うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2016年2月ウユニ塩湖(1)ラパスへ


2月のカーニバル連休にウユニ塩湖へ行った。ウユニ塩湖はブラジルのお隣の国、ボリビアの高地にある。



Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
サンパウロを朝出発し、ボリビアのサンタクルスへ向かう。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
サンタクルスのビルビル(Viru viru)空港に到着。日本のODA支援を受け1983年にできた空港だそうな。

ところがここで大問題が勃発・・。ここから1.5時間ぐらいの乗り換えで同じボリビアのラパスへ向かうはずだったのだが、入国審査、税関検査に手間取り、ラパス行きのフライトに間に合わず・・orz。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
カーニバル大型連休中ゆえ他のフライトは満席、一時はウユニまでバスで行くかという案も出たが(15時間ぐらいかかるらしい・・汗)、結局、ラパスまで我々のツアー専用のチャーター便を飛ばすことに・・(驚)。この16:30発902便というのがそれである。いやぁ、添乗員さん、ツアー会社に、感謝!感謝!




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F6.3 AE
というわけで予定よりたったの2時間遅れでラパスへ到着。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
エルアルト国際空港はラパスの隣町エルアルトにあり、標高4,000m超の世界で一番高い所にある空港だそうである。さすがに空気が薄く、息苦しい。空気が薄くて揚力が十分得られないため燃料満タンでは離陸できず、国際線の長距離便はみな先ほどのサンタクルス(標高400m)を経由するのだそうな。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F5.6 AE
ラパスは標高3,600mの高地に造られた人口90万人の大都市。事実上のボリビア首都である。


ツアー初日、大変なトラブルを添乗員さんの機転、ツアー会社の大英断で乗り切ることができた。個人旅行ではとてもこんな対応は無理。ツアーに入っていてつくづくよかったと思った次第である。



(つづく)



Tag : RX100III Distagon35/2.8

  1. 2016/03/27(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年2月ウユニ塩湖(2)ウユニへ


ラパスで一泊した後、朝4時起きでラパスの空港へ。



Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
まだ真っ暗である。ターミナルビルはつい最近リニューアルされたそうで、イルミネーションが美しい。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
ウユニ行きのアマゾネス航空のジェットに乗り込む。2012年からラパス~ウユニ間の定期航空便ができたそうで、それまでは車で8時間から12時間かけてウユニまで行ったそうである。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
フライト中に夜が明け、ウユニに到着。こちらは標高3,700mぐらいだそうな。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
ボリビアでは日本車がよく見られたが、新車だけでなくこんな中古車も・・。八尾日進堂さん、ボリビアでも宣伝されてまっせ・・(笑)。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
ウユニ市内のホテルで朝食を済ませたのち散策。土産物屋で帽子を買ったりしながら市場の方へ。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
こちらもカーニバルなわけである。当たり前か・・(笑)。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
ダカールラリーの碑。かつてパリ~ダカールラリーの名で、パリを出発しスペインを経由してアフリカ大陸に渡りセネガルのダカールまでの12,000kmを走破する世界一過酷なラリーとして有名だったが、2009年からは南米大陸での開催となっている。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
香辛料を売るおばさん。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
ゴミ収集用のドラム缶。カラフルだったので思わずカシャ!




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
見た目はイマイチだが、考古学と人類学のミュージアム。インカ文明とその前のプレ・インカ。いずれも文字を持たなかったためにまだ分かっていないことが多いらしく、考古学がさかんなようである。



(つづく)



Tag : RX100III Distagon35/2.8

  1. 2016/03/29(火) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年2月ウユニ塩湖(3)列車の墓場


ウユニには、半世紀前に廃棄されたまま朽ち果てた蒸気機関車があるという。



Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
かつては資源の積出に活躍した鉄道とのこと。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
ウユニの町から車ですぐのところにあり、錆びて朽ち果てた蒸気機関車が何機も連なる。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
いつしかキャブや動輪もなくなり、ボイラーだけがむき出しに残っている。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
これなどはかなり動輪の多い特殊な機関車のようである。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE
広大な砂漠にポツンと残された機関車群。廃虚マニアにはお勧めである(笑)。



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8

  1. 2016/03/31(木) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年2月ウユニ塩湖(4)ウユニ塩湖へ


ウユニの町を出発し、ウユニ塩湖へ向かう。



Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
途中の道は綺麗に整備され、快適である。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
野生のビクーニャに遭遇。このビクーニャの毛で作られたセーターは大変高価で取引されている。毛がまだ短いのでそういう用途の実感は湧かなかったが、カモシカのように美しい肢体である。今や野生のビクーニャは珍しいとのこと。




Sony α7R Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE
こちらは飼われているアルパカ。毛がセーターなどになるだけでなく肉は食用にもなるとか。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
コルチャニの駅。ウユニ塩湖の入口はもうすぐである。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F8 AE
塩湖の入口にある塩のホテルに到着、しばし休憩。いよいよここからがウユニ塩湖である。



(つづく)



Tag : RX100III Distagon35/2.8

  1. 2016/04/02(土) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年2月ウユニ塩湖(5)塩湖ドライブ


いよいよ塩湖の上をドライブする。



Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
今年の雨季は雨が少なくほとんど水が溜まっていないため、乾季の時のように乾いた塩の結晶の上を走る。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
結晶は六角形をしており、このあたりはまだ塩湖の入口に近いため、外部の砂が飛んできて茶色になっている。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
塩湖の広さは面積10,582km2で、日本の都道府県だと7番目に広い岐阜県と同じぐらい。千葉県の2倍、東京都の5倍ぐらいである。それが標高3,700mのところにあって100km四方で標高差はわずかに0.5mしかないのだとか。




Sony α7R Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
塩の結晶の厚みは数cmから数十cmとのことで、踏み抜く心配はないようだが、あまり速度は上げられないようだ。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
塩湖を走ること約2時間、塩の色が真っ白になってきた。雪原のようである。




Sony α7R Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
右に見える火山。どうも運転手さんたちはこの火山を目印に走っているようだ。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
この辺りでストップ。昼食タイムである。車に積んであったテーブルや椅子を並べ、用意してきたランチをいただく。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Distagon35/2.8 Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2016/04/04(月) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年2月ウユニ塩湖(6)インカワシ島


ウユニ塩湖の真ん中あたりに「インカワシ島(Incahuasi)」という島がある。遠くから見ると魚の形に見えることから、別名「魚島」とも呼ばれている。



Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
雨季は塩湖が冠水するため車では行けなくなると言われているが、今回は水が少なかったために立ち寄ることができた。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
島には管理事務所や簡単なお土産屋さんがあるだけで宿泊施設などはないが、入場料を払って観光すればトイレを使わせてもらえる。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
島には一面サボテンが生えている。1年で1cmぐらいしか成長しないとのこと。ということは100年以上の長寿のサボテンが多いようだ。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
入場料を払って敷地内に入る。丘に登るようだ。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
振り返ってみると駐車場が見えた。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
遠くには塩湖を疾走する車が見える。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
たいした丘ではないのだが、なんせ標高3,700mなので、ちょっと登るとすぐ息切れする。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
これなど高さ3mぐらいあるので樹齢?300年といったところか。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
まっすぐ伸びるだけでなく、枝分かれして手のひらのようになったものもある。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
頂上からの眺め。例の目印になる火山を遠くに望み、手前の塩湖の上を車が走る。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
朝は曇っていたがすっかりお天気になり、いい観光日和となった。しかも雨季にもかかわらずインカワシ島に来れたのはラッキーだった。



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8

  1. 2016/04/06(水) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年2月ウユニ塩湖(7)天空の鏡


ウユニ塩湖名物、「天空の鏡」を求め、冠水しているエリアに向かう。



Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
冠水しているとあまり速く走れないようだ。ゆっくり慎重に・・。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
インカワシ島を出てから約1時間半、冠水しているエリアに到着。ウユニ塩湖では、雨季に雨で冠水すると、標高差がほとんどないために雨水が薄く広がり、風がなければ波も立たないので、水が蒸発するまでの間、「天空の鏡」と形容される巨大な鏡が出現する。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
ツアー会社が用意してくれた長靴で塩湖の上に降り立つ。空の雲が全て水の上に映っていて、まさに天空の鏡である。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
遠くの島も、空の雲も、天空の鏡に映し出されている。見事な景色だ。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
記念撮影。人が歩くと波が立つので、整列してポーズを取ってから波が静まるまで待ってカシャ!




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
だいぶ陽が傾いてきた。昼間はかなり晴れたのにまた雲が増えてきた。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
本来なら夕焼けが美しいのだそうだが、このお天気ではちょっと無理そうだ。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
しばらく天気の好転を願って待ってみたが、この程度の夕焼けが限界・・。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE
結局雨が激しく降り出し退散。雷雨の中、ホテルへ戻る。こんな雨の中、どうやってホテルまでの道筋を辿ることができるのか不思議だったが、1号車に乗っていた方の話によると、運転手はGPSの画面ばかり見ながら運転していたとか。なるほど世の中進歩したものである。



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8 Planar50/1.4

  1. 2016/04/08(金) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2016年2月ウユニ塩湖(8)塩のホテル


ウユニでは、ウユニ塩湖で採れた塩で造られたホテルがいくつかある。



Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
我々が泊まったのは「Hotel Sumaj Rijchariy」。塩湖の入口にあるホテルである。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
建物の壁、テーブル、椅子などが全て塩で出来ているという。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F4 AE
部屋の壁の装飾も塩であった(笑)。泊まった晩は雨が激しく降り続き、しょっちゅう停電していた。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F1.8 AE
外は標高3,700mゆえ結構冷え込んでいるはずだが、屋内は塩の壁の断熱効果なのか、暖房もないのに暖かく快適だった。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F1.8 AE
夜が明けてくると、屋根の波板になっているところから明るくなってくる。日中はこのお陰で室内では電灯がいらないくらい明るくなり、かつ蓄熱されて夜の暖かさにつながるということのようだ。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
ロビーの椅子やテーブルもご覧の通り塩製。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
ロビーの隣には土産物コーナーがあった。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
色々な民芸品やアルパカのセーターなどがあったが、ウユニに来た記念に「ウユニの塩」を買った。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 RX100III

  1. 2016/04/10(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年2月ウユニ塩湖(9)朝焼け


土砂降りの雨音にもかかわらず熟睡・・。翌朝は雨がやんでいたので朝日を拝むべく外へ。



Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE
ホテルの周りは水たまりで田んぼのよう・・。風があって天空の鏡とはならなかったが、綺麗な朝焼けを拝むことができた。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4

  1. 2016/04/12(火) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2016年2月ウユニ塩湖(10)元祖塩のホテル


昨晩降り続いた雨のおかげで、ホテルを出てすぐのウユニ塩湖入口からみごとに冠水していた。



Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F8 AE
昨日よりもゆっくりしたスピードで塩湖ドライブに出て行く。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F8 AE
途中でストップ。塩水の中からガスがボコボコと出ている。昨日のような乾燥した状態では見つからなかった(当たり前)ので、本日ご案内・・(笑)。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F8 AE
さらにどんどん進むと建物が見えてきた。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
ダカールラリーの大きな像。




Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
中国人を乗せたトヨタが通り過ぎて行った。何でも近くの工場で働いている中国人が工場の車で観光に来ているのだそうな。車から降りなければ塩湖の入場料を払わなくていいとか・・本当?




Sony α7R Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
ここが最初に造られた元祖塩のホテルで、電気や上下水が完備していないため今はホテルとしては使われておらず、単なる休憩所になっている。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
外には各国の旗が・・。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2.8 Distagon35/2.8 Sonnar85/2.8

  1. 2016/04/14(木) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター