うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

アメリカ旅行(5)ソーサリート


サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡ってすぐのところに、ソーサリート(Sausalito)という港町がある。



CONTAX 139 Planar T* 50mm F1.4 F11 AE PN400N
近隣とフェリーでも結ばれている。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F8 AE PN400N
オシャレなリゾートとして、お金持ちや芸術家たちが移り住んでいるという。古き良き時代のイエローキャブも観光タクシーとして活躍していた。




CONTAX 139 Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE PN400N
ちょっと街角スナップ・・(嬉)。




CONTAX 139 Distagon T* 35mm F2.8 F5.6 AE PN400N
ストリートはレストランやブティック、画廊、宝石店、土産物屋などが並んでいる。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PN400N
各州のナンバープレートで作った作品。なるほど・・。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F8 AE PN400N
ハーバーの方へ行ってみる。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F8 AE PN400N
こちらはヨットやクルーザーが停泊している。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F8 AE PN400N
う~む、こういうところにヨットを留めておいて週末楽しむというのがひとつの過ごし方なのだろうか。金持ちのやることは違う・・。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F8 AE PN400N
クルーザーとなると、もっとスノッブな感じ・・(笑)。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2 Distagon35/2.8

  1. 2013/07/02(火) 20:00:00|
  2. 2013-14アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカ旅行(6)ヨントビル


ワインの里、ナパバレーへ向かう。



CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F4 AE REALA ACE 100
ナパの南にある街、ヨントビル(Yountville)の宿に泊まる。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F8 AE REALA ACE 100
フレンチスタイルとのことだが、実にオシャレな宿だった。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE REALA ACE 100
プールもある。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F2 AE REALA ACE 100
ロビーというほどの広さではないが、寛ぐスペースもあり、実に快適。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PN400N
レストランの予約までちょっと時間があったので近くをお散歩。何やら芸術的なオブジェが街角のあちこちにある。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PN400N




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PN400N




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PN400N




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PN400N




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F5.6 AE PN400N
この後はフレンチビストロで食事をしたのだが、そのお店のワインリスト、地元のワインを色々と載せていたのだがほとんど知らないワイナリーばかり・・(汗)。う~む、カリフォルニアワインも奥が深い・・。結局、ソムリエに味の好みと予算を伝えて選んでもらったのであった・・。



(つづく)



Tag : Distagon28/2

  1. 2013/07/04(木) 20:00:00|
  2. 2013-14アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

RDP IIIの増感現像


REALA ACE 100なきあと、常用フィルムをどうするかあれこれ検討してきたが、追い打ちをかけるようにPRO400 (略号:PN400N)も今秋で販売終了ということになり、ISO100とISO400両方のフィルムについて新たな常用フィルムの選定を迫られることになった。
今までEktar 100やPORTRAシリーズを試してみたが、もうひとつしっくりこないので、いっそネガフィルムから卒業してポジフィルムを常用にするか、という気になってきている。
そうなるとISO100はPROVIA 100F (略号:RDP III)で決まりだとしても、ISO400をどうするか、順当に考えればPROVIA 400X (略号:RXP)だが、RDP IIIの増感現像という手もある。増感現像とはフィルム現像時に露出不足を補う現像法のことで、RDP IIIであれば+2EV、すなわちISO400相当まで増感してくれる。追加料金が必要なので通常の現像より高くつくが、割高なRXPを使うのと比較すれば似たようなものである。もしRDP IIIの増感現像でそこそこの画質が得られるなら、カラーバランスの類似性や携行するフィルムの種類を1種類にできるなど、RDP IIIに統一するメリットがある。
そこで今回、RDP IIIの+2増感で試し撮りしてみた。ISO400が活躍する代表例は撮り鉄なので(笑)、身近なところで久留里線の新型車両を撮りに行った。



CONTAX RX Planar T* 85mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
何ともポジフィルムらしいコントラストの強さと発色の鮮やかさであるが、+2増感しても結構粒状性は確保されているようだ。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
増感現像は意外に使える、というのが第一印象である。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
普通の風景も撮ってみる。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III
今度はもう一台のカメラでISO100の設定で撮ってみる。ボディの違いによって露出が微妙に異なるようで、そこをレタッチで補正したので厳密な比較ではないが、増感した方がコントラストがきつく、色合いもちょっと派手でベルビアのようである。ISO100の方が色あせて見えるのは意外だった。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
しかしながら、こうなると増感した方はコントラストも色合いもちょっと濃すぎる感じである。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III
隣駅で離合した上り列車がすぐに来たので、もう一台のカメラでISO100の設定で撮ってみる。さすがにこちらの方がナチュラルな感じだ。




CONTAX RX Sonnar T* 180mm F2.8 F5.6 AE RDP III (+2増感)
こういう遠景であれば増感した方でもそれほど違和感がない。




CONTAX RTS II Planar T* 85mm F1.4 F5.6 AE RDP III
むしろこのISO100の描写より先ほどの増感の方がメリハリがあっていいぐらいである。




CONTAX RX Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III (+2増感)
暗部の描写をチェック。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE RDP III
やはりこちらのISO100の方がなめらかであり、粒状性の違いはこういう場面では目立ってくる。


以上、RDP IIIの+2増感は意外にも色あせたりすることなくむしろ派手目な色合いになり、粒状性も実用十分で少なくとも緊急用としてはOKであった。しかしながら、ISO100と比較してしまうと、緻密な感じが薄れてやや大味な感も免れない。RDP IIIをISO400のフィルムとしても常用するならISO400のRXPとも比較した上で結論付けたい、というのが正直な印象であった。



Tag : Planar50/1.4 Planar85/1.4 Sonnar180/2.8

  1. 2013/07/06(土) 20:00:00|
  2. フィルムの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

176万アクセス御礼


累計176万アクセスを頂戴しました。いつもご覧いただき、ありがとうございます。
アメリカ旅行の連載から画像サイズをちょっと大きくしてみたのですが、いかがでしょうか?


【スタンフォード大学にて】

CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F4 AE REALA ACE 100



Tag : Distagon35/2.8

  1. 2013/07/08(月) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカ旅行(7)ワイナリー巡り


さて、ナパバレーに来た目的はワイナリー巡りである。初日は友人に運転をお願いして、ちょっとテイスティングを楽しんだ。昔は結構テイスティングは無料のところが多かったが、最近はどこも有料のようである。有料の方が高級なワインもしっかり楽しむことが出来るので、ワイン好きにとってはむしろ好都合である。

さて、ナパのワイナリーをひとつひとつ講釈を垂れて紹介しているとキリがないので、今回はいつも訪問する順序に従って写真を1枚づつアップするだけにとどめ、いずれワイナリー紹介の連載をしたいと思う。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
最初に訪れるのはいつもこちら、ナパバレーの南端にある「クロ・デュ・バル」。南北に走るメインストリート、29号線よりもひとつ東側のシルバラード・トレイル沿いにある。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F8 AE REALA ACE 100
次にすぐ近くの「スタッグス・リープ」へ。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE REALA ACE 100
シルバラード・トレイルから29号線の方へ移動し、ナパで最も有名なワイナリー、「ロバート・モンダヴィ」へ。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE REALA ACE 100
「ロバート・モンダヴィ」の斜め向かいにあって日本でも有名な「オーパス・ワン」。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
29号線と並行して走る線路をワイントレインが走る。人気の列車なのだそうで、一度乗ってみたいものだ。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE REALA ACE 100
29号線をもうちょっと北上するとシャルドネで有名な「グルギッチ・ヒルズ」がある。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE REALA ACE 100
さらに北上してセントヘレナの町を通り過ぎると、メルローで有名な「マーカム」へ。


この後、ナパバレー北端に位置するシャトー・モンテリーナまで行きたいところだが、今回は時間の関係でパス。29号線沿いには新しいワイナリーも結構あって時代の流れを感じた。いつもお決まりのワイナリーに行くだけでなく、機会があればそういう新しいワイナリーも訪問してみたいものである。



(つづく)



Tag : Distagon28/2 Distagon35/2.8

  1. 2013/07/10(水) 20:00:00|
  2. 2013-14アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アメリカ旅行(8)モントレー


さて、旅行の主目的だったナパバレーに行ったので、あとはヒマつぶし・・(笑)。サンフランシスコから南へ行ったところにあるモントレーを訪問。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
風光明媚な港町で、おしゃれな観光地でもある。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
いつのまにかインターコンチネンタルなどという立派なホテルチェーンが建っていた。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
う~む、アメリカン!(笑)




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
港町の原型はこういう風情である。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
スタインベック・・? 時間の関係でパス・・。というより、こっち方面は苦手なのでパス・・(汗)。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
港町なだけにシーフードは絶品だった。日本人にとっては当たり前だが、アメリカ人にとって海沿いの町というのは珍しいので、地場のシーフードを楽しむというのは稀なことのようである。




CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
こういう強い日差しの光景はいかにもカリフォルニアである。



(つづく)



Tag : Distagon35/2.8

  1. 2013/07/12(金) 20:00:00|
  2. 2013-14アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アメリカ旅行(9)モントレー水族館(前編)


モントレー名物は、こちらの水族館である。



CONTAX RTS II Distagon T* 35mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
日本では水族館は珍しくないが、アメリカではちょっと珍しい。なんせ海岸線のある州は50州のうちの半分にも満たないので、海そのものが日本ほどポピュラーではないのである。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
もっとも、日本の方が異常で水族館大国といわれるほど水族館が乱立しているのだそうな。アメリカは主要な水族館は10ぐらいのようである。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F4 AE PN400N
ここモントレーの水族館は(正式にはモントレー湾水族館:Monterey Bay Aquariumという)、もちろんお約束のサメが泳いでいたり・・




CONTAX 139 Sonnar T* 85mm F2.8 F2.8 AE PN400N
ペンギンがいたりする・・(笑)。




CONTAX 139 Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE PN400N
人気者のラッコもいる。ただ、ここの魅力はそれだけではない。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
最近加わった人気者はこちら、オオダコ。いやぁ、グロテスクだがすごい迫力だった。




CONTAX 139 Planar T* 50mm F1.4 F2 AE PN400N
しかしながら、モントレー水族館の特長は実は小さい生き物にある。こちらはタツノオトシゴのコーナー。




CONTAX 139 Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
実に色々なタツノオトシゴがいた。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
小さすぎてうまく撮れないのもあったが、堪能・・。



(つづく)



Tag : Distagon28/2 Distagon35/2.8 Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2013/07/14(日) 20:00:00|
  2. 2013-14アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BRONICA RF 645


豊後の国の風景写真で中判645のよさに開眼、禁断の果実(?)のコンタックス645に手を染め、35mmから210mmまで6本のレンズを揃えるに至ったのはご案内の通り。ここまでくると、一度に全部のレンズを持ち運ぶのは困難であり、毎回持ちだすレンズを絞っているうちに、それなら一眼レフじゃなくてレンジファインダー機の方がもっとフットワークがいいんじゃないの、などと雑念が浮かぶのであった。
ブローニーフィルムを使ったレンジファインダーといえば古くはセミ版のスプリングカメラに端を発す。愛用しているフジのGS645もその流れを汲んでいる。しかしながら、ここではレンズ交換可能な、いわばシステムカメラとしての中判レンジファインダーカメラを選択しようということなので、あらためて見渡してみると、過去にはマミヤプレスやコニカプレス、トプコンホースマン、フジG690などもあったが、直近の市販カメラといえば、一連のマミヤ6、マミヤ7シリーズと、あとは2000年に新規発売されたブロニカRF645ぐらいしか思い浮かばない。
マミヤの方がブロニカよりもレンズラインナップは充実しているが、6x6や6x7までのフォーマットは必要ないと判断して、ブロニカRF645を探すことにした。ところが時すでに遅し、あれだけしょっちゅう見かけていたのに、いざ中古マーケットで探してみるとちっとも見つからない。レンズ交換式とはいってもどうせ標準と広角の2本ぐらいを使い分けるだけだろうから、それならフジGA645Wiのような広角専用機を手にいれてGS645と使い分ければ目的は達するかな、いや、せっかくレンジファインダー機でフットワークをよくしようとしているのに、いつも広角と標準の2台のカメラを持ち歩くのじゃなぁ・・、などとウダウダしているうちに、RF645の出物を発見!程度極上のブツはラストチャンスと思い、思い切って手に入れてしまった。



ボディはスクエアな好感の持てるデザインで、分割巻き上げ可能な剛性感のある巻き上げレバーや大き目で視認性のいいシャッターダイヤルなど、使い勝手もよさそうである。Y/CやライカMマウントと比べて絞りリングの回転方向は逆ではあるものの、レンズマウントやピントリングは同じ方向なので違和感なく手に馴染んだ。ファインダーは明るくピント合わせもしやすい。シャッターフィーリングは電子シャッターゆえ軽快であるが、露光後にレンズシャッターを自動チャージするため「プシュ、フニュフニュ・・」という妙な音がするが、まあお愛嬌である(笑)。




裏ブタには色々なスイッチがある。特に露出補正レバーは手の届きやすいところにあって便利だ。


さっそく試写。



BRONICA RF 645 Zenzanon-RF 65mm F4 F8 AE RDP III
噂に違わずシャープなレンズである。




BRONICA RF 645 Zenzanon-RF 65mm F4 F8 AE RDP III
自動露出で撮影したが、露出計はかなり正確で信頼に足る、という印象。




BRONICA RF 645 Zenzanon-RF 65mm F4 F8 AE RDP III




BRONICA RF 645 Zenzanon-RF 65mm F4 F11 AE RDP III
普通にカメラを構えると縦構図なので、ついつい縦構図の絵が多くなる。う~む、日ごろからかなり安易に撮っていることがバレバレである(汗)。




BRONICA RF 645 Zenzanon-RF 65mm F4 F8 AE RDP III
日ごろコントラスト鮮やかなコンタックス645の画像を見慣れているが、これは更にコントラストが冴えている印象。いやはや素晴らしいものである。




BRONICA RF 645 Zenzanon-RF 65mm F4 F4 AE RDP III
絞り開放の描写をテスト、などとやってみたが、まったく問題なし。絞り開放がF4とやや暗いこともあり、絞り開放からシャープな画像を結ぶようだ。




BRONICA RF 645 Zenzanon-RF 65mm F4 F8 AE RDP III




BRONICA RF 645 Zenzanon-RF 65mm F4 F8 AE RDP III
さすが銀塩末期に登場しただけあって、このRF645は完成度の高いカメラだ。実に使いやすく、描写はさすが中判と思えるだけの実力を備えている。発売当初、中判のライカなどと囃し立てられたようだが、それはちょっと大げさであるものの、AEの手軽さと写りのよさという点で中判のミノルタCLEぐらいの実力は十分感じられた。
にもかかわらず、これだけの設計技術、製造技術をもっていた会社が事業撤退してしまったのは、デジタル化の波とはいえ、とても残念なことである。中判を知り尽くしたメーカーならではの使いやすいボディと、フィルムサイズのアドバンテージを余すところなく生かす高性能なレンズ。せめてこのRF645を連れ出して、これからも中判ならではの描写と中判とは思えない軽快さを楽しみたいと思う。



Tag : Zenzanon-RF65/4

  1. 2013/07/16(火) 20:00:00|
  2. カメラ&レンズの話(645)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アメリカ旅行(10)モントレー水族館(後編)


小さい生き物といえば、こちらの水族館の名物は“くらげ”である。



CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
まあ、こちらのクラゲはそれほど小さくはないが(汗)、ゆったりと浮遊する様を展示し、随分と話題をさらったものである。今では似たような展示をする水族館も増えたようだが、こちらが元祖のようだ。という訳で後編はクラゲ特集!




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N





CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
クラゲといっても実に色々な種類があるものだ。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N




CONTAX 139 Planar T* 50mm F1.4 F1.4 AE PN400N
キノコに似た形なのが面白い・・。





CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
よくまあこんなに小さいのを集めて展示しているものだと感心する。





CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N





CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
相当小さいのだが、こうして撮ってみると小宇宙という感じである。




CONTAX 139 Distagon T* 28mm F2 F2 AE PN400N
まさに生命の神秘である。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2

  1. 2013/07/18(木) 20:00:00|
  2. 2013-14アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アメリカ旅行(11)17マイルドライブ


モントレーからは隣町のカーメルまで風光明媚な海岸線があり、17マイルドライブと言われている。



CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
芝桜が咲いていた。




CONTAX RTS II Distagon T* 28mm F2 F8 AE REALA ACE 100
日本なら何ということもない海岸線だが、アメリカでは珍しいらしく、有名な観光地のひとつである。




CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F8 AE REALA ACE 100
海岸線はアザラシを始め、様々な生き物が生息している。



CONTAX RTS II Sonnar T* 85mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100
リスも餌を求めて観光客に寄ってくるが・・。餌を与える観光客がいるので野生の生態系が崩れかかっているようだ。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F8 AE REALA ACE 100
17マイルドライブで最も有名な観光スポット、ローンサイプレス(Lone Cypress)。いわゆる一本松である。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
17マイルドライブでもう一つ有名なところがこちら、ぺブルビーチゴルフクラブ。10年に一度、全米オープンが開催されることでも有名。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
ゴルフをやらないのでよくわからないが、ゴルファーにとってはあこがれのコースのひとつらしい。




CONTAX RTS II Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE REALA ACE 100
クラブハウス。お金持ちの社交場という雰囲気であった。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2 Sonnar85/2.8

  1. 2013/07/20(土) 20:00:00|
  2. 2013-14アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター