FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

1987年8月 スタンフォード


1986年の9月から1988年の6月まで、アメリカ西海岸のサンフランシスコから南へ1時間ぐらい車で行ったところにあるスタンフォード大学というところに通っていた。このあたりの気候は実に温暖で、春から秋まではカラっとした晴天が続き、半年以上雨が降らない。冬は雨季になるもののちょっと曇りの日があってときどきシトシト霧雨が降る、という程度のもの。訪ねてきてくれた日本の連中はみな「おまえいい気候のところに住んでるなぁ」と言っていったが、最初の一年は天気なんか気にする余裕もなく図書館や自宅でガリガリ勉強していた。あんなに勉強したのは一生のうちでも最初で最後だろう。



CONTAX RTS Sonnar T* 180mm F2.8 FUJI ISO100

というわけでスタンフォード大学のシンボル、フーバータワー。この大学出身で唯一大統領になったフーバーにちなんで命名されたとか。そういえば東海岸の名門ハーバード大学の本屋でハーバードとスタンフォードを比較した(正確にはハーバードがスタンフォードよりいかにすぐれているかを書き連ねた)本を立ち読みしたことがあるが、それによると、「ハーバード大学は20人近いアメリカ大統領を輩出した。スタンフォードはただひとりフーバーを輩出した。そして、そのフーバーはアメリカに大恐慌をもたらした」なんて書いてありましたっけ。あの本買っときゃよかった・・・。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Sonnar180/2.8

  1. 2005/10/22(土) 21:39:06|
  2. アメリカ・カナダ・メキシコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ML 35mm F2.8 リベンジ!


以前、衝動買いしたレンズがくもっていて泣く泣く返品したのは既報のとおり。今回、監視カメラ用というレンズを格安で手に入れた。前回、「安い!」と¥4桁のプライスタグに目がくらんだ額のさらに半分以下である。




絞込みピン保護のためと思われる丸いイボチンがついているために、たしかに普通のカメラには取り付けられない。ご丁寧に「SURVEILLANCE ONLY(監視専用)」なんていうシールまで貼ってある。ただし程度はレンズも外観も極上、ほとんど使われていなかった感じ。しかも監視用レンズとはいえ絞り連動ピンも絞込みピンもちゃんとついている。このイボチンさえ何とかなれば・・・。ねじ込みか、カシメか・・・。

まずはペンチでイボチンをつかんで右ネジを緩める方向に廻してみようとしたら、あら不思議、簡単にもぎ取れてしまった。やったー!さっそくAriaにつけてみる。バッチリ!? ん? ファインダー内の絞り表示がおかしい。開放でF1.4、絞り込んでも二絞りズレたまま。ただし測光は正常で(TTLだから当たり前か)、表示さえ気にならなければ問題ない。個人的には問題な~し! ただし、表示はズレているのでSURVEILLANCE ONLYのシールは戒めの意味(何じゃそりゃ?)も含めて残しておくことにした。




前回同様、52/55リング+CONTAX55mmフィルター+55mm花形フードをつけた。



というわけで、さっそく撮ってみたのがこれ。




CONTAX Aria ML 35mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400
さすがによく写ります。ファインダーを覗いていても、絞り開放からシャープなのがわかります。




CONTAX Aria ML 35mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
絞り開放ですが、破綻のない写りです。




CONTAX Aria ML 35mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
同じところから口径食テスト。周辺はちょっと猫の目のようになります。ま、別にいいですけど。



というわけで、CD1枚分の出費でリベンジできました。みなさんご支援ありがとうございました(笑)。D1.4/35とはまた違った性格の35mmレンズで楽しみたいと思います。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : ML35/2.8

  1. 2005/10/23(日) 23:23:34|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

2005年10月 牛込海岸


先日の日曜日、久しぶりのお天気にML35/2.8を持ち出してパチパチ撮った。ファインダーを覗いていてシャープな感じが気持ちよい。これは港の風情が何となく気に入っている牛込海岸でのショット。



CONTAX Aria ML 35mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400

ここから富士山が見えるとは知らなかった。シャープさが売り物のレンズだが、こういうちょっと柔らかな感じも出せることが分かった。Distagon T* 35mm F1.4の出番が減るかも(笑)。


そういえば1年前にもここで撮ったはず、ということで昔の写真をひっぱり出してきた。




CONTAX RX Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400 2004年11月撮影

色合いが全然違うのはレンズのせいではなく、時間帯の違いによるので念のため。これでもこちらの写真はフォトショップでブルーやグリーンを弱めている。さすがにこのレンズはこういう逆光に強い。


う~む、昨年撮ったときは、水面の青さも再現していて深みがあるなぁ、と気に入ったのだが、今年の写真の方が色が限定されていて、やっぱりこういう方がシンプルで夕暮れの写真らしいかな、と思ってしまった。富士山も見えているし・・・。レンズの差より光線の差の方が写真の出来に影響するということですね(当たり前か・・・汗)。


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : ML35/2.8 Distagon28/2.8

  1. 2005/10/25(火) 01:54:51|
  2. 2005-6かずさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ML 35mm F2.8 リベンジ 続編


使い出すと、ファインダー内の絞り表示がズレているのが気になってきた。今までロクに見ていなかったくせに(汗)。Ariaのデータバックも二絞りズレた値を記録してしまう(当たり前だが)・・・。

これは絞り開放信号ピンがないことによるもので、正常なMLは薄い金属板でできたパーツがついている。カメラやレンズをバラしたことはないが、もともと図画工作は得意科目。とはいえアルミや真鍮板から削りだすのはメンドーなので、何か使えるものはないかとホームセンターの中をウロウロ・・・。

これはどうかな?・・・ステンレスボールチェーン用カップリングφ2.3(何やそれ?)というシロモノ。1個9円也。






こいつを曲げ延ばしてピンの代わりに・・・。オリジナル同様、2つのネジで固定し、長穴を利用して位置を微調整し、絞り開放の表示がF2.8になるようにして、っと・・・。





見てくれは悪いですが、とりあえず絞り開放値が伝達され、ファインダー内の絞り表示は正常に。晴れてSURVEILLANCE ONLYのシールもはがすことにしました(笑)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2005/10/26(水) 00:11:27|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

フィルムスキャナーの使い方(4) ネガAE


コニカミノルタのエリート5400II、実に高性能なフィルムスキャナーで読み込みソフトの多機能さ・使いやすさとあいまって大いに気に入っているのだが、実は導入当初から困った問題に直面していた。


それは・・・




この例のように淡い色のネガをスキャンすると中央1/3が紫色に変色してしまうのである。ネガによっては上下1/3の方が茶色っぽく変色して見えるときもある。いずれにせよこの色ムラは淡い色の時しか起きず、ネガのカールの影響か、とか色々疑ってみたがわからず、不良品かもしれないと思ってお客様フォトサポートセンターにサンプル画像とともに本体を送って見てもらったが、機能・性能に異常はない、とのこと。ただし、「フィルムの撮影シーンや露出状態によってスキャン時のAE(露出補正等)量が大き過ぎた場合等には目立ち易くなります」とのコメントが返ってきた。

AE? ああそうか、ネガAEのAutoとManualの設定があったっけ。そこでManualでスキャンしてみた。




すると、ごらんのように真っ青な画像。たしかにムラはほとんんどなくなっているように見えるが、ここからPhotoshopで色補正してまともにするのはえらくしんどい。スキャン時のManual設定でAutoと同じような明るさ&色合いにしようとすればAutoと同じような色ムラが出てしまうので(当たり前か)意味がない。
結局、Autoでスキャンして、あとから明るさ補正を使ってムラになっている部分が明るい部分または暗い部分といっしょになるまで補正したり、色補正で他の部分と同じ色にしたあと、全体バランスを整え直す方法で逃げている。Manualでマスター補正(明るさだけ補正)してから色バランスを取るとうまくいくときもある。どなたか同様の経験をされた方はおられないでしょうか。さらにはその効果的な対処法をご教示いただけないでしょうか。個人的にはまだ本体の機能不良を疑っているのですが・・・。


CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
これはManualで明るさだけ補正して読み込んだあとPhotoshopで明るさ・コントラスト・色補正をしまくったもの。もう一度同じことをやれと言われてもできません(爆)。


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Tele-Tessar300/4

  1. 2005/10/28(金) 02:17:53|
  2. スキャン&レタッチの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

2005年1月 きぬたくん


木更津のシンボルと言えば「たぬき」。
なぜかと言うと、しょ、しょ、しょじょじ、しょじょじの庭は・・・で有名な証城寺って木更津にあるんです。

そこで「日本一のたぬきの像」を作ろう、といって木更津駅前にできたのがこれ。



Leitz Minolta CL M-Rokkor 28mm F2.8 SUPERIA Venus 400

逆立ちしているので「きぬたくん」と呼ばれております(安易・・・)。


で、その証城寺の写真は? って聞かないでください。ロクな写真がありませんでした。代りに木更津市特製マンホールの蓋でご勘弁!


Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 REALA ACE 100


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor28/2.8 M-Rokkor90/4

  1. 2005/10/29(土) 23:53:15|
  2. 2005-6かずさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Makro-Planar T* 100mm F2.8 AEG



いやぁ、やってしまった! こんなマニアックなものに手を出してしまった。18mmから300mmまで一通りそろったところで、「あとはマクロかな」と漠然と思っていたのだが、Y/Cマウントには色々なマクロがあり、「たまに花を撮るだけだろ」と言い聞かせて遠ざけていた。

ご承知のようにコンタックスブランドのマクロには、60mmと100mmがあり、60mmは大きく分けてデブのオリジナルタイプと末尾にCがついたスリムなやつの二通りある。

デブはAEタイプのみだが、最初は西ドイツ製でS-Planar T* 60mm F2.8と呼ばれていた。この時代には細かい違いで3種類のバージョンがある。のちに日本製となり、Makro-Planar T* 60mm F2.8に改名。
さらに同じ光学系を使って最大接写倍率を等倍→1/2倍までに割り切ることで半分の重量にしたのが、スリムなMakro-Planar T* 60mm F2.8C。これは日本製MMタイプのみである。

そして問題の100mmは、最初ベローズ専用の100mm F4があったが、のちに新設計の光学系を備えた100mm F2.8のマクロレンズになった。1986年ごろ発売され、AEタイプのみである。このMakro-Planar T* 100mm F2.8の評判はすこぶるよく、曰く、「ものすごい立体感」「とろけるようなボケ味」「接写から無限遠まで無敵の万能中望遠」「コンタックスレンズで1本だけ選べと言われればこれ」などと過剰とも思われる賛辞が必ず添えられている。最初の3年間ぐらいは西ドイツ製でその後日本製となるが、西ドイツ製時代もS-Planarと呼ばずに最初からMakro-Planarであった。元々高価な特殊目的レンズなので中古の玉数も少なく、特に西ドイツ製となるとめったに見かけない。

ところが・・・

無防備なときにボケっと中古カメラ屋を覗いたのがいけなかった。なんとSP2.8/60、MP2.8/60C、MP2.8/100というおいしい3本が仲良く並んでいるではないか! しかもよく見るとMP2.8/100は西ドイツ製!!! なぜかいずれも魅力的なお値段で並んでいる。
一応3本とも見せてもらう。SP2.8/60が希少な初期型だったら逝ってしまったかもしれないが(その方が被害は少なかった)、幸か不幸か後期型。よし、せっかくデブの60にするなら初期型が欲しいからこれはやめておこう。MP2.8/60Cは程度極上、コンパクトで持ち歩きが楽そうだな、とあらためて思いながらも、マクロにMMの必要はないよな、という屁理屈でこれも踏みとどまった。

ならばMP2.8/100よ、おまえに不具合があって思いとどまらせてくれ・・・。

手にとってじっくり眺めてみる。外観はそこそこ使い込んでいる。なるほど、だから安いのだな、おそらくレンズにもダメージがあるに違いない。これでレンズがちょっとくもってりゃ平和な生活に戻れる。 ん? なんでレンズがめちゃきれいなの? 埃がやたら少ない。ヘリコイドも適度な重さで最短距離までスムーズ。絞り値も正確に伝達している。これは使い込んでいるものの一度OHをしている個体に違いない。
お店のボディを借りて(おやじ、RTS IIIなんて出してくるなよ、ゼータクな気分になるだろ!)覗いてみる。いい眺めだぁぁぁ! う~む、外観のスレなどを気にしなきゃ超お買い得だわ。委託販売品なので売り手が意図的にかなり安めに値付けしたとしか思えない。この値段じゃ3日以内に売れてしまうことは確実(という思い込みでいつもやられる)。

ふと我に返ったときにはMP2.8/100AEGをお買い上げ済み(汗)。

・・・ま、まぁ、冬のボーナス先取りということで・・・(大汗)。

前置きがとても長くてすみませんでした(どうしても言いたくなる)。
ああ、こんなファーストクラスを使いこなせるのだろうか・・・。西ドイツ製というところはただの自己満足だとしても、なんせ銘玉MP2.8/100。写りが悪かったときにレンズのせいにはできんよなぁ・・・と思いながら試写した記念すべき1枚目はこれ。



CONTAX Aria Makro-Planar T* 100mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400

さすが評判が高いだけのことはあります。ピントが合ったところは極めてシャープ、そしてそれ以外のところは柔らかいボケとなり、何ともきれいな絵に・・・。ファインダーを覗くとそれはそれは美しい画像を拝むことができます。ただ100mmでF2.8というのはやはり被写界深度が浅いですね。茎にしかピントが合っていなくて絵としてはイマイチ・・・(汗)。




CONTAX Aria Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400

ピンボケが怖くてすぐ絞ってしまう悪い癖。F5.6の作例です。ただし、これでもごく一部にしかピントが来ていないのですから、ピント合わせのウデはかなり要求されると言えましょう。それにしても風で揺れて撮りにくいこと・・・(汗)。




CONTAX RX Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100

こういう写真を撮ってみたかったのよね、というのがこれ。この手の写真をいとも簡単に撮れるところはさすがレンズの力です。



やはり期待通りのすごいレンズでした。重さが740グラムもあり、S2.8/180(810グラム)並ということになります。カメラを構えているときはたいしたことないのですが、バッグに入れて運んでいるときはこたえます・・・。なぁにレンズの重さに文句を言うようではコンタックスは使えませんよね!



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Makro-Planar100/2.8

  1. 2005/10/30(日) 18:28:52|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

2005年10月 ハロウィーン


Leitz Minolta CL Summicron 50mm F2 F4 1/60 SUPERIA Venus 400

毎年10月31日はハロウィーン。
ハロウィーンといえば、かぼちゃ。かぼちゃをおばけの顔形にくりぬき、内側にキャンドルを置くと、"Jack-o'-lantern"(カボチャ提灯)のできあがり。子供のころ扮装して近所のドアをノックし、"Trick or treat"=「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」と声をかけてまわったのが懐かしい・・・



・・・なんて人います???

いつから日本でハロウィーンがポピュラーになったのか知りませんが、少なくとも自分が子供のころにはなかった気がします。

商魂たくましいよなぁ・・・(笑)


Tag : Summicron-M50/2(3rd)

  1. 2005/10/31(月) 00:58:30|
  2. 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター