FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2016年4月ペルー旅行(4)コリカンチャ


観光二日目は、街全体が世界遺産に指定されているクスコへ。標高3,400mの高地に建設されたインカ帝国時代の首都である。まずはインカ帝国の宮殿、コリカンチャへ。



Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE
かつて太陽信仰の中心だったこの宮殿は黄金で装飾されていたという。コリカンチャというのは黄金の宮殿という意味だそうである。




Sony α7R Planar T* 50mm F1.4 F5.6 AE
インカ時代の建造物はほとんど破壊され、外から見えるのは手前の黒い石垣だけ。ここに太陽の神殿があったのだそうだ。茶色いれんがの建物は征服者スペイン人によって建てられたサント・ドミンゴ教会である。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
中に入ると、キリスト教の教会でよく見られる回廊式の建物であることがわかる。中庭の中央には石をくり抜いて作られたインカ時代の井戸があった。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
回廊式の建物の中にはインカ時代の石造りの部屋がいくつか残されていた。壁が斜めなのは耐震性を考慮しているのだとか。事実、このコリカンチャが大地震に見舞われた時、スペイン人が建てたれんが積みの建物は被害甚大だったが、インカ時代の石造りの部屋はびくともしなかったのだという。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F2.8 AE
窓の位置もピッタリ揃っている。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
太陽の神殿に繋がる通路から中庭を望む。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F2.8 AE
インカ時代の世界観を表した黄金のプレート。天にコンドル、地上にピューマ、地下に蛇。残念ながらレプリカだそうだ。




Sony α7R Distagon T* 28mm F2.8 F8 AE
太陽の神殿跡から庭を望む。こちらにも芝でコンドル、ピューマ、蛇が描かれていた。



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon28/2.8

  1. 2016/07/17(日) 20:00:00|
  2. 2016南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター