うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2012年8月プチ大分旅行(1)別府


8月初めの週末にちょっとだけ大分を訪れた。別府で旧知の友人に会ったり、645で撮り残した風景を撮ったり・・。ただ、プチ旅行とはいっても、コンタックス645本体、レンズ5本(D35/3.5M、D45/2.8M、D55/3.5M、P80/2M、S140/2.8M)のフルセットに三脚、仕事のメールチェック用ノートPC、そして着替えを詰めたバッグと、ブラジル出張よりよっぽど重装備・・(汗)。



CONTAX 645 Distagon T* 55mm F3.5 M F8 AE RDP III
初日の晩は別府駅近くに泊った。翌朝、別府駅の油屋熊八の像を見に行く。油屋熊八(1863-1935)とは、「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」なるキャッチフレーズで別府を一躍有名観光地に仕立て上げた別府観光の父と慕われる人である。この別府駅前のブロンズ像は、大分みらい信用金庫が創立80周年記念事業で2007年に寄贈したものだそうで、制作した彫刻家・辻畑隆子氏の言によれば、天国から舞い降りた熊八が「やあ!」と呼びかけているイメージとのこと。大分に帰ってきた自分に「やあ!」と声を掛けられているような気がして、ちょっと心地よい朝であった。



(つづく)



Tag : Distagon55/3.5M

  1. 2012/09/02(日) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年7月ブラジル出張(6)ボサノバ


ボサノバとは、1950年代後半から1960年代前半にかけてリオで流行った音楽のスタイル。伝統のサンバのリズムのエッセンスとモダンなコード進行による洗練された曲想によって、リオの中産階級の間で流行った音楽である。作編曲家のアントニオ・カルロス・ジョビン、歌とギターのジョアン・ジルベルト、ブラジル政府の外交官にして詩人・作詞家のヴィニシウス・ジ・モライスが、その代表的な立役者である。ジョビン作曲、ヴィニシウス作詞のイパネマの娘は、ボサノバにおける最も有名な曲であるだけでなく、ビートルズのイエスタディに次いて最も多くカバーされたポピュラーソングなのだそうだ。しかしながら、1964年の軍事政権以降、中産階級の音楽であったボサノバはブラジルではあまり流行らなくなり、世界中で親しまれている割には本国では今やあまり有名ではない。



Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
ボサノバ最大のヒット曲、「イパネマの娘」には実在のモデルが存在する。エロイーザ・ピニェイロといい当時17歳。身長170cmの長身でイパネマの町では有名な美少女であったそうな。彼女が母親のためにたばこを買いに歩いて行く姿を見て作られた曲がイパネマの娘なのだとか。その姿を眺めていたお店がこちら、「ヴェローゾ」。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
今は、イパネマの娘にちなんで「Garota de Ipanema(イパネマの娘)」という名前に改称されている。店内には、イパネマの娘の譜面が拡大されて飾られている。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F2 AE PN400N
「Garota de Ipanema」の向かい側には、イパネマの娘の作詞者の名前を取った「ヴィニシウス」という店があり、二階のステージでは毎晩ボサノバの生演奏を聴くことができる。背景の三人は左からヴィニシウス・ジ・モライス、アントニオ・カルロス・ジョビン、バーデン・パウエルである。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 Auto Electric Flash CLE F5.6 1/60 PN400N
ステージのトリはマリア・クレウザ。ボサノバに限らず様々なヒット曲でブラジリアン・ロマンの女王と呼ばれている歌姫である。とはいえやはりリオの伝統に根ざした人。最後に歌ったボサノバの名曲「黒いオルフェ」は鳥肌ものだった。



(つづく)



Tag : M-Rokkor40/2 Elmarit-M28/2.8ASPH.

  1. 2012/09/04(火) 20:00:00|
  2. 2012ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2012年7月ブラジル出張(7)ポン・ジ・アスーカ


初日の昼、ものすごい行列だったポン・ジ・アスーカのロープウェイ。観光バスはみな9時にホテルを出発するとかで、それより前に乗り場へ。



Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F8 AE PN400N
全く待つことなくすんなり乗車。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
左手にリオの町並みが見える。遠くに見えるのが昨日登ったコルコバードの丘である。てっぺんのキリスト像が見える。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
次のロープウェイに乗って更にもう一段登る。ポン・ジ・アスーカをかたち取ったシンボルマークが可愛らしい。




Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F11 AE PN400N
ポン・ジ・アスーカ頂上からの眺め。まだちょっと霧がかかっているが、実に美しい眺めである。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
左手にはコパカバーナ海岸が見える。ここまで綺麗に見えるのは珍しいらしい。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
ポン・ジ・アスーカ自体が大きなひとつの岩で出来ていて、ロッククライミングの名所なのだそうな。この日もインストラクターが多くのクライマーを連れて来ていた。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
岩山をぐるりと一回りする途中で湾の入口方向をカシャ!湾の対岸が見える。う~む、本当にこれが河口に見えたのかしらねぇ・・と思うぐらい立派な湾だが、ポルトガルのリスボンを流れるテージョ川の河口もとても立派だったので、それを考えるとこれを川だと思ったのもあながちおかしい訳ではない。




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F4 AE PN400N
野生のサルがいた。これ以上大きくならないのだそうである。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
そろそろ下から上がってくる人が増えてきたので、さっさと降りることにする。まだうっすらともやがかかっていたが、まあとにかくガイドさんもびっくりするぐらい天気がよく、朝一番を狙ったので行列することもなく、非常に気持ちよくポン・ジ・アスーカを楽しむことが出来た。



(つづく)



Tag : M-Rokkor40/2 Elmarit-M28/2.8ASPH. M-Rokkor90/4

  1. 2012/09/06(木) 20:00:00|
  2. 2012ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2012年8月プチ大分旅行(2)烏嶽円形分水


今回の旅行では、645による滝シリーズや石橋シリーズのための撮り残し解消に加え、以前から行ってみたかった円形分水を訪ねてみた。円形分水とは、農業用水を公平に分配するために考案された設備で、サイフォンにより下から吹き上げられた水を同心円上に越流させることにより、水を一定比率で分ける分水装置である。九州以外では円筒分水と呼ばれるそうだが、この分水設備はその公平性が「誰の目にも明らか」なので、この設備が考案された大正末期以降、水争いの解消にも役立ってきたのだとか。

で、大分県には二つの円形分水がある。その一つが豊後大野市にある烏嶽(からすだけ)円形分水。




CONTAX 645 Distagon T* 35mm F3.5 M F32 AE RDP III
昭和13年に長谷緒井路に設置された分水設備で、分水数は2。スリットの数通りとすれば19:10で分水されていることになる。森の中にあり、実に美しい佇まいであった。



(つづく)



Tag : Distagon35/3.5M

  1. 2012/09/08(土) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

156万アクセス御礼


累計156万アクセスを頂戴しました。いつもご覧いただきありがとうございます。
7月のブラジル出張でリオ・デ・ジャネイロに立ち寄れたのは、本当にラッキーでした。
憧れのリオの地に立って、あらためてブラジルの魅力を再認識した気がしました。
これがカーニバルのシーズンだったらなおさら感慨深いものがあったでしょうね。



【リオ・デ・ジャネイロ】

Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N



Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH.

  1. 2012/09/09(日) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年7月ブラジル出張(8)イパネマ海岸


イパネマ海岸は、湾の入口を埋め立てたところの外海側である。実に美しい砂浜が続き、高級マンションが立ち並ぶ。前日の晩にちょっと立ち寄ったが、やはり昼間のにぎやかな時に是非とも訪問したいと思い、午前中のフリータイムにタクシーで行ってみた。



Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F11 AE PN400N
こちらがかの有名なイパネマ海岸である。遠くにコルコバードの丘が見える。なるほど、まさにボサノバの聖地・・。



Minolta CLE M-Rokkor 40mm F2 F11 AE PN400N
とにかくすごい人出である。冬休みとはいっても天気が良ければ昼間は30℃近くなるので、むしろビーチで過ごすのには夏のように暑過ぎずちょうどいい季節なのかもしれない。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
本場のビーチバレーだ。




Minolta CLE M-Rokkor 90mm F4 F8 AE PN400N
帽子売りが砂浜を歩いている。こういう行商って買う人がいるのだろうか、と心配になってしまうが・・。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
いるのである(笑)。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
日本の海水浴も随分ご無沙汰な身・・(汗)。ビーチパラソルが並ぶだけで、ああ、そうだったよね、と遠い目・・(笑)。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
忘れていた海水浴の楽しさを思い出させてくれた。



(つづく)



Tag : M-Rokkor40/2 Elmarit-M28/2.8ASPH. M-Rokkor90/4

  1. 2012/09/10(月) 20:00:00|
  2. 2012ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2012年7月ブラジル出張(9)フェイラ


フェイラとは青空市場のことだが、ここリオにはブラジル北東部出身の人たちが始めた有名なフェイラがある。フェイラ・デ・サン・クリストヴァォンといい、毎週金曜日から日曜日に開催、多くの人が集まる。



Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F11 AE PN400N
よく言えば非常に庶民的な、悪く言えばちょっと治安の心配のあるところである。今回、ガイドさんに連れられて、ちょっと覗いてみた。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
食料品、日常雑貨、民芸品などが非常に安く売られている。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
人が集まれば音楽・・。そう、ステージが設けられていた。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
狭い露天商の間をこの風船売りが通る・・(汗)。とにかくものすごい人込みである。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
お食事どころも大変な賑い・・。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
民族色豊かな人形・・(笑)。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 AE PN400N
で、やはり人が集まって最高に盛り上がるのはダンス・・。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F5.6 AE PN400N
若い人たちのそれはそれはシャープな踊りだった。いやぁ、さすがブラジル!素晴らしい活力に圧倒された。



(つづく)



Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH.

  1. 2012/09/12(水) 20:00:00|
  2. 2012ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年8月プチ大分旅行(3)音無井路円形分水


豊後大野の烏嶽円形分水を訪れた次の日、竹田市にあるもうひとつの円形分水を訪ねた。



CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M ND4 F32 AE RDP III
その名も音無井路(おとなしいろ)円形分水。音無井路十二号分水ともいう。昭和9年に完成し、5:8:7で分水されている。この設備の完成により近隣の水争いがなくなったそうである。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M ND4 F22 AE RDP III
田んぼの一角にあるこじんまりとした設備だが、全国でも3本の指に入る有名な円形分水なのだとか。大分麦焼酎「二階堂」の2006年版CMにも登場している。

という訳で、円形分水巡りはこれにてあっけなくおしまい(笑)。ちなみにこれらの設備、一年中稼働しているのではなく、水が大量に必要な5月から8月ぐらいだけ流れているので、もしこの記事をご覧になって訪問してみようという気になられたら、せっかくなので水が勢いよく流れる来春までお待ちになることをお勧めする。



(つづく)



Tag : Distagon45/2.8M Planar80/2M

  1. 2012/09/14(金) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年7月ブラジル出張(10)セントロ


午後からはセントロ(市の中心街)の観光をちょっと。



Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
その中でも印象的だったのがこちら、カテドラル・メトロポリターナ。1976年に建造された収容人員2万人の大聖堂である。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
ピラミッドのような外観と美しいステンドグラスが印象的だった。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F8 AE PN400N
次に印象的だったのがサン・ベント修道院。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
質素な外観とは裏腹に、内部は絢爛豪華な金の装飾。




Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F2.8 AE PN400N
ブラジル国内でも一二を争う金の使用量なのだとか。


以上、出張の合間を縫って訪れたリオ・デ・ジャネイロ観光おしまい。日ごろ見慣れたサン・パウロとはえらく違った光景の連続で、う~む、やはり一般的なブラジルのイメージはこっちかな?と思ってしまった。



(おしまい)



Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH.

  1. 2012/09/16(日) 20:00:00|
  2. 2012ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

CLE修理


5月、7月とブラジルで大活躍だったミノルタCLEだったが、7月のブラジルからの帰り途、ロンドンで一枚写真を撮ったところで巻き上げレバーがフリーズ・・(汗)。



Minolta CLE Elmarit-M 28mm F2.8 ASPH. F4 AE PN400N
その一枚がこれ。無理して被害を大きくしてもいけないので、そのまま撮影をおしまいにして帰国。かねてからCLEが死んでしまった!とか、やっぱり故障だ!とか大騒ぎした挙句、結局は故障じゃなかったという前科があるが(恥)、その過程で教わったCLE専門の修理屋さんに連絡を取ってみると、なんとまだ修理していただけるという。さっそく症状を書き添えて送付。三度目の正直で今度こそ本当の故障であった(笑)。




結局シンクロスイッチユニットなるものを交換し、モルトプレーンを新調するなどして10日ほどで帰って来た。いつもながらメンテ直後のチリひとつない光学系が大変気持ちよい。こちらのミナミカメラサービスさんは日本で唯一のミノルタCLE専門の修理屋さんであるが、最近はライツミノルタCLも簡単な修理・調整なら取り扱ってくれるのだという。M型ライカより一回り小さくて魅力的なCLとCLE。こういうバックアップ体制があれば、まだまだ現役として使えると思う。感謝!感謝!である。



Tag : Elmarit-M28/2.8ASPH.

  1. 2012/09/18(火) 20:00:00|
  2. メンテの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター