FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2017年8月金沢(1)北陸新幹線


8月の一時帰国時に金沢へ行った。初めての北陸新幹線である。手元にはα7RIIと買ったばかりのFE24-70/2.8GMとFE70-200/4GOSS。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
東京駅で新幹線劇場と言われるTESSEIのスタッフに迎えられる北陸新幹線。フランス国鉄総裁をして「我々にはTGVがあるので新幹線はいらないが、このTESSEIチームは全員フランスに連れて帰りたい」と言わしめた日本が誇るおもてなしの心を体現しているチームである。テキパキと見事に車内清掃・セットアップを終えていた。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
2時間半あまりで金沢駅到着。近くなったものである。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
金沢駅東口では、北陸新幹線の延伸を見越して総ガラス製のもてなしドームと木製の鼓(つづみ)門が2005年に完成していた。ただ延伸が実現したのはその10年後の2015年だという。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
こちらがその鼓門。金沢の伝統芸能である能楽・加賀宝生(かがほうしょう)の鼓をモチーフにしたものだそうだ。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
もてなしドームと鼓門の組み合わせで、2011年には世界で最も美しい駅14選にも選ばれている。



(つづく)



スポンサーサイト

Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/11/23(木) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2017年8月金沢(2)金沢城公園その1


ホテルに荷物を預けた後、まずは金沢城公園へ行ってみる。有名な兼六園と違ってあまり期待してなかったのだが、嬉しい誤算だった。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
ホテルから歩いて公園に向かう。正面入り口の石川門ではなくいわば裏口の大手門口から入る。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
よく手入れされた芝生。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
お城が見えてきた。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
金沢城の実質的な正門といわれる河北門。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
2010年に130年ぶりに再建された。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
城内から二の門を振り返って望む。二の門は登って中に入ることが出来る。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
来た方向を振り返る。芝生の緑が気持ちいい。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
二の門からお城の中を見る。手前が一の門である。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
遠くに見える天守閣のような建物は菱櫓と呼ばれる建物だそうな。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
いやぁ最高である。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/11/25(土) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年8月金沢(3)金沢城公園その2


城内をウロウロ・・。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
こちらが石川門。正門である。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
石川門をくぐって城内に入ると、目の前に三の丸広場の美しい芝生が広がる。その向こうには五十間長屋が見える。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
五十間長屋の端にある菱櫓。その名の通り建物の四隅が80°と100°の角度で出来ているという極めて凝った作りの建物。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
橋爪橋一帯と奥に見えるのは橋爪門続櫓。五十間長屋とともに2001年に復元された建物。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
橋爪橋を渡って橋爪門一の門をくぐる。こちらも同じ時期に復元されたもの。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
五十間長屋は公開されているので中に入ってみる。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
二階から橋爪橋を望む。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F4 AE
五十間長屋は木造軸組構造で出来ており、中に入るとそれがよくわかる。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
二の丸広場から見た五十間長屋。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
五十間長屋遠景。美しい建物である。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/11/27(月) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年8月金沢(4)金沢城公園その3


公園の奥には玉泉院丸庭園がある。三代藩主前田利常が作庭し廃藩まで続いたという。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
二の丸の方から行くと庭園全体を俯瞰する形になる。高低差のある素晴らしい庭園だ。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
城内に引かれた辰巳用水を水源とする池泉回遊式の庭園である。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
池底からの周囲の石垣最上段までの高低差は22mにもなるという。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
明治になって荒廃し、1955年からはこの地に県スポーツセンター(県体育館の前身)が建てられたという。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
2008年に県体育館が取り壊され、5年の歳月をかけた発掘調査を経て庭園の復刻に取り組み、2年間の工事の後、2015年に完成したのだという。実につい最近の話である。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/11/29(水) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年8月金沢(5)兼六園


金沢を代表する観光地、兼六園である。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
金沢城公園の道路を挟んだ向かい側に位置する。兼六園は四代藩主前田綱紀が城に隣接する土地に別荘を建てて庭園を構えたのがその始まりという。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並んで日本三大名園の一つと言われている。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
兼六園の最も有名な景観がこちら、霞ヶ池の北側に位置する徽軫灯籠(ことじとうろう)。脚が二股になっており、琴の琴柱に似ていることからこの名があるという。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
唐崎松。十三代藩主前田斉泰(なりやす)が琵琶湖畔の唐崎松から種子を取り寄せて育てたクロマツ。冬になると雪の重みによる枝折れを防ぐために円錐形の雪吊りが施されることでも有名。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
徽軫灯籠や唐崎松などのある霞ヶ池。兼六園で最も大きい池である。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
根上松。根が地上にせり上がった形をしていることからこの名があるが、この松も十三代藩主前田斉泰が植えたものだとか。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
夕顔亭。1774年に建てられた兼六園内最古の建物。茶室として使われている。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
兼六園内の料亭、三芳庵。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
明治紀念之標。1880年に西南戦争の戦没者慰霊のために建てられた日本武尊の像。日本最古の屋外銅像だそうである。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
山崎山。紅葉の名所として有名。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
山崎山にある五重の塔。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
山崎山から霞ヶ池に流れ込む曲水。雪見灯篭が美しい。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/12/01(金) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年8月金沢(6)ひがし茶屋街


夕暮れ時、ひがし茶屋街へ行ってみる。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
ひがし茶屋街は金沢に残っている三つの茶屋街の中で最も大きな茶屋街なのだとか。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋が並んでおり、2001年に重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
特に茶屋「志摩」は、歴史的価値が高いことから2003年に国の重要文化財に指定され、昼間は一般公開されている。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F4 AE




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F4 AE
今でこそ、お土産屋さんや喫茶店などが立ち並んで金沢を代表する観光地の1つになっているが、重要伝統的建造物群保存地区に指定されるまでは知る人ぞ知るマイナーな地域だったのだとか。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE


夕食後、もう一度立ち寄ってみる。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F2.8 AE
この日は水曜日。主なお食事どころが皆お休みだったので静まり返っていた。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F2.8 AE
月明かりに照らされた茶屋街。絞り開放、ISO6400で1/13秒。ほとんど限界的な明るさだが、高感度特性の良さと手ブレ補正の効果で一応撮れていた。こういう時はデジタルの威力を見せ付けられる。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/12/03(日) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年8月金沢(7)石垣の博物館


金沢城公園は、別名、石垣の博物館と呼ばれる。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
前田家が築城以来、改修を重ね、様々な石垣を見ることが出来るからだとか。ブラタモリでも詳しく取り上げられていた。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
まずは初代藩主、前田利家の頃の自然石積み。野面(のづら)積みとも言われる。自然の石の形を活かした積み方である。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
野面積みが残る東の丸北面石垣。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
この時代は、石垣の高さで権勢を示したという。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
次は三代目、前田利常の頃の粗加工石積み。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
この頃から装飾の要素が入って来ている。ここは、近年になって復元した際、当時のカラフルな色合いも再現したという。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
刻印も流行ったらしい。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
石工集団の名を表しているとの説が有力だそうだが、諸説あるらしい。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
こちらは五代目、兼六園を造った前田綱紀の頃の切石積み。精密に加工された石を隙間なく積む工法。ペルーのインカ帝国のような積み方である・・(笑)。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
この頃になると、もうほとんど装飾目的・・。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
極めつけがこちら、色紙短冊積み石垣。縦長に積むのは構造強度上はよろしくないが、見栄え重視ということらしい・・(笑)。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
色紙短冊積みをはじめとする一連の石垣が庭の装飾の一部になっていることがよくわかる。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/12/05(火) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年8月金沢(8)21世紀美術館


金沢には有名な21世紀美術館がある。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
正式には金沢21世紀美術館といい、2004年にオープン。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
入館者は累計2000万人を超えるという。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
建物正面の屋外にあるオブジェ。色が重なると別の色になるという当たり前のオブジェなのだが、ついつい色々な重なりを試すためにぐるぐる中を歩き回ってしまう・・(笑)。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
チケット売り場は混雑していて、入館まで20分ぐらい並んだ。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
中は基本的に撮影禁止だが、入ってすぐの中庭にあるプールは撮影可。実は薄い水膜が張ってあるだけで底はガラス張り。プールの底には地下一階から行くことが出来る。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F4 AE
唯一撮影OKだった展示がこちら。う~む、何だかよくわかりませぬ・・(汗)。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/12/07(木) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2017年8月金沢(9)長町武家屋敷


加賀百万石の大名様だったのだから、当然お武家さまもいっぱいお住まいになっていたわけである。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
というわけで長町の武家屋敷跡。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
1579年に創業した薬屋「中屋薬舗」の建物を復元した施設。今は老舗記念館となっている。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
土塀の街並み。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
土塀の街並みを歩いて行くと長町研修塾がある。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
中に入って行くと素敵な日本庭園が・・。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
敷地内にある茶室「匠心庵(しょうしんあん)」。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
長町の武家屋敷で一番有名なのがこちら、野村家。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
野村家は、初代藩主、前田利家の家臣として入城以来、十一代にわたって要職を歴任した由緒正しいお家柄なのだとか。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
コンパクトにまとまった庭園である。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
二階にあるお茶室から見た庭園の鯉。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
武家屋敷散策の最後は高田家。立派な入口、長屋門。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
こちらは邸宅が残っているわけではないが、よく手入れされた庭園があった。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/12/09(土) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年8月金沢(10)主計町茶屋街


金沢二日目の夕暮れ時。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F4 AE
中の橋から浅野川大橋を望む。この川沿いに主計町(かずえまち)茶屋街がある。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F4 AE
名前の由来は、富田主計重家(とだかずえしげいえ)の上屋敷があったことによるとか。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F4 AE
こちらの木津屋旅館、とっても高級そうだが、実は庶民的な民宿のような旅館なのだとか。次回はこういうところに泊るといいかもしれない。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
三味線の音が聞こえてきた。う~ん、茶屋街の雰囲気満点である。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
お店の看板に灯りがともり、人通りも増えて来て、営業開始!という感じである。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F2.8 AE
食後にちょっとお散歩。こちらは初日の晩にお世話になった「いち凛」。のどぐろが大変美味だった。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/12/11(月) 20:00:00|
  2. ほくりく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。