うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

北欧旅行(35)王宮


“Hop On Hop Off”を“Hop Off”して、旧市街のガムラ・スタンにある王宮を目指す。



CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE PN400N
王宮は丘の上にある。





CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE PN400N
毎日昼過ぎに行われる衛兵の交替式が有名なのだが、夕方着いて翌日昼に発つ我々は見ることはできなかった。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
60年かけて建造され、1754年に完成したのだとか。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
現王室一家は、郊外のドロットニングホルム宮殿に引越していて、この王宮は国王が執務するために使われている。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
儀典博物館、王宮博物館、アンティーク博物館など、様々な展示があるそうな。時間の関係ですべてパス・・。



(つづく)



Tag : Distagon28/2 Sonnar85/2.8

  1. 2008/10/01(水) 20:00:00|
  2. 2008北欧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北欧旅行(36)ガムラ・スタン


王宮から中央駅近くのホテルまで、旧市街のガムラ・スタンを歩く。



CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
王宮の南側にある大聖堂。ストックホルム最古の由緒ある教会で、現国王もここで結婚式を挙げている。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
ガムラ・スタンは13世紀にストックホルムが築かれた時の発祥の地。古い建物が多い。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F2.8 AE REALA ACE 100
中央駅のある新市街へ戻る途中にある国会議事堂。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
遠くに市庁舎を望む。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
同じく遠くからリッダーホルム教会を望む。この手の高い塔がある建物は、必ずしも近くまで行って撮るのがベストではなく、こうして遠くから撮った方がよかったりする・・。本当はちょっと疲れていたので近くまで行く気にならなかったのだが・・(汗)。



(つづく)



Tag : Distagon28/2

  1. 2008/10/02(木) 20:00:00|
  2. 2008北欧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北欧旅行(37)北欧デザイン


北欧デザインというと、家具などが有名。シンプルで機能的、そして絶妙のカラーリングと機能美・・。



CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PN400N
街角をちょっとウロウロしていても、こういうお洒落なショーウィンドーに遭遇する・・。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F4 AE PN400N
ノッルマルムの新宿西口広場、いや、セルゲル広場の文化会館の地下にある「デザイン・トリエ」というお店。我がツアーにしては珍しく、お買い物タイムである。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F4 AE PN400N
この店は、ケーブルTVの番組で紹介されていて、是非行きたいと思っていた。スウェーデンの若手デザイナーがウデを振るった斬新な北欧デザインの小物を集めたお店。ナイフとフォークとスプーンがいっしょになったヤツとか、お洒落なタオル掛けとか、いくつか小物を買い求めた。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2

  1. 2008/10/03(金) 20:00:00|
  2. 2008北欧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Color Skopar 21mm F4 P


以前、Mマウントの21mmレンズ考
とかいってグダグダ与太話を書いたことがあるが、その時の一応の選択肢は、28mmに高価なエルマリートを奮発するなら21mmは投資を抑えてカラースコパー21mmF4Pを、というものであった。しかし、いざエルマリート28mmを手にしてしまうと、やっぱり21mmもエルマリートがいいなぁ・・(オイオイ)、となって、そうなると高くて手が出ないのでなかなか21mmは入手できないでいた。
ところが、今回、中古カメラ店で新品同様のカラスコを見つけ、あっさり逝ってしまった。あんだけウダウダしていたのにあっけないものである。外付けファインダーもあれこれ比較検討していたくせに、レンズがフォクトレンダーならファインダーも同じブランドで、ということでフォクトレンダーに決まり。これは中古が見つからなかったので中野まで出向いて新品を入手した。




さっそくCLEに着けてみる。コンパクトないでたちでなかなかいい感じ。ファインダーはちょっとタル型歪曲があるがライカ純正のファインダーよりマシであり、非常に明るくて見やすい。



というわけでさっそく試写。




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F8 AE REALA ACE 100
いつもの袖ヶ浦公園へ。へんな構図になってしまったが、まあ超広角らしい・・(笑)。




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F4 AE REALA ACE 100
超広角のパースペクティブを楽しむ・・。周辺まで流れのない見事な描写。これで絞り開放なのだから恐れ入る。




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 AE REALA ACE 100
十分なシャープネス、ヌケのよいコントラストと発色で、最新設計のレンズだなぁ、と感じる。




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F8 AE REALA ACE 100
コントラストがいい分、暗部は少し潰れやすいようだ。ネガなのにポジのような描写である。




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F8 AE REALA ACE 100
これまたお馴染み牛込海岸へ。超広角の画角を気楽に楽しむことができるレンズだ。




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F8 AE REALA ACE 100
レトロフォーカスタイプではないので、周辺減光はちょっと目立つときがある。




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F8 AE REALA ACE 100
いやはや逆光にはめっぽう強い。逆光に対する強さはディスタゴン18mmF4よりも上を行くかもしれない・・。


というわけで、なあんだ無理してエルマリート21mmなんか買わなくたってこれで十分じゃん、と思わせるソツのない描写。絞り開放から安心して使えるレンズである。しかも全長30mmにも満たないコンパクトさ。優等生過ぎて味わいに欠ける、などと、ないものねだりをしたくなる気がしないでもないが、小さいのでいつも持ち歩くことができ、かえって大げさなレンズよりも使用頻度が増える気がして、他のレンズと組み合わせてラインナップを組むのに好都合だと感じた。



Tag : Color-Skopar21/4P

  1. 2008/10/04(土) 20:00:00|
  2. レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

北欧旅行(38)夜のストックホルム


ホテルのレストランで夕食をとった後、ポケットに50mmレンズを入れ、カメラに28mmレンズをつけて夜の街へ・・。



CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
まずはホテルの玄関で後ろを振り返ってロビーをパチリ! 遠くに四角い明かりのついた3つのデスクが見えるが、これがフロントのカウンターなのだ。ここでチェックイン、チェックアウトをする。なんともお洒落である。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
ストックホルム中央駅。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
夜景が綺麗といわれるセルゲル広場。たしかに・・(嬉)。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
ストリートミュージシャン。実にしゃれたギター演奏で、しばらく聞き惚れてしまった。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
市庁舎をパチリ。まだ西の空がうっすらと明るいが、絞りF2開放では歯が立たなくなってきたので50mmF1.4レンズにスイッチ・・。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
国会議事堂から大聖堂を望む。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
ガムラ・スタンの中をお散歩。お~い、みんな見てるぞ!(笑)




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE PN400N
路地のバイク、自転車の類は、ついつい撮ってしまう・・。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
カラーフィルムで撮ったのだが・・(汗)。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
人通りもだいぶ減ってきた。ホテルに戻ることにしよう。


というわけで4日目おしまい。ストックホルムでは昼と夜と二回もお散歩してしまって、結構歩きつかれた。こうして見ると、午前中に傘を差しながらベルゲンでスナップしていたのが何日も前の出来事のよう・・。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2

  1. 2008/10/05(日) 20:00:00|
  2. 2008北欧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

北欧旅行(39)ストックホルム市庁舎(前編)


ホテルから歩いてストックホルム市庁舎へ行った。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
おおっ、運河沿いに遊歩道がある。降りて行ってみよう。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
なんとも美しいところだ。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
市庁舎の前にあったレンタル自転車置き場。2006年から始めたサービスで、観光局などで事前にICカードを購入しておき、それを置き場にかざすとロックが外れて乗ることができる。市内約40ヶ所で乗り捨て自由、3日間で125Skr(約2,400円)だとか。ヘルメットも貸してくれるそうな。自転車専用道も整備されているが、ストックホルム市内は結構坂道が多いのと、そもそも市内の見所は歩いて周れるぐらいこじんまりしているので、イマイチ利用者が多くないのだとか(笑)。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
ど~ん!(笑) これがかの有名な市庁舎のシンボル、高さ106mの塔である。塔に登ることもできるが、エレベーターに乗った後365段も階段を登るとかで、パス・・(笑)。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
中庭。建物の中は30分おきに出発するガイドツアーでしか見ることができないので、チケットを買ったあと外で時間つぶし・・。




CONTAX RTS II Distagon T* 18mm F4 F8 AE PN400N
というわけでヒマなので18mmで遊ぶ・・(笑)。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
対岸のリッダーホルム教会。



(つづく)



Tag : Distagon18/4 Distagon28/2 Distagon35/1.4 Planar50/1.4

  1. 2008/10/06(月) 20:00:00|
  2. 2008北欧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北欧旅行(40)ストックホルム市庁舎(後編)


チケット売り場でガイドツアーを予約。希望の言語は?と聞かれたので、ないのを知っていながら「日本語」と答えたら、「あら残念、日本語のツアーはないので、代わりにロシア語はどう?(笑)」などと言われてしまった。英語でやり取りしてたんだけど・・(汗)。



CONTAX RTS II Distagon T* 18mm F4 F4 AE PN400N
というわけで英語のツアーに参加。建物の中に入って最初に観るのがこの青の間。毎年12月10日にノーベル賞授賞式の晩餐会が開かれる会場である。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE PN400N
元々青い色の内装にする計画だったが、土壇場になって計画変更。名前だけ青の間となったとか。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE PN400N
赤レンガの内装が美しい。最初はこのレンガを青く塗る計画だったというのだが、塗らなくてよかった・・(笑)。




CONTAX RTS II Distagon T* 18mm F4 F4 AE PN400N
赤を基調にした会議室。手前の男性(ピンボケですまん・・汗)が英語のガイドさん。よくしゃべる・・。おかげでゆっくり撮影できた(笑)。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
ゲストのレセプションに使われていたプリンセスギャラリー。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F8 AE PN400N
ここから眺める外の景色は美しい。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
ノーベル賞授賞式では青の間の晩餐会の後、黄金の間で舞踏会が開かれる。これは、ガイドブックに黄金の間の紹介でよく出てくるメーラレン湖の女王の壁画。戦争への怒りを込めた厳しい顔つきが市民の賛否両論を呼んだ、と言われている。


で、これって壁のごく一部の絵だと思っていたのだが・・




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F2 AE PN400N
実はこんなにでかい壁画だった・・(驚)。


というわけでストックホルム観光はこれにておしまい。



(つづく)



Tag : Distagon18/4 Distagon28/2 Distagon35/1.4 Planar50/1.4

  1. 2008/10/07(火) 20:00:00|
  2. 2008北欧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

横浜赤レンガ倉庫~CS21/4P習作~


カラースコパー21/4Pの練習を兼ねて横浜赤レンガ倉庫へ。



Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F8 AE REALA ACE 100
咄嗟のスナップ・・。




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F8 AE REALA ACE 100
実にサッパリシャープなレンズである。




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F8 AE REALA ACE 100
ブラジルフットサルの催し物をやっていた。屋台も出ていて、昼飯はブラジル名物フェイジョアーダで決まり!




Minolta CLE Color-Skopar 21mm F4 P F16 AE REALA ACE 100
今年はブラジル移民100年の記念すべき年。近くを歩いていたカップルが、
女性「なんで移民100年なの?」
男性「最初にブラジルから日本に来たのが100年前らしいよ」
女性「ふ~ん・・」
いや、逆です・・(苦笑)。



Tag : Color-Skopar21/4P

  1. 2008/10/08(水) 20:00:00|
  2. よこはま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北欧旅行(41)コペンハーゲンのホテル


ストックホルムから飛行機でデンマークの首都、コペンハーゲンへ。空港からタクシーでホテルへ向かい、まずはチェックイン。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 PE-20S F4 1/60 REALA ACE 100
コペンハーゲンで泊まったホテルは、ラディソンSASロイヤルホテル。ここは、デンマークの誇る世界的デザイナー、アルネ・ヤコブセンがデザインした20階建てのホテル。6階には創業当時のヤコブセン・デザインを維持した606号室、ヤコブセン・スイートがある。我々が泊まったのは同じフロアーの別の部屋。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 PE-20S F4 1/60 REALA ACE 100
これはエレベーターホールなのだが、内装のカラーリングが実に心地よい。


扉を開けて中に入ってみると・・




CONTAX RTS II Distagon T* 18mm F4 F8 AE REALA ACE 100
うおっ~、角部屋だぁ~!




CONTAX RTS II Distagon T* 18mm F4 F8 AE REALA ACE 100
バスルームもカラーリングが統一されていて、なんともお洒落・・。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
部屋からの眺めは抜群! 左の方には市庁舎が見える。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
市庁舎の手前は、チボリ公園の入口とハードロックカフェ。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
正面やや右には中央駅が見える。


いやはや、高級ホテルだけあって、素晴らしいところだった。



(つづく)



Tag : Distagon18/4 Distagon35/1.4 Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2008/10/09(木) 20:00:00|
  2. 2008北欧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北欧旅行(42)コペンハーゲン散策


ホテルの内装や部屋からの眺めでひとしきり大騒ぎしたあと(笑)、カメラを持って街中へ。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
まずはホテルの斜め前にあるチボリ公園の入口でパチリ!




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
壁にチョコチョコと色々な宣伝がくっついているビル。青空が窓に映って美しい。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
市庁舎。塔の高さは105.6m。そういえばストックホルムの市庁舎の塔は、ライバル意識をむき出しにして、このコペンハーゲンより40cm高い106.0mの塔にしたのだとか。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
ちょっと日が翳ると途端に落ち着いた色合いになるところが北欧らしい。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4

  1. 2008/10/10(金) 20:00:00|
  2. 2008北欧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター