss Ikonと比べて、
・ 価格が安い(希望小売価格153,000円→100,000円、いずれも税別)
・ コンパクト(高さ77.5mm→72.5mm、重量460g→395g)
という魅力はあるものの、Zeiss Ikonに外付けファインダーを付けて距離計を使わずに目測で撮れば同じこと。そんなに魅力的かなぁ、と思ってしまった。ダブルアクセサリーシューは、まあ機能アップしている点ではあるが、これとて、フォクトレンダーブランドのダブルシューアダプターを使えばいいわけで、どうもイマイチピンとこない。ま、ストロボを使おうとするともうひとつアダプターをかます必要があるが・・。
もちろんディスタゴン15mmF2.8ZMなどという最初から距離計連動しない超広角レンズならピッタリのボディ、ということになるが、そんな高価で重たいレンズを使うなら、ボディ価格の数万円の違いやわずか65gの軽量化などほとんど意味がない気がする。でもやっぱちょっとかっこいいかなぁ・・(笑)。フルセット四十数万円のレンズなんて買えないけど・・(苦笑)。
加えて、Zeiss Ikonのときに不評だったAEロックボタンをやめ、いらなくなったフレーム切替レバーをAEロックレバーにして操作性の改善を図ったところなど、ここだけ取り出せば改良だが、Zeiss Ikonボディと併用するとまごつくのではないだろうか。

う~ん、こういう趣味性の高いカメラを出してくるコシナ、恐るべしだが、冷静に考えると、見た目のカッコよさ以外はあまりメリットが感じられないのだが・・。

みなさん、どう思われます?


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/28(月) 00:33:09|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

Leica M8


M型ライカの新製品、ライカM8が発表になったらしい。
で、絞り優先AEのM7のどこを改良したの?ボディデザインをM3っぽくレトロにしたとか??今さらM型ライカなんて古いよ~、と早合点してはいけません。なんとこのM8はデジタルカメラなのです!!
心臓部は有効画素数10.3Mピクセルのコダック製CCD。オフセットマイクロレンズを使って周辺光量低下を防いだ18mmx27mmのイメージャーで銀塩換算係数1.33倍。シャッター幕を測光する絞り優先AEで、最高速1/8000秒。ホロゴンなどのごく一部のレンズを除き、ほとんどのMマウントレンズを使用できるらしい。1.33倍なので、焦点距離21mm、28mm、35mmのレンズがそれぞれ銀塩換算で28mm、37mm、47mmとなり、銀塩で使い慣れた28mm、35mm、50mmの感覚で使える。
また16mm/18mm/21mm切替でF4のレンズ、トリエルマーも発売されるらしい。これは銀塩換算21mm/24mm/28mmとなり、1本でほとんど広角の全てをまかなえることになる。

今日はエイプリルフールではありません(ああ、前科者は信用を回復するのに苦労するなぁ・・笑)。

こちらをご覧ください。

ライカのHPも・・。

で、気になるお値段ですが、577,500円だそうです。発売は今年の11月末。ちょっと興奮しております・・。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/16(土) 14:57:22|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8
前のページ 次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

05  03  02  01  12  07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター