うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2012年10月ブラジル出張(1)ドイツ経由


10月のブラジル出張はドイツ経由で行った。往きはミュンヘン、帰りはフランクフルト経由である。



Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
ババリア(ミュンヘンのある州)へようこそ、というわけである。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F4 AE PN400N
ハブ空港としてはフランクフルトの方が有名だが、こちらもなかなかどうして立派な空港である。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N
今回はワケあってミュンヘンに一泊することにしたので、空港を出て旧市街の近くのホテルへ。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N
食事がてら夜の街をお散歩。人通りが多く、治安もいいようだ。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F1.4 AE PN400N
このふわっとした描写がノクトン40mmF1.4の特長のようである。



(つづく)



Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH. Nokton40/1.4MC

  1. 2012/12/05(水) 20:00:00|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年10月ブラジル出張(2)ニンフェンブルク城


ミュンヘンに一泊したのは、ミュンヘン在住のいとこを訪ねたからである。



Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F5.6 AE PN400N
彼の運転でミュンヘン近郊をドライブすることになった。ドイツでは新車を買おうとすると半年~1年待たされるそうだ。そこで、BMWでは社員を対象に半年で手放すことを条件に新車をすぐ手に入れることが出来る制度があるのだそうである。このクルマもそういう経歴を経て半年落ちの中古車として市場に出回っていたものを入手したのだとか。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F5.6 AE PN400N
紅葉のミュンヘン市内を走り抜ける。この季節、ヒーターを効かせながらオープンで走るのは気持ちがいい。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F5.6 AE PN400N
ミュンヘン市の西の外れにあるニンフェンブルク城へ到着。バイエルン選帝侯が17世紀に建てた夏の離宮である。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 AE PN400N
バロック様式の宮殿は巾700m以上もある。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 AE PN400N
かのノイシュヴァンシュタイン城を造ったルートヴィヒ2世もこの宮殿で生まれたのだとか。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
ここは宮殿の建物ともに広大な庭園も有名である。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
もうちょっと天気が良ければ尚結構であったが、まあ贅沢は言うまい。昼ごろから晴れるという予報を信じてドライブを続けることにした。



(つづく)



Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH. Nokton40/1.4MC

  1. 2012/12/07(金) 20:00:00|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年10月ブラジル出張(3)ドライブ


ミュンヘンを脱し、いとこの運転でアウトバーンを南に走る。



Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
アウトバーンは速度無制限で有名だが、まあ、オープンカーなのでのんびり130km/h(笑)ぐらいで走る。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
一番内側の車線を200km/hオーバーでかっ飛んでくるクルマがあるので、なかなかずっと追い越し車線を走るわけにもいかず、普通のクルマはそんなに高速で走るのは難しい。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
アウトバーンを離れ、田舎道に入る。こういうところは町中は50km/h、それ以外は100km/hである。ドイツ人は律義なので、そういう速度制限はきっちり守る。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
う~ん、やはりヨーロッパは田舎道のドライブに限る・・(嬉)。思わずクルマを停めてもらい、カシャ!




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
おおっ、遠くの山並みが・・と言ってはクルマを停めてもらうので、ちっとも前に進まず・・(汗)。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
四輪だけでなく二輪も多かった。さぞや気持ちよかろう・・。




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE PN400N
遠くに教会が・・。何ともヨーロッパらしい風景である。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F8 AE PN400N
その横をオートバイがカキーンと通り過ぎて行く。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F8 AE PN400N
山の中の町が近づくにつれ、紅葉が目立ってきた。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F8 AE PN400N
本日ご活躍いただいたBMW Z4。直6の2.5Lだそうである。エンジン音が心地よかった。



(つづく)



Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH. Nokton40/1.4MC M-Rokkor90/4

  1. 2012/12/09(日) 20:00:00|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年10月ブラジル出張(4)リンダーホフ城


ミュンヘンからクルマで目指したところがこちら、リンダーホフ城。



Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
すっかり紅葉していて、素晴らしい色合い・・。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
よくよく考えてみると、紅葉のシーズンはGWのような長期間の休みはないので、プライベートで日本から赴いてヨーロッパの紅葉を楽しむというのはちょっと無理・・。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
こうして出張のついでにヨーロッパに立ち寄り、紅葉を楽しむことができたのはラッキーと言えよう。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
遊歩道を歩いてお城を目指す。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE PN400N
じゃ~ん、こちらがリンダーホフ城。ルードヴィヒ二世が最初に建てたお城である。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
入場券は買ったものの中の見学は時間の関係でパス。代わりに池を入れた外観をカシャ!




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 AE PN400N




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
時間が来ると間欠泉のように噴水が吹き上がる。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
こじんまりとしたいい雰囲気のお城である。




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE PN400N
お城の裏側にある東屋。彫刻類は木の箱を被せられ冬支度していた。



(つづく)



Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH. Nokton40/1.4MC M-Rokkor90/4

  1. 2012/12/11(火) 20:00:00|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年10月ブラジル出張(5)ミュンヘン市内


ドライブから帰ってきて、ミュンヘン市内をスナップ。



Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F8 AE PN400N
もう日が傾いてきていたが、なかなかいい感じ。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F8 AE PN400N
実に美しい街である。




Minolta CLE Nokton 40mm F1.4 MC F8 AE PN400N
古い建物も見事に調和している。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
マリエン広場が見えてきた。旧市街の中心地である。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
旧市庁舎。第二次大戦で大破し、戦後建て直された。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
新市庁舎。ルートヴィヒ一世の命で建てられたのだとか。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
新市庁舎の塔。仕掛け時計が有名である。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
広場には多くの人が集まっていた。この後、広場のレストランでドイツ名物のソーセージやらザワークラウトなどを食し、夜のフライトでブラジルへと向かったのであった。



(つづく)



Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH. Nokton40/1.4MC

  1. 2012/12/14(金) 20:00:00|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年8月欧州旅行(1)フランクフルト空港


8月に一週間ほどヨーロッパを旅行した。ドイツのフランクフルトから入り、オーストリアのウィーンで日本から来たカミサンと合流し、スイスを観光してフランクフルトへ戻る計画である。



Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F6.3 AE
フランクフルトのマイン空港は、ロンドンのヒースロー空港、パリのシャルルドゴール空港と並んで、ヨーロッパの三大ハブ空港のひとつである。ドイツの航空会社、ルフトハンザ航空の一大拠点で空港内はルフトハンザだらけ・・。総2階建てのエアバスA-380が見える。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
チェックインの機械もご覧の通り黄色いルフトハンザばかり・・(笑)。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
少し時間があったのでターミナルの外をウロウロしてみる。ターミナル間の移動は空港の中にスカイトレインという無人シャトルがあるが、外にもこうしたターミナル間シャトルバスがある。何しろ巨大な空港なので、こうした乗物を利用しても自分のフライトのゲートまでは結構長い距離を歩くことが多い。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
帰りにここまで鉄道で戻ってくる予定なので、駅はどこかと思えば空港ターミナルの目の前にDB(ドイツ鉄道)の表示・・。こりゃ便利だ。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
それにしても暑い・・。この日は30℃を超えていて蒸し暑く、早々に退散しターミナル内に戻る。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F6.3 AE
新型のボーイング747-8。いつの時代でも飛行機は子供たちの憧れである。



(つづく)



Tag : RX100III

  1. 2015/10/14(水) 20:00:00|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年7月フランクフルト空港にて


7月に身内に不幸があり急遽ブラジル~日本を往復した。



Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
往路はフランクフルト1時間20分乗り換えのルフトハンザ→全日空という現時点で最短コース。夜サンパウロを出ると2日後の朝早く羽田に着く。さすがに中継地で写真を撮るヒマはなく、この写真は復路のルフトハンザ→ルフトハンザ乗り換え時のもの。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
おっと、ブラジルのTAM航空に遭遇。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
往復ともルフトハンザ航空の機材はボーイング747-8だった。いわゆるジャンボの最新型である。世界各地の航空会社で旅客用&貨物用が100機以上就航しているそうだが、主力はむしろ旅客用ではなく貨物用なのだそうだ。ジャンボといえば30年以上前から飛んでいるロングセラー機だが、この747-8は2010年以降に作られた新しい機体なので設計の古さは感じなかった。むしろ777よりも大きいので着陸時なども心なしかどっしりと安定していた気がする。



Tag : RX100III

  1. 2016/09/25(日) 20:00:00|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター