FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

焦点距離と絞りの表記


Y/Cマウントのツァイスレンズは、P1.4/50などと絞りを先に焦点距離を後に表記するのが正しい、と言われている。本当だろうか?そしてその根拠はどこになるのだろうか?

まずカタログ。
これは、プラナーT*50mmF1.4という風に焦点距離が先である。



次にコンタックスクラブの機関紙「DO」。
プラナーをP、ディスタゴンをDなどと頭文字表記しているが、相変わらずP-T*50mmF1.4というように焦点距離が先の表記である。




それでは箱はどうか。
これはプラナー135mmF2の箱だが、やはり焦点距離が先である。




しからば、どこから「絞りが先」というルールが生まれたのであろうか・・??


これはどうもレンズの前面に書かれた表記によるものらしい。



たしかにここでは絞りが先、焦点距離が後である。これはレンジファインダー時代のツァイスのレンズでも同様のようである。

つまり、レンズ前面の表示「絞りが先、焦点距離が後」に従えば、絞りが先が正しいということになるのであるが、カタログ等オフィシャルなドキュメントでは焦点距離が先、絞りが後なのであるから、一概にツァイスのレンズは絞りを先に表記するのが「正しい」とは言えないと思う。

ま、どっちでもいいのだが、「順番が違う!」といって目くじら立てるのが一番愚である。私はしばらく理由がわからないままP1.4/50などと略号のときは絞りを先に、プラナー50mmF1.4などとフルネームのときは焦点距離を先に表記していたが、これも間違いで、レンズ前面の表記に従えばフルネームでも絞りが先、機関紙の表記に従えば略号でも焦点距離が先ということになる。

ただレンズ前面の表記通りにするならT*は最後に来るのか?という疑問も残る。Planar 1.4/50 T* という表記はちょっと変かな、と思う。まあ好みの問題かな、と割り切って、今後は全て焦点距離を先に表記することにしたい。その方がカタログなどと一致してしっくりくるので・・・って、つまりレンズの現物よりもカタログの方が見慣れてるカタログマニアの悲しいサガだったりして・・(爆)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/01(水) 01:00:00|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター