うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

222万アクセス御礼


拙ブログが累計222万アクセスを頂戴しました。いつもご覧いただき誠にありがとうございます。
南米最南端のパタゴニア旅行記が続きいております。まだまだ続きます・・(汗)。
どうかよろしくお願いいたします。


【アイルトン・セナカラー】

Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
5月1日はアイルトン・セナの命日。未だにブラジルでは人気者である。


  1. 2017/05/01(月) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

2017年2月パタゴニア(27)エル・カラファテへ


ウシュアイアから飛行機で向かった先はエル・カラファテ。約1時間のフライトである。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
「もうすぐ着陸しま~す」のアナウンスで目が覚め、外を覗いたらビックリ!先ほどのウシュアイアとは似ても似つかない砂漠地帯・・。ナスカの地上絵を思い出してしまった(笑)。





Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
水はあるようだがとにかく緑がない!いわゆる不毛の土地というやつだろうか。初めてこの地を訪れたヨーロッパからの移民は途方に暮れたに違いない。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
空港ロビーにて。ウシュアイアのような木のぬくもりはないが、こちらも吹き抜け構造でオシャレな造りである。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
空港を出てエル・カラファテのダウンタウンへ向かう。案の定、砂漠の中をひた走る。本当に街があるのだろうか。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F5.6 AE
右手に大きな湖が見えてきた。これがアルヘンティーノ湖なのだろうか。



(つづく)



Tag : RX100V

  1. 2017/05/03(水) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(28)エル・カラファテ散策


ホテルのチェックインを済ませ、街中の散策に出る。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
ホテルは街の外れだったので、フロントに聞いた通りに街の中心街を目指す。この辺りが街の入口のようである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
高台に登って俯瞰してみる。空港から続いた殺伐とした砂漠とはうって変わって緑豊かな街並みである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
遠くを見ると、緑豊かなのは市街地一帯だけで、周りは砂漠に囲まれていることが分かる。まさに砂漠の中のオアシス、人工的なところがアメリカのカリフォルニアなどにも通ずる気がした。





Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
展望台から下に降りてメインストリートを歩く。綺麗な街並みだ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
美しい教会があった。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
民家も実にオシャレである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
世界各地の氷河の案内板。さすが氷河観光の拠点である。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
何だか古めかしいタクシー。乗ってみたいが営業しているのかどうか・・(汗)。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
街は観光客で賑わっていた。空港からの殺伐とした風景とは全く別の世界である。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
パタゴニア名物、炭火焼。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F4 AE
今宵は是非ともこれをゲットしたい。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4

  1. 2017/05/05(金) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(29)アルヘンティーノ湖


すでに19時半を廻っているのだが、ウシュアイアで特大のサンドイッチを食べたお陰でなかなかお腹がすいてこない。そこでアルヘンティーノ湖(Lago Argentino)まで歩いて行ってみた。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
湖畔を散策していると黒首のスワンを見つけた。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
しきりに首を水中に突っ込んでいる。餌を探しているようだ。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F8 AE
しばらくぼんやりと湖を眺めていた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F8 AE
さすがに20時半近くなって暗くなってきた。メインストリートに戻って炭火焼にありつくことにしよう。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/05/07(日) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(30)ペリトモレノ氷河その1


エル・カラファテ観光のハイライト、ペリトモレノ氷河ツアーに参加する。朝ホテルにマイクロバスがピックアップしにきて、各ホテルを廻った後、氷河を目指す。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
エル・カラファテの街を出てから約1時間でペリトモレノ氷河の展望台に到着。見事な景色だ。ペリトモレノ氷河はアンデス山脈南端の氷河群のひとつで、アルヘンティーノ湖へ流れ込んでいる。巾5km、長さ30kmということでことさら巨大な氷河ではないが、一日当たり2mの割合で湖へ流れ込んでおり、昨今の温暖化の影響から後退する氷河が多い中にあって後退しない氷河として珍しい存在なのだとか。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
マイクロバスは船着き場へ向かい、氷河観光クルーズ船に乗る。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
だんだん氷河が迫ってきた。曇り空から時々晴れ間が覗く展開。雲の切れ目から太陽の光が氷河に当たる瞬間を狙ってシャッターを切る。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
ちょっと距離感が分かりかねるショットだが、これで水面上約60mの高さなのだとか。水面下は100m以上の深さにわたって氷で、厚さ約170mの氷河が2m/日の速さで流れているということなのだそうな。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
氷河に光が当たっていると背景との輝度差が大きいので背景がかなり暗くなって、なんだかおどろおどろしい感じになる。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
グレーシャーブルー!長い年月をかけて圧縮された氷河の氷は気泡が少なく透明度が高い。なので波長の短い青い光だけを反射し青く輝くのだそうな。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
氷河の上をトレッキングするツアーの人たちが見えた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
氷河がアルヘンティーノ湖に流れ込む際、ちぎれて漂流する場合もある。これはその一例。「氷河は毎日ドラマがあるので何回来ても新鮮なのだ」とはガイドさんの弁。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
背景の山にも光がさして来てちょっと風景が穏やかになってきた。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
実はこの観光船がウロウロしているのは氷河の左半分。右端はこのように氷河がせり出していて氷河の右半分と水面を分断することもあるのだとか。そうなると水面高さが左右で30mも異なることもあるのだという。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
そろそろ氷河のアップともお別れ。氷河の前に30分以上停泊していたので思う存分シャッターを切ることが出来た。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
後ろを振り返って氷河の全景をカシャ!



(つづく)



Tag : Planar50/1.4 Distagon35/1.4 Distagon28/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/05/09(火) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2017年2月パタゴニア(31)ペリトモレノ氷河その2


氷河観光クルーズの後、マイクロバスでレストハウスへ移動し、フリータイム。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
与えられた時間は約3時間。昼食をレストランでのんびり取っていると観光の時間がなくなってしまうので、レストハウスでサンドイッチを調達して散策開始。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
いわゆる氷河の右半分の観光なのだが、こちら側にも観光クルーズはあるようである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
氷河の全貌が見えてきた。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
こちらのクルーズ船もなかなかよさそうだ。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F16 AE
せっかくなのでパノラマ像に編集。元は28mmのショットである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
この辺りが左右に分かれて観光している氷河の中央部分である。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
展望台でのんびり眺めていると轟音と共に氷河の崩落が始まった。これが毎日2m流れていながら後退も前進もしない氷河であるゆえんである。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
崩落の瞬間を見ることが出来たので安心してサンドイッチをほうばっているとまた凄い音で崩落開始・・。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
さらにその右隣りも崩れ始める。いやはや大変なことになってきた。大規模な氷河崩落の瞬間である。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
水面も水けむりが立ち、凄い音がした。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
いやぁ、崩落の瞬間をこれだけ堪能できて満足、満足。




Sony α7R II Vario-Sonnar T* 80-200mm F4 F11 AE
空模様も怪しくなってきたのでレストハウスへ戻っていたら背後でまた轟音が・・。振り返ってみると先ほどの崩落部の左側がさらに崩れ落ちていた。やはり、このペリトモレノ氷河は生きている氷河だった。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 Planar50/1.4 Distagon28/2.8 Vario-Sonnar80-200/4

  1. 2017/05/11(木) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(32)エル・カラファテのホテル


エル・カラファテ(El Calafate)ではあえて街中のホテルを避け、ちょっと郊外のホテルに泊った。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
カウ・ジャトゥン(Kau Yatun)というホテル。街の中心街から歩いて20分ぐらいのところにある。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
カントリーテイストのしゃれたホテルだった。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F4 AE
ロビーもゆったりくつろぐスペースという感じで、街中のビジネスライクなホテルとは随分と違う。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ホテルの周りをちょっと散策・・。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
広々とした敷地に建てられていることが分かる。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F11 AE
ホテルの裏手では羊が放し飼いにされていた。いやぁ、のんびりくつろぐことができた。



(つづく)



Tag : Distagon35/1.4 RX100V

  1. 2017/05/13(土) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年2月パタゴニア(33)最後の晩


エル・カラファテでパタゴニア旅行最後の晩を迎えた。前日に入ろうとして満席だったレストランに予約を入れる。早い時間はもう一杯だとかで、21:30を予約した。



Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
夕暮れ時に街中を散策する。夕暮れ時とは言っても21:00を廻っている。アルゼンチン観光地の定番なのだろうか、ここにもカジノがあった。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
民芸品のお土産屋さん。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
趣向を凝らしたお店が並ぶ。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
さてお目当ての炭火焼である。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
人気のお店だけあって、ここのお肉は絶品だった。




Sony RX100V Vario-Sonnar T* 24-70mm F1.8-2.8 F2.8 AE
たっぷり炭火焼を堪能してお店を後にする。ホテルまで徒歩20分。真夜中近かったが怖い思いをすることもなく無事帰還。治安のいい街である。

翌日は朝から空港へ行き、ブエノスアイレス経由でブラジルへの帰路についた。


長々と連載させていただいたパタゴニア、これにておしまい。やはり遠路はるばる行くだけの価値があるところだった。野生のペンギンや氷河崩落の瞬間など、お天気に恵まれたこともあって予想以上に印象深い旅となった。



(おしまい)



Tag : RX100V

  1. 2017/05/15(月) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2017年3月 カンポス・ド・ジョルドン(1)象の丘


今年の3月にカンポス・ド・ジョルドン(Campos do Jordão)へ行った。サンパウロから車で2~3時間ぐらい。標高1600mの避暑地で古くから別荘地として知られ、軽井沢とも姉妹都市なのだとか。



Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
街の入口。まずは街の外れにある象の丘(Morro do Elefante)を目指す。山の形が象の鼻に似ているからその名がついたという。




Sony α7R II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
象の丘からの眺め。綺麗な街並みである。ブラジルのスイスと呼ばれているそうだが、建物はスイスというよりドイツという感じ。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
昼間はリフトで登ってくることも出来る。丘の高さは標高1800mぐらいだそうだ。




Sony α7R II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
久しぶりにTilt-Shiftでお遊び・・(笑)。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
丘の上は展望台以外にも電波塔があったり土産物屋が並んでいたりした。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
象の丘なので象がいた・・(笑)。



(つづく)



Tag : Nokton40/1.4MC Ultron28/2 Sonnar85/2.8

  1. 2017/05/17(水) 20:00:00|
  2. 2017-ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年3月 カンポス・ド・ジョルドン(2)州立公園


街の外れには、サンパウロ州最古のカンポス・ド・ジョルドン州立公園があるので行ってみた。



Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
ここは、パラナ松(Araucária)で有名なところらしい。面白い形の木である。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
公園の入口付近には水車小屋があったりして、なかなか雰囲気のいいところである。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
パラナ松と並んで有名なのがアジサイなのだとか。今何月だったっけ?と、季節感がないブラジルで季節の花を見て混乱する・・。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F22 1/2sec
小川が流れていて、ちょっとした段差があったのでスローシャッターにトライ!




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
ニジマスの養殖試験場があった。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
パラナ松が生い茂る中の遊歩道を歩いて行く。




Sony α7R II Ultron 28mm F2 F11 AE
実に面白い形をした木だ。




Sony α7R II Nokton 40mm F1.4 MC F11 AE
下から見上げると益々フォトジェニック!



(つづく)



Tag : Ultron28/2 Nokton40/1.4MC

  1. 2017/05/19(金) 20:00:00|
  2. 2017-ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター