うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

忍法フィルム装填の術(3)AXの巻


この時代の機種になると、オレンジ色の線にフィルムの先端を合わせ、裏ブタを閉めてシャッターボタンを一回押せば、自動的にスタンバイ状態まで巻き上げられる。




じゃ、どこに工夫代があるのかというと、データバックD-8を使った時、フィルム先端を深めにセットすると撮影最後の1,2コマ目に撮影データを記録する時にデータが重なりやすいので、浅めにセットするという点である。これは自分の個体特有なのかもしれないが、メーカー修理に出しても結局事態は改善しなかったので、データバックD-8の不調に悩まれている方がいらしたら、試してみることをお勧めする。浅すぎると最初から正常に巻き上げられず、フィルムカウンターが00で点滅するので、その時は入れ直せばよい。

ちなみに「まとめ写し込みでデータが重なることがある」といって修理に出したのだが、以下のようなメモが入って帰ってきた。

[まとめ写し込み上の注意]
CONTAX AXのまとめ写し込みによるデータ記録方法は、撮影終了後フィルムを巻き戻した後1コマ目と2コマ目に、スプールでフィルムを細かく巻き上げながら写し込みます。このような機構により、次のようなフィルムの使用や入れ方をするとスプールの回転に合わせてフィルムが正しく送られない場合があります。
① 強い巻きぐせのついたフィルム
② 長期間カメラに入れっぱなしのフィルム
③ 薄いフィルム
④ 寒さのため硬化したフィルム
⑤ フィルムを入れるとき、フィルム先端をスプールの奥まで入れすぎた場合

というわけで、⑤によるトラブルを回避する入れ方、というわけである。修理に出したのにちっとも直してくれず、ケンカを売られたような気になったが、まあ、こういうことなのだそうだ。ちなみに同様のデータバックであるAriaのD-9では、こういう問題は起きていない。



(おしまい)



関連記事
  1. 2008/09/21(日) 20:00:00|
  2. カメラの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北欧旅行(28)ベルゲンの夜 | ホーム | 北欧旅行(27)フロイエン山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokidokicameraman.blog19.fc2.com/tb.php/1157-ecd23a80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター