FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

フィルムスキャナーの使い方(7)紅葉


久々にフィルムスキャナーの使い方。といってもたいした話ではないのだが(汗)、紅葉を綺麗に見せる方法を少し。

まず、オリジナルの画像。常寂光寺の仁王門で撮った中でボツにした写真。


CONTAX Aria Tamron SP 90mm F2.5 Macro F5.6 AE SUPERIA Venus 400
露出がアンダーぎみなのか全体的に暗く、インパクトがない。




そこで明るさ補正。ところが単に明るくしていくと、葉っぱが明るくなるだけでなく、空や屋根が真っ白になりすぎてしまう。




そこでトーンカーブで中間の明るさのみ補正。微妙な違いではあるが、こうした方が葉っぱを強調できる。もっとも光が当たって葉っぱが明るければこんな策はいらない。曇天ゆえ必要になった補正である(苦笑)。


次に黄色や緑まじりの紅葉をどうするか。元のままだと黄色や緑色がくすんでいる。このままでもいいが、もう少し三色が混ざっていることを強調したい。



そこで黄色の明度・彩度を上げ、色相も少し黄色側に振ってみた。赤は逆に少し暗くしている。くすんだ感じは残るものの、まあ、三色混合の感じは強調されてくる。




そうはいっても真っ赤な方がいいや、となれば黄色を選んで色相を赤側に振ると、ほとんど赤一色の紅葉のように見えてくる(笑)。


というわけで、こうした方法で明るさや色の具合を補正すると、より自分の見たイメージに近づけることができる、というお話。

う~む、それにしてもボツにしたこの写真の方が、採用したやつよりよかったか?・・(爆)。



Tag : TamronSP90/2.5

  1. 2006/12/11(月) 21:00:00|
  2. スキャン&レタッチの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

秋の京都(11)清涼寺その1


初めて訪れた清涼寺。光源氏のモデルの像が安置されている宝物館もあるそうだが、そちらはパス・・(笑)。



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
えらく立派なお寺である。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
おっと、紅葉と関係ない写真が二枚続いてしまった・・(汗)。だから紅葉を撮るなら行き慣れたところにすべきなのだ。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
というわけで紅葉の写真。ちょっと構図がワンパターン・・(苦笑)。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
だんだん綺麗な紅葉を見てもあまり感動しなくなってきていたが、やはり綺麗・・(笑)。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
こちらの多宝塔の二段目も常寂光寺と同様、白いところあり。何なんでしょうかねぇ・・。



(つづく)


テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2 Planar50/1.7

  1. 2006/12/12(火) 21:00:00|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋の京都(12)清涼寺その2


聖徳太子殿があり、それ自体はたいしたことないが(笑)、まわりの紅葉が綺麗だった。というわけで、もみじ特集。



CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F8 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Tamron SP 90mm F2.5 Macro F5.6 AE SUPERIA Venus 400



(つづく)


テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2 Planar50/1.7 TamronSP90/2.5

  1. 2006/12/13(水) 21:00:00|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

秋の京都(13)大覚寺その1


一度は行ってみたいと思いながら、ちょっと遠くて来れなかった大覚寺。ここはお寺だけでなく、となりにある大沢池も有名である。



CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 PRO1D C-PL F5.6 AE SUPERIA Venus 400
そういえばPLフィルターも持ってきたんだった、というわけで使ってみたのがこれ。しかし、フードとフィルターを外してPLフィルターに付け替え、グリグリ廻して最適点を探す・・メンドーこの上ない・・(苦笑)。これに三脚まで使ったら一枚撮るのにえらく時間がかかりそう。PLフィルターと三脚は風景写真の必需品というが、ほんまかいな・・。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
鴨につられてやってきた心経宝塔・・(嘘)。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
池の周りを散策し、対岸から一枚。この構図がよくガイドブックに載っている。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
おお、あそこがお寺か・・(先にお寺に行くのが普通かも・・汗)。



(つづく)


テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2 Planar50/1.7

  1. 2006/12/14(木) 21:00:00|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

秋の京都(14)大覚寺その2


お寺の方へ行ってみると、ちょうど嵯峨菊というこの土地固有の菊が展示されていた。



CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
何でも300年の歴史がある古いスタイルの菊だそうである。ここは正面玄関にあたる式台玄関と呼ばれるところ。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
嵯峨菊と紅葉のコンビネーション。ちょっと欲張りすぎ?(汗)




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F8 AE SUPERIA Venus 400
スリッパに履き替えてグルグルと見て廻る。これは五大堂から望む宸殿。大覚寺の起源は9世紀に遡るそうだが、大半の建物は江戸時代に再建されたもの。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
宸殿の中にある金碧画の襖。この宸殿は江戸時代に新造されたもので、中は桃山時代を代表する絢爛豪華な襖で仕切られている。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
おっと、今日は紅葉を撮りに来たのだった・・(汗)。


これにて嵯峨野はおしまい。しかしながら、秋の京都シリーズはまだしつこく続きます・・。


CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE SUPERIA Venus 400
京福電鉄嵐山駅のふれ愛地蔵。


(つづく)


テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2 Planar50/1.7

  1. 2006/12/15(金) 21:00:00|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

羽田空港


上空から見た羽田空港。



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 P-mode SUPERIA Venus 400
なかなか飛び立たないと思ったら離陸する飛行機がこんなに渋滞してたのね、という話はこの際置いといて(笑)、空港中央を分断する線路みたいなところが高速道路湾岸線である。いつも通勤の高速バスが通っているところである。ところが・・・




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 P-mode SUPERIA Venus 400
こうして遠くから見ると、ありゃま、空港って海の上にあるのね、で、あの高速道路は空港の前後はどうなってるの?どう見ても海の中だよなぁ・・とあらためて思った次第。そういえばトンネルを通り、抜けたと思ったら空港の建物が上の方にあり、またトンネルをくぐっていたっけ。あのトンネルって、海底(海中)トンネルだったのね、と当たり前のことなのだが今さらながら再認識。

トンネルって山を通り抜けるだけじゃなくて海も通り抜けるんですね(アホ)。



Tag : Planar50/1.7

  1. 2006/12/16(土) 21:00:00|
  2. とうきょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋の京都(15)石塀小路


夕方、ホテルからタクシーに乗って高台寺を目指す。

「紅葉の時期はたくさん観光客が来てくれはるけど、ちょっと多すぎまんなぁ。それと、もうかるのはお寺はんばかりやし・・」
「まあ、その多すぎる人のひとりが自分やからあんまりそないに言わんどいて(なぜか関西弁がウツる・・笑)」
「高台寺のライトアップは17:30からやから、ちょっと早く着き過ぎまっせ。今ごろ昼間のお客さんを追い出しよるころですわ。なんせ昼夜入替制で稼ぎよるんやから」
「なるほどお寺さんもかき入れ時なわけね。じゃあ、石塀小路で降ろしてもらおうかな。前回も来たけど気に入っているので(ほんとは前回あまりうまく撮れなかったのでリベンジを思い立った次第・・笑)」
「ほな、この辺で。おおきに」

というわけで石塀小路に寄ってみた。真っ暗になる前に着けば少しは前回と違った絵になるかと思ったが、もう真っ暗で前回と同じような条件・・(汗)。



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2.8 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2 AE SUPERIA Venus 400




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400


そろそろ17:30だ。高台寺へ行ってみよう・・。


(つづく)


テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.7 Distagon28/2

  1. 2006/12/17(日) 21:00:00|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

秋の京都(16)高台寺その1


階段を登って境内に着いてみると・・



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F1.7 AE SUPERIA Venus 400
うわぁ、何、この行列・・(汗)。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F2.8 AE SUPERIA Venus 400
休日なのでこれから人が増えることもあるまい、と思い、行列に並ぶ前にあちこちスナップ。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F1.7 AE SUPERIA Venus 400
中に入らなくても綺麗な紅葉を楽しむことはできる。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F1.7 AE SUPERIA Venus 400
茶店も繁盛・・。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
やっぱり中はもっとよさそう・・。諦めて並ぶか・・。




CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F1.7 AE SUPERIA Venus 400
う~む、さすが観光名所。人が多くて写真が撮りにくいのは撮り方で工夫もできようが、待ち時間が長いというのは、さすがに辛い・・。しかし自分もそのひとりなのだからしょうがない。辺りをパチパチやったあと、観念して行列に並んだのであった。



(つづく)


テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.7 Distagon28/2

  1. 2006/12/18(月) 21:00:00|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋の京都(17)高台寺その2


行列の最後尾にいた係りの方に聞いた時は「そうですねぇ、30分待ちぐらいですかねぇ」と言われたが、結局スイスイ列が進んで15分ぐらいで中に入ることができた。



CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
夜空に浮かぶ方丈。昼間とはまた違った雰囲気になる。方丈前庭では単なるライトアップではなく、光のショーともいうべきファンタジックな世界が演出されていた。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
見事である。しかし暗い・・(汗)。F1.7とかF2の大口径レンズでもISO400で絞り開放1/8秒ぐらいである。柱に寄りかかったりしてカメラブレを防いだが、光が動いているので動体ブレは如何ともしがたい。ISO3200ぐらいに感度セットした最新デジカメで撮るべき被写体かも。
たぶんロクに写っていないだろうと思い、しばしファインダーから目を離し、記憶に焼き付けた。本来観光って、写真に残すためではなく、見て感動し、記憶に残すためにすることのはず。



CONTAX Aria Planar T* 50mm F1.7 F1.7 AE SUPERIA Venus 400
でもこうやってそこそこまともに撮れれば、これはこれで後々見返して訪れた時の感動を呼び戻すことができる。

と、観光地で写真を取りまくることを正当化しつつ・・。



(つづく)

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2 Planar50/1.7

  1. 2006/12/19(火) 21:00:00|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

秋の京都(18)高台寺その3


高台寺のライトアップは池に映った紅葉が綺麗、と聞いていた。



CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
あそこの黒山の人だかりがそれか・・。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
なるほど、これはすごい。紅葉はまだ見ごろに至っていないが、今晩は風がないので、鏡のような水面に写った紅葉の姿を鑑賞するには絶好である。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
それにしても暗い・・(汗)。ISO400でF2開放1/2秒ぐらいである。さすがに手持ちでは無理。縄張りの杭の上にカメラを置き、しゃがんでファインダーを覗きながらパチリ。




CONTAX Aria Distagon T* 28mm F2 F2 AE SUPERIA Venus 400
ただ、デジカメを持った観光客がひっきりなしにストロボを発光させて撮っているので、1/2秒もシャッターを開けていると、そのストロボを反射したところは真っ白に光る。夜景の撮り方はそうじゃない、とか、そもそもマナーは、などといっても始まらないので、何枚も撮る作戦に出た。おかげでフィルムは大量消費・・(汗)。運良くストロボが光らなかったときがいいかもしれないし、むしろストロボでどこかの木や葉っぱが光った方が絵としておもしろいかもしれない。こういうとき、ランニングコストのかからないデジタル一眼は有利だろうと思うが、なぁに36枚撮りフィルム1本費やしてもフィルム代+現像代で1500円ぐらいだから、わざわざ京都まで来てケチることもあるまい・・。とか思ったものだから丸々1本似たような写真を撮ってしまった(爆)。



(つづく)

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

Tag : Distagon28/2

  1. 2006/12/20(水) 21:00:00|
  2. 2005-6きょうと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター