うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フジカラーREALA PRO 100


ISO100の常用フィルムだったフジカラーREALA ACE 100が販売終了して早1年、代替品としてコダックのエクター100を試してみたりしたがどうもしっくりこず、何とも辛い日々を過ごしていた。そしてさらに追い打ちをかけるようにISO400の常用フィルムだったフジカラーPRO400も販売終了がアナウンスされるに及び、もうそろそろフィルムで写真を撮るのは限界かな、と思っていた矢先・・
何と、REALA ACE 100の後継品が発売になるらしい。その名もフジカラーREALA PRO 100!



以前、ポジフィルムで絶大な人気を誇ったフジクロームVELVIA が販売終了になった時、もうポジで風景を撮ることが出来なくなったと大騒ぎになったのだが、その後、突然VELVIA 50というほぼ同等の後継品が発売になり一同胸をなでおろしたことがあった。今回もまさにそれと同じ。突然、同等の後継品が発売になるようである。
どこがどう改良されたのかまだよくわからず正式なプレスリリースを待たなくてはならないが、いや、改良されなくても元のままならもうそれだけで十分OKである。おそらく値段は今までよりもかなり高くならざるを得ないだろうが、それもやむをえまい。いやぁ、今から楽しみである・・(嬉)。



ってなことが起きないかなぁ・・、エイプリールフールでした・・。



スポンサーサイト
  1. 2013/04/01(月) 08:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2013年2月ブラジル出張(3)Inhotimその2


建物の中は残念ながら撮影禁止だったので、どんな芸術作品なのかご紹介できないのが残念だが、ひとことで言ってかなり“ぶっとんでいる”前衛作品が多かった。



Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/250 PN400N




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N
赤をテーマにした展示館。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N
それにしても暑い・・(汗)。気温は30℃を超えているようである。炎天下を歩き続ける訳にもいかないので、要所要所に待機しているカートに乗せてもらい移動する。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F8 1/250 PN400N
石畳の遊歩道が張り巡らされているが、そのうちのいくつかはカートでも移動できるようになっている。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/125 PN400N
道端には木をくり抜いて作ったベンチもあった。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F11 1/500 PN400N
カートに乗ってやってきた敷地の一番奥にある建物、ソニックパビリオン。中に入るとゴーゴーと風の音がした。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/250 PN400N
プラネタリュウムのような建物の中に入ると、鉄鉱石の鉱山で使われていた大型のパワーシャベルのような車両が鎮座していた。




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F11 1/250 PN400N
中国人のアーティストによる石碑のような作品。




Leitz Minolta CL Summicron-M 50mm F2 (3rd) F8 1/250 PN400N
何やら苦行を表しているようで意味深である。



(つづく)



Tag : Summicron-M35/2ASPH. Color-Skopar21/4P Summicron-M50/2(3rd)

  1. 2013/04/03(水) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2013年2月ブラジル出張(4)Inhotimその3


池の周りから離れ、カートに乗せてもらい周回路を進む。



Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N
VWビートルに対称的なカラーリングを施した作品。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/250 PN400N
次なる作品の展示予定地。敷地が広大なだけに、まだまだいくらでも発展して行きそうである。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F11 1/500 PN400N
よくみるとこれも屋外展示作品であった。




Leitz Minolta CL Summicron-M 35mm F2 ASPH. F11 1/500 PN400N
丘の上にあった鉄骨を使ったオブジェ。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F16 1/250 PN400N
何か勢いがあって元気をもらえる。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/250 PN400N
ここの地下室では、トンネル内を走行中に写したフィルムをエンドレスに映写していて、出口のないトンネルを表現していた。映像をデジタル合成すればよさそうなものだが、ここでは実際にフィルムをエンドレスに繋いで、それを16mmフィルム映写機を使って映写するというわざと手間暇をかけた作品だった。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F8 1/250 PN400N
これも展示館である。


ほとんど全部の展示館を廻ったので、それを順番にご紹介しようかと思ったが、中の展示物をご紹介できないのでは片手落ちなので、ざっくりと敷地内の雰囲気を味わっていただくにとどめた。InhotimのHPには少し展示作品の写真も載っているので、興味ある方は参照されたい。



(おしまい)



Tag : Summicron-M35/2ASPH. Color-Skopar21/4P

  1. 2013/04/05(金) 20:00:00|
  2. 2013-14ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2013年 春の大分(1)中津城


3月にちょっと大分へ行った。今まで行ったことのない所ということで、中津へ・・。今回は、REALA ACE 100に代わる常用フィルムを選ぶべく、コダックポートラ160を持参。機材は久々にRTS II。レンズはお手軽にプラナー50mmF1.4、ディスタゴン28mmF2.8、ゾナー85mmF2.8。出発直前になって超広角もいるかな、と思いML21mmF3.5を追加。 



CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
中津には中津城がある。元は1588年に築城されたお城だそうだが、徳川幕府創設時に活躍した奥平家が1717年に入城して以来、廃藩置県までの154年間に渡り奥平家の居城として栄えたという。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE PORTRA 160
現在の天守閣は1964年に観光目的で建造されたものだそうな。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F2.8 AE PORTRA 160
建物の中は奥平家歴史資料館として一般開放されている。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
天守閣のてっぺんまで階段で上ることが出来る。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE PORTRA 160
今年の桜は記録的な早咲きで、3月下旬ともなると大分の桜も満開・・。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 + Ext. Tube 13mm F5.6 AE PORTRA 160
マクロレンズ持参となると大げさなので、今回は接写リングを用いてみた。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
お城の敷地内には神社がいくつかある。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE PORTRA 160
こちらはそのひとつ、奥平神社。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
その隣の中津大神宮。豊前の国のお伊勢様として親しまれているそうである。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2013/04/07(日) 20:00:00|
  2. ぶぜん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2013年 春の大分(2)臼杵城


満開の桜を求めて南に下る。



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE PORTRA 160
辿り着いたのが臼杵城。




CONTAX RTS II ML 21mm F3.5 F8 AE PORTRA 160
もう満開である・・(嬉)。




CONTAX RTS II ML 21mm F3.5 F8 AE PORTRA 160
まだ見ごろには早いと思われていたのか、土曜日なのに観光客は少なく、ゆっくり楽しむことが出来た。




CONTAX RTS II ML 21mm F3.5 F8 AE PORTRA 160
せっかく21mmを持ってきたので色々試してみる・・。



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE PORTRA 160
菜の花と桜。春の定番である。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 + Ext. Tube 13mm F4 AE PORTRA 160
ここでも接写リングが活躍・・。



(つづく)



Tag : ML21/3.5 Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2013/04/09(火) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2013年 春の大分(3)四浦半島


大分の南、津久見市と佐伯市の間に豊後水道に突き出した四浦(ようら)半島がある。初めて行ってみた。



CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
この半島は海岸線まで山が迫ってくる地形だったが、その山々には山桜が咲き乱れていた。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE PORTRA 160
山桜は整然とした桜並木とはまた違った趣がある。緑の中に淡いピンク色の花が咲く姿は、実に美しい。もともとこの辺りは早咲きの河津桜の名所として有名なのだそうだが、なかなかどうして、普通の桜も綺麗であった。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE PORTRA 160
展望台に到着。半島の先端まではまだかなりあるが、ここで一休み。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
この辺りは海岸線に道がなく、山あいを通るルートになっていた。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
春らしい風景である(嬉)。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE PORTRA 160
さらに先へ進むと今度は途中から海岸線を走るルートになった。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
後ろを振り返る。小さな島が点在していて実に美しい海岸線だった。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2013/04/11(木) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年 春の大分(4)保戸島


四浦半島の先端に保戸島(ほとじま)という島がある。



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE PORTRA 160
半島の根元の津久見港からフェリーが出ていて片道25分だそうだが、半島の先端まで来ると島までの距離はたったの100m。電気も海の上に電線を渡して供給している近さである。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
マグロ漁業の拠点として有名であり、平地が少ないこともあって、島の建物はご覧の通り鉄筋コンクリートの3階建て、4階建ての立派な建物が多い。地中海の漁港を思わせる風景というが、それよりよっぽど立派な気がする。


以上で春の大分プチ旅行は一旦おしまい。コダックポートラ160の使い心地は別途。



(おしまい)



Tag : Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2013/04/13(土) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

171万アクセス御礼


171万アクセスに到達いたしました。いつもご覧いただき、まことにありがとうございます。
今年の桜は思いのほか早く満開になってしまい、撮影予定を大きく変更される方が多かったのではないでしょうか。
私も桜を撮るつもりではなかったプチ旅行で桜の満開に遭遇し、何とか接写リングなども使いながら撮ることが出来た次第。
その接写リングも実は桜のためではなく、遅咲きの梅でもあった時のためにとひそかにカメラバッグに忍ばせていたもの(汗)。
まさか桜のアップで活躍するとは思いませんでした。


【臼杵城にて】

CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE PORTRA 160




Tag : Planar50/1.4

  1. 2013/04/15(月) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

KODAK PORTRA 160


フジカラーREALA ACE 100が販売終了になって早1年、代替品ということでコダックのエクター100に触手を伸ばしていたが、発色が独特でスキャン後にレタッチを試みるもリアラエース100に似せるのが難しく、今回、同じコダックでももう少しオーソドックスな発色特性ではないかと期待して、ポートラ160を試してみた。




ポートラ160は、かつてのポートラ160VC、160NCを統合する形で2011年に発売になっているが、肌色の再現性に優れるという宣伝文句通り低彩度で微粒子が特徴らしく、160NCの粒状性改良版という特性のようである。単体売りはなく5本セット売りだけである。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE PORTRA 160
やや暖色系かな、というのが最初の印象。まあそんなに地味な発色ではないかも、と思った。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F4 AE PORTRA 160
しかしながら、やはり本質は低彩度で、かつて曇天時にさくらカラーで桜を撮ったことがあったが、その時の色合いを思い出した。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE PORTRA 160
一方グラデーションは豊富で、たとえばこういう建物の質感などなかなかのものである。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE PORTRA 160
このお城の写真でも、瓦の微妙な色合いをよく表現していると思う。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE PORTRA 160
問題はやはり自然の風景写真。よく言えば落ち着いた色合いだが、何とも風景写真用としては地味すぎる気がする。ただし粒状性はかなりいいと感じた。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE PORTRA 160
レタッチでがんばればある程度彩度を上げてカラフルにすることはできるが、それでもこの程度が限界か。もっともこの日はカラッとした青空ではなく、どんよりとした曇り空だったので、快晴の日に再トライする必要はありそうである。鮮やかなコダックブルーをひそかに期待していたのだが、残念ながら今回はそのような色合いにはお目にかかれなかった。


う~む、このままでは用途が限られそうである。リアラに代わるフィルムを探す旅、まだ続きそうである。



Tag : Distagon28/2.8 Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2013/04/17(水) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2013年3月ブラジル出張(1)NY経由


3月のブラジル出張は、1月と同様ニューヨーク経由だった。持参したカメラは2月と同様、ライツミノルタCL。レンズはカラースコパー21mmF4Pとノクトンクラシック40mmF1.4MCの2本。



Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 1/125 PN400N
乗り継ぎで半日ほどマンハッタンで寛ぐことになった。これはホテルの自室からの眺め。ここでボ~っとしていてもつまらないので、カメラ片手にお散歩に・・。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F4 1/60 PN400N
47丁目はダイヤモンドディストリクトと呼ばれ、ダイヤモンドの売り買いをする店が並ぶ。




Leitz Minolta CL Nokton Classic 40mm F1.4 MC F4 1/125 PN400N
隣の48丁目は楽器店が並ぶので有名だったのだが、どんどん楽器屋さんが減って行き、ついに大型店のサムアッシュも移転してしまった。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 1/125 PN400N
42丁目にあるタイムズスクエアに出る。今や韓国メーカーの宣伝が中心を占める。




Leitz Minolta CL Color-Skopar 21mm F4 P F5.6 1/60 PN400N
これ、そこの人たち!事務所がいっしょだからって人前で抱き合うんじゃありません。あんたらいっしょに出ている映画とかないやろ!(笑)




Leitz Minolta CL Nokton Classic 40mm F1.4 MC F4 1/125 PN400N
観光客が街中でディズニーのキャラクターと記念撮影しても大丈夫なのは、こちらさんのおかげ。ニューヨーク警察である。



(つづく)



Tag : Color-Skopar21/4P Nokton40/1.4MC

  1. 2013/04/19(金) 20:00:00|
  2. 2012-14アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。