FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リトルコンタックス3兄弟(3)159MM


つい先日ご紹介したばかりの159MM。1985年発売で、139とほぼ同じ大きさのボディながら、プログラムAE、1/4000、像面光量記憶方式AEロックと正当に進化しており、機能面では139よりも魅力的である。電源スイッチが付いたこと、一方で露出確認ボタンがなくなってシャッター半押しで露出確認するようになったことなど、コンタックス独自の使い勝手から、より一般的な操作系になっている。





操作した感触は、巻上レバーがやや重く、これは1/4000の実現と関係があるようだ。シャッターフィーリングは139の「カチャン」に対し、「グシャン」という感じである。139より落ち着いた音だが、ことさら高級感があるわけではない。139よりもちょっと甲高い音が少ないかな、という程度である。





ファインダー倍率は0.82倍と、139や137MD/MAの0.86倍からやや後退したが、この159MM以降の小型コンタックスの標準となったファインダー光学系である。コンデンサーレンズのない簡略型なのだそうだが、十分見やすくピント合わせもしやすい。スクリーンは交換式ではなく、スプリットマイクロタイプが付いている。ファインダー画面下部にLEDで絞り値が表示されるが、目の位置が悪いとちょっと見えにくい時がある。ファインダー内で絞り値を確認する習慣はないので全く問題ないが・・。ボディは139の骨格をそのまま活用しており、139の時に問題視した大口径レンズと三脚雲台との干渉は、この159MMでも同様である。





当時の手巻き高級機のお約束で、専用ワインダーW-7が同時発売されている。秒間3コマ、縦位置レリーズ等、機能も十分、RTSII用のW-3とよく似たグッドデザインである。今だと自動巻上が欲しいなら最初から自動巻きカメラを使えばいいのだが、当時はこういうワインダー付のフォルムにあこがれたものだ。単3電池x6本のパワフルなW-7をつけると、「ギュイン」と途端にメリハリのいいシャッター音になる。まるでのんびり手巻きで動いていたところに外から強引にモーターで駆動されて、「オレだって本気をだせばシャキっとするんだぜ」とカメラが応えているように思える(笑)。なかなか気持ちのいい使い心地である。本来、手巻きカメラはもっとのんびり使うべきだろうが、これ1台で全てをまかなうなら、ワインダーW-7併用も悪くない。手巻きでまったりお散歩カメラをやっていて、途中からワインダーを付けて撮りテツ連写!なんて使い方も可能になる。





159MMの本来の“ウリ”はもちろん各種のプログラムAE機能だろうが、絞り優先AEでOKな人にはまったく関係ない話。今となっては、1/4000まで使える手巻きのコンパクトボディ、という点が魅力であろう。ただ、その1/4000を実現するために無理をして耐久性を落とす結果となったわけで、一時は中古市場でもかなりの人気者だったが、信頼性に欠ける点がネックとなって売れなくなったのか、あるいは、健康体がほとんど残っていないのか、今や、あまり店頭で見かけない。ただし、一般には部品払底で修理不能と言われているものの、もし不調をきたした159MMがあるなら、札幌のお医者さんに相談することをお勧めする。何やら手間をかければ復調できる可能性があるらしい。





魅力的なスペックながら信頼性に不安が残り、ベストセラーになりそこなった不遇のモデル。しかしながら、MMの導入は大きな転機になったし、サドンデスのリスクを負ってでも堪能したいと思わせる十分な機能と魅力的なフォルム・・。コンタックスの歴史を語る上で欠かせないモデルであろう。



  1. 2009/02/11(水) 20:00:00|
  2. カメラの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Fish’s Eye(1)某服飾学園


昨年新宿に登場した某服飾学園のビル。高層ビルというと普通は広角レンズの試写に便利なのだが、このビルは先細りの形なので歪曲収差のチェックにならず、カメオタの評判はイマイチ・・(笑)。




CONTAX 139 Sigma Fisheye 15mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
ならば魚眼レンズで撮っちゃえ、というのがこちら。




CONTAX 139 Sigma Fisheye 15mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
う~む、ビル街を魚眼で撮るのって、ちょっと面白いかも・・。



(つづく)



Tag : SigmaFisheye15/2.8

  1. 2009/02/12(木) 20:00:00|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yae Suppormance Live


かずさアカデミアホールでYae & ERAのライブがあるというので行ってきた。




CONTAX TVS II PN400N
Suppormanceとは、Yaeさんの造語で、地球環境や人権、平和のための活動をサポートするパフォーマンスの意。この日は、NPO「フー太郎の森基金」を支援する新春コンサートだった。「フー太郎の森基金」とは、エチオピアで植林事業を行っているNPOなのだとか。





CONTAX TVS II PN400N
ライブコンサートは会議室で行われたが、こちらは大ホールの入口。一昨年の秋には、ここで大々的にThe Festivalを行ったんだよなぁ・・。もちろんYaeさんERAも出演したっけ・・。






CONTAX TVS II PN400N
ま、NPOの方はともかく(笑)、Yae(ヴォーカル)、鬼怒無月(ギター)、壷井彰久(ヴァイオリン)のゴキゲンなライブを堪能した。今回は出演者の了解を得てなかったのでステージの写真はなし・・。



Tag : TVSII

  1. 2009/02/13(金) 20:00:00|
  2. おんがく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SL春さきどり号(2)試運転その2


一週間ほど前からC57180が木更津にやってきているのはお知らせした通りだが、2月6日、7日、9日~11日の5日間、本番と同じ運行形態で習熟運転をやっていた。すなわち、朝9:15にDE10に牽引されたDL春さきどり号が木更津を出発し、千葉みなとへ。折り返し、C57180が先頭のSL春さきどり号に。12:48千葉みなとを発ち、蘇我、五井、姉ヶ崎と停車して14:51木更津へ。途中、姉ヶ崎では45分間の長時間停車がある。


というわけで、試運転最終日の2月11日、姉ヶ崎駅へ行ってみた。



CONTAX RX Sonnar T* 100mm F3.5 F8 AE PN400N
ほぼ定刻どおりに入線してきた。




CONTAX RX Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE PN400N
到着と同時に点検作業が始まる。45分間の停車は、点検のためにあるのだろうか。




CONTAX RX Sonnar T* 100mm F3.5 F8 AE PN400N
ホームではファンの皆さんが記念撮影中・・。う~ん、まだ試運転だというのにこの人だかり・・(汗)。




CONTAX RX Sonnar T* 100mm F3.5 F5.6 AE PN400N
所属はちゃんと「千」、すなわち千葉機関区になっているようだ。


姉ヶ崎に停車している間に、クルマで先回りして、今回の運行区間随一の撮影名所、袖ヶ浦~巌根間へ移動・・。



(つづく)



Tag : Sonnar100/3.5 Sonnar180/2.8

  1. 2009/02/14(土) 20:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SL春さきどり号(3)試運転その3


袖ヶ浦を出ると、小櫃川の鉄橋に向かって登り勾配になる。周辺が珍しく開けていることもあって、蒸気機関車の撮影ポイントとして絶好の条件が揃っているというわけ。
姉ヶ崎からクルマで来てみると、すごい人、人、人・・(汗)。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.7 F8 AE PN400N
間違いなく100人以上いそう・・(汗)。ただ、道路を挟んで前後2列に幅広く並べるので大勢のカメラマンを受け入れることができ、いいスポットといえるかもしれない。あいにく曇天だが、雨が降る心配はなさそうなので一安心。




CONTAX RX Sonnar T* 100mm F3.5 F5.6 AE PN400N
特急さざなみで練習・・(笑)。手前の鋼製階段が邪魔だが、仕方ない・・。




CONTAX RX Sonnar T* 100mm F3.5 F5.6 AE PN400N
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! さすが登り勾配だけあって煙も多くカッコいい・・(嬉)。門デフの軽快さを強調するために、土手の下から少し見上げる角度で撮った。そのために鋼製階段を避ける構図がとれなかったが、まあ、これは本番までの宿題としよう。本番は機関車の前面にヘッドマークが付くらしいが、今日は試運転なのでヘッドマークはなし。しかしながら、ヘッドマークなしの方がカッコいい気もする・・(笑)。




CONTAX RX Sonnar T* 100mm F3.5 F5.6 AE PN400N
クルマで木更津駅へ行き、駅構内でくつろいでいるC57をカシャ!




CONTAX RX Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE PN400N
構内の端っこで、レッカーを使って何やらテンダーに積み込んでいる・・。石炭だろうか・・。



(つづく)



Tag : Sonnar100/3.5 Sonnar180/2.8

  1. 2009/02/15(日) 20:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

リトルコンタックス3兄弟(4)139続編


末弟のAriaへ行く前に139のオタクネタを・・。

1)縦走行メタルシャッター
139以降、ごく一部の例外を除いて縦走行メタルシャッターになっていったので、139はその第一号として意義深いのだが、よく見ると、後のモデルのシャッターと違って、走行する向きが逆、すなわち、下から上に向かってシャッターが走る。



元々フィルム上の画像は上下左右逆像なのでシャッターは画面の上から下に走ったことになり、むしろこちらの方が自然なのかもしれないが、メカとしてはちょっと不思議・・。



2)AEロック不良
AEロック不良は、数少ない139の弱点と申し上げたが、これはAEロックレバーの問題ではなく、これと連動している巻上げレバーの待機位置保持機能の問題である。



そもそもAEロックの操作は、巻上げレバーを待機位置にしてAEロックレバーを廻すとロックし、巻上げレバーを収納位置にするとロックが解除されるのだが、巻上げレバーを待機位置で保持するのは、ハンガースプリングというパーツで、これが破損すると待機位置で保持できなくなるのでAEロックも止まらなくなるというわけ。今回、小畑カメラサービスで修理可能なのだろうか、と問い合わせてみたところ、パーツの写真と共に修理可能とのお返事をいただいた。



(写真:小畑カメラサービス提供)

こちらがそのハンガースプリングというパーツ。139用の純正部品はもう払底しているそうだが、小畑さんのところでは、より信頼性の高い対策部品を独自に用意して修理しているのだそうである。



3)ワインダーの裏技
139用のワインダーは、本来、139ワインダーまたは139ワインダーIIである。秒間2コマの当時としては標準的なワインダーであり、縦構図用のシャッターボタンもついている。IIになって巻き戻しボタンにロックがついた。しかしながら、グリップのないデザインでボディの底を延長したような形であり、あまり好みではない。一方、159MM用のワインダーW-7は、グリップもついてなかなかカッコいい。以前どこかでW-7が139で使えると聞いたことがあったので、早速試してみた。



W-7側に4本並んでいる信号ピンのうち、両端の2本を無効にすればいいらしい・・。そこで、両端の信号ピンが当たるボディの位置に絶縁テープを貼る。




ほれ、ご覧の通り、ジャストフィットである・・(笑)。う~ん、ゴキゲン!!



  1. 2009/02/16(月) 20:00:00|
  2. カメラの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

木更津上空


羽田空港へのアプローチにはいくつかのルートがあるそうだが、そのうちのひとつ、木更津上空を通るパターン。




CONTAX TVS II PN400N
木更津港の上を飛びながらどんどん高度を下げていく。




CONTAX TVS II PN400N
小櫃川河口に広がる盤州干潟。浸透実験池が魚の目のように見える。


それにしても、飛行機の中から撮った写真って、スキャンすると色の悪さが非常に目立つ・・(汗)。色々と補正を試みたが、元が悪いとモノクロにするぐらいしか抜本的な改善策はなく、あえなく挫折・・orz。



Tag : TVSII

  1. 2009/02/17(火) 20:00:00|
  2. 2009-15かずさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

57万アクセス御礼


拙ブログが57万アクセスを突破しました。いつもご覧いただき、ありがとうございます。
何やらここへ来て、ちょっとアクセスが増えているようで、今までずっと約2週間で1万アクセスだったのが、最近は10日ぐらいでクリアーするようになっております。自分としてはむしろマンネリになってきて、気の利いた記事も書けずちょっとブルーなのですが・・(汗)。

まあ、これからも、銀塩コンタックス主体のブログということで続けてまいりますので、どうかお見限りなく、よろしくお願いいたします。


  1. 2009/02/18(水) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fish’s Eye(2)定点観測


新宿といえば、Agasさんの定点観測ポイントがあったよな、ということでカシャ!




CONTAX 139 Sigma Fisheye 15mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
ん? こんなに電車のガードは遠かったっけ? ってくらい、日ごろと距離感が違う・・(汗)。やっぱ魚眼レンズなのねぇ・・。



CONTAX 139 Sigma Fisheye 15mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
それじゃ、ってんで後ろを振り返ってカシャ! こっちの方が絵になるかも・・(笑)。



(つづく)



Tag : SigmaFisheye15/2.8

  1. 2009/02/19(木) 20:00:00|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fish’s Eye(3)新定点観測


広角系レンズは、こちらの新定点観測ポイントがよかったんでしたっけ?




CONTAX 139 Sigma Fisheye 15mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
う~ん、対角線180度の画角って、伊達ではないですな・・(笑)。




CONTAX 139 Sigma Fisheye 15mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
ちょっと横を向いてカシャ! 日ごろ見慣れた光景を見慣れない光景に変えてくれるのが魚眼レンズのいいところ・・。



(つづく)



Tag : SigmaFisheye15/2.8

  1. 2009/02/20(金) 20:00:00|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。