FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

CONTAX RTS II (1)


1982年から1989年にかけて製造・販売されたコンタックス全盛時代のフラグシップ機である。コンタックス史上最高の倍率0.87倍、視野率97%を誇る明るいファインダーを持ち、初代RTSの秀逸なポルシェデザインとほとんど同じ外観ながら内部機構は20箇所以上の改良を加えて信頼性向上を図り、TTLストロボや像面光量保存AEロック等、実用的な機能アップとあいまって愛好者がたたない。

今回、クラシックコンサートの写真を頼まれたのを機会にシャッター音の静かな手巻きコンタックスを物色したときも、「やはりRTS IIにトドメを刺すなぁ」と思ったのであった。手巻きボディは、RTS、139、RTS II、159MM、S2、S2bとあるが、RTSはTTLストロボではないことでNG。159MMはシャッターマグネットという弁慶の泣き所がありNG。S2、S2bは機械式ゆえ人気が高く高価なのでNG。となると139かRTS IIということになるが、139は1/1000までしかないこと、どうせならかつてのフラグシップ機を使ってみたいということでRTS IIを探すこととなった。




委託販売で格安品を見つけ、モルトはちょっとやばそうだが外観は結構きれいなのでゲット。さすが手に取ると高級カメラはかくあるべし、という質感にあふれている。大きさも今のRXと比べると格段に小さく、735gと結構重いのだが、ホールディングのよさもあいまってあまり重たく感じない。やはりファインダーのよさは格別でピント合わせは非常にやりやすい。RXと比べると格段の差がある。また、ストローク0.7mmの独特のシャッターは素早く撮るのに非常に効果的で、「そういやRTSはこうだったよな」と昔の感触を思いだし、やはりコンタックスのシャッターはこれでなきゃ、と大いに感激したのであった。


左がRTS II、右がRX

ところが・・・


<<続きを読む>>

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2006/02/19(日) 14:11:08|
  2. カメラの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター