FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

三渓園(2)大池


敷地内に入ってすぐ目に入るのが大池。遠くに三重塔を望む池の写真が定番なのだが、今回はそれ以外の写真ということで・・。



CONTAX RTS Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
大池にかかる観心橋。



CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
う~ん、前回と違うアングルの写真はほとんどないなぁ・・(汗)。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon21/2.8

  1. 2009/10/17(土) 20:00:00|
  2. よこはま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三渓園(3)燈明寺


三渓園のシンボル、燈明寺三重塔。外苑ゾーンにある。



CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
京都から移築したものだが、1457年建築ゆえ結果として関東で最古の塔となった。




CONTAX RTS Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
三重塔らしからぬアングルでカシャ!




CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
こちらは燈明寺の本堂。




CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
その隣の茶店、待春軒。ま、名前は別にどうでもいいのですが・・(笑)。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon21/2.8

  1. 2009/10/19(月) 20:00:00|
  2. よこはま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

三渓園(4)合掌造り


外苑には立派な合掌造りの建物があるが、これは白川郷にあった江戸時代の庄屋を移築したもの。



CONTAX RTS Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE REALA ACE 100
手前にはお地蔵さんが・・。




CONTAX RTS Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
段々近づいて・・。




CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
ど~ん・・!(笑)




CONTAX RTS Planar T* 50mm F1.4 F4 AE REALA ACE 100
お隣には鎌倉から移築した東慶寺仏殿が・・。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon21/2.8

  1. 2009/10/21(水) 20:00:00|
  2. よこはま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

べからず集 Distagon T* 21mm F2.8 MMJ 編


本ブログの初期に、べからず集と称してツァイスレンズの意外な弱点をあげつらう記事を書いたことがある。当時、皆が絶賛したD35/1.4MP100/2.8をネタにして、意外なレンズ特性の弱点を暴露していい気になったわけだが、「結局、写りが悪いのはレンズじゃなくて撮り手がヘタだからだろ」という外野の声が大きくなっただけで(爆)、その後、このシリーズは封印されたままだった。


さて今回、一時はプレミアムまでついてしまったマニア垂涎の銘玉、ディスタゴン21mmF2.8をやっと手に入れたので、このレンズをネタに「べからず集」をやってみたい。とはいっても、「べからず」なのは、逆光特性だけである(苦笑)。

横浜の三渓園でパチパチやっていると、ありゃりゃ、これがウワサの逆光特性っすか、というのに出くわした。




CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
ほれ、この通り・・(笑)。いやぁ、フレアやゴーストがこれだけ盛大なのはコンタックスのレンズでも随一を誇る、といっても過言ではない。同じような超広角でもディスタゴン18mmF4は逆光に強いので有名であり、D18/4の9群10枚に対してD21/2.8は13群15枚ではあるが、レンズ枚数が多いだけでこうも極端に悪くなるのか、よくわからないが驚くばかりである。


ただし、ディスタゴン21mmF2.8の名誉のために追記しておくと、同様のアングルでも、ちょっと角度を変えれば・・



CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
このようにほとんど影響を消すことができる。一眼レフなのでこのあたりの状態を確認しながら撮ることで、知らないうちに大変なゴーストにまみれていた、みたいな事態は防げるが、このレンズは日ごろビックリするようなシャープな映像をファインダーにもたらしているだけに、突然盛大なフレアやゴーストに見舞われると、レンズの故障を疑ってしまうかもしれない。

どうか、これがこのレンズの習性だと思い出していただき、冷静に対処いただきたい。



Tag : Distagon21/2.8

  1. 2009/10/23(金) 20:00:00|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

三渓園(5)臨春閣

内苑のハイライト、臨春閣。



CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
御門を通って内苑へ。




CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
右に白雲邸を見ながら進む。




CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
じゃ~ん、臨春閣である。




CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100





CONTAX RTS Sonnar T* 135mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
今回は何枚か135mmの望遠レンズで撮ってみた。




CONTAX RTS Sonnar T* 135mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100



(つづく)



Tag : Distagon21/2.8 Sonnar135/2.8

  1. 2009/10/25(日) 20:00:00|
  2. よこはま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

三渓園(6)月華殿


引き続き内苑を散策。



CONTAX RTS Distagon T* 28mm F2.8 F4 AE REALA ACE 100
前回も撮った月華殿への石段。





CONTAX RTS Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
月華殿の全景。




CONTAX RTS Distagon T* 28mm F2.8 F4 AE REALA ACE 100
月華殿のドアップ。近づきすぎて何だかわからん・・(汗)。




CONTAX RTS Sonnar T* 135mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
聴秋閣をバックに逆光に映えるもみじを・・。これじゃバックが何だかわからんが・・(汗)、こういうもみじを見るとどうしてもやりたくなる・・
<<続きを読む>>

Tag : Distagon21/2.8 Distagon28/2.8 Sonnar135/2.8

  1. 2009/10/27(火) 20:00:00|
  2. よこはま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

76万アクセス御礼


累計76万アクセスを頂戴しました。いつもご覧いただき、まことにありがとうございます。
本日は、東京出張の帰りに中野某所へ立ち寄り、ブログがご縁で知り合った方の写真展を拝見してきました。
補助イス、立ち飲みまで登場するほど大盛況でして、作品の話よりもカメラ談義で大盛り上がり・・(笑)。
それにしてもマイクロフォーサーズ人気のすごいこと。G1、GH1、E-P1、GF1と、すべての機種が集結していたような・・。
それ以外にも、7D!、ライカM9!!などが登場してビックリ仰天・・。久しぶりにカメオタに浸った一夜でございました。


  1. 2009/10/28(水) 00:45:05|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三渓園(7)本牧市民公園


厳密には三渓園の外だが、三渓園の南門を出ると本牧市民公園がある。



CONTAX RTS Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
元は本牧の海岸線だったところで、海岸線埋め立て後、公園として整備された。池の部分が以前海だったところである。




CONTAX RTS Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
チャイナ風の建物の一角は、平成元年に上海市から提案・整備された中国江南様式による庭園で、上海横浜友好園と呼ばれている。




CONTAX RTS Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
背景になる三渓園の崖と緑がうまく建物とマッチしていて、異国情緒たっぷりのとてもいい感じのところだった。


以上で三渓園特集おしまい。紅葉の時にでも再訪したいところだが、すごい人出なんだろうなぁ・・(汗)。



(おしまい)



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2.8

  1. 2009/10/29(木) 20:00:00|
  2. よこはま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 MMJ


今やカメラのレンズといえばズームレンズが当たり前だが、コンタックスシステムが誕生した1975年当時は、まだ単焦点レンズが一般的だった。それでも初期の頃から標準ズームのバリオゾナー40-80mmF3.5と望遠ズームのバリオゾナー70-210mmF3.5がラインナップにあり、特に後者は高価だが描写の優れたレンズとして、いまだにマニア垂涎の的になっている。その後80年代後半になって、この2本はバリオゾナー35-70mmF3.4とバリオゾナー80-200mmF4に置き換わっていった。いずれも単焦点レンズに劣らぬ優れた描写力なのだが、レンズの明るさや焦点距離のレンジが凡庸ゆえ、高性能にもかかわらず安価なお買い得レンズとして有名になってしまった。

さて、今までかたくなに単焦点レンズばかり追い求めてきたが、鉄道写真の場合だとズームだったら便利だろうなぁというケースが多く、それなら望遠系ズームで格安のバリオゾナー80-200mmF4がいいよな、ということになり、ついにズームレンズを導入してしまった。




赤い鉢巻の入ったラバーフードをつけて、キヤノンLレンズの雰囲気に・・(爆)。




CONTAX RTS II + W-3 Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE PN400N
MTF曲線を見る限り、たとえば望遠端の200mmでは単焦点のテレテッサー200mmF4と同等の性能のようだが、写りを見ると、むしろこのバリオゾナー80-200mmF4の方がコントラストがあってヌケのよい絵に見える。さすが定評のあるズームである。




CONTAX RTS II + W-3 Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE PN400N
明るい単焦点レンズを使い慣れた目には、絞り開放F4というのは実用限界だが、目の位置に注意すればマイクロプリズムでも十分ピント合わせ可能であった。




CONTAX RTS II + W-3 Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE PN400N
さっと焦点距離を変えて連写できるのはズームならではである。




CONTAX RTS II + W-3 Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE PN400N
いくらマニュアルフォーカスのレンズでデジタルシステムのないマウントとはいえ、この性能で中古が新品定価の80%引きというのは、何ともオリジナルの設計者に申し訳ない気がする。まあ、中古価格の暴落ぶりは、このレンズに限らず最近の銀塩ボディ、レンズ全般に言えることだが・・。

それにしても、あれだけ毛嫌いしていたズームレンズ、あっさり逝ってしまい、しかも、意外にすぐ馴染んでしまった・・(苦笑)。



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

Tag : Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2009/10/31(土) 20:00:00|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター