うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

祝!阪神優勝!

って、もう4日もたっていますが・・・(笑)。

私の職場は男4人+女1人のこじんまりとした所帯なのですが、最近分かったことは、私以外の男どもがみんなコテコテの阪神ファンだということ。
どうりでしまりのない職場だと思った・・・(すみません、単なる私の偏見です)。
8月ごろ「9月30日、皆で神宮行きましょうや! Xデーになりまっせ!!」ってなことで抽選に応募しまくり5人分の内野席を確保していたのですが、あれよあれよという間にマジックが減り(少しは足踏みせんかい!怒)、29日はみんな残業中(本当は仕事していない・・・)インターネットを見ながら、「いけ!いけ!・・・いくな!?」とわけわからん応援をする始末。

結局、優勝翌日の消化試合を見に行くはめに・・・。

まあ私はどこのファンというわけでもなし、しまりのない試合ながらも序盤で阪神がリードしたりして結構楽しめました。
ごひいきの選手のハッピを着たタイガースファンが一塁側にもいっぱいいて、関西弁のヤジが飛び交い、おとなしいヤクルトファンの子供たちがかわいそうでした。中には背番号5 Shinjoなんてハッピを着た人がいてバカウケでしたが・・・。




Leitz Minolta CL Summicron 50mm F2 F2.8 1/60 SUPERIA Venus 400

写真はこの週末のとあるスーパーの阪神優勝記念セール。
このスーパーと阪神と何の関係があるのか知りませんが、いろいろと優勝記念割引で安く手に入れゴリヤクにあずかったのでした。

というわけで、祝!阪神優勝!




テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Summicron-M50/2(3rd)

  1. 2005/10/03(月) 23:39:26|
  2. 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2005年10月 富津岬

風が強かったので、300mmの練習を兼ねてウインドサーフィンでも撮ろうかと思い、富津岬へ。





CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F8 AE SUPERIA Venus 400
ところが、遠くで何かへんなのがうようよ・・・





CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F8 AE SUPERIA Venus 400
カイトサーフィンと言うのだそうな。日本語なら凧波乗り?





CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
なかなか気持ちよさそうです。





CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
マリーンスポーツはやはり晴天の方が似合うので、もう少し天気のいい日に再トライしたいところです。



300mmもだんだん慣れてきました。ホールドしやすいので手持ちでもブレにくいと思います。ただし、強風の中で30分ぐらい撮っていたら、潮風でカメラもレンズもベトベトになってしまいました。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar85/1.4 Tele-Tessar300/4

  1. 2005/10/09(日) 00:13:09|
  2. 2005-6かずさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フィルムスキャナーの使い方(1)


フィルムスキャナーを使い始めて2ヶ月あまり。まだまだ初心者なのですが、スキャナーを使っていて、「あれれ?何これ??」と感じたあたりをときどき記事にしてみようと思います。これを読んだからといって「基本がマスターできます!」という記事ではないので念のため。デジカメのレタッチと基本的には同じなので、そういうご希望の方はP_chanさんの【匠のデジタル工房・玄人専科】CG・レタッチ編をご覧ください。
また、使っている機材がKONICA MINOLTA DIMAGE Scan Elite 5400 II(長い名前だ)なので、それ固有の機能が出てきてしまうところもご了承ください。他のスキャナーのときどうなるか、というのは使ったことがないのでわかりません!

まずは画素数をいくらにしようか、という話題。
1.5:1の比率が好きなので、デフォルト設定の600x404という画素数でスキャンしていたのですが、P_chanさんの記事を参考に、576x384を常用することにしました。できるだけ大きい方が迫力があっていいかな、と思うのですが、キリのいい数字の720x480はサムネイルなしではちょっと大きすぎるかな、と思います。また、どーでもいい写真のときは(全部そうだろ、って突っ込まないで・・・グスン)、480x320も併用することにしました。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2005/10/10(月) 20:00:51|
  2. スキャン&レタッチの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

フィルムスキャナーの使い方(2) デジタルICE


もともとフィルムスキャナーを買おうと思ったのは、コニミノのデュアルIVがリーズナブルなお値段で出ていたから。性能もよさそうだしこれで決まり、と思っていたのですが、購入直前になって、その上位機種のエリート5400 IIについているデジタルICEクワッドという機能が優れもの、特にデジタルICEという埃・傷除去機能は抜群、という評判を聞き、困ってしまいました。5400dpiなんかいらないし、そもそもお値段が倍・・・。結局、ヘタッピは機材のよさに頼るべし、というY/Cレンズ愛用の精神を思い出し、エリート5400 IIをお買い上げ(笑)。

さてその埃・傷除去機能のデジタルICEですが、たしかにこれは優れものです。古いネガは埃や傷、カビや汚れが結構あり、カビや汚れの場合は水でゴシゴシ洗って防湿庫の中で乾燥させれば何とかなりますがめんどーですし、埃はブロアーで飛ばしてもなかなか落ちないし(スプレー式の強力エアークリーナーがいいらしいですが)、傷はあとからレタッチするしかありません。しかしいずれの場合も、あまり程度がひどくなければ何もせずにこのICEをonにするだけで何とかなってしまいます。


たとえば・・・



ICE off




ICE on


まあこれは最近撮った写真で傷みはあまりないので、これぐらいは朝飯前という感じです。Photshopで修正していけばいいのですから必須ではないかもしれませんが、簡単に埃や傷が消えてなくなるのは便利です。



ところが・・・



ICE off




ICE on


こういう斜め線の多い画像は、ICE onによりギザギザが目立ってしまいます。どんなアルゴリズムなのかよくわかりませんが、常時onとするのではなく、写っているものの形やフィルムの状態によってon/off選択する必要がありそうです。


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2005/10/11(火) 00:40:52|
  2. スキャン&レタッチの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

退院


RXとゾナー180mmF2.8がオーバーホールから帰ってきた。
何で40日もかかったんだよぉ、と一言文句も言いたくなったが、コンタックスブランドがなくなってしまっても律儀で丁寧な応対をしてくださる窓口の方に野暮なことは言うまい、と思い直し、黙って仕上がりをチェックして支払いを済まし、引き取ってきた。

けっして安くはなかったが、オーバーホールの効果は絶大だった。




まずRX。
シャッターや絞込みは予想したほど静かにならなかったものの、「カシャ!」とやたら硬質で歯切れのいい音になった。そして、外観は各部の埃・汚れがメチャきれいになって自分がつけたスリ傷だけが目立つ状態。





さらに180mmはすごい。
こんなに内蔵フードがしっかりした固さになるなんて新品以上である。レンズを立てて置いてもフードがずり落ちてくる気配さえない。そして、レンズは埃・くもりがなくなってピカピカ状態。後玉表面に昔つけてしまったスレだけがえらく目立つ。まあ写りに影響が出るレベルとは思えないのでよしとしよう。



ああ、やっぱりメンテナンスはきちんとお金をかけてするもんだなぁ、とあらためて思ったのでした。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2005/10/15(土) 14:40:03|
  2. メンテの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィルムスキャナーの使い方(3) デジタルGEM


フィルムスキャナーについているデジタルICEクワッド機能のひとつ、粒状性軽減機能というやつですが、これは古い高感度フィルムなどをスキャンするときに便利です。




GEM off             1987年8月カナダにて FUJI ISO400




GEM on(50%)    

程度も調整することができ、デフォルトの50%でそこそこ満足する結果が得られます。



ただし・・・




GEM off             1986年12月カリフォルニアにて FUJI ISO400




GEM on(50%)




GEM on(100%)

このようにソフトフォーカスっぽくなってしまう時があります。アンシャープマスクなどを使ってシャープネスを回復させればよいのですが、このGEMもICEと同様、常時onではなく、粒状性が目立つ場合に限って使うべき機能と感じました。逆にポートレートでこの機能を活用してソフトフォーカスっぽくすることも可能なのでは、とも思います(その作例はないのだ・・・グスン)。



  1. 2005/10/16(日) 00:03:47|
  2. スキャン&レタッチの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2005年10月 富津岬Part2


富津岬の定番、ウインドサーフィンとジェットスキー。毎週、週末の天気はもうひとつですが、天気がイマイチな中でも、みなさん気持ちよさそうに楽しんでいます。

こちらは単に300mmの練習をしているだけですが(爆)。





CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400





CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400





CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Tele-Tessar300/4

  1. 2005/10/17(月) 22:10:54|
  2. 2005-6かずさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1987年8月 サンフランシスコ


たまには昔の写真にお付き合いを。


CONTAX RTS Planar T* 50mm F1.4 Kodak ISO100

アメリカ西海岸といえばサンフランシスコ、サンフランシスコといえば、このゴールデン・ゲート・ブリッジ。大恐慌時のニューデール政策の一つとして、1933年から37年の4年間をかけて3千5百万ドルで建設。年間1000万人以上の観光客が訪れ、交通量は4200万台/年に上るそうな。この当時すでに50年、今となっては70年も持ちこたえていることになる。それだけにしょっちゅう塗装補修工事をしており、景気がいいときも悪いときもそれなりに予算を工面して維持してきたアメリカのシンボルのひとつといえよう。

このころ北九州のおばさんが訪ねてきてくれたのだが、第一声、「おぉ、若戸大橋によー似ちょる!」
ん!? あまりにいさぎよいコメントに、それは逆だろ、っと、つっこめず・・・(爆)。



Tag : Planar50/1.4

  1. 2005/10/18(火) 00:25:45|
  2. アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1986年12月 17マイルドライブ


サンフランシスコから南へ2~3時間ドライブしたところに、モントレーという素敵な港町とカーメルという芸術家の集まるおしゃれな町(一時クリント・イーストウッドが市長をつとめていたことでも有名)がある。そのモントレーとカーメルの間の海岸線は、17マイルドライブといって、全米屈指の美しい海岸線として有名な観光スポットである。途中には全米オープンを10年に一度開催するセレブなゴルフコース、ぺブルビーチ・ゴルフリンクスなどもあって日本人観光客にもおなじみ。そして、ここのハイライトのひとつがこのローン・サイプレスである。さしずめ「一本松」という感じだが、サイプレスというのは「小杉」なんだそうである。



CONTAX RTS たぶんPlanar T* 50mm F1.4 Kodak ISO100

日帰りドライブコースとして手ごろだったので何度か行ったが、正直、「こんなの日本だったら当たり前の風景じゃん」と思った。たしかにアメリカにはナイアガラの滝やグランドキャニオンのような日本にない豪快な風景もあるが、アメリカではこういう海岸線がめずらしいこと、モントレー水族館が全米でも数少ない水族館のひとつであること、などをかんがみるに、水族館やこの程度の美しい海岸線なんて日本中どこにでもあるじゃないか!と思ったわけである。

このころ欧米の各地を訪れるチャンスに恵まれ、得られた結論は、北海道から沖縄まで色々な風景を楽しむことができて、京都・奈良をはじめ様々な歴史に触れられる日本という国は、四季折々の自然の豊かさ・バラエティと歴史の重みを併せ持つ世界の中でもたぐいまれな国ということだった。ぼくらは日本という国の色々なすばらしさをもっと素直に誇っていいのでは、と思う。工業製品の優秀さや「カイゼン活動」に代表される生産性の高さがことさら強調されてきたのは、結局、国のよさをアメリカのものさしだけで説明しようと腐心してきた敗戦国の屈折した論理のような気がしてならない。

私は国粋主義者ではないが、こういう風景やJuly 4thにマンハッタンのダウンタウンで花火を盛大に打ち上げて「自分の国を素直に愛でる」光景を目の当たりにしたりすると、君が代を卒業式で歌うかどうかですらもめる日本という国は、何か自分の国を誇りに思うことに躊躇しているようで、ちょっと歯がゆい気持ちがしたのである。


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4

  1. 2005/10/19(水) 01:50:51|
  2. アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

1986年12月 17マイルドライブ Part2


なんだ、アメリカの有名な観光地っていったってたいしたことないじゃん、というのが前回のお話。

そうはいっても夕陽の美しさは万国共通、という写真がこれ。



CONTAX RTS Planar T* 85mm F1.4 Kodak ISO100


まぁ、あんまり難しいことを考えずに景色を楽しみましょうということですね。



Tag : Planar85/1.4

  1. 2005/10/19(水) 02:10:37|
  2. アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター