FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

レンジファインダー用28mmレンズ考(その3)


レンジファインダーの28mmレンズを選ぶなら、どれにするのよ、という与太話、最終回。途中でMヘキサノンの実弾投入があったりして混迷の度を深めてしまったが、しょせん結論のないお話なのでご容赦・・(笑)。

つまらん与太話なのでお暇な方のみどうぞ。最終回はツァイスブランドのレンズたち。


6.Gビオゴン28mmF2.8
コンタックスGシリーズ用レンズ。手持ちのボディは使えないのでG1かG2もいっしょに購入することになる。写りは定評があり、ケチのつけようがないぐらいいい描写らしい。中古価格は安く、G1と合わせて買ってもMヘキサノンの中古やZMの新品を買うより安い。結局、ボディをCLやCLEからG1に乗り換えるのか、それによって手持ちのMマウントレンズをお蔵入りさせてしまうのか、というところが自分としては一番の悩みどころ。


7.ビオゴン28mmF2.8ZM
ツァイス設計、コシナ製造のZMレンズ。ZMシリーズの中ではあまり目立たない性能だが、従来のMマウントレンズと比較すればかなり優秀なようである。MTF曲線を見る限りでは定評のあるGビオゴンと同等ではないだろうか。実売価格は、まあ、がんばれば入手できる範囲。ただ、このレンズに限らずZMは設計が新しいだけにコントラストだけでなく解像度も追求した結果、Y/Cレンズのような味わいには欠けるともいわれる。一方でライカの最新ラインナップのような非球面レンズを採用していないので、球面レンズだけで構成される味もある、などと論評されていて、このあたりは実際に使ってみないと分からない。全長37.7mmはMロッコールと比べるとちょっと長いが、ZMシリーズの中では短い方であり、まあ、NGというほどではない。ただB28ZMを買ったあとZMのラインナップをどう発展させるかは問題。CLEのファインダーは28mm/40mm/90mmなので、他のZMであるB35ZMとかP50ZMへ逝くとボディもツアイスイコンへ、となって、散財した挙句に結局CLEはお蔵入り、という筋書きになってしまう。








8.Gビオゴン28mmF2.8のL改
MSオプティカルR&DというところでGレンズをLマウントに改造してくれる。最近は銀色だけでなく黒色の外装も選べるようになった。Gレンズをライカで使いたい人にとっては願ってもない改造サービスであるが、ZMシリーズが発売されたことによって、やや魅力は薄れている。ZMの描写はGレンズ並に優れているし、Gレンズ+改造費がZMの実売価格に近いのも理由のひとつだろう。また、この改造レンズの絞りはクリックストップのない無段階タイプであり、好みが分かれる点ではある。LマウントであることによるL-Mリング併用の問題もLマウントレンズと同様。
それとこのレンズ固有の問題として、ピントの連動に傾斜カムを採用しているので、同様の機構を採用しているCL用のMロッコール同様、カメラ側のピント連動ローラー?の位置をぴったりマウントの中心線上に持ってくる必要がある。手持ちのレンズとボディの組み合わせでいえば、傾斜カムのCL用Mロッコール40mmF2は、CLとCLEでは大丈夫だが、M3だと無限遠がズレている。今まで40mmをM3で使うことはなかったので実害はなかったが、このGビオゴン28mmF2.8改をM3でも使うなら、M3を調整に出す必要がある。まあ錆だらけになってしまったM3なので、いずれOHに出さなければいけないだろうから、そのとき調整してもらえばいいか、ということではあるし、28mm広角であれば、多少狂っていても被写界深度の範囲内かもしれない・・。でもなぁ、将来、M2やM4やM6やM7やM8なんかを手に入(以下省略)。


というわけで、決め手に欠くのである。まあ、今まで登場した5~8の中からひとつを選ぶ、ということなのだろうが、う~む、自分の中ではZM>ヘキサノン>G改>Gか・・。

でも大枚はたいて決定版であるエルマリートの第五世代に逝ってしまう、なんて夢もあるのだよなぁ・・。写りはたぶんすごいだろうしコンパクトだし外観はかっこいいし・・。ひとたび手にしてしまえば、投資した額なんてすぐに忘れて、「ああ、これは最高だにゃ~」なんて思うだろうから・・。



(おしまい)



関連記事
  1. 2007/11/15(木) 20:00:00|
  2. カメラ&レンズの話(Mマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<2007年The Festival (5)SALLE GAVEAU-1 | ホーム | 2007年The Festival (4)青木研+吉原聡>>

コメント

憧れます、エルマリート

ピックアップされたのは、どれもいいレンズばかりですので、どれも満足されると思いますけど、
やっぱり、憧れのエルマリートは魅力ですね。
しかも、小型でなんと手に入れれそうな金額。
小型のボディにはぴったりですね。
  1. 2007/11/15(木) 23:17:28 |
  2. URL |
  3. ファンキー旅人 #lpLkvobo
  4. [ 編集]

G!

こんばんは!
どれも魅力的なレンズですが・・・私としてはやはりG-Biogonを薦めたいですね。
銘玉揃いのGレンズの中でも、Hologon16mm、Planar45mmと並んで三本指に入るレンズです。
全ての28mmレンズの中でトップの描写だという人も多いですよね。
私も最初使ったときはかなり感動しましたよ!
雨の日の京都、寺の内側より庇から落ちる雫を撮ったことがあるのですが
そのリアル感溢れる描写に参ったものでした。プリントした写真が濡れているかのような
リアリティーのあるものでしたからね。ZMのBiogonとは色の出方が少し違うようですね。
  1. 2007/11/16(金) 00:10:25 |
  2. URL |
  3. ガンジー #II6poHiE
  4. [ 編集]

3回目があったとは、
そしてZMが前回いなかった
理由がこれだったのですね。
別項とは!

HEXANONも28mmは結構
お高いですよねー。
  1. 2007/11/16(金) 00:31:58 |
  2. URL |
  3. chariot #RbEhYiX.
  4. [ 編集]

楽しませていただきました

おはようございます。
ほほう、ZMがやはりうっちーさんにとってはランク一位
なんですね。ツァイス読本を夏頃買って読んでいたの
ですが、このZMシリーズはツァイス側からの提案で提携
し、主導権もツァイス側が完全に握っているようですね。
GシステムとかNシステムの舞台裏はよく知らないの
ですが。エルマリート5thは魅力ですね。新品でも170K前後
というのはライカでは珍しい価格設定なような気もしますし。
それから私、先日浜松で初めてCLの現物見たのですが
すごいコンパクトなんですね。うっちーさんがよく旅行の
お供にするわけがよくわかったような気がしました。
それからそれから。次はM型35mmの特集楽しみに
してますよ(笑)
ではでは。
  1. 2007/11/16(金) 10:25:47 |
  2. URL |
  3. fortunati #QMnOeBKU
  4. [ 編集]

うーん、28mmといっても、色々な選択肢が山盛りですね。どれにした
らいいのか、迷って自分で決定するのが難しく感じます。無難で味わい
深くて・・・いやー、やっぱりどれにしたらいいのか分かりません。で
も、味わい深いという事は、現代的な完成されたものではなくて、悪玉
という事なのかな。

  1. 2007/11/16(金) 13:53:39 |
  2. URL |
  3. farfarsidek #-
  4. [ 編集]

エルマリート第五世代

ファンキー旅人さん
コメントありがとうございます。
やはりZMに逝ききれないのはこのエルマリートのせい・・(笑)。
RF機はやはりコンパクトさが身上ですからねぇ・・。
  1. 2007/11/18(日) 22:22:26 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

Gレンズ

ガンジーさん
コメントありがとうございます。
Gビオゴン28mmでも21mmでもプラナー45mmでも、
どれかひとつ手にすればガラガラと崩れて全部欲しくなる
気がしますが、ひとつも手元になければ、禁断の果実だ
ということで思いとどまるわけです。
時間の問題かもしれませんが・・(爆)。
  1. 2007/11/18(日) 22:24:29 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

市場原理

chariotさん
コメントありがとうございます。
そうなんです、HEXANON28mmって中古でも結構高いですよね。
まさに市場原理というか、皆さん良さをよくご存知というか・・。
  1. 2007/11/18(日) 22:26:01 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

Mマウントサブシステム

fortunatiさん
コメントありがとうございます。
MマウントのライカとCLやCLEはマウントは同じでも、かなり
使い心地が違います。ライカはやはり本格的なのに対し、
CLやCLEは気軽に撮るのに適しています。サブシステムとなると、
CLやCLEの大きさにあったレンズが欲しくなるわけでして・・。
  1. 2007/11/18(日) 22:30:30 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

選択肢

farfarsideKさん
コメントありがとうございます。
こうして国産の限定レンズやKM、ZMなど、選択肢が増えているのは
まことに喜ばしい限り。今回触れませんでしたが、昔はライカ純正
に手が出ないとなるとキヤノンのLマウントぐらいしか選択肢が
ありませんでした。その頃から比べれば、Mマウントがデファクト
スタンダードになり、恵まれた時代になったものだと思います。
  1. 2007/11/18(日) 22:34:15 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokidokicameraman.blog19.fc2.com/tb.php/831-4a41ed20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター