うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2014年3月ゆふいんの森 by 645(1)野矢駅


今年の3月に大分へ行った時の写真。かねてから撮りたかった「ゆふいんの森号」を狙って、久大本線の野矢駅へ。博多から大分方面へ向かって由布院駅の一つ手前の駅である。



CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
時々雪が降ってくる生憎のお天気。




CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F8 AE RXP
雪が晴れて土中の水分が蒸発する中、由布院行きのゆふいんの森1号が軽快に通過して行った。そう、この駅はゆふいんの森号の停車駅ではないのである。ところが・・




CONTAX 645 Sonnar T* 210mm F4 M F8 AE RXP
次に由布院から博多行きのゆふいんの森2号が来て、駅に停車。ん?




CONTAX 645 Sonnar T* 210mm F4 M F8 AE RXP
そう、この駅はゆふいんの森号同士が離合することで有名なのである。ほどなく博多方面から下りゆふいんの森3号がやってきた。いきなりお目当ての離合シーンをゲットできて満足!




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F5.6 AE RXP
他にも特急ゆふ号同士もこの駅で離合する。


そう言えばこの日は金曜日。だとすると・・




CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F5.6 AE RXP
そう、超豪華観光列車「ななつ星」が通る日なのであった。こちらもゲットできて大満足!




CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F5.6 AE RXP
後打ち。シャッターの下りた最後尾が印象的だった。



(つづく)



Tag : Planar80/2M Sonnar140/2.8M Sonnar210/4M

  1. 2014/11/01(土) 20:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年3月ゆふいんの森 by 645(2)南由布駅


由布院駅をはさんで野矢駅と反対側、大分寄りの南由布駅へ行ってみた。



CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
この日は快晴。実に気持ちのいい日だった。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
ここでも列車の離合が見られる。ただし各駅停車のみで、特急列車の離合はないようだ。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
下り列車が出た後、由布院行きの上り各駅停車は最終駅へ向かって出発して行った。



(つづく)



Tag : Planar80/2M

  1. 2014/11/03(月) 20:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

198万アクセス御礼


累計198万アクセスを頂戴しました。いつもご覧いただきまことにありがとうございます。
実は10月末から11月初めにかけて日本へ一時帰国しておりました。その時の写真をいずれアップしたいと思います。
ブラジル発のブログなのに日本の写真が続くことになりそうですが、どうかよろしくお願いいたします。


【ニューヨークの在庫写真から】

Sony α7R Distagon T* 35mm F2.8 F5.6 AE


Tag : Distagon35/2.8

  1. 2014/11/05(水) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年3月ゆふいんの森 by 645(3)由布岳


由布院~南由布間の撮影ポイントへ行き、由布岳をバックに撮り鉄を試みる。



CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
まずは各駅停車でテスト撮影。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
画面真ん中の電信柱が邪魔ではあるが、S字カーブがいい感じ。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
さてお目当てのゆふいんの森号がやってきた。結局、由布岳が真ん中にくるよう先ほどよりちょっと左寄りからカシャ!


この日は日曜日。同業者が何人も集まってくるので聞いたところ、ななつ星の運転日なのだそうな。そこで先ほど各駅停車で練習した構図で狙ってみる。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
まずは斜め正面から編成写真。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
後打ちで由布岳をバックに。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F8 AE RXP
さらにもう一枚。S字カーブに沿って全長が入り、ちょっとお気に入り。



(つづく)



Tag : Planar80/2M

  1. 2014/11/07(金) 20:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年3月ゆふいんの森 by 645(4)野矢駅再び


お天気がよかったのでもう一度野矢駅へ。



CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F8 AE RXP
ゆふいんの森号を前回撮らなかった俯瞰の構図で。




CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F8 AE RXP
各駅停車がやってきた。車体の色は黄色と赤とあるが、どう使い分けているのかよくわからず・・(汗)。




CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F8 AE RXP
こちらは特急ゆふ号。




CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F8 AE RXP
ゆふ号同士の離合である。日差しが強いと影が濃くてこの角度からはイマイチかも・・。




CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F5.6 AE RDP III
さてお目当てのななつ星。シャッターを切る瞬間に窓ガラスに日差しが反射した。




CONTAX 645 Sonnar T* 140mm F2.8 M F5.6 AE RDP III
後打ち。あれ?シャッターが開いている。展望車両なのだから当たり前か・・。それにしてもこの豪華列車に乗車できるとはうらやましい限りである。

以上でゆふいんの森特集おしまい。コンタックス645で撮り鉄三昧という訳だったが、鉄道写真で広角レンズを使いこなすだけの技量はないので、久しぶりに望遠系のレンズが活躍する結果となった。フィルムはPROVIA 400X(RXP)を使ったが、16枚撮りの120フィルムだったのでフィルム交換のタイミングが難しかった。たとえば由布岳をバックにしたななつ星は、フィルムが残り3枚しかなく保険のカットなしに一発勝負となってしまった。もっとも結果として3枚とも採用したのだから、こういう撮り方の方がいい写真が撮れるのかもしれない。最後は持参した120フィルム5本を使い切り、いつものRDP IIIのお世話になったが、絞りを開け気味にして出来るだけシャッタースピードを速め、動体ブレをミニマムにするなど苦労した。鉄道写真におけるRXPの高感度(ISO400)のありがたさを再認識した次第。もっともデジカメならもっと高感度まで常用だが・・(笑)。



(おしまい)



Tag : Sonnar140/2.8M

  1. 2014/11/09(日) 20:00:00|
  2. てつどう(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年3月佐伯 by 645(1)城山


引き続き今年の3月に大分へ行った時の写真。由布院はまだ肌寒かったので、同じ大分でもちょっと暖かい佐伯へ。“さえき”と発音しそうだが“さいき”と読むのが正しいのだとか。



CONTAX 645 Sonnar T* 210mm F4 M F8 AE RDP III
まずは城山に登ってみた。ここは佐伯藩主毛利家の佐伯城があったところだが、佐伯市内が一望に見渡せることでも有名。こちらは海に面する東側で八島が見える。




CONTAX 645 Sonnar T* 210mm F4 M F8 AE RDP III
城山の南側、番匠川の河口付近。




CONTAX 645 Planar T* 80mm F2 M F11 AE RDP III
西側、番匠川を望む。九州屈指の清流と言われている。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F11 AE RDP III
大した標高ではないのだが、未舗装の登山道しかないので645を担いて登るのは結構しんどい・・(汗)。ただ、頂上は眺めがすばらしく実に気持ちのいいところだった。



(つづく)



Tag : Sonnar210/4M Planar80/2M Distagon45/2.8M

  1. 2014/11/11(火) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年3月佐伯 by 645(2)養賢寺


佐伯城大手門跡から養賢寺までの700mは、「日本の道100選」に選ばれ、市の条例で歴史的環境保存区に指定し整備されている「歴史と文学の道」である。



CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F8 AE RDP III
マンホールも国木田独歩・・(笑)。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F8 AE RDP III
歴史と文学の道の終点にある養賢寺は、城主毛利家の菩提寺である。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F2.8 AE RDP III
645の浅い被写界深度を活かして・・(笑)。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F8 AE RDP III
気品のある立派なお寺だった。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F4 AE RDP III



(つづく)



Tag : Distagon45/2.8M

  1. 2014/11/13(木) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年3月佐伯 by 645(3)国木田独歩館


歴史と文学の道では、明治の文豪、国木田独歩が若き日を過ごした坂本邸が、国木田独歩館として一般公開されている。



CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F8 AE RDP III
独歩が佐伯に住んでいたのは明治26年10月からのわずか1年足らずだが、佐伯滞在の経験は彼の作品に大きな影響を与えることとなり、佐伯を舞台とする数々の作品を生み出したという。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F4 AE RDP III
独歩が下宿していた主屋の二階。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F2.8 AE RDP III
主屋の一階には当時の佐伯の様子なども展示してあった。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F4 AE RDP III
裏手には立派な土蔵がある。




CONTAX 645 Distagon T* 45mm F2.8 M F2.8 AE RDP III
土蔵の中には独歩の生い立ちや文学作品の特徴の解説、デジタル文庫などがあった。


歴史と文学の道、今回はあまり時間がなくて養賢寺と独歩館を覗いただけだったが、またのんびりと散歩に来たいと思った。春は桜の名所だそうである。



(おしまい)



Tag : Distagon45/2.8M

  1. 2014/11/15(土) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年11月結婚式


日本での結婚式にご招待いただいていたので10月の終わりに一時帰国した。カメラマンを仰せつかったのではないので気ままにフィルムカメラで撮ろうかと思ったが、日本滞在中に写真を見たかったのでブラジルからデジカメを持参。ソニーα7RにY/Cのズームレンズを組み合わせて撮ってみた。



Sony α7R Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 F5.6 1/250 シャッター優先AE (ISO640)
望遠の時や被写体に動きがある時は、ISO AUTOで1/250シャッター優先AEで撮ってみた。この設定だと絞りは固定、ISO100~6400まではシャッタースピードも1/250固定。それより暗くなると絞り&ISO6400固定でシャッタースピードが1/250より遅くなっていく。1/250以上に速くならないので明るい時は露出オーバーに気を付ける必要があるが、それ以外であれば1/250でカメラブレを防ぎながらある程度絞って画質・被写界深度を確保するのに便利であった。




Sony α7R Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 F5.6 絞り優先AE (1/60、ISO2000)
広角~標準や動きの少ない時は、ISO AUTOで絞り優先AEで撮った。この設定は絞り固定&ISO100でシャッタースピード可変になるのが基本で、シャッタースピードが1/60まで遅くなると、そこからはISO感度が上がっていく。さらにISO6400まで達するとISO6400のまま今度はシャッタースピードが1/60より遅くなっていく。実に便利な設定である。




Sony α7R Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 F3.3 絞り優先AE (1/20、ISO6400)
それにしてもα7Rの高感度特性はさすがだった。ISO1600ぐらいまでは劣化が感じられず、ISO3200や6400でも実用には十分であった。Y/Cズームレンズもα7Rの高画素数に十分耐えられる画質だった。一番問題だったのは手ブレであり、やはりウデが一番結果を左右するという至極当然の結果だったわけである。純正レンズを導入して手ブレ補正を効かせればいいのだが、そうなるとY/Cレンズを使うためにα7Rを導入した主旨に反してしまうのよねぇ・・(笑)。



Tag : Vario-Sonnar28-85/3.3-4

  1. 2014/11/17(月) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2014年10月九酔渓


大分の紅葉の名所、九酔渓へ行った。α7RにY/Cズームの組み合わせ。紅葉なのでVividモードで撮り、さらに若干彩度アップしている。



Sony α7R Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 F5.6 AE
今年は紅葉が例年よりも少し早かったようである。それでもこの時はまだ五分ぐらいかな、という感じであった。




Sony α7R Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 F5.6 AE




Sony α7R Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 F5.6 AE
さすが紅葉の名所だけあって美しい。京都の紅葉のような(いい意味ではあるが)人工的なものと違って、自然が織りなすカラフルな情景、という感じである。




Sony α7R Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 F5.6 AE
晴天だと、葉っぱが光ってしまう点で紅葉の写真は難しくなるのだが、青空が広がる分、紅い葉との対比が美しくなる。





Sony α7R Vario-Sonnar T* 28-85mm F3.3-4 F5.6 AE
紅い葉だけでなく、色々な木々の色が散りばめられ、何とも見事なカラフルさであった。



Tag : Vario-Sonnar28-85/3.3-4

  1. 2014/11/19(水) 20:00:00|
  2. 2012-14ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター