FC2ブログ

うっちーの時々かめらまん

たまにしか写真を撮らない「時々かめらまん」。日本とブラジルで時々撮った写真をUPします。ご笑覧いただけると幸いです。

Makro-Planar T* 100mm F2.8 AEG



いやぁ、やってしまった! こんなマニアックなものに手を出してしまった。18mmから300mmまで一通りそろったところで、「あとはマクロかな」と漠然と思っていたのだが、Y/Cマウントには色々なマクロがあり、「たまに花を撮るだけだろ」と言い聞かせて遠ざけていた。

ご承知のようにコンタックスブランドのマクロには、60mmと100mmがあり、60mmは大きく分けてデブのオリジナルタイプと末尾にCがついたスリムなやつの二通りある。

デブはAEタイプのみだが、最初は西ドイツ製でS-Planar T* 60mm F2.8と呼ばれていた。この時代には細かい違いで3種類のバージョンがある。のちに日本製となり、Makro-Planar T* 60mm F2.8に改名。
さらに同じ光学系を使って最大接写倍率を等倍→1/2倍までに割り切ることで半分の重量にしたのが、スリムなMakro-Planar T* 60mm F2.8C。これは日本製MMタイプのみである。

そして問題の100mmは、最初ベローズ専用の100mm F4があったが、のちに新設計の光学系を備えた100mm F2.8のマクロレンズになった。1986年ごろ発売され、AEタイプのみである。このMakro-Planar T* 100mm F2.8の評判はすこぶるよく、曰く、「ものすごい立体感」「とろけるようなボケ味」「接写から無限遠まで無敵の万能中望遠」「コンタックスレンズで1本だけ選べと言われればこれ」などと過剰とも思われる賛辞が必ず添えられている。最初の3年間ぐらいは西ドイツ製でその後日本製となるが、西ドイツ製時代もS-Planarと呼ばずに最初からMakro-Planarであった。元々高価な特殊目的レンズなので中古の玉数も少なく、特に西ドイツ製となるとめったに見かけない。

ところが・・・

無防備なときにボケっと中古カメラ屋を覗いたのがいけなかった。なんとSP2.8/60、MP2.8/60C、MP2.8/100というおいしい3本が仲良く並んでいるではないか! しかもよく見るとMP2.8/100は西ドイツ製!!! なぜかいずれも魅力的なお値段で並んでいる。
一応3本とも見せてもらう。SP2.8/60が希少な初期型だったら逝ってしまったかもしれないが(その方が被害は少なかった)、幸か不幸か後期型。よし、せっかくデブの60にするなら初期型が欲しいからこれはやめておこう。MP2.8/60Cは程度極上、コンパクトで持ち歩きが楽そうだな、とあらためて思いながらも、マクロにMMの必要はないよな、という屁理屈でこれも踏みとどまった。

ならばMP2.8/100よ、おまえに不具合があって思いとどまらせてくれ・・・。

手にとってじっくり眺めてみる。外観はそこそこ使い込んでいる。なるほど、だから安いのだな、おそらくレンズにもダメージがあるに違いない。これでレンズがちょっとくもってりゃ平和な生活に戻れる。 ん? なんでレンズがめちゃきれいなの? 埃がやたら少ない。ヘリコイドも適度な重さで最短距離までスムーズ。絞り値も正確に伝達している。これは使い込んでいるものの一度OHをしている個体に違いない。
お店のボディを借りて(おやじ、RTS IIIなんて出してくるなよ、ゼータクな気分になるだろ!)覗いてみる。いい眺めだぁぁぁ! う~む、外観のスレなどを気にしなきゃ超お買い得だわ。委託販売品なので売り手が意図的にかなり安めに値付けしたとしか思えない。この値段じゃ3日以内に売れてしまうことは確実(という思い込みでいつもやられる)。

ふと我に返ったときにはMP2.8/100AEGをお買い上げ済み(汗)。

・・・ま、まぁ、冬のボーナス先取りということで・・・(大汗)。

前置きがとても長くてすみませんでした(どうしても言いたくなる)。
ああ、こんなファーストクラスを使いこなせるのだろうか・・・。西ドイツ製というところはただの自己満足だとしても、なんせ銘玉MP2.8/100。写りが悪かったときにレンズのせいにはできんよなぁ・・・と思いながら試写した記念すべき1枚目はこれ。



CONTAX Aria Makro-Planar T* 100mm F2.8 F2.8 AE SUPERIA Venus 400

さすが評判が高いだけのことはあります。ピントが合ったところは極めてシャープ、そしてそれ以外のところは柔らかいボケとなり、何ともきれいな絵に・・・。ファインダーを覗くとそれはそれは美しい画像を拝むことができます。ただ100mmでF2.8というのはやはり被写界深度が浅いですね。茎にしかピントが合っていなくて絵としてはイマイチ・・・(汗)。




CONTAX Aria Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE SUPERIA Venus 400

ピンボケが怖くてすぐ絞ってしまう悪い癖。F5.6の作例です。ただし、これでもごく一部にしかピントが来ていないのですから、ピント合わせのウデはかなり要求されると言えましょう。それにしても風で揺れて撮りにくいこと・・・(汗)。




CONTAX RX Makro-Planar T* 100mm F2.8 F5.6 AE REALA ACE 100

こういう写真を撮ってみたかったのよね、というのがこれ。この手の写真をいとも簡単に撮れるところはさすがレンズの力です。



やはり期待通りのすごいレンズでした。重さが740グラムもあり、S2.8/180(810グラム)並ということになります。カメラを構えているときはたいしたことないのですが、バッグに入れて運んでいるときはこたえます・・・。なぁにレンズの重さに文句を言うようではコンタックスは使えませんよね!



関連記事

テーマ:カメラ話、写真話。 - ジャンル:写真

Tag : Makro-Planar100/2.8

  1. 2005/10/30(日) 18:28:52|
  2. レンズの話(Y/Cマウント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<2005年10月 ハロウィーン | ホーム | 2005年1月 きぬたくん>>

コメント

こういうのを見ると・・・

こんばんは
MP100は以前持っていたのですが今は手元に有りません。
私の個体はごみ曇りは無いのに少しハレに弱く条件によってはフレアーが出るので手放してしまいました。
こういうのを見ると又欲しくなりますね。
  1. 2005/10/31(月) 02:05:48 |
  2. URL |
  3. GG-1 #-
  4. [ 編集]

いやぁ良いよコレ

って、写真だけど。3枚目の手前は ”えのころぐさ”かなぁ?好きなんです、こういう雑草と呼ばれあまり見向きされない草や花。わかんないけど良いレンズ手にいれたようだから、どんどん撮っておくれよ。ススキや枯れた葦、綿毛が半分飛んでったタンポポなんかの写真、見てみたいなぁ。
  1. 2005/10/31(月) 02:21:17 |
  2. URL |
  3. やそいち #-
  4. [ 編集]

うひゃー、

ついにMP100登場ですか!。うーん、楽しみだ(笑。
  1. 2005/10/31(月) 09:09:58 |
  2. URL |
  3. ture_zure #-
  4. [ 編集]

むむっ

1枚目の見事な水玉ボケ、2枚目のコントラスト、3枚目の背景のとろけ具合・・・友(のレンズ)がみな、我(のレンズ)よりえらく見ゆる日よ・・・何を買ってきて妻と親しみましょうか(笑)。レンズなんて買って来たらぶっとばされる事は間違いなし。
  1. 2005/10/31(月) 09:38:57 |
  2. URL |
  3. 越渓 #OqKZy1rs
  4. [ 編集]

たしかに内面反射は・・・

GG-1さん
コメントありがとうございます。レンズを目一杯繰り出して中をのぞくとあまり内面反射防止がしっかりしていない感じがします。接写で強い光源があるとフレアがでやすいかもしれませんね。
  1. 2005/10/31(月) 12:22:55 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

ご注文いただきましたが・・・

やそいちさん
ススキは今でもあちこち見かけますが、セイタカアワダチソウに駆逐されつつあるようで、単独で見かけるのは減ってきている気がします。残念ですね。
たんぽぽは春まで待ってね(笑)。
  1. 2005/10/31(月) 12:27:23 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

想定外

ture_zureさん
実はこの顛末にあるとおり、MP100をずっと狙っていたわけでなく、手にとってみたら・・・(中略)・・・購入してしまったという次第。とても使いこなせそうもないですが、がんばってみま~す。
  1. 2005/10/31(月) 12:30:12 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

ところが・・・

越渓さん
コメントありがとうございます。この3枚は、「おお、なかなかこのレンズやるなぁ」という作例ですが、いつもこうなるとは限らず、いずれ、「みんな絶賛するけどウデがなきゃこうなるぜ」みたいな失敗作をご紹介しようかと思っております(笑)。
  1. 2005/10/31(月) 12:36:50 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

おっと!!

あちゃ~。  もう何も言わないでおきます(笑)

欲しいものはしかたないですね(笑)

それにしても、写真、どれも、綺麗ですね~。

  1. 2005/10/31(月) 12:38:58 |
  2. URL |
  3. P_chan(匠) #-
  4. [ 編集]

あちゃ~じゃないですよ・・・

P_chanさん
お褒めにあずかり恐縮です。
思い起こせば二ヶ月前、P_chanさんに「次はマクロプラナーですかな」と深層心理を見破られ、冬のボーナス何にしようかな、と思っているときに越渓さんとture_zureさんが相次いでMP2.8/60Cの作品を発表されたわけで、思いがけずマクロに逝ってしまったのは、さしずめP_chanさんが黒幕、刺客その1越渓さん、刺客その2ture_zureという感じです(他人のせいにしてもダメか・・・)。

ま、一生モンのレンズということで長くお付き合いして行こうと思っています(笑)。
  1. 2005/10/31(月) 23:38:42 |
  2. URL |
  3. うっちー #-
  4. [ 編集]

コーティングの色

はじめまして。
ちょっと質問させていただきたいのですが、コーティングの色は何色でしたか?
築地仁さんの著書によれば、35mm 1.4と同じく薄い青のコーティングということなのですが、紫コーティングの物もあるという噂を聞きました。
興味がありますので、購入された個体は何色のこーティングだったのか教えていただけると嬉いです。
よろしくお願いします。

  1. 2010/01/14(木) 13:00:53 |
  2. URL |
  3. Zaku #-
  4. [ 編集]

ようこそ!

Zakuさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
あらためて自分のレンズを眺めてみましたが、少なくとも薄い青ではありません。
紫か、というと、紫よりはややピンク色っぽいマゼンダ系と黄色が見て取れます。
以前からコンタックスのレンズはブルー系のコーティングの写りがいい、という
議論があり、コーティングの色についてこだわる方もいらっしゃるようです。
まぁ、あまり神経質になるのもどうかと思いますが・・。
  1. 2010/01/16(土) 12:29:15 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

以前ヤフオクで。

RESありがとうございます。
>以前からコンタックスのレンズはブルー系のコーティングの写りがいい
これは初めて聞きました。
気になったのは、以前、ヤフオクに出品されていたもので、
‘希少!MP 100mm 紫コーティング‘というタイトルの出品をみかけたことがあるからなんです。
出品者によると、紫コーティングの玉は希少で解像力が良いそうなのですが、根拠は示されていませんでした。
で、ずっと気になっていたのです。
築地さんは、青コーティングと書かれていますが、私自身が何本か見た印象では、紫っぽいコーティングの方が普通の様に感じています(と言うか、青コーティングのものを見たことがない)。
そもそも、一色でコーティングされているわけではなく、色々な色が重なっていますので何色のコーティングということ自体ナンセンスの様な気もしますし。
築地さんの記述が本当かな?という疑問もありましたので、質問させていただきました。
折角購入されたレンズにケチを付ける様なつもりではありませんので、お許し下さい。
ちなみに、私自身もこのレンズのドイツ玉を持っていますが、多分紫系のコーティングになるのだと思います。
5D MⅡに付けて、Canonのマクロと比較してみましたが、ツァイスの特徴であるコントラスト表現が素晴らしいと感じました。
バリバリの解像感というより、立体的な独特の表現をするレンズだなという印象です。
比較すると、canon玉はおそろしく平板な印象です。
いわゆる銘玉に属するレンズだと思いますので、これからも素晴らしい写真を撮影してください。
ではでは。
  1. 2010/03/03(水) 03:05:47 |
  2. URL |
  3. Zaku #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

Zakuさん
ご丁寧な返信、ありがとうございます。
ブルーコーティングを愛でる例は、ライカMマウントレンズの160万番台あたりでもあります。
レンズの描写について厳密な評価をする能力がないので、まあおまじないぐらいに
考えておいた方がいいかな、と思っております。
  1. 2010/03/05(金) 00:13:13 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokidokicameraman.blog19.fc2.com/tb.php/85-c4e8b973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

うっちー

カテゴリーツリー

ユーザータグ


最近の記事

最近のコメント

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

07  02  12  11  10  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター