うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

216万アクセス御礼


夏休み中に累計216万アクセスに到達しておりました。いつもご覧いただきまことにありがとうございます。
無事にブラジルへ戻ってまいりましたが、バタバタしておりまして、ブログ再開にはまだ時間がかかりそうです。
どうかお見限りなく、今後とも「うっちーの時々かめらまん」をよろしくお願いいたします。


【リオデジャネイロの空港にて】

Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F4 AE



Tag : RX100III

  1. 2016/09/01(木) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Sony α7R II


二年半前に導入したSony α7R。ローパスフィルターレス3,640万画素の画質は圧倒的で、カラーバランスも派手すぎることなく大変満足のいくものだったが、唯一不自由だったのはカメラブレ・・。200mmクラスの望遠になるとかなりシャッタースピードを上げてもカメラブレが目立つ。



そこで今回α7R IIに買い替えることにした。一時帰国のチャンスを利用して新宿の某カメラ店で下取り交換したというわけである。カメラブレ補正が欲しいだけならα7IIという選択肢もあったが、やはりローパスフィルターレスの超高解像度というのは魅力。動画関係のグレードアップはまさに猫に小判状態なのであるが、思い切ってα7RIIに・・。




画素数はさらに増えて4,240万画素。エキストラファインのJPEGで撮っていると1枚当たり20MB~30MBぐらいになる。


さっそく、ブラジルへの帰国途上、ニューヨークで試写。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
試写した第一印象は、シャッターの小気味よさだった。タイムラグも少なく音もシュパっと軽い。使い勝手はα7Rと酷似しているので戸惑うこともなく、唯一違うなと思ったのはモード切り替えのダイヤルがロック付になったことぐらいである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
画質は申し分ない。変に派手すぎないカラーバランスも健在であった。


さて注目のカメラブレ防止機能についてブラジルに戻ってから簡単なテストをしてみた。カメラブレ防止機能はON/OFFとONの場合の焦点距離を選べる。



Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
まずはカメラブレ防止機能をOFFにし、1/250のシャッタースピードで撮影。焦点距離は200mmである。一見何にも問題ないように見えるが拡大してみると・・




う~む、像がぼやけている。これがわずかなカメラブレによって引き起こされる画質低下なのである。



次にカメラブレ防止機能をONにし、同じく1/250で撮ってみると、


Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE


同様に拡大して見ると・・


なるほどこれは明らかに違う。もちろんブレ防止機能がOFFでもしっかり写っている場合もあったし、ONでもぼやけている場合があったが、ONであれば安心材料になることは間違いない。いつもONにしていると電池の減りが早いそうだが、ファインダー画像もブレ防止機能が働くので、ファインダーでブレが防止されているのを確認しながらシャッターを切ることができる。ミラーレス一眼らしい利点である。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE


これにてカメラブレを心配することなく撮影できるようになったわけだが、はてさて何を撮りに行こうかしらん??



Tag : Distagon35/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2016/09/17(土) 20:00:00|
  2. カメラの話&レンズの話(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2016年8月ニューヨーク(1)


さてα7R IIを片手にニューヨークの街をぶらぶらしようというわけで、地下鉄に乗ってブルックリンブリッジへ行ってみた。レンズは日本の自宅から持ち出したディスタゴン35mmF1.4である。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
地下鉄の駅を下りて地上に出てきたところでまずは一枚。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
徒歩でブルックリンブリッジを渡る。お天気がいいのでたくさんの人で賑わっていた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
吊りケーブルで囲まれた感じが面白かったのでカシャ!




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
なかなか暗部の描写も優れている。α7Rも解像度に関して文句のつけようがなかったが、α7R IIはさらに一段上を行っている感じで、単に3,640万画素と4,240万画素の違いだけではなさそうである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
橋を渡ったところで振り返って一枚。気持ちのいいニューヨークの休日だった。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4

  1. 2016/09/19(月) 20:00:00|
  2. 2015-16アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016年8月ニューヨーク(2)


ブルックリンブリッジのブルックリン側に到着。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
船着き場の賑わい。船体の黄色が眩しい。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
ブルックリンブリッジは1883年に開通したアメリカで最も古い吊り橋のひとつ。鋼製ワイヤーが採用されたのは世界初なのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
ブルックリン側から見たマンハッタンの景色。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
ここの公園にはよく新郎新婦の写真を撮りに来る(前撮り?)人たちがいる。親戚の皆さんもおそろいの服を着て・・いやぁ、いかにも幸せそうだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
橋の北側へ行ってみる。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
となりのマンハッタンブリッジがよく見えた。こちらはブルックリンブリッジに比べると新しい鋼製の橋であるが、それでも1909年開通というのだから恐れ入る。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
マンハッタンをバックにしたブルックリンブリッジ。ニューヨークの観光スポットお約束写真である(笑)。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4

  1. 2016/09/21(水) 20:00:00|
  2. 2015-16アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016年8月ニューヨーク(3)


そろそろホテルに戻らなくてはならない。ブルックリンから直接地下鉄で戻ることも考えたが、路線図が頭に入っているわけでもなく、手堅くマンハッタンまで歩いて戻ってから地下鉄に乗ることにした。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
復路の方が、マンハッタンをバックに橋を見ることになるので、眺めがいい。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
途中で隣のマンハッタンブリッジを望む。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
とにかくこの日は人出が多かった。こういう気持ちのいい天気はマンハッタンではそんなに多くないのかもしれない。





Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE





Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
半年ぶりのニューヨークだったが、やはりこの街は活気があって楽しい。ブルックリンブリッジを歩いて一往復しただけだったが、自然の景色を楽しむのとはまた違った都会の楽しみを堪能できる街だと感じた。



(おしまい)



Tag : Distagon35/1.4

  1. 2016/09/23(金) 20:00:00|
  2. 2015-16アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年7月フランクフルト空港にて


7月に身内に不幸があり急遽ブラジル~日本を往復した。



Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
往路はフランクフルト1時間20分乗り換えのルフトハンザ→全日空という現時点で最短コース。夜サンパウロを出ると2日後の朝早く羽田に着く。さすがに中継地で写真を撮るヒマはなく、この写真は復路のルフトハンザ→ルフトハンザ乗り換え時のもの。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
おっと、ブラジルのTAM航空に遭遇。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
往復ともルフトハンザ航空の機材はボーイング747-8だった。いわゆるジャンボの最新型である。世界各地の航空会社で旅客用&貨物用が100機以上就航しているそうだが、主力はむしろ旅客用ではなく貨物用なのだそうだ。ジャンボといえば30年以上前から飛んでいるロングセラー機だが、この747-8は2010年以降に作られた新しい機体なので設計の古さは感じなかった。むしろ777よりも大きいので着陸時なども心なしかどっしりと安定していた気がする。



Tag : RX100III

  1. 2016/09/25(日) 20:00:00|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソニーEマウントレンズ


ソニーα7R IIにステップアップしたのを機に、一体全体ソニーのEマウントレンズというのはどんなものがあるのか、一通り調べてみた。Eマウントと言ってもソニーブランドまたはツァイスブランドのフルサイズ用途に限定し、コンバーターレンズなども対象外とした。これから発売になるレンズは当然のことながら、それ以外も使ったことがないレンズばかりなので、描写力に関してはネットなどでの情報に基づく「~のようだ」といった伝聞なのはご容赦いただきたい。


まずはソニー純正のソニーブランドレンズ。最近Gマスターなどと言ってツァイスのレンズを凌駕する高性能レンズが出てきており、活気のあるカテゴリーである。

ズームレンズ

【ソニーのHPより:FE24-70mm F2.8 GM】

FE24-70mm F2.8GM
FE70-200mm F2.8GM
Gマスターシリーズの2本。大柄なレンズだが文句のつけようのない描写力を誇るようだ。

FE PZ28-135mm F4G OSS
FE70-200mm F4G OSS
FE70-300mm F4.5-5.6G OSS
高性能がウリのGシリーズ。PZ28-135は電動ズーム内蔵の動画用レンズだが、あとの2本は無理のない明るさでバランスのよい高性能レンズ。

FE24-240mm F3.5-6.3 OSS
FE28-70mm F3.5-5.6 OSS
一般用途のレンズ。


単焦点レンズ

【ソニーのHPより:FE85mm F1.4 GM】

FE85mm F1.4GM
FE90mm F2.8Macro G OSS
FE28mm F2
FE50mm F1.8
FE50mm F2.8Macro
85mmF1.4はGマスターシリーズの超高性能レンズ。90mmF2.8もGシリーズの高性能マクロである。28mmF2はフィッシュアイや超広角コンバーターも別売りされているのでお手軽用途のように見えるがF2の明るさを誇る高性能レンズである。50mmF1.8はキヤノンのEF50mmF1.8のような知る人ぞ知る廉価な名レンズになっていくのだろうか。50mmF2.8のマクロは新製品である。


次にソニーから発売されているツァイスブランドのレンズ群。

ズームレンズ

【ソニーのHPより:Vario-Tessar T* FE24-70mm F4 ZA OSS】

Vario-Tessar T* FE16-35mm F4 ZA OSS
Vario-Tessar T* FE24-70mm F4 ZA OSS
この2本はソニーブランドのFE70-200F4G OSSと合わせ、いわゆる小三元(明るさがF4)のズームレンズシリーズを構成している。特に標準ズームのFE24-70F4に注目が集まるが、凡庸ではないものの際立った描写力ではないようだ。そのあたり、GマスターシリーズのFE24-70F2.8GMに期待がかかるゆえんである。


単焦点レンズ

【ソニーのHPより:Planar T* FE50mm F1.4 ZA】

Sonnar T* FE35mm F2.8 ZA
Distagon T* FE35mm F1.4 ZA
Planar T* FE50mm F1.4 ZA
Sonnar T* FE55mm F1.8 ZA

これら4本はいずれもさすがツァイスと言わせるだけの高性能のようである。個人的にはこの辺りのレンズに手を出してしまうと手元のY/Cレンズの出番がなくなるので躊躇するところだが・・。


さらにツァイスが直接販売しているツァイスブランドのレンズ群。ズームはなく単焦点だけである。ちなみにTouitシリーズはAPS-C用なので除外。

オートフォーカス

【ツァイスのHPより:Batis 25mm F2】

Batis 18mm F2.8
Batis 25mm F2
Batis 85mm F1.8
18mmとか25mmといった独特の焦点距離がツァイスマニアの心をくすぐる(らしい・・爆)。


マニュアルフォーカス

【ツァイスのHPより:Loxia 21mm F2.8】

Loxia 21mm F2.8
Loxia 35mm F2
Loxia 50mm F2
Loxia 85mm F2.4
こちらはオートフォーカスのBatisと違って絞りリングもつくが、絞りリングの回転方向がY/Cと逆なのは残念。


以上のように、ズームはともかく単焦点は似たようなレンズがひしめき合っており、まったく同じ焦点距離&明るさのレンズはないものの、「ん?50mmF1.8ならソニーブランドの廉価レンズだけど55mmF1.8ならツァイスの高級レンズだけど、どっちの話?」なんて混乱必至なのである。
というわけで単焦点レンズのみ、焦点距離順に並びかえてみる。

Batis 18mm F2.8
Loxia 21mm F2.8
Batis 25mm F2
FE28mm F2
Distagon T* FE35mm F1.4 ZA
Loxia 35mm F2
Sonnar T* FE35mm F2.8 ZA
Planar T* FE50mm F1.4 ZA
FE50mm F1.8
Loxia 50mm F2
Sonnar T* FE55mm F1.8 ZA
FE85mm F1.4GM
Batis 85mm F1.8
Loxia 85mm F2.4

マクロレンズ
FE50mm F2.8Macro
FE90mm F2.8Macro G OSS

こうして見ると、18mm超広角から85mm長焦点までとマクロレンズは、一通りラインナップが揃っていることが分かる。さすがにこのラインナップをそろえようという気にはならないが、よく使う28mm、35mm、50mm、85mmぐらいは揃えてもいいかな・・なんて思わないようにしなければならない・・(笑)。



  1. 2016/09/27(火) 20:00:00|
  2. カメラの話&レンズの話(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2014年12月ロス・アンジェルス空港


在庫写真から。2014年の暮れは、珍しくロス・アンジェルス経由で一時帰国した。



Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
ロス・アンジェルス空港の国際線ターミナルは、1973年から20年間市長を勤めた偉大なるトム・ブラッドレーにちなんで、トム・ブラッドレー・インターナショナル・ターミナルと呼ばれている。市長としてさまざまな功績を残しているが、最も有名なのは1984年のオリンピックであろう。2016年のリオは意外にも(失礼)大成功だったので、2020年の東京も是非成功してもらいたいものだ。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
ターミナルの中は、洗練されていて実に見事。何でも2013年に改修が終わったとのことなので、改修後間もない頃に訪れていたことになる。右側の薄紫色の塔はエレベーターで、外壁はプロジェクションマッピングのように色々な映像が映し出されていた。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
アメリカン航空から日本航空に乗り継いだので、同じワンワールド系列のカンタス航空のラウンジに案内された。何とも豪華なラウンジ。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
たしか数時間の乗り継ぎ時間だったと思うが、豪華なラウンジでゆっくりくつろぐことができた。




Sony RX100 III Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
いざ、東京へ、というわけである。なかなか心地よい空港だと思った。



Tag : RX100III

  1. 2016/09/29(木) 20:00:00|
  2. 2013-14アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター