うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

LEICA New CL

かつてライカMシリーズには、ミノルタと共同開発したライカCL(邦名ライツミノルタCL)というのがあった。これは露出計内蔵のために大型化したM5が不評だったため(とはいっても高々、幅で7mm、高さで8mm増えただけなのだが)、一気に幅を18mm縮めたコンパクトなMマウントライカを開発したのである。しかしながら、部品点数の多い設計でコストダウンのためにミノルタと組んでみたものの、標準レンズ付で10万円近いプライスタグは当時おいそれと手が出せるモノではなく、数年後に後継機がないまま製造中止になってしまった。ミノルタは独自にCLの後継機と呼ぶべきCLEを開発したが、これもほどなく製造中止になってしまい、これら小型Mマウントカメラはあまり商業的に成功したとは思えない。しかしながら、後にあこがれのMライカを手にしたマニアが、セカンドカメラとしてCLやCLEに目をつけた結果、いまだに中古市場で人気が高いのは皮肉なものである。やや時代に先行しすぎたのかもしれない。

時は流れて21世紀、昨年11月に明るさをF2.5に抑えたズマリットシリーズのレンズを発売して以来、どうもライカはなにやらアマチュアにも手が届くゾーン(とはいっても相当高価だが)を狙っている節があったのだが、ついに、かつてのCLの再来とも思えるコンパクトなライカ New CLが発表になった。最新のデジタルカメラM8をコンパクト化したのではなく、オーソドックスなフィルムカメラなところがやや懐古趣味的ではあるが、フィルムカメラとしては最新のM7と比較しても遜色のないスペックを持っている。そもそもM7が相当オールドファッションではあるが・・。





注目のサイズは、高さは77mmでかつてのMライカやCLと同じ、幅はさすがにCLの120mmには及ばないがCLE並みの125mmを実現している。ベッサRシリーズが135mmであることを考えると、十分コンパクトだといえる。このあたり、サイズアップして不評だったM5のトラウマがいまだに生きているのかもしれない。

縦走りメタルシャッターの最高速は1/2000、SPDを使った絞り優先AEである。M8で1/8000を実現したのに残念な最高速ではあるが、M7が横走り布幕に固執して1/1000に留まったことを考えれば進歩であり、実用的にも1/2000まであればまあOKであることを考えれば、コストを抑えた小型Mマウントカメラのスペックとしては十分であろう。

ファインダーは伝統の距離計式で倍率0.6倍、視野率85%とのことだが、ズマリットシリーズのレンズとの組み合わせを念頭においているらしく、35mm-50mm/75mm-90mmの自動切換え式で、有効基線長もCLに比べれば改善されている。しかしながら、28mmの枠がないのはいかにも残念で、このあたり、質実剛健というか、サービス精神に欠けるというか、なんともライカらしいところではある。まあ、かつてのCLの40mm枠固定、50mm-90mm切替より進歩しているし(個人的には35mm枠がうれしい・・)、なにより有効基線長も改善されているのだからと思って納得するしかない。

発売は5月末、価格は未定とのことだが20万円前後といううわさもあるようだ。ツァイスイコンに比べれば割高だし、機能は半額以下のベッサR2Aと同等ではあるが、そこは本家ライカの新製品、20万円で手に入る純正ライカということでマニアの心をくすぐること請合いである。



なんてことが起きないかなぁ・・。エイプリルフールでした(笑)。



  1. 2008/04/01(火) 08:00:00|
  2. カメラの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

君津市民文化ホール


かねてから撮ってみたいと思っていた君津市民文化ホール。田んぼの中に忽然と姿を現す丹下健三設計の斬新なデザインである。平成2年9月オープンというから、もう15年以上経っているが、いまだに新鮮・・。



Leica M3 Summaron 35mm F2.8 F8 1/250 REALA ACE 100




Leica M3 Summaron 35mm F2.8 F8 1/125 REALA ACE 100




Leica M3 Summaron 35mm F2.8 F8 1/250 REALA ACE 100




Leica M3 Summaron 35mm F2.8 F8 1/250 REALA ACE 100




Leica M3 Summaron 35mm F2.8 F8 1/250 REALA ACE 100




Leica M3 Summaron 35mm F2.8 F8 1/250 REALA ACE 100




Leica M3 Summaron 35mm F2.8 F8 1/125 REALA ACE 100



天気のよい日にズマロン35mmF2.8をつけたライカM3で、気分よくパチパチやったのであった(嬉)。



Tag : Summaron35/2.8

  1. 2008/04/02(水) 20:00:00|
  2. 2007-8かずさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜の季節


桜の季節到来である。マクロレンズをゴソゴソとカメラバッグに詰め込み、いざ出陣!



CONTAX RTS II Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE PORTRA 400 VC
ちょっとハイキーにして春の気分・・。う~ん、花びらの質感、しべの繊細さ、たまりまへん・・(笑)。




CONTAX RTS II Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE PORTRA 400 VC
桜は淡い色なので、全体に淡いトーンにした方が雰囲気が出ると思う。




CONTAX RTS II S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE PORTRA 400 VC
ひっそりと・・。




CONTAX RTS II Makro-Planar T* 100mm F2.8 F11 AE PORTRA 400 VC
緑をバックに桜が光り輝いていたはずなのだが・・(汗)。



Tag : Makro-Planar100/2.8 S-Planar60/2.8

  1. 2008/04/03(木) 20:00:00|
  2. 花・草・木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

CLでお散歩


完調なったライツミノルタCLにMロッコール40mmF2をつけて、いつもの袖ヶ浦公園をお散歩。



Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm F2 F11 1/250 PN400N




Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm F2 F8 1/250 PN400N




Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm F2 F8 1/250 PN400N




Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm F2 F5.6 1/125 PN400N




Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm F2 F11 1/250 PN400N
おっと、早くも日が翳ってきてしまった・・(汗)。


苦手なはずの40mmレンズだが、このときばかりは久しぶりに調子のいいライツミノルタCLにのせられて、気持ちよくスナップしたのであった。



Tag : M-Rokkor40/2

  1. 2008/04/04(金) 20:00:00|
  2. 2007-8かずさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

C Biogon 35mm F2.8 ZM


コシナからツァイスブランドの35mmF2.8ZMが出るらしい。ツァイスのビオゴン35mmF2.8といえば、1936年に登場した当時としてはゼイタクな4群6枚のルードビッヒ・ベルテレ設計の名レンズのことなのだが、今回はそれにあやかってZMマウントでリニューアル再登場というわけである。Cゾナー50mmF1.5ZMに始まり、Cビオゴン21mmF4.5と、過去に名声を欲しいままにした名レンズのリニューアルでマニアの心をくすぐってきたZMのCシリーズであるが、ついにビオゴン35mmF2.8まで登場してしまった。実はCビオゴン21mmF4.5発表のときに予測はしていたのだが・・。やっぱりどんどんやばい方向へ行っている・・(汗)。





5群7枚で全長29.8mmのコンパクトな設計。過去の名声にあやかっていることを抜きにしても、抗しがたい魅力的スペック。なぁんだ、レンズ構成も違うし、単に焦点距離と明るさを同じにして、過去の名声にすがっただけのレンズじゃないか・・と平静を装ってみるものの、たぶん写りは抜群なんだろうなぁ・・。それにこの大きさは魅力だし・・(汗)。

う~ん、こうなるとCトポゴン25mmF4ZMの登場は時間の問題、という気がする・・。おっと、これは来年のエイプリールフールネタに取っておくんだった(爆)。



  1. 2008/04/05(土) 20:00:00|
  2. レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春の花(1)菜の花と桜


春の花といえば、やはりこの組み合わせ。



CONTAX RTS II S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE PORTRA 400 VC
菜の花と桜である。背景に桜を入れたつもりだったが、ボケて、何のことやら・・(汗)。




CONTAX RTS II S-Planar T* 60mm F2.8 F11 AE PORTRA 400 VC
で、菜の花と桜のコラボはあらためてこちらで・・。



(つづく)



Tag : S-Planar60/2.8

  1. 2008/04/06(日) 20:00:00|
  2. 花・草・木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春の花(2)紅梅? 桃?


紅梅だろうか?桃だろうか? 赤い色がやたらまぶしい・・。



Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm F2 F8 1/250 PN400N




CONTAX RTS II S-Planar T* 60mm F2.8 F11 AE PORTRA 400 VC



(つづく)



Tag : M-Rokkor40/2 S-Planar60/2.8

  1. 2008/04/07(月) 20:00:00|
  2. 花・草・木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CONTAX PMD W-6


コンタックスRTSシステムには、当初からワインダーRTWがあり、リアルタイムフォトのためには巻き上げは自動であるべし、という思想があったように思う。したがって137MDなどという自動巻上げのモデルも時代に先駆けて登場している。

本格的な自動巻上げといえば、この時代は外付けモータードライブ。1秒間に何コマ、というスペック競争があり、ワインダークラスは1秒間に2~3コマ、モータードライブとなると1秒間に3~5コマというのがひとつの目安であった。

コンタックス用外付けモータードライブはRTS II用のPMD W-6。1秒間に最高5コマのコマ速を誇る本格派で、コンタックスの外付けモータードライブはこれだけである。PMDとはProfessional Motor Driveの略。そう、当時プロ用カメラのシステムには、こうしたモータードライブが準備されていたのである。





バッテリーが別ユニットになった、ニコンF2用のモータードライブMD-2などと同じような外観である。何とも大げさなのだが、これがまたいいのよねぇ・・(ニヤリ)。ただし、これだけ大げさな形のくせに巻き戻しは手動・・(汗)。



家中のエネループを集めて動かしてみたの図。


それにしても電源は単三12本! 高電圧によってコマ速を稼いでいるのだろうが、何とも時代を感じさせる電源である。このPMDパワーパック、カタログ上は電池別で250gとのことだが、エネループ12本を実装した実測値は約590g。これにPMD W-6本体の430gを合わせると約1kgであり、カメラ本体の735gより重い・・(汗)。





というわけで、いったいいつ使うんだいというシロモノ・・(汗)。まあ、大昔はこのモータードライブの大げさな外観にあこがれたのであって、今となっては実用に供するというより、飾って眺めて楽しむモノかもしれない・・。




  1. 2008/04/08(火) 20:00:00|
  2. アクセサリーの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

長楽寺(1)


桜の季節は、桜の花のアップもいいが、やはり背景にお寺なんぞを入れて撮ってみたくなる。京都にでも行けりゃ最高だがそうもいかず、近場で探してみた。

で、ネットで見つけたのが木更津市の長楽寺。由緒あるお寺だそうだが、隠れた桜の名所でもあるようだ。RTS IIにPMD W-6をつけて撮ってみた。



CONTAX RTS II PMD W-6 S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
いきなり駐車場で綺麗な桜に遭遇・・。いやいや、桜のアップじゃどこで撮ったかわからない(汗)。今日はお寺をバックに桜を撮るんだった・・。




CONTAX RTS II PMD W-6 S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
そうそう、こういう感じ・・(嬉)。それにしてもPMD W-6、派手な巻上げ音を響かして、無意味なことこの上ない。やたら重いし・・(汗)。




CONTAX RTS II PMD W-6 S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
建物そのものはちょっと近代的だが、桜の美しさに免じて許してあげよう(笑)。




CONTAX RTS II PMD W-6 S-Planar T* 60mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
たしかネットの画像では池がいっしょに写っていたが、これかな?




CONTAX RTS II PMD W-6 ML 24mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
池を手前にお寺の建物、っていうとこういう構図になるが、う~ん、なんか違うなぁ・・。



(つづく)



Tag : ML24/2.8 S-Planar60/2.8

  1. 2008/04/09(水) 20:00:00|
  2. 2007-8かずさ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

長楽寺(2)


境内の見事な桜をパチパチやったあと、裏庭に廻ってみると・・



CONTAX RTS II PMD W-6 ML 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
ん? なんかあるぞ・・。




CONTAX RTS II PMD W-6 ML 24mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
おおっ、これこれ!ネットで見た絵はこれですよ!




CONTAX Aria Tamron SP 90mm F2.5 Macro F5.6 AE REALA ACE 100
う~む、京都のような雰囲気・・。満足、満足・・(嬉)。



(つづく)



Tag : TamronSP90/2.5 ML24/2.8 ML35/2.8

  1. 2008/04/10(木) 20:00:00|
  2. 2007-8かずさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター