うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2013年2月ブラジル出張(1)スイス経由


2月のブラジル出張は初めてスイス経由で行った。これでおおよそメジャーな経由地は経験したことになる。



Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F11 1/500 PN400N
いつもブラジル出張のお伴といえばコンパクトなミノルタCLE、それでもまだかさばるときはコンタックスT3となるが、今回はライツミノルタCLを引っ張り出してみた。CLEと大きさは変わらないが、露出がAEではない、28mmを使う時は外付けファインダーを必要とするなど、ちょっと手間はかかるが、35mmが外付けファインダーなしで使えるのは便利である。そこで、CL標準である40mmをあえて使わず35mmをメインに据え、長焦点側はCLEで使っていない50mm標準レンズを、短焦点側はどうせ外付けファインダーを使うなら28mmではなく一気に21mmを持参してみた。




実は拙ブログでのMマウントレンズ使用頻度を調べてみたら、M3でしか使わない135mmの2本が最下位とブービーを占めたのは順当としても、やはりM3用のイメージが強いエルマリート90mmF2.8、メガネ付きズマロン35mmF3.5に続いて下から5番目がズミクロン-M35mmF2ASPH.というのは意外だった。めったに使わないズミルックス50mmF1.4(1st)より頻度が低かったのであるから驚きである。もっとこの35mmを使わなければ、と思ったのが今回の機材選択に繋がった次第。ちなみに最も使われていたのはエルマリート-M28mmF2.8ASPH.。カメラボディの頻度は調べていないが、28mmが多いということはやはりCLEでよく撮っているということなのだろう。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F5.6 1/250 PN400N
チューリッヒ空港着陸直前、窓の外を見ると一面銀世界・・!2月のスイスなのだから当たり前なのだが、あらためて寒いところだと実感。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F5.6 1/250 PN400N
チューリッヒ空港はこじんまりとした国際空港。UAEのエミレーツ航空が乗り入れているようで、壁に大きな広告があった。暑いアラブのエアーラインが寒いスイスで広告、というのも変な感じではあるが・・。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F4 1/60 PN400N
空港近くのホテルで一休み。カメラ片手にちょっと散歩に出てみる。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F5.6 1/125 PN400N




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F5.6 1/125 PN400N
風がないのでまだマシだったが、それでも気温は氷点下のようで、だんだん底冷えしてくる。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F5.6 1/125 PN400N




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F4 1/60 PN400N
もう少し暗くなるまで撮っていたかったが、無理せず早めにホテルへ帰還。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F2.8 1/60 PN400N
夜のフライトでブラジルへ向かった。



(つづく)



Tag : Summicron-M35/2ASPH.

  1. 2013/03/26(火) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年2月ブラジル出張(2)Inhotimその1


ブラジルの2月といえば真夏。氷点下のスイスから30℃超の炎天下へ・・(汗)。仕事を終えた週末、屋外美術館、Inhotim(イノチン)へ行った。



Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F8 1/250 PN400N
ベロオリゾンチから60kmほど離れた郊外にある100haの広大な土地を利用した屋外美術館。というか芸術展示公園という感じ。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F11 1/500 PN400N
ジャングルの中にいくつも池があり、ギャラリーと呼ばれる展示館と屋外作品が点在する。徒歩で回ってもいいが、あまりに広すぎるので運転手付きのカート(有料)も用意されている。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F11 1/500 PN400N
二十ほどある展示館は、それぞれが、たった一人、ないしはごく少数の芸術家のために建てられている。それらの建物内に展示された美術作品と二十数点の屋外作品と合わせて、近代芸術を堪能しようという趣向。2006年から一般公開されている。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N
敷地内を散歩していると突然こういうオブジェに出くわす。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 1/500 PN400N
何だかよくわからないが心地よい気分になるのが不思議なところ。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F11 1/250 PN400N
ところどころにはレストランや休憩スペースもある。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/250 PN400N
う~ん、何だか分からないが面白い・・。




(つづく)



Tag : Summicron-M35/2ASPH. Color-Skopar21/4P

  1. 2013/03/28(木) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年2月ブラジル出張(3)Inhotimその2


建物の中は残念ながら撮影禁止だったので、どんな芸術作品なのかご紹介できないのが残念だが、ひとことで言ってかなり“ぶっとんでいる”前衛作品が多かった。



Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/250 PN400N




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N
赤をテーマにした展示館。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N
それにしても暑い・・(汗)。気温は30℃を超えているようである。炎天下を歩き続ける訳にもいかないので、要所要所に待機しているカートに乗せてもらい移動する。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F8 1/250 PN400N
石畳の遊歩道が張り巡らされているが、そのうちのいくつかはカートでも移動できるようになっている。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/125 PN400N
道端には木をくり抜いて作ったベンチもあった。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F11 1/500 PN400N
カートに乗ってやってきた敷地の一番奥にある建物、ソニックパビリオン。中に入るとゴーゴーと風の音がした。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/250 PN400N
プラネタリュウムのような建物の中に入ると、鉄鉱石の鉱山で使われていた大型のパワーシャベルのような車両が鎮座していた。




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F11 1/250 PN400N
中国人のアーティストによる石碑のような作品。




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F8 1/250 PN400N
何やら苦行を表しているようで意味深である。



(つづく)



Tag : Summicron-M35/2ASPH. Color-Skopar21/4P Summicron-M50/2(3rd)

  1. 2013/04/03(水) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2013年2月ブラジル出張(4)Inhotimその3


池の周りから離れ、カートに乗せてもらい周回路を進む。



Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N
VWビートルに対称的なカラーリングを施した作品。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/250 PN400N
次なる作品の展示予定地。敷地が広大なだけに、まだまだいくらでも発展して行きそうである。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N
よくみるとこれも屋外展示作品であった。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F11 1/500 PN400N
丘の上にあった鉄骨を使ったオブジェ。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F16 1/250 PN400N
何か勢いがあって元気をもらえる。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/250 PN400N
ここの地下室では、トンネル内を走行中に写したフィルムをエンドレスに映写していて、出口のないトンネルを表現していた。映像をデジタル合成すればよさそうなものだが、ここでは実際にフィルムをエンドレスに繋いで、それを16mmフィルム映写機を使って映写するというわざと手間暇をかけた作品だった。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/250 PN400N
これも展示館である。


ほとんど全部の展示館を廻ったので、それを順番にご紹介しようかと思ったが、中の展示物をご紹介できないのでは片手落ちなので、ざっくりと敷地内の雰囲気を味わっていただくにとどめた。InhotimのHPには少し展示作品の写真も載っているので、興味ある方は参照されたい。



(おしまい)



Tag : Summicron-M35/2ASPH. Color-Skopar21/4P

  1. 2013/04/05(金) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2013年3月ブラジル出張(1)NY経由


3月のブラジル出張は、1月と同様ニューヨーク経由だった。持参したカメラは2月と同様、ライツミノルタCL。レンズはカラースコパー21mmF4Pとノクトンクラシック40mmF1.4MCの2本。



Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 1/125 PN400N
乗り継ぎで半日ほどマンハッタンで寛ぐことになった。これはホテルの自室からの眺め。ここでボ~っとしていてもつまらないので、カメラ片手にお散歩に・・。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F4 1/60 PN400N
47丁目はダイヤモンドディストリクトと呼ばれ、ダイヤモンドの売り買いをする店が並ぶ。




Leitz Minolta CL Nokton Classic 40mm F1.4 MC F4 1/125 PN400N
隣の48丁目は楽器店が並ぶので有名だったのだが、どんどん楽器屋さんが減って行き、ついに大型店のサムアッシュも移転してしまった。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 1/125 PN400N
42丁目にあるタイムズスクエアに出る。今や韓国メーカーの宣伝が中心を占める。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 1/60 PN400N
これ、そこの人たち!事務所がいっしょだからって人前で抱き合うんじゃありません。あんたらいっしょに出ている映画とかないやろ!(笑)




Leitz Minolta CL Nokton Classic 40mm F1.4 MC F4 1/125 PN400N
観光客が街中でディズニーのキャラクターと記念撮影しても大丈夫なのは、こちらさんのおかげ。ニューヨーク警察である。



(つづく)



Tag : Color-Skopar21/4P Nokton40/1.4MC

  1. 2013/04/19(金) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年3月ブラジル出張(2)MoMA


時間があったので柄にもなくMoMAを訪れることに・・。



Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/60 PN400N
MoMAとは、Museum of Modern Artの略。ニューヨーク近代美術館のことである。入場券を買った後、日本の免許証(パスポート以外の写真入り身分証明書なら何でもいい)を担保に無料の日本語音声ガイドを借りる。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 1/30 PN400N
まずは一番人気のフロア、5階へ行く。ここは、1880年代~1940年代の絵画を集めたエリア。半年間限定で特別にムンクの作品が展示されていた。こちらがかの有名なムンクのThe Scream、叫び(1895作)である。4作ある叫びのうち3作品はノルウェーの美術館に所蔵されており、これはそれらとは別の個人所蔵のものだとか。ちなみにこの人は叫んでいるのではなく、大地の叫びを聞いて耳を塞いているのだそうな。
ちなみにMoMAは今どき珍しくフラッシュを焚かなければ撮影OKである。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 1/30 PN400N
クリムトのHope, II (1907-08)。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 1/30 PN400N
ヘンリー・マチスのDance(I) (1909作)。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F2 1/60 PN400N
モジリアーニのAnna Zborowska (1917作)。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 1/30 PN400N
一番気に入ったのがこちら、ピカソのThree Musicians (1921作)。90年以上も前の作品とはとても思えない斬新さで、構図も色のバランスも完璧。さすがピカソと唸ってしまった。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F2 1/60 PN400N
ミロのThe Birth of the World (1925作)。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F2 1/60 PN400N
こちらがMoMAの人気者、モネの睡蓮 (1914-26作)。縦2m×横12.76mの大作である。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F2 1/60 PN400N
時間がなくなってきたので、1940年代~1980年代の作品を集めた4階をちょっとだけ覗く。このフロアで最も有名と思われるのがアンディーウォーフォールの作品。これはマリリンモンローが亡くなった年に制作されたGold Marilyn Monroe (1962作)である。


いやぁ、久しぶりに絵画の鑑賞なんぞをしてしまった(汗)。ホテルに戻り、身支度をして空港へ。夜の便でブラジルへ発ったのであった。



(つづく)



Tag : Nokton40/1.4MC

  1. 2013/04/21(日) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2013年3月ブラジル出張(3)セナのお墓


サンパウロに着くと大変よいお天気・・。



Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/250 PN400N




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/250 PN400N
ホテルに荷物を置き、アイルトン・セナのお墓に行ってみた。サンパウロ市内のモルンビー墓地である。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F8 1/250 PN400N
アイルトン・セナはサンパウロ生まれのF1ドライバー。65回のポールポジション獲得、1988年、1990年、1991年の三回のワールドチャンピョンなど、時代を代表するF1ドライバーであった。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F8 1/250 PN400N
3回の優勝はいずれもホンダエンジンのマシンであり、ホンダとの関係は深い。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F8 1/250 PN400N
1994年5月1日、F1GP第三戦のサンマリノGP、イタリアのイモラサーキットの高速コーナータンブレロでコースアウトし、コンクリートウォールに激突して帰らぬ人となった。34歳の若さであった。ブラジルでは国葬が行われ、命日の5月1日は交通安全の日に制定されたのだそうである。



(つづく)



Tag : Color-Skopar21/4P Nokton40/1.4MC

  1. 2013/04/25(木) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2013年3月ブラジル出張(4)TAMのStar Alliance


ブラジル最大の航空会社TAMのスターアライアンス塗装機。何ということもないように見えるが・・



Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F8 1/250 PN400N
2010年8月、チリのLAN航空によるTAM買収が発表され、2012年6月に買収完了、TAMはLATAMエアーライングループの一員という形になった。ここで問題になったのがアライアンス。TAMがスターアライアンス加盟なのに対しLANはワンワールド。この問題をいったん棚上げして経営統合を実現させたが、いつまでも続けるわけにもいかず、結局、親会社のLANが入っているワンワールドに統一されることが決まった。したがってこのスターアライアンス塗装のTAMは2014年まででおしまいなのである。



(つづく)


Tag : Nokton40/1.4MC

  1. 2013/05/05(日) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年3月ブラジル出張(5)サントス海岸


今回の出張では久しぶりにサントスを訪れた。



Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/250 PN400N
ホテルの部屋からの眺め。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F8 1/250 PN400N
ホテルも今までと違って海岸に近いところだった。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/250 PN400N
やはりサントスはリゾートなんだなぁ、と実感。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F5.6 1/125 PN400N
夕暮れ時になると、昼間の賑やかさはどこへやら、カラフルなパラソルもみんな片づけられてしまい、閑散としたビーチに・・。ちなみにこれでもカラー写真です(笑)。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 1/15 PN400N
夜になると、これまた独特の雰囲気・・。




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 1/2 PN400N
丘の上のレストランから・・。ここのシーフードはおいしかった・・(嬉)。



(つづく)



Tag : Color-Skopar21/4P Nokton40/1.4MC

  1. 2013/05/07(火) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年3月ブラジル出張(6)コーヒー博物館


久しぶりにサントスのコーヒー博物館を訪れた。



Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/125 PN400N
かつて訪問した時は、ロッコール28mmがちょっと傷んできていてハロが出ていたのと、28mmではちょっと画角が足りなくて苦労したのを覚えている。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F4 1/8 PN400N
今回は21mmが活躍・・(嬉)。天井が美しい。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F4 1/30 PN400N
まあ、これは何も21mmで撮らなくても、という構図ではあるが・・(汗)




Leitz Minolta CL Nokton 40mm F1.4 MC F2.8 1/125 PN400N
博物館ではコーヒー豆を売っており、カフェでその試飲も出来る。みんなで手分けして色々な豆のコーヒーを飲んでみて、気に入った豆を購入した。



(つづく)



Tag : Color-Skopar21/4P Nokton40/1.4MC

  1. 2013/05/09(木) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター