うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

初期玉神話


カールツアイスのレンズには製造番号らしき番号が付いている。コンタックス用レンズの場合、58番代ぐらいから始まり、通常は7桁だが、最後は頭に1が付いて8桁の番号まである。カールツアイスはライカと違ってこの番号体系を公表していないので定かなことはわからないが、およそ、製造年を表しているとみてよかろう。
最もポピュラーなPlanar50mmF1.4は581から、Distagon15mmF3.5、Distagon18mmF4は579からである。Distagon25mmF2.8、Distagon35mmF1.4、Distagon35mmF2.8は58番代から、Distagon28mmF2、Distagon28mmF2.8は59番代からである。

0608Serial.jpg


そしてAEからMMになったのはおよそ68番代から。MM化されたのは1985年だから、1975年のコンタックスシステム発売以来、およそ1年で十万番づつ増えていった勘定になる。ただし、Distagon28mmF2はAEレンズが売れ残ってMMの時にそれらを改造したのか、AEもMMも59~61番代しかない。またAEとMMが併売されたPlanar50mmF1.7などは70番代でもAEモデルがあるようである。AEからMMへ進化すると同時に多くのレンズが西ドイツ製から日本製へ移行したが、最初はMMで西ドイツ製が存在した。いわゆるMMGというやつで、希少価値、本国ドイツ製、MMの高機能、ということで妙にプレミアムがついている。製造番号でいえば70番代前後のわずかな期間だけである。もっとも例外はSonnar85mmF2.8で、このMMGはAriaの発売と同時に再発されたときにドイツで製造されたので、それらは84番代あたりが多い。ちなみにこのSonnar85mmF2.8、AE時代に西ドイツ製→日本製へ移行し(併売された)、MM化されたのちドイツ製で再発されたので、コンタックスのレンズの中では唯一、AEG、AEJ、MMJ、MMGの四種類全てが存在する。
なんでこんな番号の話をグダグダしたかというと、最近、初期玉と称して製造初期のレンズが高価に取引されているので、何でそんなに大騒ぎするのだろうかと思ったからである。何でも58番代時代はコンタレックスのレンズと同じガラス材が使われていたとかで、ツアイス信者にとってはこの上なく魅力的らしい。加えてプラナー50mmF1.4は581、582、583あたりにいわゆる当たり玉が存在するらしく、えらくプレミアムがつく結果となっている。さらに59番代や60番代も初期玉と称して高価なプライスタグがついたりして、ここまでくると便乗商法ではないかと疑ってしまう。
実は、初期のころはものによっては構造が複雑で、微調整が効く=当たり外れがある程度ある、という状態だったことは否めない。プラナー50mmF1.4もその点では58~60番代ぐらいまで同じ構造であるから、ガラス材の話はともかく、58~60番代で丁寧に調整されたタマが平均値以上の性能だった可能性はある。のちに構造はどんどん簡素化され、微調整が効かない代わりにバラツキがなくなってどのタマも同じ性能になっていったようだ。数本の候補から選べるならイザ知らず、こうした製造番号だけでレンズの良し悪しを断定するのは極めて危険と言えよう。初期玉のよさは、バラツキの範囲内で偶然調整がよかった場合に限られる、と考えられるからである。そのバラツキの下限でも、AEの方がMMよりも絞り開放での描写に優れるという話も聞く。事の信憑性は定かではないが、AEであればそれだけ古いので経年劣化も無視できず、一概に言えないのではないかと思う。あくまでもよく調整された場合とか、極めて綺麗な個体の場合、などの条件が付くと思う。
また、この製造番号が記されたリングは簡単に外れるし、レンズユニット交換というメンテも行われてきているので、今や、この製造番号だけでレンズの個体差を語るのは、もうヤメにしてはどうかと思う。
先日、プラナー50mmF1.7を購入するときに数本の中から選ぶ幸運に恵まれた。62番代(このレンズの初期玉である)からMM化初期の68番代までである。構造的には同一である。それでも絞り開放の解像度にはたしかに個体差があった。しかしながら一番劣ると思ったのは62番代の初期玉だったし、優れている玉は必ずしも製造番号だけで説明がつかなかった。
たしかに多少の個体差はあるようだ。そしてものによっては構造上初期玉の方がバラツキは大きいはず。バラツキの上限では描写に優れる場合があるだろう。ここまでは言えるのだが、初期玉=描写に優れるというのは如何なものか、と思う。

これでも皆さんは初期玉神話にこだわりますか?




関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/02(水) 23:59:25|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:52
<<浚渫船? | ホーム | 天然のスポットライト>>

コメント

そうは言っても気になる初期玉。
私のPlanar50mmはMMなので
全く関係ないし。Planar50mmってもともと
高くないで付加価値がついてもそれなり。
だから購入しやすいから値段が上がるのでしょうね。
ついつい、581,582,とか確認してしまうし。
まぁ、ある意味病気でしょうけど。
  1. 2006/08/02(水) 12:23:15 |
  2. URL |
  3. piscina #KaFLR9qI
  4. [ 編集]

P50/1.4

piscinaさん
コメントありがとうございます。
気になりますよねぇ、初期玉。だけど最近、AE末期からMM初期の
68番代あたりにいい玉があるみたい、なんて情報も耳にします。
P85/1.4あたりが発端のようですが、それに限らず、
68~70番代のブルーコーティングを絶賛する方もいらっしゃいます。
何がほんとなんだか・・・(笑)。
  1. 2006/08/02(水) 12:38:33 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

うーん深いお話ですね~
私は、最も安いのしか買わない(“えない”が正確)なので、気にしていませんでした。
いま確認するとD35AEGが59、、P50AEJが60、、D28AEJが60、 D25AEGが65、SP60が66で、、、これら買ったカメラ屋は、在庫を並べると古いほど安いみたいでした。本来の姿?(^^;;;
  1. 2006/08/02(水) 13:26:04 |
  2. URL |
  3. 246g #-
  4. [ 編集]

初期玉

こんばんは

初期玉のお話、興味深く拝読しました。
P85の1.2と1.4ほど描写が違えば、初期玉を珍重する気もわかりますが、
そんなに描写が違うのものなんでしょうか???

価格が高騰している理由は、「初期玉ならもっと凄い描写に違いない」
と思っている方が多いからなんでしょうね(^-^;
  1. 2006/08/03(木) 09:54:09 |
  2. URL |
  3. Dr.Head #YqzQT8Bs
  4. [ 編集]

本来の姿

246gさん
コメントありがとうございます。
古いほど安い・・、本来の姿ですよね。
外観の痛み具合が違うとか、別の差異があれば別ですが・・。
  1. 2006/08/04(金) 00:46:41 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

描写の違い

Dr.Headさん
コメントありがとうございます。多少絞り開放でシャープかな、とかボケ味が少し違うかな、
という程度のようです。P85/1.4が1.2みたいになることはないようです(笑)。
  1. 2006/08/04(金) 00:49:07 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

僕も気になったので50mm f1.4 の初期玉を3個、35mmf1.4 AEGの初期玉を2個テストしてみました。
2個がシャープで1個が劣っています。

確かにバラツキがあります。特に35mm f1.4は製造番号が接近しているにもかかわらずです。
あるとき、35mm f1.4 のシャープさの劣るレンズを落とすような事態が発生し、修理に出しました。
そうしたら絞り開放でも非常にシャープなレンズに調整されてまいりました。

50mm プラナーの中で最もシャープなレンズとコシナ製のZF プラナーを撮り比べしました。
シャープさと色ののりは優劣がつけられませんでした。

巷でささやかれていますが、初期の方が、ツァイス社の監視が厳しいのではないか、と思います。
  1. 2006/08/04(金) 04:10:04 |
  2. URL |
  3. アイルトン #dtpddxfM
  4. [ 編集]

ツアイスの監視

アイルトンさん
コメントありがとうございます。
ありましたね、D35/1.4のOHのお話。ワタシもOHに出そうと思っているのですが、
他にもOHしたいやつがあってなかなかD35/1.4まで手が廻りません。
ZFとの比較記事、一番シャープなY/Cとの比較だったのですね。
ワタシは全然区別がつきませんでした・・(汗)。

ツアイスの監視、初期のころは厳しかったのかもしれませんね。
そして初期玉はその後ものによっては酷使されたり経年劣化をおこして、
今となってはバラツキが大きくなっている・・。
そう考えると何となく辻褄が合う気がします。
  1. 2006/08/04(金) 22:48:05 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

気がすみました

私も、ここ2ヶ月間初期玉のテストにくるっていました。集めた初期玉は「中」程度から「中の上」までで、「上」は手に入りませんでしたが(入らなくて良かったです)結論から言うと、ほとんど変わりませんでした(ほんとうは全くと言いたいところです)。試していない「上」がどのぐらいちがうのか見当がつきました。きっとほんのちょっとなんでしょう。F1.4とF1.2(記念モデル)のちがいを主観ですが数値にして10の開きがあったとすると、初期玉とMMJの違いに5の差はいくらなんでも望みません。しかし3ぐらい違ってほしいと思っていました。ところが1未満、せいぜい0.5ぐらいというのが感想です。ちなみに「中の上」と太鼓判を押したのは初期玉を200本ぐらい見てきた人が言ったランクです。きっと反論される方もいらっしゃると思いますがシャープさ、解像度をもとめるなら、がんばってF1.2を買った方が、結果安上がりです。
  1. 2006/11/13(月) 04:35:22 |
  2. URL |
  3. 富士海 #-
  4. [ 編集]

ようこそ!

富士海さん
初めまして! コメントありがとうございます。
すごいですねぇ、そんなに色々と集めて調べられたんですね。
貴重な情報ありがとうございます。オフィシャルに
性能が変化した、と言っていない以上、わずかな違いが
話題になっているのだろうとは思っていましたが、
そんなに差が少ないんですね。
ま、F1.2は別モノですから違うのは当然としても、
このP50/1.4は、アサヒカメラで過去三回にわたって
測定されるたびに解像力が落ちていった、というあたりが、
ウワサの元なのでは、と思っています。
  1. 2006/11/13(月) 11:15:43 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

でも初期玉の材質は?

初期玉の材質についてが、語られていないような気がするのですが・・・材質についてはどう思われますか?
  1. 2007/02/27(火) 04:26:57 |
  2. URL |
  3. 久遠くん #-
  4. [ 編集]

材質

久遠くんさん
コメントありがとうございます。
材質とはガラス材質のことでしょうか。
初期玉は昨今の鉛フリーエコガラスとは違うようで、
本文中にもあるように初期玉はコンタレックスと同じ
ショットガラスをドイツから輸入して造られたという点が、
一番ウケているようです。
ガラス材質の違いで写りが違うのかもしれませんが、
その他の要素で写真の出来映えが違うことも多く、
あまり神経質にならない方がいいのでは、と思っています。
  1. 2007/02/27(火) 11:49:30 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

お礼

了解です。
私自身は、
初期玉にそこまでこだわってるわけでは
ないのですが、
こだわってる人は、多分材質だろうなって
おもったものなので、
いまは、鉛の変わりにチタンを混ぜてるとか・・・

正直、プラナーの描写は、いいですよね

私の好きなレンズです。

フィルムでもデジタルでも使っていて楽しいのが

いいレンズですよね

こちらこそ丁寧な回答ありがとうございました。

  1. 2007/02/28(水) 02:12:22 |
  2. URL |
  3. 久遠くん #-
  4. [ 編集]

環境対応

久遠くんさん
再びコメントありがとうございます。
環境対応の面から鉛フリー化は避けられないのでしょうね。
同様に、ライカM2,M3,M4などのクロームめっきも
駄目なのだそうです。
元素名だけでエキセントリックな環境対応になりがちな面は問題ですが、
環境負荷が高い工業製品は負荷を下げるべきですし、
鉛入り=いいレンズという単純図式も疑問だと思います。
  1. 2007/02/28(水) 12:51:04 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

メッキは、肺をやられますからね。
ヨーロッパは、環境問題を重視していますし
そのわりには、化石燃料ガンガン使っていますけど

私の持ってるオールドレンズたちは、
放射能から鉛まで入ってるものが多いのですが、
確かに単純に鉛=良いレンズではないと思います。
入ってなくても十分魅力的なレンズがありますから

でもガラスの透明度は、チタン等入れても鉛には
かなわないと思いますが、
私自身お仕事が、環境問題に取り組んでいるので
なんとも・・・(苦笑)

フィルム・フィルムの現像液等問題が多いのですが
やはり写真文化は存続して欲しいですね~




  1. 2007/03/06(火) 21:27:18 |
  2. URL |
  3. 久遠くん #-
  4. [ 編集]

環境問題

久遠くんさん
再びコメントありがとうございます。
環境問題ってとても難しいですね。環境負荷ゼロが
理想なのでしょうが、なかなか工業的に実現困難な
場合が多いようです。ただ、目指すべき方向はそちら
でしょうし、一方でエキセントリックな対応にならない
ようにすることも大切だと思います。
  1. 2007/03/08(木) 09:53:59 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

解像度の評価は正しいのでしょうか?

”初期玉神話”非常に興味深いです。解像度が高い・・・いやそうでない。諸説紛々ですが・・・
F1.4などピントの薄いレンズを正確に合焦させるためにはライブビュー撮影が必須ですが、初期玉神話についてライブビュー撮影で実際に多数のレンズを比較検討した結果はあるんでしょうか?

レンズ~ファインダー面(像)とレンズ~フィルム面、両者での光路長は微妙にずれます、(さらにいうとフィルム面は鏡面ではなく、鏡面である撮像素子と大きく異なる)。だから途中経過のモニター像に過ぎないファインダー像でいくらバチピンに合わせても最終結果(PC画像)では解像が甘い場合があるのは当然だと思うのですが・・・

これまでの、多くの議論(特にフィルム時代での評価)は、あいまいな評価基準に依拠したものなので安易に信用できない・・・と思っています。

いかがでしょうか?


  1. 2013/01/08(火) 01:24:31 |
  2. URL |
  3. こぎと #-
  4. [ 編集]

合焦した場所同士の比較かも

こぎとさん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、フィルムだと光路長が微妙に違う(可能性のある)ファインダー
スクリーン上でピントを合わせており、またフィルム面の平面性も誤差になって
くるのは事実ですね。その点、デジタルの撮像素子を用いた比較の方が正確だという
のはよくわかります。

ただ、被写体が完全に平面であってその平面上に書かれたハウレットチャートなどの
解像度チャートで比較するとか、立体的な被写体であっても全く同一の箇所に合焦
させる前提で被写体の同一箇所同士を比較するというのであれば、ファインダーの
精度やフィルムの平面性の影響が問題になるのかもしれませんが、実際はそういう
比較方法ではなく、立体的な被写体の(結果として)焦点が合った部分同士を目で
見て解像度を論じている場合が多いのではないかと思います。そういう評価方法
でも実用的には意味ありの比較論にはなるのでは、と思います。

もしかしたら初期玉神話というのは正しくて、それはフィルムのあいまいな比較なら
差は分かりにくいが、デジタルの厳密な比較だと有意差が認識できる、ということ
なのかもしれません。ただそうなのであれば、まぁあまり大きな差はないとも言える
と思います。あまり科学的ではない論旨ですみません。初期玉とそうではない玉で
解像度本数が何本違うか、なんて議論も聞いたことがないですし、初期玉神話は
主として撮った画像全体の感じから論じられているような気がします。
  1. 2013/01/08(火) 12:19:09 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

初期玉伝説の真実

うっちーさん レスありがとうございます。
レスが帰ってくるとは思っていませんでした。

御指摘のように、フィルムカメラという、アバウトな撮影システムで解像チャートのような評価基準を持ち出しても、あまり意味が無いので、こういう評価でなく、絵の”解像”とかのやや曖昧さを含んだ官能評価だったんでしょうね。

>もしかしたら初期玉神話というのは正しくて・・・有意差が認識できる。
うっちーさんと同じ印象を持っています。

上記の評価方法の曖昧さに加えて、初期玉がどういう”管理下”にあたったという言わば、”ノイズ”のような情報成分のために”初期玉伝説”の本質が見えにくかったのではないがどうか・・・と妄想しています。

初期玉でも最高のファクトリーで”厳密に調整されたもの”とそうでないものでは合焦精度が異なるような印象があります。 ディスダゴン(35mm F1.4)もフローティングシステムゆえに光軸が僅かに崩れると本来の性能が出ず”調整後にバチピンになった”という話も散見されますから・・・

>主として撮った画像全体の感じから論じられているような・・・
全く同感です。

>まぁあまり大きな差はないとも言える と思います。
これも同感ですが・・・。

バーコードにEVFで合焦させて、”おっ、これは違う!”という程度の差でしたが・・・、この辺をどう見るか・・・でしょうか? 

所有欲、撮影のモチベーションの向上、果ては、話のネタ等・・・・(笑)

御返事ありがとうございました。
  1. 2013/01/30(水) 13:57:32 |
  2. URL |
  3. こぎと #-
  4. [ 編集]

なるほど

こぎとさん
コメントありがとうございます。
初期玉は僅かながら差はありそうだ、ということなんですね。
いやぁそうかもしれません。そしてそれは初期玉というより、
きちんと調整された玉、ということかもしれません。
構造的にどこにそんな調整代があるのか、と言われるとよく
わからないので憶測にすぎないのですが、私もD35/1.4や
P85/1.4をOHに出して、以前よりも絞り開放からシャープに
なった、という感触があります。
  1. 2013/01/31(木) 11:51:23 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

こんちは うっち~さん

結果として”良く写る玉”であれば、それがレンズ本来の性能であれ、プラス調整の結果であれどちらでも良いのですが・・・・
元が良くなければ、いくら調整しても駄目、ということですから。ただそうした調整も次第に困難になりつつあるのは残念な状況で、さらに、C/Yマウントのレンズ自体、良質なものは入手困難になりつつあります。

そういう環境下でのフォトライフを考えるとき・・・・

初期玉神話・・・興味深い内容でしたが、たとえば コシナ製のツァイス・・・これと本家(C/Y)との比較、印象の差など伺えればとも思っております。 

いかがでしょうか?





  1. 2013/02/01(金) 02:15:16 |
  2. URL |
  3. こぎと #-
  4. [ 編集]

コシナ製ツァイス

こぎとさん
コメントありがとうございます。
残念ながらコシナ製ツァイスは使ったことがないのでわかりません。
  1. 2013/02/01(金) 11:19:33 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

初期玉神話…

ガラスの材料の違いや、コーティングも初期の方が
良いのかも知れませんが、値段の差ほど違うかと
思うとそうは思えません。
もちろん購入した事ないので想像ですが、「後期玉」
や「MM玉」が見劣りするほど差は無いのでは?

私のヤシコン135mm問題(笑)、9割プラナー行く
つもりです。ただゾナーのスッキリした描写も
捨て難く、再度、「実際に両方使ってる」うっちー様
の「最後の一押し」アドバイス下さいませんか?
(将来は両方揃えたいですが今回1本に絞ります)
どうぞ、宜しくお願い致します。
  1. 2013/02/07(木) 02:13:36 |
  2. URL |
  3. 関 芳朗 #-
  4. [ 編集]

P135/2とS135/2.8

関さん
コメントありがとうございます。
135mmの件、P135/2ですか、そうこなくっちゃ!
そりゃあもうP135/2は異次元です。こんなレンズが30年前からあったなんて
信じられない、ハイライトの抜けの良さと何とも言えないトーンの豊富さ、
F2なのに被写界深度が深いんじゃないかと錯覚するぐらいの結像のよさ・・。
S135/2.8よりもはるかに高価なのが悩ましいですが、買って使ってみれば
絶対損したとは思わないし、しばらくはS135/2.8に対する興味が失せること
間違いなしです。

これぐらいでいかがですか?(爆)
  1. 2013/02/07(木) 10:29:13 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

心強いアドバイスありがとうございます。

先月末、72/86リングとメタルフード№4を揃え
「自分を追い込み」ました。
(P135/2がSo180/2・8に化けたりはしません)

「アムロ行きます」みたいに「関(仮名)行きます」の心境です。
購入したら最初にやりたい事、それはやっぱり、RTSのカタログの真似です(笑)
  1. 2013/02/08(金) 08:20:21 |
  2. URL |
  3. 関 芳朗 #-
  4. [ 編集]

RTSのカタログ

関さん
コメントありがとうございます。
そうですよね、あのカタログの表紙はあこがれでした。
  1. 2013/02/08(金) 12:27:59 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

あ~あ

罪つくり奴~。(爆)
  1. 2013/02/11(月) 01:12:10 |
  2. URL |
  3. かっちゃん #-
  4. [ 編集]

趣味

かっちゃんさん
コメントありがとうございます。
趣味とはそういうものです(笑)。
  1. 2013/02/11(月) 08:01:08 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

初期玉神話について・・・

こんにちは、興味のある記事を見つけたのでコメントしてみます。当方コンタックス発売当初から
ヤシコンとの付き合いで現在は8X10用の大型レンズの研究をしております。

当方の見解では初期玉神話は例の東京のコンタックス専門店がでっち上げた嘘だと思っております。

同じ設計で長く作り続けられたレンズは発売当初は球面の研磨精度や厚みの制御精度がまだ現在に比べ低く、
設計値に達しないレンズが出来てしまう、そのレンズを複数枚組み合わせて一本のレンズにするわけですからトータルで設計値を超えるレンズが
出来る可能性はほぼ0、つまり初期玉の中のいい玉というのがあったとしてもそれは設計値を超えるものではなく、
たまに設計値に近い物が出来る可能性がある程度のもので、後期の工作精度が向上してからの例えばMMJより上回ることはありえないと考えます。
当方が検証したプラナー50mmの602万番台とAEJ最後期674万番台(MMになるちょっと前)の比較では602はピントの芯の廻りにフレアーが存在し、
674はそのフレアーがなくスッキリクリアーでした。ピントの芯の解像度はどちらも大差無しです。このフレアーのあるなしの違いは製造上のバラつきではなく設計が変更されたと考えるのが妥当では
ないかと思います。

例のショップのサイトでは重量の違いをガラスの違いなどと嘯いておりますが、直径3、4cmのガラスで数グラムも違ったらそれは単なる不良品、
そんなに鉛の量が違ったら屈折率も大幅に違い同じレンズに組み込めるわけがありません。鏡胴の構造もころころ変わっているのに重量を比べること自体
ナンセンスだと思いませんか?
脈理という言葉がありますが屈折率のわずか0.0002程度の違いでも許されないのに数グラムも含有物質が違うはずがないですよね!?

あのショップは1月1日にしか見れないページにテッサーのピント移動は回折現象のせいだなどと書いてあるレベルの光学的知識0の店です。
テッサーのピント移動は球面収差によるものですから全くもってでたらめ、こんなことを平気で書くような店なのです。信用するに当たらないですよね^^;。

プラナーの85mmも初期玉は前玉のコバ塗りがなく、コーティングも全面マルチコートではないなど内面反射や工作精度のせいでMMJより
シャープネスでは劣る結果でした。

以上、初期玉神話は悪質なショップのでっち上げた嘘というのが当方の結論です。



  1. 2013/04/01(月) 19:47:00 |
  2. URL |
  3. だいなごん #UMkf2qKI
  4. [ 編集]

ようこそ!

だいなごんさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
私は光学的知識がないのでよくわからないのですが、まあ初期玉は騒ぐほど
大きな違いはないだろうと思っています。ヤフオクなどで大騒ぎしている
のを見ると、そんなに違わないんじゃないかなぁ・・と思ってしまいます。
ただ、OHすることで解像感がよくなったという経験はあります。使用に
よって劣化していた性能を新品並みの状態にまで取り戻すべく清掃・調整
してもらったということなのでしょうか。Y/Cはいずれも古いレンズとなって
しまいましたので、製造時の性能もさることながら、その後の使用状態や
メンテも重要だろうと思います。
  1. 2013/04/02(火) 10:31:54 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

あらためまして・・・

うっちーさん、よろしくお願いします。

ヤフオクですよね、この初期玉神話の風説を引用し値段を吊り上げる不届きな出品者の横行には困ったものです。
本当にシャープネスが高いなら証拠の写真を載せればいいのですが、要求しても誰一人として載せない、まして例のコンタックス専門店に
証拠の画像をアップするよう要求したら個人的に話をしましょうと来るしまつ、多分素人扱いして適当に言い含めるつもりだったんでしょうね。

あのショップには数年前、事の真偽を見極めるため直接行った事があるのですが、当方がぶら下げて行ったAXにフード無しで付けてあった
当方所有50mm1.4を見て、フードも付けないんですかと来やがったのには驚きましたねー、その瞬間この店は眉唾物だなと直感しました。
店頭にピントピークの高い50mmが常時置いてあるから比べに来いとHPで言うので自分のレンズと比べて見ようということなのですが、
まあはっきり言えばファインダーでピントの芯の解像力の良し悪しなど見えるはずがないのですね、中心から少しでもずれて覗いたり
傾いて覗けばファインダーの収差でピントの良し悪しなど判断できません。実際その時は同じにしか感じませんでした。

当方がなぜAXを持って行ったかですが、コンタックスカメラの中でファインダーの切れが一番いいのがAX、これならピントが一番良く見えるだろうと
いうことでこのカメラを持って行ったのですが、店員の言うにはそのレンズも初期のだから変わりませんよと来たもんだ、もうここまで来ると完全に客をバカにしていますよね・・・。

実は今回この投稿をしたのは、偶然リサイクルショップに捨て値に近い値段で新品同様のプラナー50mmAEJ(674万番台)が置いてあって、
思わず買って帰ってテストしてわかったことですが、このAEJ後期の玉はファインダーを見ただけでわかるほど像がクリアーでピントが見易く、
あれ?と思って詳細に検証したところ初期玉にあった芯の周りのフレアーが全くないのです。どうりでファインダー像がすきりしているはず、
ここまで違えばファインダーで違いがわかります。
当方のテスト機はEOS-1Dsに拡散度の高いs型スクリーンを、ファインダーには1.3倍のマグニファイングアイピースを付けてあるので
ピントの微妙な違いもかなりはっきりわかります。
これは製造上のバラつきではなく設計変更したと直感しました。

当方の検証ではF1.4クラスのレンズの解放でどんな条件でもピントを合わせるためには倍率は最低でも0.9倍は必要で、出来れば1.0倍欲しいくらい
ですので今のデジ一はフルサイズ機で0.7倍、APS-C機に至っては換算0.6倍程度しかありませんからこれでは完全に倍率不足もいいところで、
もしプラナーの開放のピントに悩んでおられる方がいらっしゃいましたらスクリーンの拡散度不足と倍率不足を疑って見て下さい。
多分ピントドンピシャで気持ちいいくらい合焦するようになるはずです。フィルムカメラの場合はフィルム面の浮動がありますので精度が落ちます。

プラナーの神話に貢献しているのが実はもう一つあって、アサヒカメラのテスト記事ですね、都合3回プラナー50mmがテストされているのですが、
テストの度に解像力の数値が落ちていった、実はこのアサヒカメラの解像力試験は当初ミニコピーという大変に超微粒子の高コントラストフィルムが
使われていた、その後フィルムが廃盤になったりテストの効率化を計るためネオパン400だかに変えたという経緯があって、当然解像力の数値も
それに伴って落ちているのですが、そのことは全く無視して数値だけが一人歩きしてあたかもレンズの性能が落ちてしまったような記述ばかりが
あちこちで目に入るわけで、困ったものだなーと感じております。

皆さん風説に騙されないように!
  1. 2013/04/03(水) 01:08:22 |
  2. URL |
  3. だいなごん #UMkf2qKI
  4. [ 編集]

テストフィルム

だいなごんさん
再びコメントありがとうございます。
アサヒカメラの記事、たしかに読み返してみると、最初のRTSの時に測定されたプラナーは、
“コピーフィルムによる撮影テストによると”と書いてありますが、その後の159MMとRXの
時は何もフィルムの種類について記述がありませんね。なるほど、その影響は大きそうですね。
というのも、カメラ毎日の解像度テストでは、ISO100からISO400にテストフィルムを変える
ことによって大きく解像値が変化していましたゆえ。評点でいっておよそ一割ぐらい違って
いたと思います。
  1. 2013/04/03(水) 11:36:18 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

アサヒカメラ

うっちーさん
159とRXのテストが載っている号をお持ちなら球面収差曲線の図を見て下さい、RTSの時より中間の膨らみが減ってませんか?
当時私もバラつきかと思っていたのですが、そうではないということが実際のレンズをテストして見てわかりました。
  1. 2013/04/03(水) 18:56:05 |
  2. URL |
  3. だいなごん #UMkf2qKI
  4. [ 編集]

球面収差

だいなごんさん
再びコメントありがとうございます。
球面収差のグラフ3つを見比べて見ましたが、膨らみの最大値(F2あたり)や、
そこに至る途中の値(F2.8とかF4)を比べる限り、RTSの時の方が一番小さく、
RXの時が一番大きく見えるのですが・・??
グラフから読み取った数字なので精度はあまりありませんが、
                  F4     F2(最大値)
RTS (#5820716)   -0.04mm    -0.10mm
159MM(#6872810)  -0.05mm    -0.10mm
RX  (#7415404)   -0.06mm    -0.12mm
というように見えました。
まあ、これが大きく写りに影響するほどの違いなのかはよくわかりませんが。
  1. 2013/04/04(木) 10:13:45 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

感謝!

うっちーさん
わざわざ数値を上げていただきありがとうございます。なるほど、数値的にはあまり変わってない。
RTSの実写テストの記述で開放でハロがあるって書いてないですか?
収差図と実写の相関をもっとつきつめてみないといまいち判然としませんね^^;
  1. 2013/04/04(木) 19:16:23 |
  2. URL |
  3. だいなごん #UMkf2qKI
  4. [ 編集]

個体差

だいなごんさん
再びコメントありがとうございます。
まあ、あまり大きな違いはないだろうということだと思います。
  1. 2013/04/05(金) 13:28:49 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

球面収差 追記

アサヒカメラの「ニューフェース診断室 コンタックスの軌跡」という別冊を入手してみました。これはアサヒカメラで取り上げられたコンタックスのテスト記事が全て載っています。
これを見ると、球面収差がRXテストの時だけ大きく見えるのは版ズレのようです。升目と曲線が右に行くほどずれています(下部の重なりを見ると右ほど太くなっている)。むしろ非点収差の方が変ですね。歪曲は3回とも全く同じ。
ということで収差曲線からプラナー50mmは発売当初から全く設計変更していないようです。一応訂正しておきます。
私の602万番台でハロに見えるのはひょっとすると単層コート面や薄い曇りのために出たハレーションなのかもしれません。674万番台はコントラストが高いのでハロがあっても目立たない可能性が
ありますね。
  1. 2013/04/18(木) 19:15:49 |
  2. URL |
  3. だいなごん #UMkf2qKI
  4. [ 編集]

アサヒカメラ別冊

だいなごんさん
コメントありがとうございます。
確かにちょっと版ズレもあるようですし、設計は変わってなさそうですね。
RXの記事には、MTFの再測定結果も載っていて、本測定では過去よりも性能が
劣るという評価だったが、再測定ではそんなことはなかった、測定は難しい
ので最初の測定に不備があったのではないか、との見解でしたね。
  1. 2013/04/21(日) 07:21:25 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

再測定

うっちーさん
よく見ると再測定の方が測定値は低いんですよ、どうも測定者の思い込みのようです。本測定では中央部の平均は86~87%ぐらいに見えますが
再測定では82%程度です。そのかわり本測定の方がカーブの傾斜が急、再測定の方がなだらか、ということは本測定が中心コントラスト最良像面(真の
ピント位置)、再測定はレンズ寄り第2ピークを測定しているのではないかと思います。
それにしても微妙な話ですよね^^;。
描写が柔らかいレンズは後で硬くすることは出来ますが描写が硬いレンズは後で柔らかくすることは出来にくい、白飛び黒つぶれしてしまいデーターが
無い所はいくらいじくっても出て来ません。
結局コントラストの低い初期玉の方が使いやすかったりしますので私の結論は巷で言われている初期玉伝説と全く逆の理由で初期玉を選ぶ!・・・となりました^^。
  1. 2013/04/21(日) 18:35:27 |
  2. URL |
  3. だいなごん #UMkf2qKI
  4. [ 編集]

測定値

だいなごんさん
再びコメントありがとうございます。
なるほど、もう一度よく見比べてみました。ご指摘の通り、絞りF1.4における画面中心
でのミリ当たり10本のコントラスト曲線は再測定より本測定の方がいいですね。
ただF1.4だと20本や40本の線は再測定の方がいいので、再測定の方が絞り開放
ではシャープなレンズのように見えます(本当は同一レンズなのに・・)。F5.6になると
画面中心では10本、20本の線は同等、40本の線は本測定の方がいいですが、
中間画角になると10本、20本、40本とも再測定の方がいいですね。まったく同じ
レンズでこれだけ違うのですから、どうもこういう測定値は画質を評価するのに
参考値にしかならない気がします。
  1. 2013/04/23(火) 10:46:28 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

像面湾曲

うっちーさん
中心コントラスト最良像面だと像面湾曲の影響が最も大きくなり、レンズ寄りのピント位置だと周辺画質が良くなり中心がやや落ちます。
もっとはっきりわかるのは85mmプラナーですね、ツァイス発表のMTFだと中心より周辺の方がコントラストがずいぶんと高いですが、
中心より周辺が良いレンズというのは基本的に存在しないはずで、多分中心が最も高くなる測定位置だと周辺が落ちすぎてみっともないので
あえて平均最良像面での値を発表しているんじゃないかと推測します。85mmはAEよりMMの方がかなりMTF測定値も上がっていますので
高い初期玉を買う意味も?です。実際比べて見るとMMJの方がシャープネスでは上でした。初期玉は開放ではほんわりしていますが
絞りの効きは強いので結局使って面白いのは初期玉のようです。写真を載せられればお見せできるのですが。

いろいろと書きましたがこれを読んで悪質なショップやオークション出品者に騙される人が一人でも減ればと願わずにはいられません。
  1. 2013/04/25(木) 00:53:56 |
  2. URL |
  3. だいなごん #UMkf2qKI
  4. [ 編集]

MTF

だいなごんさん
再びコメントありがとうございます。
MTFも盲信は出来ないということですね。
  1. 2013/04/26(金) 04:03:06 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

プラナー初期玉買い直しました。

うっちーさんすごいですね、私は昔、京セラにいて、売っていた本人ですが、そんなこと全然知りませんでした。当時カビたプラナー(たしか58番台)を叩き売ったのが後悔され、やっぱりあきらめきれず、30年後にまた買い直してしまいました・・・・・とほほ
なんか不思議な魔力をもったレンズですよね~
  1. 2014/07/15(火) 04:36:00 |
  2. URL |
  3. 佐藤 義幸 さとう よしゆき #-
  4. [ 編集]

ようこそ!

佐藤さん
はじめまして!コメントありがとうございます。
この記事を書いたのは8年前。いま読み返してみると、
なんとまぁマニアックなことよ、という感じです(笑)。
いまどきあまり流行らない話題かも?ですね。
  1. 2014/07/20(日) 02:00:18 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

差はアナログプリントでしか分からない

時々楽しませてもらってます。
まず硝子材についてですが、連続溶融光学硝子という均質な硝子は一部の硝子で90年代あたりから実用になりました。大抵はロットごとに性質が変わり、その都度レンズのカーブは再計算されます。鉛に象徴されるように時代と共に硝子の組成は変わります。再計算された収差には時代が写ると感じています。
他の玉は分かりませんが、普段よく使う2.8/35と2.8/28の2種に限りますと、70以降はとにかくハイファイに作っているような気がします。点光源の合焦時の輝きは69番代以降の独壇場です。もう少し古いあたりのAEでは、この輝きは見られず少し暗く見えます。ただし写りに特有のぬめっと感が見られる個体があります。けれどデジで使ったり、フィルムでも昨今のスキャナプリントではぬめっと感は判別できません。今もフィルムとアナログ引伸でがんばっているモノクロ党には67以前の方がよいと思いますが、デジを使うなら断然比較的新しい玉の方が合うような気がします。この差はおそらく球面収差の残し方ではないかと思います。時代はアナログプリントに求められたぬめり感より、デジタルのハイファイ感を求めています。昨今のコシナツアイスはさらにその傾向を強めているようですね。
重さですが、この2種に限れば、鏡筒の構造がMMAEで全然違います。MMは絞りユニットがプラスチック一体成形品です。AEは金属のパーツを組み立てています。最初期のものは店で覗いてみて欲しいと思った玉がないので買っていないので、ばらしたことがありません。重さが鏡筒構造によるかどうかは分かりません。
調整云々とありますが、この2種には光学系の偏芯を調整できる機構はありません。芯出し済みの硝子ブロックを、鏡筒に放り込んで締めているだけです。ただ、硝子ブロックの芯取りは難しく、若干の取り残しがあるようで、締め付け前にくるくる回すと偏芯の状態が変わります。星像なんかで見るとよくわかります。この2種は後群がとくにデリケートですので、絶対に後群を自分でばらしてはいけません。開放時のピントにどっと影響します。中古レンズがメーカー修理から帰ってくるとシャープになるというのは、そのあたりがからんでいると思います。。
ただしこの偏芯によるシャープネス向上と、ハイファイかぬめっと感かの個体差の話とは関連がありません。偏芯を注意深く取ると、ハイファイな玉はよりシャープに、ぬめっとな玉はよりぬめっとします。
ハイファイ感とぬめり感の差は、当たり外れの問題ではなく、何を求めているかという個性の問題です。どちらの玉にも偏芯による当たり外れはあります。外れでも、大概は調整で治ります。残念なことに京セラのサービスがまもなく終了で、今後、外れ玉を復元することが出来なくなるのが悲しいです。
ちなみに私は最初期の玉の写りは好きではありません。ヌメッを通り越してムニャッと感じます。中にはそれこそ本来のツアイスの味といって珍重する達人がいます。ここまで来るとビンテージワインの世界です。残念ですがムニャもデジやフィルムスキャナでは拾えません。減銀イルフォードの印画紙でも難しい。相性よかった三菱はとうになくなり、写し出せるのはメジャーではフジだけとなりました。もちろんモノクロだけの世界です。
ムニャッよりヌメッを私が好むのは、単に写真を始めたときのその時代の感性を受け継いだからと思います。達人たちはそれ以前より写真をやっているから、その時代の写りが好きなんだろうと思います。2000年頃のレンジファインダーブームは、彼らの原点回帰だったように思います。なお、私が一番好きなのは取りっきりコニカの玉でした。もうどこにもありません。時代は変わります。けれど感性は変えられません。
  1. 2015/03/02(月) 09:53:31 |
  2. URL |
  3. osaka_wanko #u.yEgPl2
  4. [ 編集]

ようこそ!

osaka_wankoさん
はじめまして!大変示唆に富むコメントありがとうございます。
D35/2.8は皆さんが絶賛するほどの描写とは思えなく、それがもしかしたら
製造年代の違いかもしれない、と思いいたりました(小生のはかなり初期玉)。
69ないし70番台以降の玉にがぜん興味が出てきました(笑)。
ハイファイとぬめっの違いはアナログプリントをしていないのでわかりませんが、
偏芯の問題は納得です。小生の場合、京セラのOHでシャープになったなと感じたのは、
D35/1.4とP85/1.4でした。
  1. 2015/03/02(月) 22:53:51 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

僅差です

ありがとうございます。
ただ、ここに書いた年代による傾向は、角をつつけば程度のことです。GとJの写りの差云々はGかJの差ではなく、時代の差の方が大きいかもしれないことをJしかない玉の例で示したにすぎません。
もし、28_85MMJの最短側と、2.8/28AEGの中期と比べて、28_85のコントラストの出方(他は比較せず)に魅力を感じるなら、2.8/35のMMJもありと思いますが、やはり2.8/28AEGの方が断然よいとお感じなら、2.8/35MMJ買い換えはあまり意味がないかもしれません。
うっちーさんの玉が京セラOH済みのものであるならなおさらです。偏芯玉をつかむリスクの方が高くなります。D2.8/35は偏芯玉でさえ、ML2.8/35の通常の物に比べても明らかに少ないですけれど、元が良いだけにわずかの偏芯も、もったいないです。
釈迦に説法ですが、レンズは最初の印象がきつく頭に残りますので、同一被写体を同一条件で撮って伸ばしてブランクテストしないと差は分からないものです。この同一条件が難しい。
レンジファインダー機に至ってはピンの追い込みの程度で印象ががらりと変わります。SA21/3.4はE21/2.8より軟調と思っていたら、SAとEの間に6/100mmのピンズレがあっただけで、修正したら(歪曲を除いて)モノクロプリントでもあまり変わらなくなりました。
一眼レフのスプリットイメージ頂角8度、倍率0.75倍では、同一人物が撮影とプリント鑑賞する条件では個人の視力にかかわらずF3.2が理論的合焦限界(写真工業1995/5)です。矯正視力2の人には、これは2.5/100のピン外し、矯正視力1なら5/100のピン外しに相当します。コンタやライカのクオリティなら、5/100ずれれば、アナログプリントならキャビネ以上でシャープネスの差が現れてきます。(虫眼鏡を使って目を近づければ撮影時より写真を見込む角を大きくできるから)

R7をお使いとのことですが、これは中心部を拡大できるとお聞きしています。2/28と2.8/28の差(同一絞り値で)は写りますでしょうか。2/28は毛むくじゃらのものを写したときに特徴が出やすい印象がありますので、比較したものをUPして頂ければ幸いです。
  1. 2015/03/05(木) 11:55:09 |
  2. URL |
  3. osaka_wanko #u.yEgPl2
  4. [ 編集]

オーバーホール(OH)

osaka_wankoさん
詳細なコメント大変ありがとうございます。
あいにくブラジルにはD28/2を持ってきていないのですぐに比較はできないのですが、
おっしゃる通り京セラでOHしてもらうのが安定した画質を得る近道だったかもしれません。
過去、せっせとOHに出し、その都度わずかながらよくなったなぁ、と実感してきましたゆえ。
しかしそれも今年の4月いっぱいで終わりなんですよね。日研テクノさんが引き継いで
くださるようですが、こうした偏芯の調整もやっていただけるのか、現時点では未知数ですね。
  1. 2015/03/06(金) 21:20:58 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

distagon35/1.4について

お久しぶりです。
この話題も、デジ全盛となっては今さらなのですが、AEとMMで全然違うものを見つけましたので報告致します。
35/1.4です。たまたま58,65,72の三本を比べる機会に恵まれ、覗き比べると、72だけ別物でした。
明らかに72がコントラストが立っているし、ピントピークも鋭い。
個体差かと思って、7倍の星像テストを行うと、アウトフォーカス像が全然違う。
58,65は、合焦点像の周りを柔らかなハロが取り囲んでいる。繰り出すに従って、つまり後ボケ側は、心を残したままハロはどんどん薄く広がります。前ボケ側は、ボケ像がリング状になる。
72は、前後ともリング状のボケになる代わりに、合焦点の像は、ハロが明らかに少ない。
誤解しないで下さい。7倍の星像テストでは拡大率が大きすぎて、ハロも全部、合焦範囲内の広がりです。これはボケ味とは関係ありません。
ここから、72の方は、ピントピークも立ち、高コントラストの像が期待でき、58,65は、ピントピークがはっきりせず柔らかな描写が期待できます。
このハロやリングは2.8まで絞り込むと消えます。
撮影結果は、72の圧勝。58,65は旧ズミルックスとは異なるものの、全体にフレアがかって、まったりした結果。
ここからは想像ですが、球面収差の出方だけ変わっていますので、絞り直後の非球面の品質が65と72の間のどこかで変わったのかもしれません。
で、どちらがよいか・・・・ボケは予想に反して58,65の方が悪い。非球面にムラがあるのか均一な明るさでなく何重ものリングで現れる。
金属の光沢感、布やプラスチックの質感も72が圧勝。58,65が良い感じに写るのは、バックを整理した人肌ぐらい。
だけどスナップは人肌が大事という人は、58,65の方が良いだろうなと思うので、一概にどちらがよいか結論は出せないなあと思う。
オーバーホールで良くなったというお話し、もしかしたらオーバーホール時に、非球面を入れ替えたのかもと想像しました。
確認は、5~7mmくらいの望遠鏡アイピースを使ってレンズを後から覗き、遠くの外灯を見ればできる。
合焦前後ともリングボケだったら新型、離すと柔らかくぼけ、近づけるとリングが現れたら旧型。
どなたかオーバーホールで良くなったという経験のある人、チェックしてみてくれないかなあ。
  1. 2017/12/21(木) 08:38:20 |
  2. URL |
  3. osaka_wanko #u.yEgPl2
  4. [ 編集]

72番代

osaka_wankoさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
なるほど72番代ですか。日本での製造が本格化し品質が安定したのかもしれませんね。
私のは64番代です。ただオーバーホールしてちょっとよくなった感じがします。
さすがに高価な非球面レンズの交換を通常のOHでやってくれたとは思えませんが、
アライメントの狂いは調整してもらっているのではと思っています。
  1. 2017/12/21(木) 19:25:59 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

P50F1.4(AE・MM)とP50F1.7とピントピークと…

久し振りの話題に飛びつきました!

某専門店では「P50F1.4のAEとMMは別物」(AEの方が断然良い)「P85F1.4(ピントピークA)は4割増し」「P50F1.4(ピントピークA)は2万円増し」
(私は設計年はF1.4よりもF1.7の方が新しく、クセが無くF1.7が好き…)
私みたいな、これからYC揃える身としては「経過年数の少ない状態の良いMMレンズ」を買いたいと考えるのですが。専門店の言い分を100%実感は出来ないと思いますし、AEは経過年数が経ってコンディションに不安な面も。
うっちーさんの「初期玉神話」「AEとMM」「ピントピーク品」などなどの感想を伺いたいです。<(_ _)>
  1. 2017/12/26(火) 09:51:42 |
  2. URL |
  3. 関 芳郎 #-
  4. [ 編集]

ピントピーク

関さん
コメントありがとうございます。
初期玉神話はあまり信用していません。AEとMMはMMの方が品質は安定しているのでは、
と思っていますが、ドイツ製に憧れて手元にはAEGが多いです。
ピントピーク品は存在するだろうと思われます。現物を評価してピントピークと言っているのですから・・。
  1. 2017/12/30(土) 09:30:25 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokidokicameraman.blog19.fc2.com/tb.php/369-e1972977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター