うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安着のお知らせ


新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

先ほど無事帰国いたしました。年末年始に海外旅行へ行っていたわけですが、どこへ行っていたかというと、
アルゼンチン2泊にペルー4泊の6泊10日の南米旅行へ行っておりました。
撮った写真がフィルム34本、1,200カットあまり。雨季にもかかわらず天候に恵まれ思いのほかISO100の
フィルムでも撮影できましたが、ISO100のREALAが13本に対し、ISO400のPN400Nが21本ということで、
相変わらずISO400が中心になってしまいました。どんな条件下でも即座に撮れるように、となると、どうしても
ISO400ぐらいの感度が欲しくなります。ISO50や100のポジで撮られる方がどれだけ大変か、あらためて
実感した次第です。
一昨年の5泊7日の北欧旅行が40本だったのに比べると一日多いにもかかわらず6本少ない結果となりましたが、
まあ、移動時間も多かったですし、がんばって撮った結果がこれぐらいの本数かな、という感じです。

1001Film.jpg

これから現像いたしますので、ブログにアップするにはもうしばらくお時間をいただくことになりますが、
およその訪問地は以下の通りです。

1日目:(アルゼンチン)ブエノス・アイレス市内
2日目:(アルゼンチン)イグアスの滝
3日目:(アルゼンチン)イグアスの滝
4日目:(ペルー)ナスカの地上絵、リマ市内
5日目:(ペルー)クスコ市内
6日目:(ペルー)マチュピチュ遺跡
7日目:(ペルー)リマ市内

一番の目的はマチュピチュ遺跡だったのですが、欲張ってイグアスの滝を組み入れたので、ややハードな
日程となってしまいました。明日以降、長々と連載させていただきますので、よろしくお付き合いのほど
お願いいたします。




スポンサーサイト
  1. 2010/01/06(水) 23:51:16|
  2. 2009-10南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

81万アクセス御礼


よく見れば、この正月休み中に81万アクセスを越えておりました。いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
アクセス御礼を書いてるヒマがあったら早く南米の写真をアップしろよ、とお叱りを受けそうですが、現像、スキャン等の
準備を鋭意進めておりますゆえ、今しばらくお待ちのほど、よろしくお願いいたします。


  1. 2010/01/07(木) 19:58:42|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南米旅行(1)ヒューストン経由


南米にあるマチュピチュ遺跡は、以前から行ってみたいと思っていた。訪問したい世界遺産ランキングで第一位とのことなので、同好の士も多いのではないかと思う。今回マチュピチュに加え、3回もブラジル出張しながら訪問かなわなかったイグアスの滝を含むツアーを探し、6泊10日のツアーに申し込んだ。
どの航空会社も南米への直行便はなく、北米かヨーロッパで乗り継ぐことになる。今回のツアーでは、コンチネンタル航空を使い、アメリカのヒューストン経由でアルゼンチンのブエノス・アイレスへ向かうことになった。
ヒューストンでの乗り換え時間は7時間あまり・・。アメリカでは乗り換えだけの場合でも正規の入国審査を受ける。せっかく入国したのだから空港でボケっとしていてもつまらない。そこで、バスに乗ってダウンタウンへ行ってみた。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N




CONTAX RTS II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE PN400N
ヒューストンといえば月旅行・・(笑)。本当はヒューストン宇宙センターへ行きたかったのだが、場所が市街地を挟んで空港と反対側で遠いのと、アクセスもタクシーしか手段がなくて帰りのタクシーが捕まるか自信がなかったので断念。まあ今回の目的地は南米なので、目的地に着く前から欲張ってドジを踏まないよう自重した次第・・。




CONTAX RTS II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F4 AE PN400N
そろそろ日が暮れてきたので空港へ戻ることにした。それにしても南米は遠い・・(汗)。成田からヒューストンまで11時間40分。約7時間の乗り継ぎ時間を経て、ヒューストンからブエノス・アイレスまで更に10時間20分を要したのであった。



(つづく)



テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

Tag : Distagon35/1.4 Distagon21/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2010/01/08(金) 20:00:00|
  2. 2009-10南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

南米旅行(2)カミニート


27時間の長旅の果てに着いたのが、アルゼンチンの首都ブエノス・アイレス。国の総人口の約1/3にあたる1400万人近くが住む大都会である。“南米のパリ”と称されるヨーロッパ文化が根付いたお洒落な街。それもそのはず、イタリア、スペインを中心としたヨーロッパ系白人が95%以上を占めるお国柄で、そのあたりは他の南米諸国とちょっと異なっている。

空港に迎えに来ていただいた現地観光ガイドの方に連れられてまず行ったのが、ボカ地区。アルゼンチン最初の港があった街で、労働者や船乗りがたむろするこのあたりのバーで生まれたのが、あの“タンゴ”なのだそうだ。今は、港は別の地域に移り、ボカ生まれの画家、キンケラ・マルティンの手によって作られたカラフルな“カミニート”という路地公園が観光名所となっている。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
いやはやすごい人手である・・(驚)。ブエノス・アイレス随一の観光名所らしく、この小さい路地めがけて観光バスがどっと押し寄せていた。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
タンゴのふるさとゆえこのようなものも・・。いや、これは日本文化か?(爆)




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
(建物の写真ばかりで物足りない方は画像をクリック・・)




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE PN400N
画家の卵たちが自分の作品を路上で売っている。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE PN400N
何しろカラフルである。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N
タンゴのお店の前にあった人形。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE PN400N
観光の最初から、夏の日差しの強さとカラフルな色合いに強烈なインパクトを受けてしまった。そう、今は日本の6月末に相当する初夏なのだ。



(つづく)



テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

Tag : Distagon35/1.4 Distagon28/2.8 Distagon21/2.8

  1. 2010/01/10(日) 20:00:00|
  2. 2009-10南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

南米旅行(3)セントロ


ブエノス・アイレスの中心街(セントロ)は、5月広場を中心としたモンセラート地区、7月9日大通りのサン・ニコラス地区、サン・マルティン広場のレティーロ地区あたり。もちろん市内観光はこれらの地区を観て廻るが、ほとんどがクルマの中から「左に見えますのは~」「右に見えますのは~」と走りながらのご紹介。というわけでロクな写真なし・・(汗)。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F2.8 AE PN400N
何組かまとまって行動する団体ツアーに申し込んだつもりだったが、日本語ガイド指定は我々だけだとかで、運転手付きのクルマの後席に乗り、助手席のガイドさんから日本語で説明を受けるというゼータクなスタイル。お天気も悪くなってきたので撮影はお休みしてガイドさんの話に耳を傾ける。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
とか言いながら、やはりカメラは手放さず・・(笑)。こちらは交差点で隣に止まったタクシー。黒いボディに黄色い屋根の統一カラー。すべて個人タクシーだそうだが、ラジオタクシーという無線のチェーンに登録しているクルマ多数。東京都内のカタツムリや提灯みたいなものか(笑)。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE PN400N
途中降り立った数少ない場所のひとつがこの5月広場。かつてのスペイン統治時代からある広場だが、1810年5月25日の独立宣言以来、今の呼び名になったとか。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F2 AE PN400N
5月広場に面している大聖堂(カテドラル・メトロポリターナ)の中に入る。内部の撮影はOK、フラッシュもOKと言われたが、さすがに使う気にはならずスローシャッターでカシャ!




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
この大聖堂には、アルゼンチン、チリ、ペルーを独立に導いたアルゼンチン人の軍人、ホセ・デ・サン・マルティン将軍の柩が安置されている。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F4 AE PN400N
一方こちらはセントロの北側、レティーロ地区にある英国塔。元々は1916年アルゼンチン独立100年を祝ってイギリスから贈られた塔。この一帯の広場も英国広場と呼ばれていた。ところが1982年、マルビナス諸島の領有権を巡ってアルゼンチンとイギリスの間でフォークランド紛争が勃発、以来、この広場はアルゼンチン空軍広場と呼ばれるようになったとか。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N
セントロの西側、サン・ニコラス地区を南北に突っ切る7月9日大通り。世界で一番広い通りなのだそうだ。で、そこにはブエノス・アイレス建都400年を記念して造られた高さ67mのオベリスコがある。いっしょに写っている“Subte”とは地下鉄のこと。6路線あり、B線では今でも東京の丸の内線で使っていた赤い電車が走っているのだとか。是非見たかったので改札口まで降りて行ってみたがホームは見えず断念。



(つづく)



テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon28/2.8

  1. 2010/01/12(火) 20:00:00|
  2. 2009-10南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南米旅行(4)レコレータ墓地


雨が降り出してしまったが、ブエノス・アイレスの山の手、レコレータ地区へ。ここには、最高級の墓地、レコレータ墓地がある。



CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N
1882年に開設されたもっとも由緒ある墓地。芸術的な墓地としても世界的に有名で、150m2に6400の納骨堂があり、そのうちの70は国の文化財。歴代大統領13人の墓もここにある。




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N
今やカミニートと並ぶブエノス・アイレスきっての観光名所になっているらしい。




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F4 AE PN400N
極めて古いものもあれば・・・




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N
かなりモダンな新しいものもある・・。




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N
それにしても大げさというか豪華絢爛というか、神殿かなにかと見まがうばかりである。




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F2.8 AE PN400N
こちらは国民的英雄だった大統領夫人エビータの墓。恵まれない幼少期を過ごし、女優になり、大統領夫人になって貧しい人のために尽くし、1952年にわずか33歳でこの世を去った偶像的存在。マドンナが主演した映画「エビータ」が記憶に新しいが、あれって1996年なんだと。そんな昔だったか・・(汗)。




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F4 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE PN400N




CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F5.6 AE PN400N


これにてブエノス・アイレス市内観光おしまい。一旦ホテルに戻って、夜のタンゴショーに備えて一休みしたのであった。



(つづく)



テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

Tag : Distagon35/1.4 Distagon21/2.8

  1. 2010/01/14(木) 20:00:00|
  2. 2009-10南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

82万アクセス御礼


累計82万アクセスを頂戴しました。いつもご覧いただきありがとうございます。
当面、ず~っと南米旅行が続きます(笑)。よろしくお願いいたします。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
カミニート@ブエノス・アイレスのボツ写真から・・。



Tag : Distagon35/1.4

  1. 2010/01/16(土) 13:45:09|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南米旅行(5)タンゴ(前編)


ブエノス・アイレスといえば、アルゼンチンタンゴ発祥の地。今や世界中に広まっているとはいえ、やはり本家本元のタンゴを聴いてみたい。ということで、パックツアーについているタンゴショーを観に行った。あまりに枚数が多いので2回に分けて連載。



CONTAX RTS II Distagon T* 21mm F2.8 F2.8 AE PN400N
行ったお店は「ラ・ベンタナ」というタンゲリーアの有名店。ディナー付きでショーは22:00ごろから始まる。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
壁にはピアソラのアルバムが飾ってあった。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
いよいよショーの始まり。オープニングは歌と踊りで明るくスタート。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
う~ん、絞り開放はハロが多いなぁ・・(汗)。いや、ピントが合ってないのか(爆)。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
演奏だけの曲もあるが、やはりペアで踊るのが一番見応えがある。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
いやぁ、カッコいいっす♪




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
こういうキメのポーズがやたらカッコいいのだが、逆にこういうタイミングじゃないとブレてしまってうまく撮れなかった。ISO400よりももっと高感度が欲しいところ。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
それにしても男性は見分けが付くのだが、女性のダンサーは皆同じに見える・・(汗)。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N


2時間近く休みナシでステージは続いたのだが、残りの写真は次回へ。



(つづく)



テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon21/2.8

  1. 2010/01/16(土) 20:00:00|
  2. 2009-10南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

南米旅行(6)タンゴ(後編)


タンゴショーの続き。



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
衣装が変わってレトロな雰囲気。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
動きがゆるやかなので動きを止めて撮ることができた、って、業務連絡してどうする(爆)。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
エビータの舞台から。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F1.4 AE PN400N
最後はエビータが白く飛んでしまった(汗)。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
続いてフォルクローレの舞台。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
振り回している縄のようなものは、床に当たると音が出る。それと足のステップでリズムをたたき出していて、なかなか見応えがあった。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
タンゴのステージに戻って。バンドネオン4台によるゴージャスな演奏。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
撮影は十分堪能したので手を止めてじっくり演奏と踊りを堪能・・。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N


最後は全員でフィナーレとかあったのだが、もう撮影するより観て楽しむ方へ・・。いやぁ、さすがに本場のタンゴは見応えあり。演奏はうまいし踊りはカッコいいし・・。

帰りはお店の送迎バスでホテルまで。やっとこれで観光初日がおしまい。



(つづく)



テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4

  1. 2010/01/18(月) 20:00:00|
  2. 2009-10南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

南米旅行(7)イグアスへ


観光二日目は、朝から飛行機でイグアスへ向かう。



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
ブエノス・アイレスの国内線空港はラ・プラタ川沿いにある。出発まで時間が出来たので近くを散策。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
ラ・プラタ川とは、アルゼンチンとウルグアイの国境を流れる川で、長さは250kmだが巾が50km!もあるという海か湖のような川。ウルグアイといえば、我々の世代にはコメの自由化論争のウルグアイ・ラウンドが思い出される。とはいえ会議の初回開催地だったウルグアイについてはさっぱり知識がなく、恥ずかしながらアルゼンチンとブラジルにはさまれた国だと今回初めて知った(汗)。




CONTAX RTS II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE REALA ACE 100
川の水は茶色く濁っているのだが、逆光で水面が光ると銀色!?に見えることからラ・プラタ(銀)と名づけられたとか。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルの国境にあり、アルゼンチン側の入口はプエルト・イグアスである。そこまで飛行機で1時間45分。結構遠い・・。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
ゲートの前に止まっていた飛行機。てっきりコレに乗るのかと思ったらさにあらず。ゲートを入ったところで階段で地上まで降りてバスに乗せられ、実際に乗ったのは別の飛行機だった(爆)。



(つづく)



テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2010/01/20(水) 20:00:00|
  2. 2009-10南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。