うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

2017年2月パタゴニア(21)世界の果て号その3


世界の果て号、のんびりと山の中を走り、ラ・マカレナ駅に到着。



Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
ここで15分停車。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F11 AE
マカレナの滝を見物するために皆さん降車する。




Sony α7R II Distagon T* 28mm F2.8 F22 1/4秒
手すりでカメラを固定してスローシャッターに挑戦・・。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
滝を見物して駅に戻ってきたら、ディーゼル機関車と蒸気機関車の重連に引かれた後続の列車がやってきた。赤と黒を基調にした素敵なカラーリングである。ディーゼル機関車はフエゴ島号といって1999年に南アフリカで製造されたもの。蒸気機関車はスビエタ号といって、観光ブームに応えるために新規に2006年に製造されたものなのだとか。こちらも南アフリカ製だそうである。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
さて、スビエタ号の乗客に滝見物をバトンタッチして我々は終点を目指す。この辺りから国立公園に入って行く。泥炭地帯である。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
切り株が高いのは、積雪時に伐採したからだという。囚人たちの過酷な労働がしのばれる。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
終点の国立公園駅へ到着。カミラ号は、1995年製とはいえ基本設計は19世紀末のイギリスの様式に従っているという。わざわざ古いメーターやバルブを使って組み上げられた感がある。




Sony α7R II Distagon T* 35mm F1.4 F5.6 AE
正面から見ると、ボイラーの端面が顔になっている機関車トーマスを思い出す風貌。さすがイギリス製である(笑)。



(つづく)



関連記事

Tag : Distagon28/2.8 Distagon35/1.4

  1. 2017/04/19(水) 20:00:00|
  2. 2016-17南米
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<2017年2月パタゴニア(22)ロカ湖 | ホーム | 2017年2月パタゴニア(20)世界の果て号その2>>

コメント

CONTAXのはて…

こんにちは。
現在ヤシカマウントレンズを3本、初代RTSとAX所有していますがレンズは後12本を所有する計画です。うっち~さんに伺いたいのは「CONTAX645」は所有して置くべきかどうかです。ヤシコンほどレンズ本数は多くない、フィルムでもデジタル化しても使えそう、バッテリー消耗激しい、アクセサリー類が入手困難など、メリット・デメリットあると思います。うっち~さんの「CONTAX645」の満足、不満足など詳しく教えて頂けますか?宜しくお願い致します!!m(__)m
  1. 2017/04/21(金) 00:56:02 |
  2. URL |
  3. 関吉郎 #-
  4. [ 編集]

CONTAX645

関さん
コメントありがとうございます。
レンズバリエーションは必要にして十分だと思いますし、バッテリー消耗、アクセサリーなどはハンディと感じていません。
何よりも高画質なのが魅力なので、フィルムでの高画質を目指すのならお勧めです。

一方でフィルムにこだわらないのなら、不要と思います。
今やデジタルでかなりの高画質になりますし、機材の重さも35mmの方がいいですから。
  1. 2017/04/21(金) 22:44:41 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

一番大切な事。

早速のレス、ありがとうございます。
「見たまんまの写真」が好きなので「修正したり、数枚撮り直したり」の作業が苦手な私は、フィルムカメラがいいですね。

マップカメラの「週刊カメラーズ・ハイ第19回」で、「CNTAX645」が取り上げられていますが
「難点をもう一つ。感度設定ダイヤルが不意に動いてしまう。これは非常に問題である。撮影に夢中になっていると400のつもりが100になっていたりする。もちろんロック機構はあるが頼りにならないためパーマセルなどを貼って固定することをお勧めする。」と書いてありました。うっちーさんの「実際の使用感」は、いかがでしょう?

「CONTAX645」で最も番魅力を感じるのは、「レンズのデザインがほぼヤシカマウントレンズ」なので、安心して使えそうだ、という思いです。(テレアポテッサー350mmF4は、少しだけ現代的なデザインでしょうか?(笑))
  1. 2017/04/22(土) 02:17:53 |
  2. URL |
  3. 関 芳郎 #-
  4. [ 編集]

645の感度設定ダイヤル

関さん
再びコメントありがとうございます。
645の感度設定ダイヤル、どこについていたっけ?と、取説をググって確認しましたが、
これが動いて困ったことは一度もありません。
ロック解除ボタンを押さないと動きませんし、左手はボディの下に構えているので、この位置に来ませんし・・。
カメラの構え方が私と違うのだろうと思います。
  1. 2017/04/22(土) 09:21:41 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

普段使いこなしている方と…

コメント、ありがとうございます。

「記事を書くために」使ってみた人との差が出た今回の「マップカメラ」のCONTAX645レポートですね。
AXをメインに使っている私なら「重さ」もさほど気にならないかも知れません。
あと一つ、「新宿区の専門店のWebにも載っていない」ので、使った人はほとんど居ないのかも知れませんが、「645ムター」を使われた事はありますか?

(645システムのレンズのラインナップ見ると、ヤシコンよりも、ムターの必要性は感じられないのかな?というのが私の感想ですが、ヤシコン・ムターの進化形?と気になったりします)
もし、使われた経験がありましたら教えて下さい。
(コンタックス一眼レフのすべてのP136の平野耕作さんのフィレンツェの写真が好きです。)
  1. 2017/04/22(土) 16:43:23 |
  2. URL |
  3. 関 芳郎 #-
  4. [ 編集]

645ムター

関さん
コメントありがとうございます。
残念ながら645ムターは使ったことありません。
  1. 2017/04/23(日) 12:58:52 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokidokicameraman.blog19.fc2.com/tb.php/2787-3a4c9d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

トリップアドバイザー

アッシジ 口コミ
アッシジ 口コミ オルヴィエート 口コミ
オルヴィエート 口コミ ストックホルム 口コミ
ストックホルム 口コミ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター