FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

ポルトガル テーマ編 (20)分別回収


やはりどこの国でも環境問題は避けて通れないんだな、とゴミ箱を見て思った。


CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F4 SUPERIA Venus 400
リスボンのホテルの部屋にあったゴミ箱。

青:紙
緑:ガラス
黄:プラスチック・金属
赤:生ゴミ
と分別しているようだ。



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F8 SUPERIA Venus 400
高速道路のサービスエリアにて。



CONTAX Aria Distagon T* 25mm F2.8 F8 SUPERIA Venus 400
ポルト市内にて。こういうどうでもいい被写体に限ってよく撮れていたりして・・(汗)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon25/2.8

  1. 2006/06/09(金) 01:07:43|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ポルトガル テーマ編 (21)アズレージョ


アズレージョとは絵を書いたりした装飾タイルのこと。ポルトガル特有の装飾で、ありとあらゆるところに使われている。


CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 SUPERIA Venus 400
宗教画が多いが、町の歴史を綴ったものなどもある。



CONTAX RTS II Distagon T* 25mm F2.8 F4 AE REALA ACE 100
教会の壁。



CONTAX Aria Distagon T* 25mm F2.8 F5.6 SUPERIA Venus 400
駅の構内。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 SUPERIA Venus 400
民家の壁。

非常に生活に根ざしていることがうかがわれる。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Distagon35/1.4 Distagon25/2.8

  1. 2006/06/10(土) 00:00:56|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

復活!


オーバーホールに出していたレンズが出来上がってきた。厳密にはAEタイプは保守サービス完了なのだが、受け付けてもらえた。





【プラナー85mmF1.4】
ポルトガル旅行中に妙にピントリングが軽くなってグリス抜けの症状が出てきたのでOHへ。
18年前に中古で購入して以来ノーメンテだったので、ま、いいかな、と。
結局通常の分解、レンズクリーニング、MTF調整といったOH標準作業以外に、
・絞りリングのゴムバンド交換(たしかにベトベトしてきていた)
・ヘリコイド、絞り作動調整
・バヨネット交換
を施して帰ってきた。


ちなみにY/Cマウントのバヨネット部は3種類ある。



AE時代に標準だった黒マウント。使っているうちに磨耗してきてガタも出だす。




おそらくAEからMMになったころに採用された銀縁マウント。
一見黒マウントの縁を銀色にしただけだが、耐久性は向上しているようだ。今回のプラナーは黒マウントで結構磨耗していたので、このタイプに交換された。黒マウントのパーツが払底しているから、とのことだが、オリジナルにこだわらなければ改良修繕といえよう。したがって、AEタイプの中古レンズでこのタイプにマウント交換されているものは、OHを受けている可能性がある。手持ちレンズでは中古で購入したD35/1.4がこのタイプのマウントになっている。




一部の重量級レンズに採用されている銀マウント。
手持ちレンズではMP100/2.8とかS180/2.8、TT300/4が該当する。


【ディスタゴン18mmF4】
ピントリングにバックラッシュがあり、実害はないもののピントを合わせるときに不快なので、OHを兼ねて入院。
結局通常のOH作業以外に
・ヘリコイドフランジ外れ修理
・ヘリコイド分解清掃、グリス交換
・マウントバックずれ調整
・バヨネット交換
とあいなった。バヨネット交換とはプラナー85mmと同様、黒マウントから銀縁マウントへの交換である。

いずれも通常のOH代+部品代で追加工賃は不要だった。外観のスレは変わらないが、光学系はピカピカ、ピントリングや絞りリングは新品同様の動作感触になった。

極めて満足度の高い良心的なアフターサービスと言えよう。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

  1. 2006/06/11(日) 00:37:26|
  2. メンテの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ポルトガル テーマ編 (22)アズレージョ続編


前回は手抜き記事だったので(汗)、もう少し詳しくアズレージョをご紹介。
アズレージョという言葉はアラビア語の「磨き上げられた小石」という意味から来ているのだそうで、14世紀、イスラム教徒によってスペインにもたらされ、ポルトガルで多用されだしたのは16世紀初頭のことだそうである。最初はもっぱら幾何学模様のタイルだったが次第に説明的になり、17世紀になると王宮や貴族の館では戦いや狩の場面を描いたアズレージョがタペストリーの代わりに壁面を飾り、教会や修道院では聖書や聖人をテーマにしたアズレージョが用いられた。当時は中国や日本の磁器の影響を受けたオランダのデルフトスタイルが流行しており、ポルトガルでもデルフトスタイルをコピーしたブルーの単色タイルが盛んに作られた。今日アズレージョというと真っ先に思い浮かぶのは、この白地に青で描かれた絵のタイルである。18世紀中ごろになると多色タイルが再び流行し、タイルに防湿効果があることが明らかになったこともあり、建物の外壁を幾何学模様のタイルで覆う建築スタイルが流行した。これもアズレージョの一種である。

というわけでアズレージョ続編は外壁幾何学模様タイル編・・(笑)。


CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F8 SUPERIA Venus 400
リスボンのアルファマ地区にて。



CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
リスボンのアルファマ地区にて。



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
ポルトの旧市街にて。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 SUPERIA Venus 400
ポルトの旧市街にて。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar85/1.4 Planar50/1.4 Distagon35/1.4

  1. 2006/06/12(月) 00:07:53|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ポルトガル テーマ編 (23)ポストの会話


06GW2515.jpg
CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE KODAK ULTRA 400

青ポスト:おい、見ろよ、変な東洋人がこっちにカメラ向けてるぞ。
赤ポスト:あらほんと。メガネかけて首からカメラさげてるから日本人かしら。
青:なるほど。あれは今どきのデジカメじゃないね。意外に日本人でも遅れた奴がいるのかね。
赤:そりゃ中にはいるでしょ。あんたも観光客の見すぎで目が肥えてるのよ。カメラなんて何でもいっしょじゃない。
青:それはそうとわざわざ日本から来てなんで我々なんか撮るのかね。
赤:さあ、日本にはポストがないのかしらん?
青:そんなことないだろ。でも形は違うかもね。
赤:形が違うぐらいで珍しがるのって変なのぉ~。

すみません、珍しがってしまいました・・(汗)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4

  1. 2006/06/13(火) 00:07:08|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ポルトガル テーマ編 (24)回廊


回廊とは修道院などの中庭の廻りに造られた廊下である。


【リスボンのジェロニモス修道院】
美しい中庭の廻りに造られた凝りに凝った回廊。柱の一本一本まで彫刻のようである。

CONTAX RTS II Distagon T* 18mm F4 F11 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Distagon T* 25mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



【アルコバサのサンタ・マリア修道院】
観光向けに過度に整備しているわけでもなく、当時の面影をダイレクトに伝えている。

CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 SUPERIA Venus 400



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX Aria Distagon T* 18mm F4 F5.6 SUPERIA Venus 400



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F11 SUPERIA Venus 400



【ポルトのカセドラル】
壁のアズレージョが美しい。廊下を挟んで中庭と反対側には宝物を展示する部屋があった。

CONTAX Aria Distagon T* 25mm F2.8 F4 KODAK ULTRA 400



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 KODAK ULTRA 400



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 KODAK ULTRA 400



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 KODAK ULTRA 400


回廊の写真だけまとめてご紹介しようと温存していたのだが、あまり意味がなかったかも・・(汗)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon18/4 Distagon25/2.8

  1. 2006/06/14(水) 00:14:14|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ポルトガル テーマ編 (25)市内観光バス


リスボン同様、ポルトでも市内観光バスに乗った。


CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
Porto Vintageというハイデッカーである。1時間おきに出ていて10ユーロで乗り降り自由。イヤホーンで8ヶ国語のガイドテープも聞ける。日本語もあった。ところがなんとこれがモロ関西弁・・(笑)。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 SUPERIA Venus 400
ホテル近くのバターリャ広場から乗った。一周1時間半ぐらいである。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 SUPERIA Venus 400
旧市街とドウロ川を隔てた反対側のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアで降りた。なぜ降りたかといえば、このあたりはポートワインのワイナリーが並んでいるので、これから試飲大会なのである・・(笑)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4

  1. 2006/06/15(木) 00:38:06|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ポルトガル テーマ編 (26)ポートワイン


ポートワインといえば「赤玉ポートワイン」しか知らなかった・・(汗)。とにかく甘いだけで味わいがない・・と思っていたのだが、本場のポートワインは違う。確かに甘さはあるのだが、香りと深みのある味わいでそれはそれはおいしい♪。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE KODAK ULTRA 400


ポートワインは一次発酵の途中でブランデーを加えて発酵を止める、いわゆる酒精強化ワインである。主に以下の4種類がある。

・ルビー
樽で4、5年熟成させたもの。鮮やかなルビー色で若々しい甘みがある。
・タウニー
樽で6年以上、黄褐色になるまで熟成させたもの。単なるタウニーだけでなく、タウニー10年もの、とか、20年ものなどがある。
・ビンテージ
好天に恵まれた年の特に上質なぶどうから作られ、樽で2年熟成したのち瓶で最低10年熟成させたもの。一番高価である。
・ホワイト
白ぶどうから作られ、あまり甘くなく、さわやかな酸味がある。他のポートが食後酒なのに対し、ホワイトポートは主に食前酒として飲まれる。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
ポートワインはアルト・ドウロと呼ばれるドウロ川上流域で収穫されたぶどうから作られ、9月に収穫されたのち樽に詰めて冬を越し、このラベーロと呼ばれる船でヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアまで運ばれ、熟成・瓶詰が行われる。



CONTAX RTS II Distagon T* 25mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区には30を超すワイナリーがあるそうだが、最も有名なワイナリーのひとつがこの「サンデマン」。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 SUPERIA Venus 400
トレードマークの黒マントを着たガイドさんが案内してくれる。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 SUPERIA Venus 400
こちらも有名な「カレム」。きれいなおねぃさんがテイスティングの解説をしてくれた。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 SUPERIA Venus 400
テイスティングルームである。



CONTAX Aria Distagon T* 25mm F2.8 F4 SUPERIA Venus 400
街中の酒屋さんのショーウィンドー。自分の生まれた年のヴィンテージポートも見つけたが、高い!ちょっと手が出まへん・・(汗)。



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 SUPERIA Venus 400
ホテルの冷蔵庫にもミニチュアボトルがあった。ホワイトポートはともかく、赤はルビーポートではなくタウニーポートなのが凝っている。ん?飲む前に撮れって?それは無理・・(爆)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon25/2.8

  1. 2006/06/16(金) 08:41:28|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ポルトガル テーマ編 (27)昔から都会


都会というと高層ビルが立ち並ぶさまを想像してしまうが、ここポルトは石畳の道でつづられた街。高層ビルがあるわけではないが、ちょっと侮れない歴史の重みを感じる。「昔から都会なのよ」とでも言いたげな風情であった。


CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F4 AE REALA ACE 100



CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 SUPERIA Venus 400



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 REALA ACE 100



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Planar85/1.4 Planar50/1.4 Distagon35/1.4

  1. 2006/06/17(土) 12:09:13|
  2. 2006ポルトガル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Summilux 50mm F1.4


裏蓋のグッタペルカを張り替えたのを機会にM3を持ち出してみた。レンズはズミルックス50mmF1.4。光学系をマイナーチェンジする前の170万台である。



M3はともかく、このズミルックスは黄色がかった発色といいコントラストのなさといい、もう現役引退してね、ということで、かれこれ10年以上も使っていなかったのだが、昨今のフィルム高性能ぶりでどこまでよみがえるのか興味もあって持ち出してみた。レンズ内に埃はたまっているしヘリコイドにガタはきているし、という状態なのだが、ここ数年防湿庫で保管していることもあってカビはない。



Leica M3 Summilux 50mm F1.4 F8 1/125 REALA ACE 100
むむ・・? 階調は豊富かもしれない・・(汗)。白一色になるはずの壁の色が微妙にグラデーションを持っている・・。




Leica M3 Summilux 50mm F1.4 F5.6 1/125 REALA ACE 100
さすがに黄色っぽくてコントラストも乏しいので少しレタッチした。しかしながら解像度は今どきのレンズにもけっして負けていない。おそるべしズミルックス・・。




Leica M3 Summilux 50mm F1.4 F5.6 1/125 REALA ACE 100
いつもと同じJPEG圧縮率では250KBの許容容量ぎりぎりになってしまい、あわてて圧縮率を高くした。階調が豊富で解像度が高いということなのだろうか。


以上、つまらんことをしなければよかった・・(汗)。M3の方はさすがに1/1000はどまぐれていたがそれ以外は実用に足る。それにも増してこのズミルックス50mmF1.4。やっぱりOHぐらいは出してやらんといかんのかいなぁ・・。博物館入りしていたのに・・(爆)。



テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Summilux50/1.4(1st)

  1. 2006/06/18(日) 13:29:11|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ 次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター