うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

焦点距離と絞りの表記


Y/Cマウントのツァイスレンズは、P1.4/50などと絞りを先に焦点距離を後に表記するのが正しい、と言われている。本当だろうか?そしてその根拠はどこになるのだろうか?

まずカタログ。
これは、プラナーT*50mmF1.4という風に焦点距離が先である。



次にコンタックスクラブの機関紙「DO」。
プラナーをP、ディスタゴンをDなどと頭文字表記しているが、相変わらずP-T*50mmF1.4というように焦点距離が先の表記である。




それでは箱はどうか。
これはプラナー135mmF2の箱だが、やはり焦点距離が先である。




しからば、どこから「絞りが先」というルールが生まれたのであろうか・・??


これはどうもレンズの前面に書かれた表記によるものらしい。



たしかにここでは絞りが先、焦点距離が後である。これはレンジファインダー時代のツァイスのレンズでも同様のようである。

つまり、レンズ前面の表示「絞りが先、焦点距離が後」に従えば、絞りが先が正しいということになるのであるが、カタログ等オフィシャルなドキュメントでは焦点距離が先、絞りが後なのであるから、一概にツァイスのレンズは絞りを先に表記するのが「正しい」とは言えないと思う。

ま、どっちでもいいのだが、「順番が違う!」といって目くじら立てるのが一番愚である。私はしばらく理由がわからないままP1.4/50などと略号のときは絞りを先に、プラナー50mmF1.4などとフルネームのときは焦点距離を先に表記していたが、これも間違いで、レンズ前面の表記に従えばフルネームでも絞りが先、機関紙の表記に従えば略号でも焦点距離が先ということになる。

ただレンズ前面の表記通りにするならT*は最後に来るのか?という疑問も残る。Planar 1.4/50 T* という表記はちょっと変かな、と思う。まあ好みの問題かな、と割り切って、今後は全て焦点距離を先に表記することにしたい。その方がカタログなどと一致してしっくりくるので・・・って、つまりレンズの現物よりもカタログの方が見慣れてるカタログマニアの悲しいサガだったりして・・(爆)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/01(水) 01:00:00|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

節分祭


2月2日から4日まで出張で不在なので一日早いが節分のお話。2月3日は節分。豆まきの日である。地元の神社でも節分祭というのが行われるらしい。


CONTAX Aria Distagon T* 25mm F2.8 F8 AE CENTURIA SUPER 400



何でも年男、年女は、この日に豆をまくとご利益があるらしい(ほんとか?)。


CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE CENTURIA SUPER 400



たくさん吊り下げられた絵馬にやわらかな光があたっていた。


CONTAX RX Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE CENTURIA SUPER 400


ま、ご利益があれば絵馬でも豆まきでも何でもいいですわな・・(笑)。


テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Distagon35/1.4 Distagon25/2.8

  1. 2006/02/02(木) 00:37:21|
  2. 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

べからず集 Makro-Planar T* 100mm F2.8 AEG 編


このレンズにケチをつけるのはバチあたりというものだが、ウデが悪ければ写りも悪くなる(当たり前か)。ウデが悪ければこういうことになる、という作例をいくつか。


まずは逆光に対する弱さ。


CONTAX RX Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
ディスタゴン35mmF1.4同様、画面に太陽が入る前にこうなってしまう。ファインダーで明らかにわかるレベルなので構図に注意すればいいだけのことだが、少なくともオールマイティなレンズではない。


次はボケ味。


CONTAX RX Makro-Planar T* 100mm F2.8 F11 AE SUPERIA Venus 400
ボケ味にかけては定評があるというか、ケチをつけているコメントは見たことがないが、絞りと背景の関係によってはこれくらい汚くなることもある。絞り込まないと全くわからないので絞り開放のファインダー像を見て安心していると、たまにこういうふうに足下をすくわれることがあるので要注意。


これはこのレンズ特有の問題というわけではないが・・・


CONTAX RX Makro-Planar T* 100mm F2.8 F2.8 AE REALA ACE 100
絞り開放で等倍撮影。こうなるとピントの合う範囲は極めて狭い。これを生かした作画をするのは至難の技。この例でいえば、もう少し絞り込んだ方が絵になったと思う。マクロプラナー=ボケ味=絞り開放、と、短絡的になるべきではないということである。

それにしても、この「銘玉にケチをつける」捨て身企画、ウデの悪さをあらためて自覚してメゲてくるので、とりあえずおしまいにしたい。他のレンズでは前評判とあまり違う印象を持っていないことだし・・・。

とかいいながら、この手の作例がどんどんたまってきたりして・・(汗)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Makro-Planar100/2.8

  1. 2006/02/05(日) 00:52:27|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京都 祇園(1)


出張の帰りに京都の祇園に寄ってみた。今まで京都へ何度か行ったことはあるが、祇園は初めてである。京都-祇園-舞妓はん、という固定観念からか、祇園というと何か古風な日本の伝統をイメージしてしまう。実際は、ごく一部の景観保護区を除いてただの飲み屋街だよ、と言われたが、とりあえず行ってみた。今回は初めて訪ねる場所なので、奇をてらわず、絵葉書写真でも撮れればよしとしよう、と思っていたが、結局、絵葉書写真ほど綺麗な写真は撮れず、まあ、ウロウロしながら目に留まったものを肩肘はらずに撮ってきた。

JR京都駅のコインロッカーに荷物を預け、地下鉄で京阪三条へ行ってみると、なんと雪!


Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F8 AE SUPERIA Venus 400

しまった!コインロッカーへ入れた荷物の中に折り畳み傘が入っていたが手遅れ・・(汗)。まあ何とかじきに雪もやんで晴れ間が出てきたので撮影開始である。

新橋通り、白川南通りに巽橋といった定番にまず行ってみた。う~ん、これが祇園のイメージである。


Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400


(つづく)

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor28/2.8 M-Rokkor40/2 M-Rokkor90/4

  1. 2006/02/06(月) 00:26:37|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

京都 祇園(2)


巽橋付近を離れ、ウロチョロしてみると、スナックがひしめき合う雑居ビルがいっぱいあったりして、たしかに事前のイメージとはだいぶ違った。
ここ花見小路も南のはずれにはJRAの場外馬券売り場があったりする。そういう光景を撮って伝統的な街並み保存を訴えるのもひとつの手だが、どうしてもシャッターを押すことができなかった。何か自分の中で京都-祇園というのが美化されていて、それに反する場面では写欲がわかないのである。


Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400



紅殻格子に駒寄せの柵、二階は簾を下げたお座敷、という固定観念に合致する光景をパチパチ撮って自己満足に浸るのであった。


Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400



おなかがすいてきたのでちょっとおしゃれなお店へ。


Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400



二階へどうぞ、と言われ、てっきりお座敷かと思いきや、おしゃれな椅子席の空間だった。たいしたセンスである。


Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400


「本日のまかない」という格安メニューを注文した。鯛をのせた麺につけ鮪の丼。とても得した気分。


Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F8 AE SUPERIA Venus 400



(つづく)

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor28/2.8 M-Rokkor40/2 M-Rokkor90/4

  1. 2006/02/07(火) 01:49:08|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京都 祇園(3)


ガイドブックを見ると、祇園をウロウロしていればお稽古帰りの舞妓はんや芸妓はんに出くわすかも、などと書いてあるが、そんなにうまいことはいくまい、と思っていた。そもそも観光客に舞妓さんの格好をさせて記念撮影する商売も盛んとのことだから、街中で見かける舞妓さんはほとんど観光客が扮装したものという説もあるくらいである。

ところが、どう考えても本物の舞妓さんとおぼしき方に出くわした。なぜ本物と思ったかというと、とにかく歩くのが速いのである。寒いからか、はたまたお稽古の時間に遅刻しないよう急いでいるのか、いずれにせよ着物を着ておぼこを履いてシロウトがあんなに速く歩けるはずがない。立ち止まってカメラを構えただけで、あっというまに視界から消えてしまうのである。肖像権の問題があってアップできないが(ごめんなさい)、帰ってきてネットで色々調べて見ると、祇園ではアマチュアカメラマンの傍若無人なスナップ撮影の態度がずいぶん問題視されているようである。早歩きだったのは写真を撮られるのがいやだったからかもしれない・・(汗)。次回から見かけてもカメラを向けるのはやめよう、と誓ったのであった(遅い!)。

舞妓はん以外にも、着物を着たステキな女性を何人も見かけた。やはりここは京都なのである。


Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
シャッターチャンスが悪くてすみません・・(汗)。慌てちゃうんですよねぇ・・。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400
ノーファインダー撮影。襟足を直しているように見えるが、実は携帯でお話中・・(爆)。




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400
「美粧院」って古風な呼び方ですなぁ。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400



(おしまい)

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor28/2.8 M-Rokkor90/4

  1. 2006/02/08(水) 01:03:41|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

京都 祇園 番外編(1)


番外編というと何かすごくおもしろいものが登場しそうだが、そんなことはない(爆)。祇園の白川でごいさぎ?に出くわしただけである。随分近くから撮ったのだが全然逃げない。


Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor90/4

  1. 2006/02/09(木) 00:38:27|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

京都 祇園 番外編(2)


匠さんのブログで紹介していた「動く招き猫」にトライしてみた。いっぱいまで絞って適正露出が約1/30秒だったのでそのまま撮ってみたが、もう少しシャッタースピードを遅くすべきだったか・・(汗)。ま、私のウデではこれくらいが90mmの手持ちでまあまあブレない限界なのでよしとしよう・・(笑)。


Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F22 AE(約1/30秒) SUPERIA Venus 400



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor90/4

  1. 2006/02/10(金) 00:29:02|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

京都 建仁寺


花見小路の南の外れに日本最古の禅寺、建仁寺がある。冬季限定特別展示などもやっていたがそちらには目もくれず(笑)、歴史の重みを感じさせる建物にカメラを向けた。


Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400

二段になっている屋根の位置関係がきれい揃うところから撮るべきだった・・(汗)。




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400

それにしても、こういう被写体に向き合うと、俄然、絵葉書構図ばかりになってしまう・・(涙)。


Tag : M-Rokkor28/2.8

  1. 2006/02/11(土) 00:50:36|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

京都 八坂神社


さすが立派なお社である。やはりスケールが違う、って当たり前か・・(笑)。


Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400




Minolta CLE M-Rokkor 28mm F2.8 F8 AE SUPERIA Venus 400

消防団の人たちがお参りをしていた。手を合わせた後、「よっしゃっ!」と威勢のいい声をあげていたのが印象的だった。お参りをするというのは神様に何かお願いをするのではなく、ほんとは神様の前で誓うことなのだと、むかし誰かから言われたことを思い出した。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : M-Rokkor28/2.8 M-Rokkor90/4

  1. 2006/02/12(日) 00:24:57|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター