FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

Biogon 28mm F2.8 ZM


2005年にツァイスイコンが発売になったとき、ボディと同時に極めて魅力的なライカMマウント互換のZMレンズがシリーズで発売された。その中の一つ、ビオゴン28㎜F2.8ZMは、奇をてらわないスペックで手堅くまとめられた安定感のある描写で高い評価を得たものである。



しかしながら奇をてらわないスペックだったからか、優れた性能にもかかわらず、同じ28㎜ならより安価でより明るいウルトロン28㎜F2やライカ本家のエルマリート28mmF2.8ASPH.などがひしめく中にあって、必ずしもデファクトスタンダードの地位を確立するには至らなかった気がする。かくいう私もウルトロン28㎜F2やエルマリート28mmF2.8ASPH.は入手したもののビオゴン28㎜F2.8ZMは逝かずじまいだった。
もうひとつ個人的に手を出しにくかった理由は、シルバーとブラックの2種類が同時発売され、いずれも甲乙つけがたい魅力的な外観だったがゆえにどっちにするか決めかねたからである。
今回、「やはりツァイスなんだからイメージカラーのブルーをあしらったシルバーボディだよな」と決心し、シルバーボディのビオゴン28㎜F2.8ZMを入手した。

というわけで早速試写。



Zeiss Ikon Biogon T* 28mm F2.8 ZM F8 AESUPERIA X-TRA 400




Zeiss Ikon Biogon T* 28mm F2.8 ZM F11 AE SUPERIA X-TRA 400




Zeiss Ikon Biogon T* 28mm F2.8 ZM F2.8 AE SUPERIA X-TRA 400




Zeiss Ikon Biogon T* 28mm F2.8 ZM F11 AE SUPERIA X-TRA 400
やはり評判に違わずよく写る。限られた時間・シチュエーションゆえ、逆光とか暗がりでの暗部描写などの限界的なテストは出来なかったが、どの絞りでも安心して使えるレンズという印象だった。



Tag : Biogon28/2.8ZM

  1. 2020/02/06(木) 20:00:00|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

05  03  02  01  12  07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター