FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2007年The Festival (2)ヤング・ヴォルベリンズ


ザ・フェスティバル第二弾は、ヤング・ヴォルベリンズ。バンジョーの青木研率いる1920年代のジャズ黎明期のスタイルを再現するバンド。このフェスティバルのために特別に作られたユニットである。

ちょっと見所が多いので写真たくさん・・(笑)



CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F4 AE SUPERIA Venus 800
まずはバンドリーダー青木研。超絶技巧なのに難しく聴こえない。たいしたものである。




CONTAX Aria ML 35mm F2.8 F2.8 AE PN400N
遠くから見ると一見普通のバンドなのだが・・。


よく見ると特徴その1、年齢のバラエティー。


CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F4 AE SUPERIA Venus 800
最年長はこちら、ゲストの花岡詠二。いわずと知れた日本を代表するクラリネットの名手である。よくまあこんな大物を引っ張り出すことに成功したものだ。青木研偉い!




CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F4 AE PN400N
最年少はこちら、トロンボーンの菊池明香。


そして特徴その2、古い楽器。


CONTAX Aria Sonnar T* 180mm F2.8 F2.8 AE PN400N
渡邊恭一のバスサックス。テナーサックスの更に1オクターブ下、という楽器。ウッドベースの代りにバンドの低音を受け持つ。ちなみにサックスは半オクターブごとに、高い方からソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バス、コントラバスと7種類。ジャズの世界では、ソプラノからバリトンまでの4種類がポピュラー。ソプラニーノを使っていて有名なのは渡辺貞夫さんぐらいだし、バス、コントラバスとなると、まずお目にかからない。バスサックスの音、初めて聴いた。




CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F4 AE PN400N
Cメロディーサックス。サックスは7種類とかいいながら、これは1920年前後のごく一時期作られたアルトとテナーの中間の音域を持つ楽器。柔らかくてきれいな音色だが、設計が古いためか音程をとるのが難しく、じきにこのあたりの音域はアルトかテナーになってしまってCメロは二度と作られなかった。




CONTAX AX Tele-Tessar T* 300mm F4 F4 AE SUPERIA Venus 800
1920年代のドラム。和太鼓のような太鼓や木魚のようなものを組み合わせたもので、これも極めて珍しい。ワタシは初めて見た。


特徴その3、楽器の持ち替え。


CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F4 AE PN400N
花岡さんはクラリネットとCメロの持ち替えだったが、他の皆さんも色々と持ち替え。リーダー青木研はギターでも活躍。




CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F4 AE PN400N
渡邊恭一は本来テナーサックスが本業だが、この日はバスサックスとクラリネットの持ち替え。見事なものである。

とまあ、多士済々のバンドだったわけだが、個人的にはこの人、小森信明のコルネットにしびれた。




CONTAX Aria Tele-Tessar T* 300mm F4 F4 AE PN400N
この構えからもいいフレーズが聞こえてくるようでしょ(笑)。



(つづく)


'07.11.11追記
GG-1さんのご指摘に従って、暗部のしまりを改善すべく、ちょっと色補正しました。


暗部のしまりがなくなった原因のひとつは色かぶりです。背景のオレンジ色の影響で、暗部がオレンジ色っぽくなり、しまりがなくなってました。そこで、暗い部分の赤を落としてみました。


【補正前】





【補正後】




これでも十分ではありませんが、補正しすぎると不自然になるので、この程度にとどめました。



関連記事

Tag : Tele-Tessar300/4 Sonnar180/2.8 ML35/2.8

  1. 2007/11/10(土) 20:00:00|
  2. おんがく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<新富獄百景 | ホーム | 2007年The Festival (1) 嶋津健一&後藤みほ>>

コメント

バスサックスと古式ドラムは、初めて見ました
どんな音色をだすんじゃろう
曲目はどんなチョイスだったのでしょうか
ちょいと聴いてみたいねぇ

ネガスキャンとはいえ
暗部のしまりはもう一つなのは矢張り暗いからですか?
  1. 2007/11/11(日) 11:13:47 |
  2. URL |
  3. GG-1 #-
  4. [ 編集]

暗部のしまり

GG-1さん
コメントありがとうございます。
曲目は正直知らない曲ばかりでした(汗)。でも楽しい曲ばかりでしたよ。
暗部のしまりのなさは、色かぶりと低コントラストが原因かと思います。
色かぶりの分だけちょっと補正してみました。
ご指摘ありがとうございます。
  1. 2007/11/11(日) 13:42:26 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

あっ

修正してスッキリなりましたな

舞台やホールでだと私はデジカメで絞りF2とかで感度1600や3200迄上げて撮っているほどですので
400のフィルムだと少々ツライのではないかとかんぐってしまいます
真にお疲れ様であります
  1. 2007/11/11(日) 19:11:20 |
  2. URL |
  3. GG-1 #-
  4. [ 編集]

露出

GG-1さん
再びコメントありがとうございます。
最近はスキャンも手抜きでして、ご指摘いただいてから、
なるほど、色がかぶっとるわい、と気がついた始末・・(汗)。
ステージの明るさは、ISO400で1/60秒、F4ぐらいでした。
300mmは三脚を使っています。手持ちだとISO1600ぐらい
欲しいですね。
  1. 2007/11/11(日) 22:48:06 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokidokicameraman.blog19.fc2.com/tb.php/827-f1083b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。