うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

Summaron 35mm F3.5


OHによってズマロン35mmF2.8が見違えるように写りがよくなり、しばらくズマロン35mmF2.8にはまるのかと思いきや、そこはカメラオタクゆえ、「じゃ、前身のズマロン35mmF3.5ってどうなんじゃろ?」ってな方向に・・。

かねてからメガネつきが欲しかったこともあり、格安品をゲットしてしまった。格安の理由はメガネがちょっと曇っていたからなのだが、レンズはOK、まあお買い得である。





こうしたファインダー”矯正”メガネ付きレンズには、35mmレンズ以外にも、90mm枠→135mm枠のエルマリート135mmF2.8や、近接撮影用脱着メガネ付きのDRズミクロン50mmF2などがあるが、50mm枠を35mm枠にするタイプはこのズマロン35mmF3.5から始まったものであり、後に、ズマロン35mmF2.8、ズミクロン35mmF2、ズミルックス35mmF1.4でも同様のメガネつきが作られた。これら50mm枠→35mm枠変換メガネはファインダーに35mm枠のないM3専用と思われがちだが、他のM2、M4~M7などのM型ライカでも使用できる(35mmmF1.4は別の理由でM6以降には不可)。その際、本体のファインダーは50mm枠が選択され、メガネによって35mm枠に視野が補正される。また、メガネなしタイプの最短撮影距離が、1m(35mmF1.4、35mmF3.5)、0.7m(35mmF2、35mmF2.8)なのに対し、メガネつきはすべて0.65mという点も隠れた魅力である。

メガネの部分はだいたい縮緬塗装なのだが、このズマロン35mmF3.5の初期には光沢のあるブラックペイントも存在し、入手したズマロン35mmF3.5は、136万番台とメガネつきの製造初年である1956年製のせいか、のっぺりとした黒色塗装である。ちなみにメガネにE.Leitz Wetzlerのロゴがあるのもズマロン35mmF3.5だけである。





いつも正面から見た姿ばかりが記憶に残っているが、こうして斜めからみると、メガネの部分はかなりゴツく相当大げさである・・。

えへへ、あこがれのフード、ITDOOもいっしょにゲットしてしまった・・(汗)。IROOAの前身で、ズマロン35mmF2.8がIROOAなら、それより古いズマロン35mmF3.5にはITDOOがお似合い、というわけである。


と、思いっきりオタクな話が続いたところで試写。



Leica M3 Summaron 35mm F3.5 F8 1/125 REALA ACE 100
見よ、このコクのあるシャープな画像を!(笑)。いやはや、50年以上前に作られたレンズとは思えない描写である。




Leica M3 Summaron 35mm F3.5 F3.5 1/60 REALA ACE 100
それじゃ、絞り開放&最短距離0.65mはどうなのよ、というのがこちら。ちょっとコントラストは落ち気味だが、なかなかのものである。




Leica M3 Summaron 35mm F3.5 F5.6 1/125 REALA ACE 100
ナチュラルなカラーバランス、絞ればきちんとシャープなレンズ。さすが、ライカ通が褒めるだけのことはある。




Leica M3 Summaron 35mm F3.5 F8 1/125 REALA ACE 100
階調が豊かなことがわかるショット。




Leica M3 Summaron 35mm F3.5 F8 1/125 REALA ACE 100
じゃ、逆光はどうなのよ、というわけで撮ったのがこちら。これぐらいなら、コントラスト低下もなく、いい感じで写ってくれた。




Leica M3 Summaron 35mm F3.5 F8 1/15 REALA ACE 100
こういう遠景も無難にこなす。う~ん、ズマロン35mmF2.8と、どう使い分けたらいいんだろう??なんてうれしい悩みが発生してしまった。



関連記事

Tag : Summaron35/3.5

  1. 2008/05/13(火) 20:00:00|
  2. レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<花と富士(4)ミツバツツジ | ホーム | 花と富士(3)本栖湖>>

コメント

メガネ

ご無沙汰しております。(ブログは毎日拝見していますが)
Summaron 35mm F3.5の写り凄いですね。
メガネ付きは1956年以降ですよね。
M3をOHされて以降、フードの記事などをを書かれていたので、ん・・・何かあるか?と思っていました。
ここまで来ると新たな展開が・・・

PS:「試写」された4枚目はウチの近くです。
  1. 2008/05/13(火) 09:57:46 |
  2. URL |
  3. クロチャン #-
  4. [ 編集]

写りに驚きました

おはようございます。
すごいな、と思いました。写真をみてから逆スクロールして戻ると、エ、このカメラで?
何か欠点てないんですかね。ないんでしょうね。

横顔が何ともいえないですね、愛嬌というか。
  1. 2008/05/13(火) 21:21:58 |
  2. URL |
  3. ダン #-
  4. [ 編集]


うーん、素晴らしい写りですね。開放値がF3.5なので無理なく開放か
ら楽しめそうな感じですね。逆光でもいけますし、開放での素直なボケ
はいい感じですね。50年前のレンズで楽しめるというのがライカの素敵
な所ですよね。

  1. 2008/05/13(火) 21:37:55 |
  2. URL |
  3. farfarsidek #-
  4. [ 編集]

これは・・・

こんにちは、
Mレンズはあまり使ったことがないですが、このレンズの描写は・・・すごいですねぇ。
まさにコクがあってシャープ!こういう写りのレンズ、大好きですよ。
逆光でもコントラスが下がらず、まさに今回の作例の描写からは欠点らしきモノが見当たりませんね。
私もこのレンズ、欲しくなってしまいましたよ(笑)
作例どんどん御願いします!
  1. 2008/05/14(水) 00:52:22 |
  2. URL |
  3. ガンジー #II6poHiE
  4. [ 編集]

こんばんは。
Y/Cが一段落して、
さらなる秘境の旅へと
旅立たれましたね…(笑

ウチはこれのLマウント版の初期の奴が
コンパクトで見た目好きです。
  1. 2008/05/14(水) 08:02:59 |
  2. URL |
  3. chariot #pamUQ3n2
  4. [ 編集]

新たな展開?

クロチャンさん
コメントありがとうございます。
う~ん、新たな展開ですか・・。まあ確かにY/C機材アサリは一段落しているので、
Mマウントに興味が行きがちなのは事実ですが、機材よりも写真を撮る方へ
興味を集中させたいんですけどねぇ・・(笑)。
  1. 2008/05/15(木) 12:28:16 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

欠点

ダンさん
コメントありがとうございます。
ワタシもこの写りには驚きました。ただ欠点は何と言っても
大げさな風貌になってしまうことです。重くもなりますし、
ごつくもなりますから、外付けファインダーを使わなくて
撮りやすいにもかかわらず、スナップ用とするには
大げさすぎる感じになってしまいます。
35mm枠のあるM2やM4にメガネなしのレンズという
組み合わせがベストかもしれません。
  1. 2008/05/15(木) 12:32:17 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

50年前のレンズ

farfarsideKさん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり50年前のレンズでこれだけ楽しめる、
というのは、素晴らしいことですね。このレンズ、M8でも
ちゃんと使えるわけですから・・。
  1. 2008/05/15(木) 12:33:46 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

今回の作例

ガンジーさん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、”今回の作例”からは欠点は見当たりませんでした。
ただ、その後も色々と試していて、やはり欠点らしきところもありそうなので、
またレポートします。
ワタシが聞きかじった風評は、35mmF2.8よりもF3.5の方が、絞り全域にわたって
シャープ。色も濃厚。ただし描写だけならいずれも伝説のズミクロン8枚玉よりいい。
8枚玉は神格化に値する階調の豊富さはあるものの、コントラスト、解像感ともに
不足した眠い絵になりやすく、使いこなしが難しい。一方で、ズマロンの方が
平均的にはしっかりした絵になるので使いやすさという点では上、F2.8とF3.5の
描写は僅差なのでF2.8の方が明るい分便利、したがってズマロン35mmF2.8が
総合的にはベスト、というものです。もちろんやっぱり8枚玉が一番、という根強い
ファンはいっぱいおられますが・・。
  1. 2008/05/15(木) 12:50:39 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

秘境の旅?

chariotさん
コメントありがとうございます。
いやぁ、まずいっす(笑)。ズマロン35mmF2.8がありながら、
ズマロン35mmF3.5に逝ってしまうとは、我ながら
「はよ、28mmや21mmを何とかせんかい」と自問自答・・。
いや、益々これは深入りしてしまうか・・(汗)。
ズマロン35mmF3.5の旧型はたしかにかわいいですが、
M3にはちょっと小さすぎるのとフィルター径が特殊(36mm)
なのがちょっと好みに合いませんでした。それとLMリングを
毛嫌いしてLマウントレンズを避けているというのもあります。
LMリングに違和感を覚えなくなったら、益々大変なことに・・(爆)
  1. 2008/05/15(木) 12:58:40 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokidokicameraman.blog19.fc2.com/tb.php/1023-b1c817e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター