FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2006木曽路 (11)奈良井宿その1


いよいよ本命の宿場町へ・・。木曽路の宿場町は十一あるが、北から二番目の宿が奈良井宿。かつて奈良井千軒と言われた長さ1kmにもおよぶ宿場町がほとんどそのまま残っている。ちょうどお盆の時期で提灯を飾っている家が多く、とても風情があった。

それでは奈良井宿10連発・・(笑)。


CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F2.8 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F2.8 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F2.8 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F4 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE SUPERIA Venus 400

もうだいぶ暗くなってきた。もう少し粘れば提灯の灯に照らされた街並みを撮ることができたかもしれないが、宿の夕食の時間が迫っていたのでこの辺で切り上げた。「和の心」を意識させられる美しい被写体だった。



テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar85/1.4 Distagon28/2 Distagon35/1.4

  1. 2006/09/12(火) 22:39:01|
  2. 2006きそじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

7万アクセス御礼


拙ブログが累計7万アクセスいただきました。
まことにありがとうございます。
銀塩で写真ブログを続けるのは結構手間なのですが、
最近のデジタル一眼レフの新製品ラッシュで、むしろ、
「これじゃ、1機種に絞り込むのは難しいなぁ」ということで、
「しばらく銀塩で継続しとこう」という気になっております。
今後とも「うっちーの時々かめらまん」をよろしくお願いいたします。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/15(金) 00:10:01|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2006木曽路 (12)奈良井宿その2


奈良井宿には木曽ヒノキでできた奈良井大橋がある。樹齢250年~300年のヒノキを使った橋で、構造的にも大変見ごたえのある橋だった。


CONTAX Aria Distagon T* 18mm F4 F8 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F4 AE REALA ACE 100



テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar85/1.4 Distagon18/4 Distagon35/1.4

  1. 2006/09/15(金) 00:11:53|
  2. 2006きそじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Leica M8


M型ライカの新製品、ライカM8が発表になったらしい。
で、絞り優先AEのM7のどこを改良したの?ボディデザインをM3っぽくレトロにしたとか??今さらM型ライカなんて古いよ~、と早合点してはいけません。なんとこのM8はデジタルカメラなのです!!
心臓部は有効画素数10.3Mピクセルのコダック製CCD。オフセットマイクロレンズを使って周辺光量低下を防いだ18mmx27mmのイメージャーで銀塩換算係数1.33倍。シャッター幕を測光する絞り優先AEで、最高速1/8000秒。ホロゴンなどのごく一部のレンズを除き、ほとんどのMマウントレンズを使用できるらしい。1.33倍なので、焦点距離21mm、28mm、35mmのレンズがそれぞれ銀塩換算で28mm、37mm、47mmとなり、銀塩で使い慣れた28mm、35mm、50mmの感覚で使える。
また16mm/18mm/21mm切替でF4のレンズ、トリエルマーも発売されるらしい。これは銀塩換算21mm/24mm/28mmとなり、1本でほとんど広角の全てをまかなえることになる。

今日はエイプリルフールではありません(ああ、前科者は信用を回復するのに苦労するなぁ・・笑)。

こちらをご覧ください。

ライカのHPも・・。

で、気になるお値段ですが、577,500円だそうです。発売は今年の11月末。ちょっと興奮しております・・。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/16(土) 14:57:22|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

2006木曽路 (13)奈良井宿その3


いよっ!ご主人!


CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F2.8 AE SUPERIA Venus 400

まるで店のご主人のよう・・。やはり飼い主に似てくるものなんでしょうか・・(笑)。



テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar85/1.4

  1. 2006/09/17(日) 15:01:06|
  2. 2006きそじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2006木曽路 (14)奈良井宿その4


これは最終日の朝、もう一度寄ったときのもの。最初の2枚はともかく、前回とちょっと違う被写体を中心に・・・。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F4 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2 Distagon35/1.4

  1. 2006/09/18(月) 18:14:35|
  2. 2006きそじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2006木曽路 (15)妻籠宿その1


三日目のハイライト(というか今回の旅行のハイライト)は妻籠宿である。木曽路の宿場町の南から二番目、町並みの景観保護を日本で最初に行なった所としても有名である。百枚以上撮ったのだがどれも似たような写真ばかり・・(汗)。ま、とりあえず、2回に分けて・・。


CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F4 AE REALA ACE 100
朝着いたときはにわか雨が降っていた。軒先に雨宿り・・。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100
雨が上がったので歩き出したら、いきなりレトロないでたちの郵便屋さんに出くわした。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F4 AE REALA ACE 100
郵便局もおもいっきりレトロである・・(笑)。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100
景観保護の解説。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Distagon T* 18mm F4 F8 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Distagon T* 18mm F4 F5.6 AE REALA ACE 100
こういう風に18mmらしくなく撮るのが好きなのである・・。妻籠と関係ない話題ですみません・・(汗)。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
だんだん観光客が増えてきた。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
いいねぇ、旅先で彼女の写真をパチリ、なんて・・。ファインダーには周りの景色なんか入ってないんだろうなぁ・・(笑)。




CONTAX Aria Distagon T* 18mm F4 F8 AE REALA ACE 100




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PRO 400



テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2 Distagon18/4 Distagon35/1.4

  1. 2006/09/19(火) 22:52:23|
  2. 2006きそじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Leica M8 続報


続報といっても別に情報源が増えたわけではないが(汗)、自分なりにM8とはどんなカメラなのか考えてみたので、そんな与太話を少し・・(笑)。いや、たくさんか・・(爆)。

1.M8であってM8 Digitalではない
これはもう多くの方が指摘しているとおり、「銀塩の時代は終わった」というメッセージと受け取れる。今さらカメラ業界に対して限定的な影響しか持たないライカがそう言ったからといって、「何を今さら・・。キヤノンもニコンも既にそう言ってるでしょ」ということなのだが、マニアにとってはライカもそう宣言したことに少なからずショックを覚えるのである。M8が伝統の横走り布シャッターから縦走りメタルシャッターになって1/8000秒を実現したことで、今後はM型銀塩ライカも縦走りになるのかな、なんて呑気なことを一瞬考えたが、そういう問題ではないのだ。かなり気合を入れて、M型銀塩ライカに置き換えるべく開発されたカメラだ、という気がしてならない。もちろんサイズや使い勝手、全体のデザインをM7に似せたのはM5のトラウマが生きていると言うべきだが、カメラの機能そのものは現代のデジカメと比較してもAF以外は第一線を行っていると思う。底蓋脱着式にしたのは旧来のM型ライカへの郷愁、という受け止めが一般的なようだが、そうは思わない。記録メディアの取り出し口は結構耐久性に問題がある場合が多い。そのあたりの対策として底蓋脱着式を採用したのでは、と思う。これ以上改良の余地がないといわれたM型銀塩ライカを所有するカメラファンに「デジタルに逝っちゃおうかな」と思わせるだけの完成度を持って登場したと感じる。

2.1.33倍
1.3倍程度のイメージャーを持ったデジタルカメラはEOSにも存在するが、21mmは銀塩換算28mm、28mmは同35mmに、35mmは同50mmに・・、という今回のライカの説明のような今までの画角感覚をちょっとスライドすればそのまま生かすことが出来る、という思想を持って登場しただろうか?現在主流のAPS-Cの1.5~1.6倍というのは単純に造る側の論理で決まっていると思うし、一部のEOSの1.3倍というのも高速連写性能の追求で決まっている気がしてならない。もちろんライカの1.33倍も「フルサイズではコストが非常識になるので」という釈明が加えられているが、現時点で1.33倍を選択した一番の理由は既存レンズでの画質ではないかと思う。EOSデジタルのフルサイズはレンズを選ぶと言われている。そりゃそうだろう、既存レンズにおける周辺画質低下&周辺光量低下に対してたいして配慮していないのだから。それに対し、今回のM8は明らかに色々なイメージャーのサイズを検討し、オフセットマイクロレンズという新しい技術も取り入れつつ、既存レンズでの性能を吟味した上で決断した「まっとうな」妥協の産物ではないかと思う。将来、もっとイメージャー周辺の技術が進歩すればライカはフルサイズへ移行するかも、という気がする。それぐらい、この36mmx24mmによって培われてきた焦点距離と画角の関係を大事にしていると思う。なんせこの36mmx24mmはライカが世に送り出してデファクトスタンダードとなったサイズなのだから・・。もっとも16/18/21なんていうトリエルマーを出したところを見ると、この1.33倍に未来永劫こだわるのかもしれないが・・。それもライカらしいと言えるけど・・(笑)。

3.6bitレンズ情報
現行の第四世代と呼ばれるMマウントレンズはもちろん、1970年代末からの第三世代、一部のレンズはその前の第二世代まで6bitのレンズ識別番号が与えられ、単にExifデータに使用レンズが記録されるだけでなく、専用ソフトによって周辺光量低下などを自動補正するらしい。今までのレンズへの6bit識別コード付与の改造も受け付けるそうである。ライカM3がバヨネットマウントを採用したとき、アダプターリングによって過去のLマウントレンズを全て距離計連動にしたのと同様、過去のレンズ資産をデジタルで生かす心憎い配慮と言えよう。と同時にコニカのKMマウントに始まり、ツアイスのZMマウントなど、基本特許が切れたのか最近とみに広まってきたMマウントのいわばサードパーティーレンズに対して、「本家は互換性を考慮しつつこう進化したのよ」と宣言している気がする。これは(うまくいけば)純正レンズの拡販に寄与するだろうし、なによりMマウントが過去の資産も生かしつつデジタルの時代にも生き延びていく布石を打ったものと受け取れる。

以上、しょせんM型ライカなど今や一部のハイエンドマニアの道楽のためのカメラに過ぎないとは思いながら、カメラの歴史を作ってきたライカの、それも日本製一眼レフに追従したR型ライカではなく、自らカメラの世界を変えてきたと自負するM型ライカにおいてデジタルへ移行した、という事実は、過去のライカの歴史を振り返ってみると、随分エポックメーキングな出来事のように思えて仕方がない。もっともそれは、「Mマウントなんて過去の遺物よ」と思うか「Mマウントは不滅だ」と思うかで随分違うのだが・・。ワタシは後者なのでショックが大きかったです、ハイ(汗)。

それにしても器用にAF技術を習得したばっかりにNマウントへ移行して挫折したコンタックスを思うにつけ、MFのままデジタルに移行するこのM型ライカのような選択肢はなかったのだろうかと思わずにいられません・・。



  1. 2006/09/20(水) 01:10:28|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2006木曽路 (16)妻籠宿その2


店先、軒先を中心に・・。


CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PRO 400




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PRO 400




CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE PRO 400




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PRO 400




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PRO 400




CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100




CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100
無事かえる・・(笑)。




CONTAX Aria Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100
瓜二つ・・(爆)。




CONTAX Aria Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100



テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

Tag : Planar85/1.4 Distagon28/2 Distagon35/1.4

  1. 2006/09/21(木) 02:03:56|
  2. 2006きそじ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2006木曽路 (番外)ヒネた見方をすると・・


【妻籠宿にて】

CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PRO 400

「この付近での・・」ってことは、この付近じゃなきゃいいわけ?(笑)
「小○は禁止」ってことは、大○ならいいの?(爆)
いつぞやの東西対決とはまた違った表現に悩みは深く・・(苦笑)。



テーマ:なんだこれ - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2

  1. 2006/09/23(土) 13:11:28|
  2. かんばん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

05  03  02  01  12  07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター