FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

225万アクセス御礼


累計225万アクセスを頂戴しました。いつもご覧いただきありがとうございます。
ただいま6月のフランスを連載中です。今年のブラジルは四連休が多かったのであちこち旅行に行っております。
今後それらの写真をアップさせていただきますのでご笑覧いただけると幸甚です。
引き続き、「うっちーの時々かめらまん」をよろしくお願いいたします。


【フランスにて】

Sony α7R II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE



Tag : Sonnar85/2.8

  1. 2017/11/01(水) 20:00:00|
  2. アクセス御礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年6月フランス(21)Hospices de Beaune


シャブリを後にし、もう一度ボーヌを目指す。お天気がいいので、オスピス・ド・ボーヌ(Hospices de Beaune)を見たくなったのである。



Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
オスピス・ド・ボーヌに到着。入場券を買って中に入る。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
見事な屋根の色だ。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
このオスピス・ド・ボーヌは、1443年ブルゴーニュ公の宰相だったニコラ・ロランとその夫人によって設立された施療院である。そしてこの建物は市民病院(Hôtel-Dieu)と名付けられている。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
ぶどう畑を所有し、そのぶどうから造られたワインの収益で施療院を無料で市民に開放していたのだという。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F2.8 F11 AE
その後も寄付によって施設が充実するとともにぶどう畑も増え、現在では61haにもなるという。その中にはグラン・クリュの畑も含まれるというのだから大したものである。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F2.8 AE
現在の病院は郊外に移転し、ここは博物館として一般公開されている。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F2.8 AE
当時の様子を再現している。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
それにしてもいいお天気だ。少しボーヌ市内も散策することにした。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Distagon35/2.8

  1. 2017/11/03(金) 20:00:00|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年6月フランス(22)Beaune


せっかくお天気がいいのでボーヌの街中を散策。



Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
マルシェ・オウ・ヴァン(Marche aux Vins)。酒蔵見学の時間はなかったが、記念にワインを1本購入。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
外から見たオスピス・ド・ボーヌ。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
いつまでもブラブラと散策したかったが、次の予定があったのでこのあたりで切り上げ。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8

  1. 2017/11/05(日) 20:00:00|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年6月フランス(23)Lyonその1


先を急いだのには訳がある。フランス第二の都市、リオンを観光したかったからである。ボーヌからクルマで2時間弱。



Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
まずはリオン観光の定番、フルヴィエールの丘へ行く。ここにはノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame de Fourvière)がある。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
1872年から24年間かけて建造された大聖堂である。1998年にリヨン歴史地区の一部として世界遺産に登録されている。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
ここからのリヨン市内の眺めは素晴らしい。




Sony α7R II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
右手前の方にはサン・ジャン大聖堂 (Primatiale Saint-Jean)が見える。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F2.8 AE
ノートルダム大聖堂の中へ入る。立派な教会だ。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F2.8 AE




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F2.8 AE
床の装飾も見事だった。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
外に出て教会の右側へ廻る。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
立派な鐘楼があった。




Sony α7R II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
大聖堂前の広場に建つ銅像。フランク・シナトラに似ていると思ったのは私だけか・・(爆)。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Sonnar85/2.8

  1. 2017/11/07(火) 20:00:00|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2017年6月フランス(24)Lyonその2


川沿いに降りてみる。



Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
リヨンはソーヌ川とローヌ川が合流するところなのだが、こちらは合流前のソーヌ川。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE




Sony α7R II Sonnar T* 85mm F2.8 F11 AE
フルヴィエールの丘にはノートルダム大聖堂が見える。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
サン・ジャン大聖堂。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE
大聖堂の中へ入ってみる。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F2.8 AE
ステンドグラスを通った光が柱に反射して美しい。



(つづく)



Tag : Distagon28/2.8 Planar50/1.4 Sonnar85/2.8

  1. 2017/11/09(木) 20:00:00|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年6月フランス(25)Lyon駅


Lyonの駅でレンタカーを返し、シャルル・ド・ゴール空港行きのTGVを待つ。



Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
早く着いたのでしばし撮り鉄・・(笑)。オール二階建てのTGV、Duplexである。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
ローカル線のディーゼルカー。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
またTGVが来た。さすが幹線である。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
ローカル線の電気機関車。かつてゲンコツと呼ばれた独特のフォルムを継承している。




Sony α7R II Planar T* 50mm F1.4 F11 AE
待つこと1時間余り。シャルル・ド・ゴール空港へ行くTGVが来た。先ほど来のTGVと同じDuplexだが、カラーリングが新塗装の個体だった。


以上でフランスの旅おしまい。ブルゴーニュとシャンパーニュを中心にワインの旅ということだったが、ワインに関係なくても何気ない田舎の風景に心を奪われることしばし・・。やはりフランスの田舎の旅はいいものだと再認識した次第。



(おしまい)



  1. 2017/11/11(土) 20:00:00|
  2. フランス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SONY FE 24-70mm F2.8 GM


結局買ってしまったのである・・(汗)。
フィルム時代の手持ちY/Cレンズを最大限活用できるということでSONYα7シリーズに手を出したものの、結局フィルム時代のレンズでは特に広角の周辺画質に不満が残り、デジタル時代のレンズの必要性を感じるようになっていた。これはフィルム時代のレンズの周辺画質に問題があるのではなく、デジカメのセンサーが画面周辺の斜めに入ってくる光をうまくとらえられないことによる。事実、そのあたりをセンサー側で工夫しているライカMデジタルでは広角レンズでも特に問題がないそうだ。一方で、デジタル時代のレンズは画面周辺でも出来るだけセンサー面に対して直角に光が入るようにして画質低下を防いでいるらしい。



というわけで標準ズームのSONY FE 24-70mm F2.8 GMを中古で入手した。SONYのFEマウントレンズの中でもGマスターシリーズと呼ばれる最高峰のレンズである。

さっそく試写。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
さすがに広角端の24mmでも画面周辺まで像が流れることなく、すばらしい画質である。カタログ値を見る限りでは、ライバルのニコンAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRやキヤノンEF24-70mm F2.8L II USMよりも画面周辺では一段とすぐれたMTF特性を示しているようである。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
オートフォーカス(AF)もかなりの速さで合焦するので、ストレスなくAFの恩恵にあずかれる。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
唯一の欠点と言えばその重さだろうか。886gとのことだが、ボディが軽いこともあり、ずっしりとレンズの重さを感じる。




Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F8 AE
最初はデジタル向けに設計された単焦点の広角レンズを購入しようと思ったのだが、旅先で撮影するにはズームの方がレンズ交換がない分素早く対応できるので、思い切って標準ズームにした。これは正解で、AF機能と相まって旅行用には欠かせない存在になりそうである。

結局、フィルム時代のレンズ資産を活用すると言いながら、画質や利便性からデジタル時代のレンズに乗り換えてしまった。予想していたこととはいえ、何ともコンタックスのY/Cレンズには申し訳ない気分である。



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/11/13(月) 20:00:00|
  2. カメラ&レンズの話(ソニーデジタル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

SONY FE 70-200mm F4 G OSS


夏に一時帰国した際、実は標準ズームのSONY FE 24-70mm F2.8 GMだけでなく、望遠ズームのSONY FE 70-200mm F4 G OSSも中古で入手していた。



同様の望遠ズームには上位機種のSONY FE 70-200mm F2.8 GM OSSがある。素晴らしい画質のようだが、F4の二倍以上の御代を払ってまで一絞り明るいレンズがいるかと言えばNOなので、F4にした次第。できるだけ軽くと思ったのも事実で、F2.8の1480gに対しF4は840gなので採用したのだが、それでも結構重い。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G OSS F5.6 AE
さて、なぜ望遠ズームの純正品を手に入れたかだが、α7R導入以降、望遠系はもっぱらVario-Sonnar 80-200mm F4を利用しており、最初はカメラブレに悩まされたもののα7R IIのボディ内手ブレ補正によって解決を見たかに思われた。しかしながら手ブレがなくなると今度は元々のレンズの画質が高画素数デジタルに付いて行けていないことが顕在化し、広角系の画面周辺画質の悩みと同様、望遠系における低画質に悩んでいた。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G OSS F5.6 AE
今回標準ズームの純正品を手に入れるに際し、望遠系の低画質の悩みも解消すべく「毒を食らわば皿まで」の気分で望遠ズームにも手を出してしまった次第である。




Sony α7R II FE 70-200mm F4 G OSS F11 AE
結果的には正解であった。実に気持ちのよい望遠写真を簡単に手にできるようになった。レンズ鏡胴が白で派手なのが個人的好みとしてはちょっとなのだが、画質は文句なし。

う~む、標準ズームといい望遠ズームといい、最新のデジタルカメラには最新のレンズを使うべし、ということのようだ。少なくとも手持ちのY/Cレンズをデジタルで活用する際はハンディがあることを自覚し、欠点が顕在化しないよう工夫する必要がある。



Tag : FE70-200/4G

  1. 2017/11/15(水) 20:00:00|
  2. カメラ&レンズの話(ソニーデジタル)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2017年8月大分(1)乙原の滝


α7RIIにソニー純正ズームを携えて大分へ。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F4 AE
かつて大分県中の滝めぐりをした際、なぜか最後まで行きそびれていた別府の乙原(おとばる)の滝へ。

う~ん、ちょっと水量が少ないかも・・(汗)。もうちょっと勢いのあるときに再訪したい。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/11/17(金) 20:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2017年8月大分(2)塚原温泉


NHKのブラタモリ別府編で別府八湯の大元として紹介された塚原温泉。



Sony α7R II FE 24-70mm F2.8 GM F5.6 AE
天気が悪かったが行ってみた。火口がこちら。もうちょっと絵になるところかと思っていたがビミョー(笑)。せっかくなので温泉に浸かって寛いだ。



(つづく)



Tag : FE24-70/2.8GM

  1. 2017/11/19(日) 20:00:00|
  2. 2015-17ぶんご
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター